CHOCO★BLOGG アルゼンチン風?ザ・オーブンで焼くだけ肉料理集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチン風?ザ・オーブンで焼くだけ肉料理集

ブエノスに帰って来て以来、何かとざっくりした料理が多くなっております。

帰ってきて、一番登場回数が多いのがこれ。やっぱり、アルゼンチンを離れていて一番恋しかった料理がこれでした。いや料理っていうか…

シンプルイズベスト!焼いた肉と赤ワイン!

IMG_20150501_160032.jpg

ビフェデチョリソという名の肉の塊。サーロイン的な部分。一番、牛肉の野性的で肉らしい味が楽しめる。

IMG_20150505_212149.jpg

オホデビフェという名の肉の塊。リブアイ的な部分。やわらかい赤みでありながら、油のジューシーな甘みも感じられる部分。

いやどれも肉の塊なんですけど、部位によって見事に味が違うんです。奥が深いというか、面白いですよね。そして本当にとっても美味しいです。アルゼンチンの肉、あっぱれ。

ワインも、スーパーで買えるレベルではありますが、久々の帰国ゆえ、通常より若干奮発しております。ワイン通の人には怒られてしまいますが、アルゼンチンのワインの味の濃さ、コスパの高さに慣れてしまうと、フレンチワインなぞ水で薄めたように感じてしまいます。お高いおフランスのワインを買っても、お黒ひげ一発くらいの当たりしか来ないように思えるし。こんな重たい味の濃いワインなんて、野蛮人の飲むものとおフランスの方には言われそうですが、まさに肉を食いちぎって食べるような野蛮な料理には、やっぱりパンチの強いアルゼンチンのワインが合うんですね。日本料理やフランス料理の、繊細な味は消してしまうでしょうし。本当に、土地によって、料理して楽しいもの、食べて美味しいもの、合わせて美味しいお酒などは違うなぁとつくづく感じます。考えているだけでわくわくします。

IMG_20150512_184643.jpg

我が家でお肉を焼くときは、ディスコ(スーパー)で、真空パックになって売っているプレミアムミートがほとんどです。血にまみれた肉が真空パックになっているので、一見日本人的には、まずそうに見えます。しかし輸出用のクオリティーのものなので、まず間違いない。値段も普通のパックになってる肉とたいして変わらず、ちょっと追加すると美味しいものが食べられるなら断然こっちです。値段は書いてもアルゼンチンの場合全然意味がないですが、現在のところ1キロ辺り145ペソ、米ドルにすると11ドルちょい。プレミアムミート100グラム辺り…ではなくて1キロ辺りです、念のため。2人と半分で、1キロくらいの塊をペロりと行ってしまいます。和牛と違って、赤みの肉なのでお茶の子さいさいです。

ちなみに、日本では残念ながらアルゼンチンの牛肉は輸入されていないし、そもそもスーパーでは薄切りのお肉しか売ってない。こういうタイプのお肉は、特別な市場などへ行かないと手に入らないと思いますが、一番近いなと思ったのは(それでも全然届かないけれど)、オージービーフよりもアメリカ産のお肉でした。

オーブンは200度に予熱しておきます。お肉は焼く30分前には冷蔵庫から出して、室温に戻しておく方が良いです。サラダ油かオリーブオイルを鉄板に少々敷いて、肉の周りにも少しなすりつけ、塩を多めにふる。油が多すぎると、じゃがいもがカリッとなりません。最初は肉だけをオーブンに入れ、10分くらいして外側が焼けたら、周りに1センチ強、太めの輪切りにしたジャガイモを並べ、鉄板に出ている油と肉汁を両面に軽くなすりつけるようにしてオーブンへ戻す。時間差は、ジャガイモの方が早く焼けるためです。

IMG_5690.jpg

時々気が向いたら上下を返して、50分くらい(1キロ程度の塊の場合)。肉の大きさやオーブンのタチにももちろんよりますが、40〜50分くらいが一番いいようです。焼けたらオーブンを消して、扉を少し開けた状態で10分くらい放置すると肉汁が落ち着きます。こちらのお肉はなぜか、あまりレアだと美味しくありません。ミディアムくらいが一番美味しい。これももちろん好みがあるでしょうが。塩だけで肉の旨みを味わうのが一番ですが、チミチュリなどのソースをつけて食べるのも美味しい。部位によってつけると美味しいソースも違いますが、いつかまとめてみたいかなと(と言って、いつもその日はこない)。

焼くだけ料理は、ビーフだけにとどまらず。

IMG_5685.jpg

鳥もも肉をザクザク大き目に切ったものに、なにがしかのハーブソルトと、手でモミモミ細かくしたローズマリーをちょっと強めに追加して混ぜたものと、オリーブオイルをもみこみ適当に下味。ジャガイモ、玉ねぎなどある野菜をゴツゴツと切って適当にならべ、にんにくもところどころに置き。オリーブオイルが野菜にもある程度まんべんなくついていると上手にやけます。鉄板にオリーブオイルを先に敷いて、じゃっじゃっと野菜になすりつける感じで。

IMG_5687.jpg

下ゆでしたブロッコリも、最後の10分くらいで鉄板に追加して、上下を返しつつ、トータルで30分もあればこんがりと。お肉だけに下味をつけておけば、あとは肉汁が全体に回ってみんなを美味しくしてくれます。ザ・適当オーブン料理。これにグリーンサラダでもあれば、栄養的バランス的にも一品で問題なし。うちのちびさんも、焼けた野菜をもぐもぐしてくれます。

アルゼンチンのオーブンは大活躍です。料理って滞在する国や場所によって、手に入るもの、食べる環境や自分たちのライフスタイルをいろいろ反映すると思う。これからも、楽しく美味しく適当に、をモットーにやっていきたいと思います。

  


最後まで読んでくれてどうもありがとう。色々ポチっとしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽にしていただけるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

tag : アルゼンチン 牛肉 オーブン料理 簡単料理

コメントの投稿

Secret

いいなあー。

アルゼンチン旅行中、一番美味しかった料理?がパンに炭火で焼いた肉を挟んだだけのサンドイッチでした。
それと赤ワイン。
ほんと、お肉がおいしかった。ワインもおいしかった。
固まり肉の料理は、大好きです。
でも、牛はとっても買えないので、豚で作ります。
先日のベーコンもだし、紅茶豚もいっときはまりました。
焼豚もおいしいし。
オーブンで焼くのも簡単でいいですね。

No Title

肉にしてもワインにしても、アルゼンチンは美味しいとこ、みんな国内で消費しちゃう。フランスは輸出用にいいのを回すらしいです。味のあるアルゼンチンのお肉、また食べたいな~
タンゴ仲間にも見てもらおうと、リンクをFBでシェアさせていただきました。

Re: いいなあー。

★ようはっぱさん
パンにお肉を焼いて挟んだだけで本当に美味しいですよね!私も、アルゼンチンはお肉とワインがとにかくやっぱり最高だと思います。

でもほんと、日本だと、牛の塊を買うというのはそもそもあまり売ってもいないし、やりませんよね。今レシピだけ索引のように見やすく残すサイトを計画中なのですが、そこではこっちで作るレシピを日本で身近で手に入る食材でやるとどうなるか?みたいのにも着目したいと思ってます。日本でやると全然違うものになったりするのを今回行ってみて気づいたので。オーブン料理自体日本だとあまりしなかったりしますもんね。紅茶豚実はまだやったことがないんです、今度挑戦してみますね!

Re: No Title

★まじょりさん
> 肉にしてもワインにしても、アルゼンチンは美味しいとこ、みんな国内で消費しちゃう。

と、私も思っていたんです。が、実はそうでもないらしいんです。やっぱり一番いいところはアルゼンチンでも輸出に回しちゃうそうで…ワインなどは最高級のものは値段の関係もあって国内ではあまり消費されないというのもあるかな?肉も、輸出専門に作られるものもあるそうです(もちろんクオリティの高い物)。輸出用の方が高く売れるんでしょうね、やっぱり金か
…ってビジネスなんだから当たり前なんでしょうけど。でももちろん、国内で買うことも可能ですが!

シェアしてくださってありがとうございます!
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。