CHOCO★BLOGG 愛猫セサミもんとの旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛猫セサミもんとの旅

夏の一ヶ月をすごしたサンタフェから、ブエノスアイレスに帰ってきた。いやぁ、やっぱり、2人(+1匹)の生活が一番気楽だし、落ち着くわ。

保安パパが運転してくれる車で、昨晩夜中の3時に向こうを出た。夜中に出れば、道も断然すいているし、日中は、暑すぎる、という理由でそうなった。

何度か高速にのったのだが、ブエノスアイレスの手前の高速に入るとき、後ろがオープンの荷台になった小型トラック、というか4WDの後ろについたときがあった。その荷台には3人の大の大人が乗っていた。

その車は、荷台に3人を乗せたまま、料金支払い口で普通にお金を払い、そのまま高速の車の流れに、溶け込んでいった。。。

。。。さすがアルゼンチン。

えらかったのが、私たちの愛猫、セサミもん。感動したんで、今日はその話。ちなみに、セサミもん、はあだ名で、本当の名前はセサミ。昨日から、お家へ帰るからね~と話しかけてはいたんだけど、車での5時間を越える旅の間、とってもと~ってもいい子にしていてくれた。ずっとケージの中はかわいそうなので、私の乗っていた後部座席で、使い古したセーターを私の隣に敷き、外に出してあげることにした。あれ…いいの?という顔をして、そろり、そろり、と外に出てきた後、後ろのトランクの方に2回ほどジャンプして点検しに行こうとしたので、

「後ろに行っちゃダメだよ!このセーターの上か、私のひざの上の上にいるのでなければ、ケージの中に帰りなさい。」

と教えると、素直にそれに従った。

こういうとき、猫の顔して、聞いていない振りして、ちゃんと私の言うことをわかっているのかもしれないなぁ、と思う。猫と一緒の旅は、それでも心配なことが多いから、面倒をかけないように、理解してくれているんじゃないかと思う。

途中休憩の時と、車から降りるときは、普段は大キライで、入れるのに一苦労なケージに、扉を開けただけで自分から入っていくし、それ以外の時は、セーターの上で、グデーと伸びるか、私のひざの上で、丸くなって眠るか、高速に乗るときなど、窓が開いて、外から音がすると、興味を持って立ち上がったり、時々、私のひざに座って、窓に前足をかけて、外をのぞいたり。朝が来て、隣のトラックに、生きた豚が運ばれているのに遭遇して、びっくりしてワクワクしたりしている一面もあった。

セサミもんは、旅の間のほとんどの時間を、私のひざの上から動かず、そうやっておとなしくしていた。

本当にえらかった。感動した。感心した。

セサミもんは、私がスコットランドから一緒に連れてきた大事な猫。アルゼンチンに来る準備期間の間、

「一緒に保安官のところへ行こうね~。色々準備も大変だし、とっても遠くだけれど、できるだけのことはするから、一緒に頑張ろうね。」

的な言葉を、毎日かけていたのだけど、そのたび、ちゃんと聞いているように見えた。そして、緊張の渡航の当日は、まるですべてを理解したかのような、恐るべきいい子ぶりを見せてくれた。はじめての飛行機、20時間を越える長旅、2回の乗り換え、3つの国をまたぐ…など、心配ごとはキリがなかったから、そのときは、本当に感動した。猫を連れての、お引越しについては、手続きなど、もろもろの大変なことがあり、いつかどこかで誰かの役に立つことがあるかもしれないから、そのうち、このブログにも残そうとは思っている。私も、準備のとき、他の体験談が書いてあるブログやウェブサイトなど、たくさん調べた。しかし、スコットランドから、アルゼンチンに猫を連れてきた日本人、なんていうのは、いや、別に日本人でなくても、もちろんそうそうあることではないだろうし、ネットで調べても、日本語でも英語でも、見つからなかった。その代わり、日本からベネズエラ、ベネズエラからアルゼンチンに、ミミコちゃんを連れてきた、ハマちゃんの、ブログ記事に、支えられた。

スコットランドにいる間も、短い距離だが、車に乗って、友達の家へ、そしてそこで預かってもらいお世話になったり、何よりも、スコットランドからブエノスアイレスに移ってきた経験が彼女にはあるので、旅することに慣れたのかナァとも思うけど、旅の間、本当にいい子にしているセサミもんを見ると、

「この子は、旅する星の元に生まれてきたのかなぁ」

と思う。

これから、私と保安だって、ずっとここにいるかわからないし、また他の国に行くこともあるかもしれないけど、セサミもんなら、私たちと一緒に、どこにでもついてきてくれる気がする。

IMG_4782.jpg

これからもよろしくね、セサミもん!


最後まで読んでくれてありがとう。
↓ポチっとしていただけるとやる気がでます。コメントも、気軽に残してくださるとうれしいです☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secret

セサミも~ん♪

いやぁ、最後のセサミの写真、とっても自分でも誇らしく思ってるように見えるわぁ~(笑)
今回の車での長旅もそんなにおりこうにしていたなんて、本当に関心しちゃうねぇ~。

それと、やっとブエノスアイレスの生活に戻って来たんだね。1ヶ月のスペイン語漬けの生活、お疲れさまw。
最後の寿司パーティは凄かったね、13合分の寿司って、一体。。。、未知やわぁ~w。なにはともあれ、よく頑張ったね!お疲れ様。

Re: セサミも~ん♪

★Caorin
あ~そういわれてみれば、なんか誇らしいように見えるね!
本当に、感心したよ~。セサミもん、いい子だな~って感動してずっと
褒めちぎってたよ笑。親バカだねぇ!!でも、甘えん坊で、パソコンの前にいると、
ドデーンとスクリーンの前に座って寝たりするので、結構迷惑なんだけどねww

すし屋のおかみさんの小話、毎日過去ログを読んでるんだ~!
かなりためになる~。早くまた寿司を作りたいよ。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。