CHOCO★BLOGG たわむれる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たわむれる

今日も一日暑かった。

今日は、お義母さんが、最近購入された、別宅におよばれしてきました。コイツはたぶん、本当に金持ちです。なんか、マンションとかいろいろもってるし、世界中旅してるし、胸はでかいし、ボトックス注射してるし。住んでるところは、成り金です。まぁ所詮アルゼンチンの金持ちなんで、たかがしれてますが、金持ってるのは本当だ。なんかさからえないし、何考えてるかわからなくて怖いんデス。

(こんな毒を影で吐いているってことは内緒にしておいてくださいw)

別に悪い人じゃなくって、よくしてくれるんだけど。けど、なんせママからしたら、うちのダーリンは、一人息子なわけで、ラテンアメリカの一人息子のママといえば、まぁ大体それだけで想像つくと思うけれど、息子大好きなわけで、私みたいな年上の女なんか、息子についた虫。

そうそう、虫といえば、真夏のプールには、こんなのが泳いでるんだ。

10012010619.jpg

ゴキブリみたいので、水の中を泳ぐ虫って言うと…

これ、アルゼンチン版ゲンゴロウ?

Divingbeetles.jpg

↑ネットで調べたら、ゲンゴロウってこんなのだった。あれちょっと違うね。

この、プールですいすい泳いでるやつは、チンチェっていうらしい。Chinche。けど、ググってみたら、出てきたイメージは、どうやら、チンチェって、カメムシのこと。

カメムシは泳がないよねぇ、普通。

もしかして、こうやって羽が生えてたら、なんでもかんでも、ひっくるめて、チンチェにしてるだけじゃ…

まぁ、とりあえず、こいつらがすいすい泳いでたり、小さい羽が生えた虫とかが、ぷかぷかうかんでるんで、それをとりあえず網ですくってから入る。このひとたちは、外に出しても、また水の中に帰ってくるので、一度捕まえたら、プールサイドでいちいちつぶす。かわいそうに、ごめん…。でも、もう、あんまり虫がそこらじゅうにいるんで、いちいちびびってられない。どうでもよくなってきた。

つか、ここ11階の屋上だよ?どうやってここまで飛んでくるんだろ。

つかさ~チンチェChinche(カメムシ)とか、チャンチョChancho(ブタ)とか、チンチュリンChinchulin(牛の内臓、焼いて食べる)とか、チミチュリChimichurri(バーベキューにかけるソース)とか、チャンチャカ、にぎやかなんだよねぇ、アルゼンチンの言葉たちって。どれがどれだったか、チャンチャラわからなくなってくるわ。

10012010620.jpg

プールからは、こうやって、360度、サンタフェと、その周りの景色が、ず~っと見える。

10012010626.jpg

プールサイドから、少し階段を上ると、こうやって寝そべるところがある。ここで、夜まで寝ていると、最高のサンセットが見えるようになっている。そんで、シャンペンを飲んだりする。おいしいものを食べる。こういうのが、ここでは、割と普通の「ホリデー」なんだけれど、これは、やっぱ贅沢以外の何者でもないだろう。つうか、要するに、アチーから、なんもやってらんねーんだよね。夏は休むっきゃない。わかっちゃいるけど、典型的庶民出身の私は、未だにびびる。

ありゃなんか、物件案内みたいになってきた。

昼下がりは、私たちと、ママとママの彼氏だけだったんだけど、午後も遅くなってくると、マンションのほかの住民がやってきた。子供2人とそのお母さん、あと、結構歳いったおじさんと、おばさん。ママのマルセラは、みんなと顔見知り。

日中は、こげるように暑い。プールに出たり入ったり。私は言葉がほとんどできないので、サンベッドでねっころがって時間をやりすごしたりしていたが、プールに戻ると、

プールの中に、全員つかって、円状になって、ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ。井戸端会議が開かれている。

…この風景はどこかで見たことがある。
これは。

日本の田舎の露天風呂とまったく同じじゃないか。

ところ変われば、なるほど、水の温度が変わるのか。

夕暮れ前に、小さいころ保安官が飼い始め、今は、ママと一緒に暮らしているダコタとお散歩に。

10012010639.jpg

アメリカンコッカーのダコタくん。

あれ?

アメリカンコッカーって。

普通ロン毛でふさふさしてないっけ。

ダコタ君は、40度の猛暑に耐え切れず、超短髪。アルゼンチンでは、犬種も、サクっとかわってしまうんだなぁ。

(似たようなネタを、昔、動物のお医者さんで読んだなぁ)

10012010640.jpg

ダコタと、近くの広場を歩いていると、道路近くで、ピヨピヨ声がする。

10012010647.jpg

救出。どうやら、外からみると、何の異常もなかったけど、どこかを怪我したかなにかで、ちゃんと飛べないようだ。おいでおいで、としたら、簡単に手乗り文鳥になってしまった。お母さんか、家族の助けを呼んでいるのか、ずっとピヨピヨないてた。助けてあげたかったんだけど、どうしていいものやらわからず、とりあえず近くの安全な芝生の上にそっと置いてきた。そのすぐあとで、同じ場所を見に行ってみたら、もういなかった。大丈夫だったかな。心配だ。

夏休みだけに、なんかだんだん自由研究入ってきた。

そのあと、フラットに戻り、またプールに飛び込む。

10012010658.jpg

サンセットと、夕焼けがたまらなくきれいで、ずっと見とれていた。毎日、保安官と一緒で楽しいとはいえ、つらいことも、いやなことも、(特に保安ママと一緒にいるとw)ストレスたまることもあるし、まだ言葉がわからなくてくやし涙を流したこともある。でも、こんなに美しい空が毎日見れるなら、これからもがんばろうと思えるくらい、素敵な空。暗い色の雲と、白い雲と、いろいろな形の雲に、太陽の光が当たっていたり、あたっていなかったり。見事なまでのグラデーション。自然にしか表現できないアート。アルゼンチンの空にしかできないエクスプレッション。

友達が話していたんだけど、国によって空って違うんだよね。これって不思議。気候とか、空気とか、湿気とか、太陽のさし方とか、建物の高さとか、気温とか、すべての要素がまじありあって、空ができる。

そういうことを考えていると、ちっぽけなことで悩んだり、考えたりするのも、どうでもよくなってくる。

夏を、めいいっぱい楽しんで、夏休みが終わったらまたがんばろう。

(夏休み終わらなくても、スペイン語はがんばろう)

でもここの夏は、まだまだ、長いよ~。

夜は、近所のアルゼンチン流焼肉屋(豪快バーベキューで肉を焼いて売っている)で、鶏肉丸ごと一匹、フライドポテト山盛りテイクアウトして、みんなでご飯。

鶏肉丸焼きと、フライドポテト、じゃがいも10個分くらいあんだよ。そんで、しめて36ペソ。日本円にして、900円弱。

安い~!!

とか驚いてる場合じゃない。

物価が安いってことは、賃金も安いってことなんだよ。ペソで働き始めたら、日本に一生帰れないかもしれない。

せっかく、夕焼けで、感動してたのに、またしても心配の種がw

あ、あと保安ママ、陰口たたいてごめんなさい。でも、次に会うまでにまた数日休みをください(笑。

P.S.南米の動物とか虫とか触りまくってる、アホな日本人観光客みたいですが、本当にアホです。よいこはまねしないでください。

↓ポチっとしていただけるとやる気がでます。コメントも、気軽に残してください☆
人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

No title

いいお宅でよかったですね。。。テラス素敵!
お姑さんは言葉とか何人の問題なく基本大変だと思いますが、がんばって!

いいなぁ~

お義母さん。おこずかいください(笑)
一人息子で年上。。
なんとなく気つかいますね。

噂では、日本人女性は嫁として外国で重宝されるとききましたが??感触どうですか?

TOMOKOさん

ありがとうございます。確かにそうですね!負けずにがんばります(笑。

最近更新されてないと思ったら、お仕事に出られてたんですね!お疲れ様でした。今年もどうぞよろしくお願いします!

えみごん33さん

そうそう、しかも、いわゆる「成功してる」女だから、余計、気使うちゅうか、プレッシャーってのもあるんだよね…。たぶん向こうはそんなこと思ってないと思うけど。しかも、最初、私が年上ってことで、なんとなく反対してたあとで、和解したので、それもあります。

日本人女性は、嫁として重宝される?ある部分はあたっていると思います。私はまだ結婚はしてませんが、これまで国際結婚の数々を見てきて、思うのには、やはり、日本人女性は基本的に、というか伝統的に「男に尽くす」とか、いわゆる「家庭的」な女性として育てられてきている。たぶんポイントはここだと思います。ヨーロッパの女性もそうですし、アルゼンチンの女性も強いし。まぁ、日本は嫁輸出国だと思う(笑。いい意味で、適応力があるっていうか、悪い意味で、何も考えてない。

このあたりの問題については、一晩語れますね。本当に成功している女性は、日本にいる気がします。私なんかは、競争率が高く、お化粧してきれいにして、負けないように頑張り、いつも気をはっていないとやっていけない、厳しい日本社会に負けた、単なるルーザーです。。。苦笑

語ってほしい~

「きびしい日本」に気づき、抜け出したのは
勝者の選択ですよ!
私には、海外生活、国際結婚は考えられませんが、
別世界を見せてくれるとんさんのブログに期待しております-☆

Re: 語ってほしい~

★えみごん33さん
応援ありがとう!お酒を飲みだすと、たくさん語ります~笑。
海外生活、国際恋愛や、結婚など、これから自分でもどんな人生が待ち受けているか
わからないけれど、そんなところが人生の楽しいところかも!あまり気負わず、
運命に任せて、がんばります。これからも、自分の目から見たアルゼンチンとか
普通の日記とかを書いてるんで、よろしくお願いします。
えみごんさんのブログも毎日楽しみに読んでます☆
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。