CHOCO★BLOGG カブティエー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブティエー

ある日、八百屋さんでネタを探していたら、いつものように野菜を選んでいたら、面白いものを見つけました。

20140429_174423.jpg

CABUTIER!?

カブティエー!!

かぼちゃという名前が微妙に変化し、なんとなくプロバンスのかほりでもしそうな、おしゃれ風な名前に!!まーこれどう考えても、カボチャって名前からきてますわね。なんか笑えるしかわいくて気に入った。

普段あんまりカボチャを食べないのですが、カブティエーならば!(?)と買ってみました。

20140429_174423 (1)

てかあれ?その下の、バターナッツスクワッシュみたいな方には、アンコって名前がついてますね。餡子?

アルゼンチンでは、かぼちゃのことを全般的に、サパショ(zapallo)とか、カラバサ(calabaza)とかいうんだけど、2つに違いがあるのかどうかよくわかりません。アルゼンチンでのカボチャの種類や名前について、ウィキペディアにそれだけで、長ーいページがあったので、カボチャ博士になりたい人はどうぞ!

Calabazas, zapallos y nombres afines en Argentina

半分を、

IMG_7525.jpg

とりあえず、カボチャサラダにしてみました。切るのかたーい。

IMG_7530.jpg

皮をおおざっぱにむいてゆでたのを、つぶしてマヨネーズとカリカリにしたベーコンと、水にさらして絞った赤玉ねぎと一緒にあえました。なんと!ホクホクでおいしかった!さすがかぶてぃえー。もう半分は、普通に煮物にしてみましたが、なんと!これまたほくほくで美味しかった!ありえない!よそ見をしているうちに、保安官に全部食べられてしまいました。あ、写真…

かぶてぃえーが美味しかったことに気を良くした我々は後日また大きなのを買ってきました。

IMG_7773.jpg

IMG_7775.jpg

今度はちょっと水っぽかったなぁ…やっぱりものによるんだね。1回目は崩れたので、2回目は煮すぎないようにしてみましたが、それでも水っぽく。スライスしてバター焼きにしてみましたが、やっぱり水っぽく。でもおいしかったけどね。

そこで、カボチャの選び方をネットで調べてみたけど、カボチャって追熟するもので、収穫してすぐよりも、日がたって古くなったものの方が美味しいんだとか!へえー!それから、黄色くなっている部分は、地面にあたって日焼けしていない部分なので、その色で切ったときの中の色の予想がつくんだそうです。濃いオレンジ色のほうが、ホクホク甘くておいしいんだって。ヘタの周りがコルクのように乾燥しているのは熟している証拠なんだそうなので、次からその辺を目安に買ってみる!

20140503_172653.jpg

カボチャの名前ってほんと色々あるみたいで、後日スーパーに行ったら、同じようなカボチャには、zapallo ingles(イギリスカボチャ)って名前が書いて売ってました。しかも八百屋の半額。でもさー、今日同じスーパーに行ったら、違うカボチャ(長細くて外にストライプの模様があり、中はオレンジで、瓜っぽい)がカットしてあるものに今度は、イギリスカボチャってシールがはってあった。てきとう。。。それに、八百屋でアンコは、こっちだと韓国カボチャって名前。

まーいいや。次からも、カブティエーって呼んでくれてる八百屋さんでかいます。

そもそも、カボチャって名前はどこから来たの?とか色々ついつい気になってしまいましたが、カンボジア、から来ているそうで。なんたる。伝えたのはなんとなくの想像通り、ポルトガル人だそうです。色々伝えてもらってありがとポルトガル人。

ブエノスで買える野菜さんたち、ほかにも、日本で呼ばれている名前と同じものがいくつかあります。白菜とか。実際は発音のせいで、アクサイって、ちょっとワルっぽくなってしまうけど。あとは柿!柿はこれ、KAKIってそのままの名前で売ってるの。最近また旬なので、KAKIもよく食べてます。おいしいよ。

IMG_7475.jpg


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

「かぶてぃえ」ってすごい

なんか、この言葉の変化には魅力を感じますね。
日本で冬至にかぼちゃを食べる習慣があるけど、あれも夏の、えーといつだったか忘れましたが、なんかの日にとっておいてそれを食べるのだそうで、そうすると水気も抜けてちょうどいいんだな、とこの記事を見て納得しました。 ペーストにしたかぼちゃはネナたんにもいいのかな?

Re: 「かぶてぃえ」ってすごい

★なみきせつこさん
ね、かぶてぃえってネーミングすごいですよね!!かぼちゃ、って聞いたらそう聞こえちゃったのかしら。笑 以来、うちでは、この野菜のことは「かぶてぃえー」って呼んでます。例「かぶてぃえーのサラダまだあったよね?食べていい?」とか。

なるほどー!そうやってとっておいて、水分が抜けてちょうど美味しく食べられるのですね。昔から伝わる習慣みたいなものってほんと理に適っているというか理由がありますね。そうそう、かぶてぃえー(笑)って離乳食にもいいですよね。日本だと5か月くらいから始めるみたいですが、ネナたんはまだ母乳のみです。先生にも来月(6か月)からね、ってこの間いわれたところです。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。