CHOCO★BLOGG アルゼンチンで出産・単なる記録&体験談 その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチンで出産・単なる記録&体験談 その1

¡Felices Fiestas!

真夏のクリスマスも滞りなく過ぎ、あとは年末年始を残すのみですが、結局出産エピソードもネタにすることにしました!アルゼンチンで出産…と言っても、初めての経験だったし、別にどこの国でも、日本でも、宇宙の無重力とかでない限りさほど変わらないと思われ、特にここだからどうの…って内容は微量かもですがあしからず!日をまたいだ出産なみに、この記録&体験談も年をまたぐ予定。また、本当に単なる記録だし、すんごい長い上に、痛い辛いグロい話が出てくるので、苦手な方は以下、ぜひぜひスルーしてください~!

***********************

予定日の翌日12月4日の早朝6時ごろ陣痛に気づく。さすがにこればっかりはわかると聞いていたけど、最初のころは半信半疑。気づいたときには、10~15分間隔、軽い生理痛程度で全然我慢できたので、寝ていた保安官は起こさず。朝っぱらから、友達と「来たっぽい~!」なんてチャットしてガハハと笑ってる余裕もバリバリあった。

途中で間隔のリズムが崩れたため、お昼も普通に食べ、昼寝もかまし。夕方ごろトイレに行くと、いわゆるおしるしというやつがあった。入院中のセサミもんのお世話があるので、近くに泊まっている両親に来てもらい、合鍵を渡し、夕飯を作ってもらい、病院に言われてた、ちょうど陣痛が5分間隔になってから2時間がたつ間に、夕飯をバッチリ食べてから病院へ向かう。夜8時半くらい。痛みは少し増してたけど、この時点では全然余裕。

タクシーで病院に着き、入院の手続きを終えると、まずは陣痛室に入る。当直の助産婦さんと助産婦アシスタントがやってきて、色々チェックしたり、書類にサインさせられたり。アシスタントに点滴を打たれるが、右腕失敗。あとで青あざになる。左腕に打ち直し。よくいる点滴下手な人だ…なんだか幸先悪いなぁ…。赤ちゃんの心音と、自分の陣痛を計る機械をつけられ、病院用の服に着替え、ベッドに横になる。音の出ないテレビをみて気を紛らわせ、深呼吸して陣痛をやり過ごすうちに再び助産婦さんが来て、指を入れて子宮口がどれだけ開いているかチェック。

「あれ、破水してるわねー!」

えー余裕ぶっこいてご飯食べてました。おしるしがあったので、生理用ナプキンをあてていて、ちょろっとの破水はそこに吸い込まれ、赤ちゃんの頭がフタになってそれ以上流れなかったということで、全く気づかなかった。そして助産婦さんが、グルグルとおまたのところをやると暖かい水が、どひゃーと出てきて、

痛いぃぃいーーー!!!

この辺から急激に痛みが増す。それでもまだ、陣痛室で、本格的な陣痛待ちの間に写真に収まる余裕あり。でも時々、デカイヤツがきて、そろそろ深呼吸だけじゃ辛くなってきた。そばにいてくれる保安官が、モニターに数値として出てくる陣痛を見て、

「あーーー今の痛いでしょーーー!!」

とかいう。これか、出産経験者みんなが言ってた、

出産時の旦那はほとんど役に立たないか、むしろムカつく

ってやつは!!と一人心で笑う。ほんとにさー、もう痛いのはとーぜんわかってて、「痛くない痛くない」って脳内でマインドコントロール、念仏唱えてるんだから、わざわざ教えてくれなくていいのに。ちなみに「あー来た来た、今のは特に痛いでしょ!」と言うのは分娩中も続いた。だから言わなくていいってば!!

しかしこれ、本番になると、痛くない痛くない、って念仏となえる余裕すらなくなる。痛いのを通り越すと、赤ちゃんにもうすぐ会える喜びとあいまって、気持ちよくなるなんて噂も聞いていたけど、嘘ばっかり!ただただ痛い!苦しい!もうわけわからん!2時間くらい陣痛室で、さらに間隔が短く、痛みが強くなるのを待った後、確か歩いて分娩室に行ったんだったかな?記憶が途切れ途切れ。この頃にはすでに、陣痛が来てるときに誰かに話しかけられても答えられない。トイレに入ってる間に陣痛が来ると、固まる。助産婦さんに、「分娩室に入ったら、無痛分娩の麻酔を打つからねー、痛みが治まるからもう少し我慢して」と言われる。つか、私、

いつ無痛分娩にするって言ったっけ?

言ってないし?選べるんじゃなかった?と思ったが、もはや断る理由も特になかった。少しでも楽になるなら、なんでも打ってくれー!そして分娩室で、座って、麻酔医に腰に無痛の注射を打ってもらった。その注射が痛いんじゃねーの?と思って怖くて、「痛くないの?」って助産婦さんに聞いたけど、全然痛みはなかった。

「5分たったら麻酔が効き始めるから、次が最後の痛い陣痛だから我慢して乗り越えてね」

と助産婦さん。5分よ早く過ぎて。

そして5分経ち、どう?よくなったでしょ?と助産婦さんが確認。

いーえ、めちゃくちゃ痛いです!!全然変わりません!!

と涙目に訴えると、あらそう、量が足りないみたいだからもう少し足しましょう、と。痛いわ、必死だわで、段取りもよくわからないし、担当医もまだ到着してないし、どうしたらいいのか慌ててる自分。

麻酔を足してもらっても、相変わらず特に効いている気はしない。よくわからない状態のまま、いきみに突入~~知らぬうちに、助産婦、助産婦アシスタント、麻酔医の他に、主治医の産科医、それから当直の産科医らしき男性と5人、そして保安官に囲まれていた。深呼吸して~~息をとめて、はいイキんで~~!!という例のあれが始まる。横になって、右手で右足首、左手で左足首をつかんで、おへその辺りに目線を集中していきむ。目は閉じちゃダメ!というアドバイスを貰っていたので、それだけを気をつける。一度の陣痛につき2回のいきみ。最初のうちは上手くいきめず、だんだん慣れていったような気がするんだけど、絶え間なく来る陣痛で、もうほとんどパニック状態。いきみと同時に、助産婦さん2人がお腹の上に飛び乗るように、思いっきり赤ちゃんを押し出してる!!きゃーーー!!って普段なら思うけど、そんな余裕もなし。赤ちゃんは、お腹の右側の方によっかかるカタチではいっていたので、右腹を搾り出すように押される。お願いっ、早く出してー!!出てー!!

分娩室に入ったあたりでは、「順調ね!きっとあっという間に終るわよ!陣痛も上手く耐えられてるし上出来!赤ちゃんも小さいはずだからするっといくわよー」という感じで、いきみ始めてからも、「よしよしいい感じよ~!!その調子~!!」っていうノリで今夜中に産まれるなーって空気だったんだけど、途中から雲行きがあやしくなる。。。

どうも、赤ちゃんの頭が降りてこないらしい。

でも私は、2分置きにやってくる、生理痛のラスボスみたいなのと、腰の骨が粉々に砕けそうな陣痛が来るたびに、いきむ(もしくは休憩する)のでただただ必死だったので、記憶や、その順序などがあやふや。というわけで、ここからはあとで聞いた話も含む。

その2に続く…

最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 妊娠・出産
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。