CHOCO★BLOGG 赤ちゃんにピアス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんにピアス

外国では、そんなことをする国もある、というのは、今までにも何回も聞いたことがある気がする。

先日、TOMOKOさんのブログ、主観的アルゼンチン/ブエノスアイレス事情で、「ARITOSピアス」という記事があり、

「アルゼンチンで生まれた女子はほぼ例外なく生まれた産院にて耳に穴を開けてもらい、ピアス(ARITOSアリートス)をつけます。」

とあった。へえ~。この、アルゼンチンが、その、赤ちゃんがピアスをあける、という国のひとつか。と私は大変興味深く読んだ。そして、また、私の癖、しかし、何故、何で?知りたい病がうずいたが、もうひとつの私の特徴、すぐになんでも忘れる、でその瞬間は、知りたい欲を忘れてしまった。

さて、今日の夕食のメンバーは、保安、保安パパ、ガブリエラ、それに9歳の女子2人、保安の妹ホセフィーナと、その友達のソフィー。そこで、隣に座ったソフィーの耳に、ピアスが光っているのを私は見逃さなかった。

「そういえば、この間、アルゼンチンの赤ちゃんは、生まれたとき、みなピアスを開ける、と読んだのだけど、どうしてそうなの?」

と早速、ガブリエラに質問。わからないところは、保安に訳してもらいつつ… 

(わからないところ、っていうかほとんど。。。

ガブリエラによると、生まれたばかりの赤ちゃんにピアスホールをあける、その元来の理由とは、

「赤ちゃんは、みんな似たような見かけをしている。そこで、男の子と女の子を見分けるために、女の子の赤ちゃんには、ピアスホールを開けるということになっている。男の子には開けない。」

なんじゃそら(笑。

見分けるためだけに?

私なんか、17歳の時、親に猛反対されて、それでも言うことを聞かずに、ピアスホールを開けたというのに!

「健康に、傷ひとつなく、腹を痛めてせっかく産んであげた体に、自ら穴を開けようというの!いったいアンタは何考えてるの!」

とオカンに怒鳴られたような、怒鳴られなかったような記憶がある。私の通っていた高校は、そこまで厳しい校則のあるところではなかったので、3つも4つもピアスをつけていても、見てみぬふりでスルーできたようなものの、普通は、少なくとも、私の世代の大昔の高校では、ピアスは禁止だった。茶髪も禁止だった。刺青なんてもってのほか。そんなのは不良のすることだった。今ではだいぶ、世間は変わったのかもしれないが、赤ちゃんにピアスを開ける!?そんなバカな!というのが、普通、日本の親の考えるところなのじゃなかろうか。

それを、オスメスの区別のためと。宗教的な理由か何かに基づくのかと思っていたら…。アルゼンチンよ。そんなアンタのアティチュードが、心から好きだ!

そして、更に。

「あ、あとね。赤ちゃんの頭は、みんな剃るのよ。」

はい?

「生まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛は、質が悪いから、そのままほっておいても、どうせ使い物にならず、きれいに生えてこないの。ああ、でも、しないときもあるけどね。たとえば、フェリペ(彼女の息子)の時はしなかった。」

生まれてきた赤ちゃんは、すぐに、ピアスをされ、頭を剃られ、なるほど、赤子が最初に経験するスタイルは、パンクス、いや、事によるとスキンヘッド。。。

いきなり、アナーキーな世界を知らず知らずのうちに通り過ぎる、アルゼンチン人。彼らの、性格の土台を垣間見たような気がした。それとともに、いつか、私がこの手に赤ちゃんを手にするときがきたら…

そしてそれがもし女の子だったら…

丸ハゲで、ピアスを挿した女の子を、「あなたのベイビーよ」と手渡されるのだろうか。それでも、自分と、彼の血が入っているだけに、かわいいと、心から思えるのだろうか。

そんな、小さなネタで今日もひとしきり、楽しんでみた。

アルゼンチンって面白い。



P.S.おそらく、同じようなことをするのは、アルゼンチンだけではないと思い、少し検索してみたところ、チリのチチャさん(日々のこと 南米チリにて)の「ちょっとびっくりしたこと ~新生児のお世話編~」と、ブラジルの方の(サンパウロ日誌: DIARIO DE SAO PAULO)ブログでの「赤ちゃんのピアス」にて、ピアスの件、剃髪の件を書いていらっしゃる記事が見つかりました。南米あたりでは、盛んに行われる文化なのでしょうか。もしかすると、きっと、男女の区別だけでない、もっと大事な何かが、背景にあるはず。

(いやないかも…)

いつか突き止めて見せます。

トラックバック、引用などさせていただきましたが、不適切な場合はご連絡ください。削除させていただきます。

↓ポチっとしていただけるとやる気がでます。コメントも、気軽に残してくださるとうれしいです☆
人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

こんにちは~
アルゼンチンでは赤ちゃんにピアスをつけるんですか……見分けがつかないなんてひどいなぁ(笑)
俺は耳に穴を開けるのは別に良いとは思ってるんですが、それだけの事で親御さんは猛反対しますよね。
やっぱり親としての特別な気持ちが日本人にはあるのかなぁ

俺はつけてませんけど、ピアスって重そう…w

空海さん

コメントありがとうございます。

はい、ピアスをつけるようなんですね!でも、理由がすごいですよね。理由、本当なのかな~、と実は疑っています。私も、別に耳に穴くらいなら、全然いいと思ってます。空海さんのような、お若そうな世代の親御さんでもやはり反対するのですね。私も、親になったことがないのでわかりませんが、赤ちゃんにピアスでも、耳や、かろうじて鼻なら将来あけるかもしれないからいいとしても、ほかの部分のボディピアスとかだと、ある程度大きくなってからでも、多少気になってしまうかも… ピアスは軽いですよ!

面白いですね!

とんちゃん様、はじめまして。
はんぺんと申します。突然のコメ失礼致します。

アルゼンチンはそんな習慣があるんですね(驚)!!
実は私の友人(女性)もアルゼンチンの方と結婚したんです。(住所はNZなのですが)

この間会いに行った時は、旦那さんはピアスはしてませんでしたが・・・それは流石に大人だからでしょうね(^^;)。

この記事を読んで、今度友人を通してサラッと聞いてみようかな~と思いました。人それぞれ諸説あったら面白いですね!!

初めまして☆

初めまして☆

とんちゃんさんはアルゼンチンにお住まいなんですね。
赤ちゃんのピアスの記事、すごく興味深く読ませて頂きました!

日本だったら剃髪もピアスも「えぇっ」って反応するとこですが、やはり国によって色々な習慣があるんですね。しかも理由が面白い。さすがというかんじもします。

また遊びにこさせて頂きます(*´∇`*)

Re: 面白いですね!

★はんぺんさん
はんぺんさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
けっこうびっくりする習慣ですよね~。しかも理由が(笑。
お友達でアルゼンチン人の人と結婚した人がいるのですね~。
アルゼンチン人&○○人のカップルは、色々な理由で、ほかの国や、
相方の国に住んでいる人が結構多いみたいですね!

そうそう、このピアスをするのは、女の子だけなんだそうです。男の子と見分けをつけるために。
なので、旦那様は、彼が自分の意思であけない限りは、ピアスをなさってないんだと思います。
今度、聞いてみてくださいね~。そうそう、人によってきっと色々な裏話があるはず!

Re: 初めまして☆

★nutsさん
nutsさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
読んでいただいてとてもうれしいです。

ほんとに、ところ変われば、ですよね~!
日本のお母さんだったら、びっくりしちゃいますよね。
日本にも、外国人が驚くさまざまな習慣がありますしね。
たとえば、切ったへその緒をかわかしてとっておく、なんていうのは
ほかの国ではあまりないようで、よく驚かれます。ポーランドでは
同じことをするとポーランド人から聞いたことがありますが…!

また、ぜひ遊びに来てくださいね~。

初めまして。
ピアスを開けるのは宗教的なものなのかな~と勝手に思い込んでいたのですが、そんな理由だったのですね!納得と同時に面白いな~と感心しました。

剃髪は、日本でも聞いたことがあります。そうするときれいな髪の毛が生えてくると。同じですね^^

私はフラメンコを習っているのに・・・いまだに全くスペイン語が話せません。いつか話せるようになってスペインへクルシージョ(短期レッスン)を受けに行ったり自由に旅してみたいなと思うのですが・・・なかなか習いに行く勇気がなく。
ちょっと、刺激されました☆

また、遊びに来させていただきます^^

Re: タイトルなし

★acoさん
はじめまして!私もまったく同じで、宗教的な理由があるのだとばかり思っていました。でも、なんかそんな単純な理由だと聞いて、拍子抜けしたと同時に、まさに、ほんと、面白いなぁって思いました。剃髪は、日本でもあるのですね!

フラメンコを習っているのですか!楽しそう!私もただいま、毎日スペイン語と格闘中です。せっかくアルゼンチンにいるので、言葉ができるようになったら、ダイエットもかねて(笑)タンゴでもサルサでもなんか踊ってみようかとも思っています。

いまブログにお邪魔してみたら、あれ~。さっきちょうどnutsさんのところから、きゅうりの浅漬けでお邪魔していたブログでした!奇遇ですね~。こちらこそ、またどうぞよろしく!

主観的アルゼンチン ブエノスアイレス事情 ブログからです

こんにちはーお久しぶりに遊びに来たら、私の記事からフィーチャーされていましたね、そうか彼等の性格がそこに起因するわけね!おもしろいねー。

http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51573436.html
(ここにピアスの写真あり!)

以下にアルゼンチンの子育ての話もあり、結構え!と思うことも多々あるかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/cat_50046070.html

剃髪のことは書かなかったですが、そんなことを言いますが、、うちは病院ではそらなかったけれども、家で1歳弱のときに パパがお手伝いさんに言って剃ってもらっていました(母の了解なしに。。。)

Re: 主観的アルゼンチン ブエノスアイレス事情 ブログからです

★TOMOKOさん
こんにちは~!そうなんです、記事を引用させていただいたので、トラックバックを試みたのですが、うまくできていなかったみたいで、事後報告みたいになっちゃってごめんなさい。

TOMOKOさんのアルゼンチンの子育てについてのリンク、実は以前に読ませていただいたことがありますが、再び読んでみました。前に住んでいたスコットランドでも、妊婦は、産後、すぐに家に帰されるようでした。いわく、

「スコットランドでは、妊婦は、赤ちゃんが生まれる直前まで働き(その分、生まれてから長く産休をとることができて、赤ちゃんと一緒にいられる)、産んですぐ退院する。日本は逆で、妊婦をいたわりすぎる。日本では産後の肥立ちがどうの、とか言うが、それは、妊婦が休みすぎて体力が失われるからだ。」

そうで、なるほどと思ったことがあります。アルゼンチンではもっとすごそうで、今から楽しみです。

TOMOKOさんの了解なしに、いつのまにやら剃髪されていたというのも、ある意味アルゼンチンらしくて面白いですね(笑。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。