CHOCO★BLOGG コロニアでの一日は、暑さと蚊との戦いだった…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロニアでの一日は、暑さと蚊との戦いだった…

またしても頓珍漢なテーマに投稿してますが、確かに「海外旅行」なんでいいことにします。

正月空けて早々、ビザ更新のために行ってきた、ウルグアイのコロニアでのお話…ちゅうか、1月2日です。もう、長年、正月の日本に帰っていないので、それでも大分、「正月を正月らしく」考える脳みその回路がなくなってはきたけれど、それでも、1月2日。まぁ、あとで気づいたんだけどさ。私、正月三が日からなにやってんだ、と。

何の話だと思われる方が、万が一読んで下さっている場合に説明しますと、アルゼンチンに長期で滞在している人の多くが、このビザ更新の手続きをします。たとえば、日本人は、最初の入国の際に3ヶ月の観光ビザ(スタンプ)をもらえるのですが、それよりも長く、滞在を伸ばしたい場合に、いくつか方法があり。なんと、移民局でお金を払うと、あと3ヶ月ビザを延長してもらうことができる。ただし、これは、1度限りの方法なので、6ヶ月を超える滞在の時は、いったんアルゼンチンを出国して、また入国しなおさなければなりません。

(その後また、国内で3ヶ月更新、というのはできる)

それで、多くの外国人がとる方法が、ウルグアイの、コロニアへの日帰り旅行。

ビザ更新の手続きっちゅーか、フツ~の船旅なんだけどさ。ブエノスアイレスから、船でゆっくりでも3時間、早くて1時間でいけるので、アルゼンチンに長期で滞在する多くの人が、コロニアへお参りに行く。てか、ビザ関係において、厳しいイギリスに長年住んでいた私には、考えられないやり方!!10年以上とか前なら、学生ビザが切れたんで、ちょっとフランスに行って、またUKに入国、って手も、ラッキーな人なら「あり」だったけど、いまどきのUKでは、即、斬られるビザ更新でしょう。あわよくば、永久追放になりかねない。それが、可能なのが、ここ、アルゼンチン。さすが…

そんなイギリス感覚からすれば、もはや不法に近いかと思うくらいのすれすれのやり方だけども、アルゼンチンの人たちや、同じような状況にいる人たちから情報を集めてみると、このビザ更新の方法は、「あくまでも合法」なやり方で、これで、何年も何年もアルゼンチンに住んでいる人はたくさんいるよう。下手にまともに、就労ビザや、学生ビザをとろうとすれば、相当面倒くさいことになるので、出たり入ったりが一番簡単なようで。そんなわけで、私みたいに、パートナーがアルゼンチン人だったり、長いことスペイン語やタンゴなどを勉強したり、アメリカ人とかで、適当に英語を教えたりと、ぼんやり暮らしているような人たちには、この方法が、一番ポピュラー。

ほんで、私は、ちょうど1月の10日でアルゼンチンに来て3ヶ月になるんで、今回コロニアってことで。ほんとは、国内で300ペソ払って更新したかったんだけど、正月でばたばたしててそんなこともできず、しかも、この日の夜に、サンタフェに行かなくちゃいけなかったんで、急遽正月早々行くことに。おまけに保安のパスポートはちょうど切れたところだし、ナショナルドキュメントもまだ届いてなかったので、一人でいくはめに。

てか、超いきたくねぇ~!

やる気相当なく、3時間のスロウな船で、ブエノスを出ました。
船に乗り込む前に、まずEチケットを出し、パスポートを出すと、アルゼンチン側で、アルゼンチン出国スタンプと一緒に、ウルグアイ入国スタンプも押してもらえます。同じところに、2人、人がいて、ほい、と隣の人にパスポートが渡されると、顔の確認もままならず、といった感じで、ウルグアイのスタンプが押されます。アルゼンチン→ウルグアイ→アルゼンチン→ウルグアイと3ヶ月ずつ、滞在したいような物好きの人がいたら、まるで問題なくこれでできるでしょう。

(いや、実際夏の間とか、金持ちのアメリカ人とかがやってるらしんだけど)

何度もいうようですが、正月三が日です。なんで正月そうそう、早起きして、ウルグアイくんだりまでいかなきゃならんのでしょうか。つか、文句を言ってる場合ではありません。

IMG_4211.jpg

船はこんなやつ。写真だと小さく見えるけど、デカイ!!私の乗った、Eladia Isabelという、ゆっくりだが、デカイ船は、キャパシティなんと、1200人。車も150台乗れるようです。ちなみに、Buquebus、「ブケバス」ではなく、「ブケブス」です、スペイン語ですから、念のため。やなかんじです。

IMG_4213.jpg IMG_4214.jpg

↑船から眺めた、ブエノスアイレス。あ、ちなみに、これ、「汚い海」なんじゃなくて、「泥水の川」なだけ。小学校の時、地理で習ったような気がする、ラプラタ川。なんで習ったんだっけ。

保安官は、

「コロニアへ行く船なんて、ビザ更新の人たちばっかしだよ~。たぶん、アメリカ人とか(英語話す人が)たくさんいるから心配すんな。僕のことが恋しいのはわかるけど、今日は一緒にいってあげられなくてごめんね♥」

とか、自分でほざいていましたが、うそばっかりやん!!

船内は、アルゼンチン人(かウルグアイ人)の家族でぎっしり!!たぶん、季節柄だと思う。正月休みで、家族で、隣街まで遊びに、って感覚なんでしょう。もしくは、正月をブエノスアイレスで過ごした、ウルグアイ人たちが、家に帰るとか。しかし、自分が許容できる範囲を超える子供たちの数。うるせぇ~!!

3時間、超暇だった。そして眠かった。

ウルグアイについてみたら、全員観光客かと思いきや、そうでもなく。船着場で、街の観光案内マップをもらい、とりあえず、オールドタウンの方へ歩いてみると、さっきまでの喧騒はどこへやら。閑静な住宅地が立ち並び。。。

なんて思っていたら、閑静な気分は、2分で吹っ飛んだ!

じりじり照りつける太陽に、焼かれ、50メートルも歩いたらもう汗びっしょり。おまけに、こんな暑い日中だというのに、蚊にさされまくり。オールドタウンまでは、歩いてすぐなのに。

IMG_4239.jpg

どうだ、暑そうでしょ。冬の国の友達やブログ読んでくれている人、これで暖まった?

街を歩く観光客たちは、みな、真夏の装いをしている。汗かきの上に、ジーンズにスニーカー、そしてTシャツなんていう、あほな格好をしてきてしまった私は、5分も歩けば、汗びっしょり。しかし、ちょっと一休み、なんて思って、木陰にはいって、ベンチに座ろうものなら、大量の蚊に集中攻撃を受ける。どうみても、周りの人より、私が一番さされている。なぜだ!!

ベンチに座っていると、ものの数分で、めずらしい東アジア産の血のにおいをかぎつけた、南米産の蚊が寄ってきて、たたいてもたたいても、収集がつかず。一度に3~4匹が、私の体のそこかしこで、血をすおうともくろんでいるのに気づいたときは、もう休んでもいられず、なきそうになりながら、また猛暑の中を歩く羽目に。

しかし、今度は暑くて、苦しいので、そろりそろりと、おばあちゃん並のスピードでゆっくりと街を歩く。ところが、あんまりゆっくりと油断していると、蚊が即効よって来る、という、もはや拷問状態のサイクルができあがった。

そんなこんなで、世界遺産に一応指定されている、コロニアのオールドタウンを、見ている場合ではまったくない。

でも、こんな街は、ヨーロッパに行けば、どこにだってあるので、別にたいしたことない、と思ってしまう私はつまらない人間かもしれない。要は、石畳、地中海風の低い建物、なんちゅうか、典型的なトロピカルアイランドってゆーか。

IMG_4260.jpg

IMG_4257.jpg

IMG_4220.jpg IMG_4240.jpg

フォルクスワーゲンの旧型は、割と普通にしても、小さな小さなオールドタウンには、時が止まったかのように、こうしてそこかしこに、クラシックカーが、停まっているのだけれど、近づいてよくみてみると、それはもうすでに使われておらず、くもの巣が張っていて、座席には、

「写真をとるなら金をくれ」

と(たぶん)書いてある、コインいれがおいてあったりして、かなり、いやらしい。コロニアといえば、クラシックカーがある、みたいな、博物館的な感覚で、展示品みたいになってんのか。こういうの、すごい私は嫌。世界遺産だから、しょうがないけど、町中すんごい観光地化されていて、つまんない。別に?って感じでした。まぁ、ニュータウンの方へ行ったらまた違うのかもしれないけど、ウルグアイなんて、アルゼンチンとそうそう変わらないし、文化もほとんど一緒だし、ビザの更新の必要がある人か、パスポートにもっとスタンプがほしい!とかいう、なんちゅーかバブリーな魂胆のある人しか、いく必要ないと思う。

まぁ、どっちにしても、一人で行ったらぜんぜん面白くない。

ロンリープラネットに載ってたレストランで、時間つぶしに「ウルグアイ名物」らしいご飯食べたけど、ワインも食事もまずくて、余計悲しくなった。薄切りビーフのステーキに、フライドポテト、パルミート、マッシュルームなどの酢漬けと、茶色くなったレタス、トマトやにんじんがどっさり乗って、上に目玉焼きとハムが載ってた。名前忘れた。まずくて写真とるきもしなかった。

IMG_4266.jpg

オールドタウンは、歩いても、ものの数時間あれば、もうみるとこないんだけど、こういうバギーカーっていうの?みたいなものを借りて、カップルとかで、ぐるぐる街をみてまわってる人が多かったよ。

IMG_4253.jpg

↑なんか、観光名所らしい。もう使われてない灯台。すんげー小さくてしょぼくて、いきなり入るやる気をなくす。

IMG_4236.jpg IMG_4247.jpg

↑海辺に生えていた、謎のいんげんトゥリー。浜辺の方へいくと、人々が木陰でのんびりしたりしている。蚊は大丈夫なんでしょうか。。。

IMG_4269.jpg

それにしても、今回は、こいつに、本当に泣かされました。本当、100匹くらいに、アタックされた。ぜんぜん、誇大表現してない。これは、見事に殺したときの記念写真。そして猛暑。ジーパンは暑かったけれど、ワンピースなんて着ていったら、ますます蚊にやられて、大変なことになってたと思う。ジーパンやTシャツの上からでも、容赦なく、刺してくるんだから!生肌なんてもってのほか…

夏のコロニアに行くときは、蚊よけスプレーと、夏の装いを、忘れないようにしましょう…涙

蚊も暑さもあんまりにもひどいんで、もう帰りのバスの2時間以上前に、そそくさと船着場に戻った。そこへ行けば、冷房も効いているし、ビルの中はさすがに蚊もいないんで。。。

そそくさと、チェックインして、出国。出国、っていうか、ここも、ブエノスアイレス側と一緒で、同じところで、出国&入国の手続き。係員にパスポートを渡すと、まずウルグアイ出国のスタンプを押され、それが隣にいる別の係員に手渡しされて、その人が、アルゼンチン入国のスタンプを押すという… 質問も何もなし、日本人は楽でいいです。

帰りの船に乗ると、ああ、やっと家に帰れる、とほっとしました。

IMG_4284.jpg

デッキで、それぞれの時間を楽しむ人々。もう蚊もいない。。。

帰りのフェリーが、一番楽しい時間だったかも(笑。

IMG_4289.jpg

途中で、変な踊り大会が始まった。2人のダンサーがお客さんを誘導して、みんなで踊りだす。いや~ダンスって人を幸せにさせるね!みてたら、ブルーだった自分も、笑顔になってきて、楽しくなってきた。せっかく南米にいるんだし、なんか自分も踊りやろうかなぁ、なんて見ながら思ったり。…単純。

IMG_4285.jpg

IMG_4298.jpg

船から見える、夕焼けと、ブエノスの夜景は美しく、さっきまでのつらかった1日も、どこかへふっとんでしまいました。写真には上手にとれなかったんだけど、降りる前に見えた、満月に近い月は、すっごくきれいだった!

↓引き続きランキングに参加しています。ポチっとしていただけるとやる気がでます。
人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。