CHOCO★BLOGG 小沢健二

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢健二

オザケンが、13年ぶりに復活ツアーをするらしい!

というニュースをよんで、ウキウキしてしまう年頃ですが、何か?

hihumiyo.net

しかも、メンバーは、「ラブリー」のころの面子で、あのドキドキしていたころの音楽をやるそうで。それだけのために、日本に帰るほどの若さとお金はもうないけど、若かりしころの私ならやりかねないパワーがある。

(しかも、なんか知らないけど、今じゃ地球の反対側にいるし…汗)

まぁ復活といっても、世間の目が届くところから離れたところで、いろいろ活動していた様子。時々、

「オザワくんがどーしたこーした」

という話は、あちこちから、それこそ小学校の旧友ノリで聞いていたけど、たぶん自分に、それと向き合うだけの時間がなかったんだと思う。だって、今回、このニュースの一件で、いろいろ調べたら、知らなかったことがたくさんでてきた。

(小学校の旧友、で思い出したけど、そういや小沢くんて、高校時代の部活の顧問の親戚か何かで、いつも入り浸っていたその社会科研究室にポスターが張ってあったようなおぼろげな記憶。ちなみに、部活は、フォーク部という名の軽音部。)

発表されたサイトでのインタビューは面白かった。ロッキンオンジャパンのインタビューとか、クイックジャパンの記事とかを、わくわくして一文字一文字もったいなく読んでいた、天然バカだった純粋無垢だった若いころを思い出した。

しかも、小沢くんは、なんと

ボリビアに5ヶ月半
ベネズエラに3ヶ月

も滞在していたとかで、なんのこっちゃ。自分からそう遠くないところにいたわけだ。ほかにも、南アフリカに滞在していたことがあるよう。しかし、ボリビアの街角で、ばったりオザケンなんかに会ってしまったら、頭が混乱して、ボリビア人はオザケンにそっくりだとか言ってしまいそうだ。

(そういえば、カローラつながりで、グラスゴーの小さなライブハウスで、ルー・バロウだったかなんだったか忘れたが、そこらへんのギグに行ったとき、隣にカジくんがいて驚いたことがある。なんでこんなところにいんだよ、と思って質問したら、当時「ロンドンに留学していて、スティーブン・パステルとかと友達なので、グラスゴーにたまに遊びにくる。」とのことだったが。なるほどわかりやすいー。)

ラブリーあたりのウキウキ気分のあと、うつ病にさいなまされている、とか、ニューヨークで悩んでいる、とかいろいろうわさはあったが、なるほど、その後、小沢くんは、音楽業界を離れて、世界を旅していたわけだ。中田がサッカー業界を離れて、職業、旅人に転向した、という噂に、にていなくもない。

しかし、自分の本職を離れて、旅人として食っていけるという人としてのスタンス。うらやましいにもほどがある。

この小沢くんの復活記事のインタビュアー、が、「うさぎ」。

うさぎって何だ、と思って調べてみると、オザケンは、アンチ・グローバリズム、資本主義を批判する、童話を書いていた(いる?)ようだ。そしてそれは、彼の父でもある小澤俊夫が責任編集する、「子供と昔話」という雑誌に連載されているようだ。

ネットでもいくつか読めるようで、私もかいつまんで読んでみた。次に時間のある瞬間に、まともに読んでみようと思う。世界中を旅したことを、こうしてきちんと自分の中で消化して、作品に表すことのできる人というのは、やはり才能があるわけで、頭が下がる。そして、そういうことを、世の中にどんな形であれ、生み出すことができて、人の目に触れられるようにできる力のある人というのは、たとえば、彼のような経験をつむことができる人生をおくれるように、プログラムされているのだと思う。

私のアンテナなんて、至極弱いほうなんで、こういうのに興味のある人たちは、もうとっくに知っているだろうし、基本的には、普段南米生活話をしている私のブログで突然オザケンの話をされても、ハテ?という感じだろうけど、もし、ここを読んで、興味がある人がいたら、前述のウェブサイトのインタビューから、気になるワードを拾って検索していけば、興味深い記事がたくさん見つかると思う。

いろいろ、オザワくん、うさぎ!関連で、役に立つブログとか、サイトとか見つけたんで、参考までに。

http://attackoto.blog9.fc2.com/blog-entry-84.html

http://catsberryrecords.at.webry.info/200807/article_1.html

http://luxa.jugem.jp/?eid=272

http://www.cyzo.com/2008/03/post_423.html

http://www.ozawa-folktale.com/

http://www.kokinsha.co.jp/kokinshadata/kikanshi.html

小沢健二は、サラブレッドだけど、いやみがないっていうか、努力している人ってのは応援したくなる。がんばれ!とか、プレッシャーのかかる言葉をかけようと思う人ではないけど。無駄なく努力できる頭のいい人だと思うし、そういう意味であこがれる。しかしサラブレッドなだけに、いざ、広告を打ちたいときは、ばつんと世の中に帰ってこられるのだから、血筋のよい人は、やはり違うというのか。

まぁ、単純に、ラブリーの名曲で、30代、40代の女子と、それから、うちの妹と妹の彼氏(渋谷系の末裔)と一緒に、歳を少しとった小沢くんと、コンサート会場で楽しく踊りたいな~という、それだけのことなんだけど。新曲とかもやるみたいだしー。

楽しいだろうなぁ☆

(いったい、どんな観客層になるんだろう。。。けっこう謎…)

banner_large.png

↓ポチっとしていただけるとやる気がでます。コメントも、気軽に残してくださるとうれしいです☆
人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事

テーマ : 最新音楽ニュース
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

とんちゃん、
私もオザケン好きだったー。インテリ草食系アーティスト、、、と書こうとしたけどそんな枠にさえ当てはまらないね!
とんちゃんブログおもろい!
はまっているよ。

おはようございます!
ウワーー!懐かしいアーティストさんが!
偶然にも先ほど他の方のブログで
この方のプチネタを拝見してきたとこなんです。
この方の名前が出てこなくて「ううーーー」っとなっていたのですが、
とんちゃんさんのブログのおかげでスッキリしました!

耳に残るフレーズと歌声が印象的でしたよね。
そして放牧の旅もうらやま。。。

5Daちゃん

おお~~!5Daちゃんも、オザケン好きだったか~!うれしいな~。私は、フリッパーズとか、実際大人気だったころは、横目で見てたんだよね。

「なんかおしゃれぶっちゃって、ムカつくぅ~」

とか斜めに見てた、かっこつけた若者だった。けど、しばらくたって、素直になって(笑)、よさを認めざるを得ず…「ラブリー」なんて、今でもよく聞くもん。この人は、どこからどうみても草食に見えて、実はものすごい肉食と見たよ、私は!ブログ楽しんでくれてありがとう!私も、毎日、あ~これ誰かに話したいぃ~!でも誰も話す人が、いないぃ~!(笑)って思うことがあるとき、ここに書く。楽しんでる!5Daちゃんのブログも毎日チェックしにいってて、ストーカーしてるよ!

ナオ。さん

地球の裏側から、こんばんは~!

この日、小沢健二について書いてたブロガーの人、きっとたくさんいるでしょうね!思わず、わ~って思って書きたくなっちゃうニュースでしたもん。ナオ。さんが見てきたのは、プチネタということで、どんなだったのかな?出てこない名前がでてきて、すっきりしてもらえてよかったです!

No Title

とんちゃんさん、小沢健二も!
私も中学生の頃に夢中でした。夜更かししてオザケンとスチャダラのオールナイトニッポン聞いたり。でも中学生の頃って体力あったから徹夜しても平気で部活出来てたなぁ。。
このライブ、チケット当たったんですが、妹の誕生日だったこともあり、妹と妹の彼に泣く泣くプレゼントしました。。

Re: No Title

★Yokoさん
小沢くんも好きなんですね~!なんか嬉しいですね。
私は、結構後追いです。中学生のときにオザケン聞いてたなんておませさんですね~♪ 私は中学生のときは何きいてただろ?ボウイ(氷室の方w)とか、ユニコーンとか、バンドブーム辺りかな?洋楽にしてもロクセットとかですかね笑。

その後高校生になって、ガンズとかマニックスとかあの辺のハードな辺りから、パンクとかメロコアとかもかすりつつ、知らぬ間にイギリス&アメリカの弱小インディーっ子になってました。そしてイギリス旅行などを繰り返すうちに、留学…とまぁよくあるパターンです。小沢くんは、フリッパーズのときとかは、何か変な「プライド」があってフン!って感じだったんだけど、LIFEが流行った辺りからは、良さを認めざるを得ない状況に陥り、素直に負けを認め、大好きになりました。

歳がばれますね。なはは。

妹さんもお好きなんですね!うちも、妹と妹の旦那が、今は天然記念物の渋谷系で、2人でライブ行ったみたいですよ。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。