CHOCO★BLOGG サンタフェ州の話:カシャスタ、南米アルゼンチンのワイルドな川で魚釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタフェ州の話:カシャスタ、南米アルゼンチンのワイルドな川で魚釣り

IMG_6569.jpg

サンタフェ市街から北に車で1時間ほどのカシャスタというところから、魚釣りに行ってきました。



朝8時ごろに船頭さんがボートで迎えに来てくれて、いざ出発!釣り道具は何から何まで用意してくれるため、私たちは身支度をして、泊まっているカバーニャの前にある船着場へ行くだけ。停まっているときはそうでもないですが、ボートを走らせると寒い。保安ママとその彼のロドルフォさんが色々防寒着を貸してくれました。ありがたや。

cayasta.jpg

釣りスポットまでボートでブーンと30分ほど進みます。地図で見てもわかる通り、川とラグーンとその合間にある島が縦横無尽に広がっていて、まるで迷路のようで大冒険気分。もう2度と帰ってこれないのではと錯覚すら覚えます。私は、ゆらゆら揺れるボートの上が大の苦手なのですが(スワンボートとかもってのほか)、このあたりの川はとても穏やかなので、大丈夫。


IMG_6573.jpg

保安ママが「うちの嫁はブログをやっているのよ!」と勝手に宣言したせいか、船頭さんのディエゴが、植物や動物の近くで停まっては色々教えてくれます。写真を撮るのはいいのですが、名前を覚えるのが不得意ですぐ忘れるため、あとでまとめてメモるからまた教えてね!と言っておいたのですが、その「あとで」を忘れてしまいました。この蓮の親戚みたいなやつは、夏になるとたくさん増えてキレイなんだそう。

IMG_6577.jpg

最初のスポットでいきなり釣れました!私の姿は、釣り人というよりは、どちらかというと通勤途中のサラリーマン。しかも頭ボサボサで一生ヒラタイプだったので、割愛します。お魚さんは、その名も黄色。アマリーショという、黄金に輝くなまずさん。美しい。アマリーショは良く釣れます。見てわかるかと思いますが、餌は魚(サバロ)の内臓なんです。船にどっちゃり内臓が積んであるため、すごい臭い。風邪引いて鼻詰まっていてよかった。写真もとったのですが、閲覧注意のためこちらも割愛。

IMG_6583.jpg

すぐにディエゴが処理してくれます。アマリーショには牙みたいなエラがついていて、危ないんだよ、と取り除いて見せてくれました。

IMG_6586.jpg

おっしゃー幸先いいねー!釣ったるでーー!!

ひゅん!と餌をつけた糸を投げて釣り糸を垂らし、待つことものの数分もしないうちに、釣れるスポットでは手応えがある。何もないときは、10分くらい待って「よし、つぎいくどー!!」とまたボートを動かす、という感じなのでテンポが良いです。

そうこうするうちに保安ママにもあたりが!

IMG_6599.jpg

じゃーん!

IMG_6593.jpg

今度は、ボガというお魚。キラキラの大きなウロコがついていてとても美しい。食べてももちろん美味しいお魚なのですが、まだ小さかったためリリースしました。サンタフェ州では、持ち帰っていい魚の大きさがちゃんと決まっています。お魚ポリスがちゃんといて、時々国道沿いなどで停められて、違反サイズの魚を持って帰ろうとしていないか、ちゃんと取り締まりがあるんですよ。この後、何度かボガのあたりがあったのですが、小さめだったので、全部放しました。ボガの口は小さいので、餌をツンツン、とつつくだけで掛からないことが多かった。

たとえ釣りをしなかったとしても、ボートに乗っているだけでもう、最高です。そこにあるのは大自然。誰もいない、ただただ静かな川と緑と鳥たちが目の前に広がって、心がきれいになっていく感じ。保安官がネナたんを見ててくれるからということで少し心配だったんだけど、来て良かったと思いました。やっぱり時々こうして、大自然に触れて心の充電をしたほうがいい。アルゼンチンには、ダイナミックで美しい自然がたくさんあります。そんなところは大好きだし、とっても素晴らしい国。

バードウォッチングにもいいところ。鳥さんたちにもたくさん会えます。

IMG_6610.jpg

この白いなんちゃらという鳥は、魚を食べるらしく、獲物を待っているところ。すごくお腹が空いていたみたいで、私たちが近くにいるのに、魚取りに集中して逃げなかった。

IMG_6615.jpg

ほんとキレイ。

IMG_6624.jpg

こんな景色でお魚を待ってるんですよ。

IMG_6635.jpg

カマロテという植物がいたるところに生えていて、時々紫のお花が咲いています。これは見たことある!地元の千葉県の手賀沼で昔、水を浄化するために使われていたホテイアオイという植物と同じだと思います。外来種であるため管理が難しいことと、「繁殖した植物体をかき集めて処理する手間がかかるために永続性に欠け」るため、現在の日本では水質浄化の目的ではあまり使われていないそうです。ちなみに手賀沼では、平成20年度まで使われており、「回収したホテイアオイは近隣農家の協力を得て、肥料として農地に還元して」いたそうです。どうりで最近実家に帰ってもみないわけか。

ちなみにカマロテは、ゆるーい川の流れにのって、時々ぷかーぷかーと旅をしていて、ちょっとだけ釣り人の邪魔を…いや釣り人が邪魔を?しにきます。そんな時は、カマロテを避けるように竿を動かしてかわします。じゃないと、糸に絡んじゃって面倒臭いからね。

IMG_6656.jpg

カマロテには色々種類があるみたいで、こんなのもあるよ、とディエゴが拾って見せてくれます。キャベツみたいでしょ?って。キャベツなんとかって名前だったかな。また忘れたけど。

IMG_6630.jpg

ほんとに迷路のようなところをどんどんボートを走らせる。小島もいっぱいある。

IMG_6631.jpg

「あそこの島なんかアサドやるのにちょうどいいねー!」の図。実際、島でバーベキューができるんです。肉を持ち込むもよし、釣ったばかりの魚を焼くのもよし。時々小屋が建ってる。島にはそれぞれ一応持ち主がいるらしいです。夏は蚊の大群に襲われたりもしますが、トムソーヤみたいな気分で楽しいです。

IMG_6642.jpg

時々、島には牛さんたちがいて、半分くらいまで水につかって草を食んでいます。牛さんたちが、ンモーーとないている横で釣りをしてるっていうなんかシュールな光景が広がります。

IMG_6637.jpg

ウユニ湖もきれいだけど、サンタフェのラグーンもいいでしょ。写真だけでは、このワイルドな川と大自然の美しさがなんとも伝わりづらい。次に行く時は忘れずビデオに撮ってこようと思います。

IMG_6649.jpg

そうこうするうちにロドルフォさんにもあたりが!!再びアマリーショ。

IMG_6670.jpg

マルティン・ペスカドールというカワセミの一種が近くで見ていました。見てみたかった鳥なので感激。まぁいいから撮りなさいよ、という感じでみなさんゆっくりポーズをとってくださって、変な東洋人のためにありがとうございます。

IMG_6664.jpg

続いてまた釣れた!モンチョロというアマリーショの黄色くない版。こちらも小さかったのでリリース。

IMG_6697.jpg

通常なら半日コースで14時30分くらいまでの予定らしいのですが、ネナたんがおうちで待っていたので、昼過ぎには帰ることに。それを知ってか、釣りのプロのディエゴも最後らへん参加してくれました。最後にディエゴが釣ったのがわりと大物のパティというお魚!

魚釣りは一年を通してできるそうで、特にシーズンというのはないそうですが、季節によって釣れる魚が違うそうです。夏は、スルビやドラドなどの大物が釣れる。そちらさんたちは、冬の間はあったかい方へ旅に出ているそうで、いまはこのあたりの川にはいないんだって。


最終的にアマリーショ4匹、パティ1匹が釣れ、ディエゴが船上でさばいて、輪切りに切り目も入れて帰ったらすぐに料理できるようにしてくれました。パティの身は黄色くて不思議だった。

IMG_20150613_133410.jpg

いやいや粉とちゃうしそれ塩つけすぎやろ、っていうアルゼンチン人的味付けをほどこされ

IMG_6708.jpg

唐揚げにして、レモンをたっぷりと絞り、美味しくいただきました。いつも塩つけすぎ!って思うんですが、これが揚がると不思議なことにちょうど良いのです。釣ったあとは、こうやって唐揚げにするのが一番ポピュラーな食べ方かな。淡白な味で美味しい。ナマズだもんね。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。色々ポチっとしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽にしていただけるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキング
関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

tag : 釣り

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。