CHOCO★BLOGG ブエノスアイレス国際ブックフェア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブエノスアイレス国際ブックフェア

何故か毎年逃し続けていた、国際本の市。今年もLa Ruralという、東京ビッグサイト的なところで4月24日から5月12日まで開かれています。やっと行ってまいりました。

40.ª Feria Internacional del Libro de Buenos Aires

入って最初に目についた子供向けの本屋さんで、「あら、ちびちゃん、初めてのブックフェアね、ようこそ!」と話しかけられたネナたん。そう初めての。私もだけど。なんと来年で40年の歴史だとか。あら私と同い年。これも何かのご縁。

20140426_173049.jpg

カンファレンスとかワークショップなんかもあって、書き手や本屋さんなど、本にまつわることを生業とする人たちへのビジネス的な要素もあるようですが、私たち一般人にとっては、でーっかい本の市!私は、本を読むのも大好きなのですが、外から眺めているだけでも、手に取るだけでも、囲まれているだけでも…なんというか、「本という存在」が好きです。紙でできていて表紙があって、めくると字が書いてあったり時折絵だったり。よくわからないけど何か、開くとまだ見ぬ新しい世界が待っていたり、すごい楽しいことが起きそうで、わくわくします。でも電子ではなくてやはり紙が良くて、それに印刷された活字が好きなのかもしれません。旅行に行っても、たとえそこの言語がわからなくても本屋に入り浸ることを好みます。というわけで、こんな本の市なんかもうパラダイス!一日過ごせるわー。でも、ネナたんが途中で疲れて飽きてしまうので、しばらくの間は1日もいられませんが。

20140426_173155.jpg

土曜日に行ったので、すっごい人出でした。サイン会も各地でやっていて、長蛇の列も!お客さん、みんなそれぞれ手に、買った本を下げてました。なんか嬉しくなります。特に、同じ本を手に持った人と目が合ったりなんかしたら素敵ですね。私たちは普通に昼間行きましたが、この日は特別、夜9時から夜中1時まで、無料開放していました。そんな気の利くブエノスアイレスが好き。

20140426_175100.jpg

一つ吸い寄せられるように気になったスタンドをメモがてらに写真に。

Libros del Zorro Rojoっていうお店の、個性のあるコレクションでした。絵本、絵の入った本などを集めたショップに今度また行ってみたいです。バルセロナにもあるみたい。

IMG_7559.jpg

私たちは結局、SIGMARという、子供向けの本を扱うアルゼンチンの会社のスタンドで2冊本を買いました。赤ちゃん向けの本が何か見つかったらいいなぁ、なんて思っていたのですが、片足赤ちゃんに、片足自分に突っ込んだ感じのセレクトに。読んで聞かせてあげる年齢に到達するまでにも、あと数年はかかりそうな。

Martín Fierroは、アルゼンチンらしい1冊。ガウチョのお話(ポエム)で、弾き語りされたりするんだそうです。といっても、歌うわけではなく、ギターをポロポロンと鳴らしながら、声色を使いながら、まさに語るって感じで、保安官が真似してみてくれました。ガウチョ風な言い回しで書かれているため、注釈もたくさんついています。私はまだまともに読んだことがないので、これを機会に読んでみようかと。学校で必ず習うため、冒頭部分はアルゼンチン人なら全員そらで言えるくらいの本なんだそうで。なんだろ。ガウチョ→武士?出だし言える?むーん、日本人にしてみれば…平家物語、あたりでしょーか?(違)祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり…etc…みたいなもの?なんて保安官に言ってもわからないので、英語圏で言うとなに的?と聞くと、うーん、ロード・オブ・ザ・リングスあたりかな、って答えがひとまず返ってきました。

あともう1冊は、世界の童話集。アンデルセン集とグリム集もあって、子供のころ何度も読んだ懐かしいお話をスペイン語でもう一度!と思ったのですがとりあえずまずは、色々集まった1冊を買ってみました。

ちなみに例えば…
眠れる森の美女 → La bella durmiente
赤ずきんちゃん → Caperucita Roja
長靴をはいた猫 → El gato con botas
裸の王様 → El traje del emperador
みにくいアヒルの子 → El patito feo

って感じでタイトル見たら、ああ!とわかるのもあれば、裸の王様とか、わかりずらいのも。調べたらこれは日本語の方が意訳ぽいですが。Vosで書いてあるかな!と期待して、ためしにちらっと読んでみましたが、割とニュートラルなスペイン語でした。残念(?)。知っている短編だから読みやすいし、私のスペイン語の勉強にもなるし、暇を見つけてはネナたんと一緒に読んでみようかと思い…

さっそく読んであげたら、すぐに眠くなったようです。それでいいのだ!童話って寝る前に読んでもらって、いつの間にか寝ているのがポイントよね!ほほほ。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。