CHOCO★BLOGG 東京オリンピック 2020

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京オリンピック 2020

2020年のオリンピックが東京に決まりましたね!

IOC総会が開かれたこちらブエノスアイレスは、投票の土曜日、あいにくの大雨となりました。大雨といっても、Santa Rosaと呼ばれる冬の終わりを告げる嵐。毎年8月下旬~9月上旬のこの時期にあるそうなのですが、この雨、風の嵐がすぎると、寒さも和らぐといわれています。今年のブエノスアイレスは暖冬?だったのか、小春日和も多かったのですが、小春日和もまたVeranito de San Juanと呼ばれるそうで、天候にはどうも聖人(San(男性の聖人)、Santa(女性の聖人))が多いようで。

サンマルティン広場でのパブリックビューイングもあったようなのですが、この嵐にて中止。シェラトンホテル内でも別のパブリックビューイングがあったようですが、私たちは家で大人しくじっくりと各国のプレゼンテーション、投票結果を見ることにしました。ネットで同じく注目している友達とチャットしながら見たので、みんなで見ている感も味わえて楽しかったですけどね!

東京有利!なんてしばらく言われてましたが、総会が始まってからの前評判では、まさかのマドリードが勝つのでは!?などというニュースも流れました。なのでまさか、東京が開催権を獲得するとは思っておらず、びっくり嬉しかったです。第一次投票があったときの最初の「2カ国が同点になりました」のアナウンスも一瞬びびりました。よく考えれば、「過半数を超える投票数が集まった国が出た場合はそのまま勝利、そうでない場合は、上位2カ国でもう一度投票」というルールであったため、東京が1位で通過したことはすぐにわかるのですが、ロゲ会長の無表情、無感情のアナウンスに惑わされ。

私はイスタンブールのプレゼンは見逃したのですが、マドリードのプレゼンのこなれた感、特に最後の皇太子の無敵さに圧倒され、ああ。東京。ああ。ガンバレ。という気持ちになってしまいました。語学堪能、3ヶ国語を完璧にあやつり、外見も美しく、地位もあるなんて、天は何物も与えすぎ。例えば、チャールズ皇太子が、フランス語&スペイン語を完璧にあやつって、同じことしている姿全く想像できませんしね。一番マドリードがMakes senseじゃない国だと個人的には思っていたのですが、Makes senseという言葉をキーワードに使っていたから洗脳されたのか。しかし、こういうものはプレゼンの「うまさ」で決まるものではないと自分に言い聞かせ。発表の瞬間までこんなに緊張したのも久しぶり!

東京のプレゼンテーションは日本の良さがとてもよく出ていたように思います。実は、オマエ何様だ!くらいの態度で「あぁなんか日本人の下手くそな英語を45分間聞かされると思うと、恥ずかしいというか憂鬱…」なんて思っていたのですが、いきなりの高円宮妃久子さまの、格調高き、優しさと自信に溢れたスピーチ!かっこよすぎ!あんなに美しくクイーンズイングリッシュを話せるイギリス人も今時見つけるの難しいと思います。いきなり皇室見直した!

安倍総理なんて、他の誰かがスピーチしている間に、壇上で、口パクで最後の最後まで練習をしているところが映っちゃってましたからね。あの姿を見て、みな相当練習に練習を重ねてこの日を迎えたんだなぁと思ってそれだけで感動してしまいました。総理大臣なのになんだか人柄が出ていて、親しみやすいというか。ちなみに、64年の東京オリンピック招致の最高顧問を努めたのが、当時首相だった、安倍さんのおじいさんに当たる、岸信介さんだそうですね。この人たち、血に何か通っているのでしょうか?セオリー通りに行くと、3回目の東京オリンピックは、安倍さんの孫?

東京のプレゼンは、熱意がこもっていて、こなれた感や、うまさよりも、一生懸命頑張って、思いを込めて作り上げた感があって素晴らしかったです。一致団結、目標に向かってグループで突き進む!なんて日本人の得意分野ですもの。ちいさいおっさん猪瀬都知事だって、英語下手くそだーなんて揶揄されてましたけど、そんなことないじゃん!うまくやりきってたし。安倍さんのスピーチなんて、うちの保安くんも、「まるでアメリカの大統領みたいだね。日本の首相なかなかやるじゃん!」と感心していました。

とにもかくにも、日本の勝利!こんなに嬉しいとは思いませんでした。17時からの投票発表のイベント、あんだけ延々と引っ張りに引っ張って、あっさりと発表された時には、保安くんと2人で抱き合って喜びました。

総会始まったくらいまでは、だ~れも知らない感じで、な~んにもブエノスでは盛り上がっていない感じでしたが、さすがに東京が2020年のオリンピックを決めた!となってからはメディアでもよく取り上げられています。

Por qué Tokio ganó la sede de los Juegos Olímpicos 2020

el-coi-en-buenos-aires-1765092.jpg
写真は上記事、AFPより

例えばこちらの記事では、なぜ東京に決まったか、の考察などがあり興味深かったです。もちろん、プレゼンテーションが、委員会の胸を打ったというのもあるようですが、決め手となったのはやはり、日本、日本人の経済的だけでなく、社会的にも安定した信頼感。例えば2016年のリオのオリンピックでは、建築が遅れているそうで…日本ならば、けじめのあるオーガナイズにも信頼がもてるし、日本人の働きぶり、またその働きのクオリティの高さへの海外の評価はまだまだ、とても高い。これからも、この信頼を保つために、国民のひとりである私も頑張ろうとさえ思えます。

また、スペインの新聞が、マドリード優勢!なんて誰がどの国に投票するか…ってのをばらしちゃったのもCOI的には気に食わなかったみたいですねー。って当たり前ですが。日本人はそういうずるいこともしませんし。ある意味スペインらしくて面白いですけどね。

世の中、オリンピックへの賛否両論、たくさん目にします。特に私が得る情報は、もちろんのこと、ネットからが多いわけですが。でも、私は、素直に嬉しいし、にわかに盛り上がったとはいえ、今回のこの総会がブエノスアイレスで開かれたことで、身近に感じることもでき、なんだか、力をもらいました。目標に向かって突き進むことの喜びとか、その過程がくれる学びとか、色んなことを考えさせられました。さらには、私にはこれからの人生で何ができるか、ということまで考えるきっかけをくれました。今私にできることで、この先、更に延ばせることといえば、やはりまずは語学。例えば、英語とスペイン語ができて、さらにそれを磨いていくことで、何かの役に立つかもしれない。少なくとも、2020年の東京オリンピックで、通訳ボランティアくらいはできるかもしれない!なんて思うと夢が膨らみます。我が街、ブエノスアイレスで決定された母国でのオリンピック。間違いなく一生に一度の出来事だと思います。思い入れも深いです。私も小さくても何らかの形で、参加できたらと願っています。

今の日本の世の中、幼稚園や小学校などでは「争う」ことを教えないなんていうことも聞きます。たとえば、かけっこではみんな一等賞なんだとか?私が育った頃はまだまだ、「負けず嫌い」とはいい言葉でした。負けたくないから、というよりは、勝つ喜びを得るために、勉強もかけっこも一生懸命頑張った覚えがあります。そして負けた悔しさが、次へのバネになったし。努力してまた次に小さな勝利を得たときの喜びが、また次につながって…人生なんてその繰り返しです。オリンピックみたいな、シンプルなスポーツの祭典は、そういう喜びを思い出させてくれると思います。小さい頃見た、ロサンゼルスやソウル、バルセロナくらいまでのオリンピックからの印象は未だに強く残っています。大人になっても嬉しいですけど、特に純粋で多感な子供のころ、自分の国でオリンピックが開かれたら、どんなにか強烈な印象を残すでしょうか!たくさん問題が山積みなのは、重々承知ですし、大人ですから政治経済、その他、様々なバックグラウンドを考え始めたら、愚痴る部分はいくらでもある。けれど、もう東京オリンピックが決まった今、純粋にポジティブな面から得られるものを見て、これをきっかけに、日本が、忘れていたものを取り戻し、ますます良い方向へ進んでいけるようになったらどんなにステキかと思います。

今回の出来事は、とりあえずあと7年私も、時間を大切に頑張って行こう、と思いをあらたにするような、そんな活力をくれました。とっても嬉しいです!何かを動かすにはいつも、何よりもまず、強い思いが必要、それが原動力になると私はいつも信じています。今回の、オリンピック決定が、これからの日本にとって、大きな原動力になることと思います。そしてそこから、個人的にもいただいたこの活力、一番大事なのは、それを保つことですね!あは。忘れないように、毎日少しでも、自分の生活の中で、よりよくなるために、次につながること、学べることを少しでもやって、もし弱火になっても、消さないように大事にしていきたいと今は思います。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

名演説(^O^)

とんちゃんさん、名演説だー。
そうそう。私もあと7年、スペイン語をマスターして、アルゼンチンから来る方々をサポートできたらなぁーなんて大それたこと考えてました(^^;;
夏で暑いよー。でも、青春18切符あるし、ついでにあちこち回るのも楽しいよー。ボチボチがんばろー。

とんちゃんの文章に惚れました❤

とんちゃんの言う通りだと思います。とんちゃんが言いたいこと全部言ってくれた!小さいおじさんには吹いてしまいましたが。。ホント小さいおじさんのイスタンブールに対する過去の発言が足引っ張らなくて良かった、石原も途中でいなくなって良かった!東京でのオリンピック、正直福島のことや直下型地震など不安材料はあるけど他の二都市は問題がもっと大きかったし、やはり地道な努力、誠実さ、プレゼンが良かったのでしょう。それにだいたい日本程外国人に親切な街ってあるかなと思っちゃう。一度日本にくればたいがい皆さん親日になるし、外国人と見れば買い物の時rip off しようとする人なんて他の某国々と違ってほとんどいないでしょう、日本には。7年後には是非故郷の東京でオリンピックみたいなーと思います。結構無気力な草食系的若者が増えていると言われる日本だけど、今度オリンピックの開催が決まり、目をキラキラさせている子どもたちがたくさんいて嬉しくなりました。私も7年後は微力ながら英語とスペイン語(とポルトガル語。。夢は膨らむ!)でボランティアなんか出来たらなって思います。 ほんとこの感動の気持ちとモチベーションをオリンピックの聖火のように7年間ともし続けたいですね。

お久しぶりです

かなり久しぶりに訪問しましたが・・・
とんちゃんさん、素敵!
本当に、胸を打つ言葉が沢山ですね。
何かを動かすにはいつも、何よりもまず、強い思いが必要。全く同感です!

7年後、より良い自分であれる様、日々精進ですね。
・・私事ですが、この6月に第一子を出産しまして、東京でオリンピックが開催される時、息子は7才。子供の成長ははっきり目に見えますが、大人はそうはいかない。だからこそ、自分の人生にやるべきことを見つけ、毎日の生活で実践し、日々を充実させていきたいと思います。
更に私事が続きますが、なんと来月から家族3人でアルゼンチンに行きます。いつかお会いできたらいいですね!

No Title

とんちゃーん!やったねえ!!
ワクワクしてくるね。

ウェブ広告にね、東京の超江戸っ子な風貌おじさんがやっている(特に有名でもなさそうな)魚料理屋さんの広告があがって来るの!「祝東京オリンピック・パラリンピック2020」みたいな感じ+親父の顔。なんか、いろんな分野の人が、この決定を受けて「よっしゃ一発やったるでー」みたいになってるのを実感したよ。オリンピックやパラリンピックの選手を目指す人達を筆頭に、国は国の出来る事、企業を通してハード面・ソフト面で貢献できること、個人の商店でできること、そして私達みたいな一般の人も「なにか出来る形で参加するぜー」みたいになってて、そいういうのってなんかいいなって思う。エンパナーダ売ったりとかねw へへへ。

福島の事、東北の事、このままでいいなんて思ってる人は絶対いないと思うしね。もちろんいろいろ思う事はあるけれど。

そうそう。このEl Mundoの記事すごいねー。そして、もっとスゴイのは安倍総理。岸元総理が前の東京五輪の時なんだー。すごいなあー。彼はエンペラドールに宿泊だったみたいよ。ご近所さんだ!

すごかったですね^^

母国のオリンピック開催が今住んでる国で、しかも近くで決定されるなんてすごい話でした^^
この総会当日はイグアスに行っていて、知り合いからのメールで「祝 東京」と一報を受けました。その後ホテルで興奮してる日本人のニュースをみて実感がわきました。


安倍首相は放射能問題について、状況はコントロール下にあり安全云々と言いましたが、現時点でコントロール不可です。私が生まれた場所であり、20数年生活してきた所は北関東の、特に放射線量の高い地域です。このままでは7年後はおろか、その先も安倍首相の演説の通りに行くとは到底思えません。
五輪開催決定に伴い、ますます世界中から注目を浴びることになるので、安倍首相がついた嘘を真実にすべく責任を持って、各国に協力してもらいながら解決に向けて取り組んでほしいです。
私は五輪招致に反対だったので、ここ数日はもやもやしていましたが、とんちゃんさんのブログを読んで気持ちが少し落ち着きました。
毎回、巧みな文章に感服しています^^



ちなみに☆
ブエノスでの安倍首相の運転手を、主人の運転手さんが務めました。とても優しい方だったそうです^^

Re: 名演説(^O^)

★ようはっぱさん
あと7年、長いようで短い、短いようで、何か始めようとしたら、色々成果が出るくらいの時間ありますよねー!楽しみですよね。

確かに、日本の夏は暑いですね!今年も猛暑だったみたいだし。こちらの夏も暑いけど、熱帯夜がないだけまだまし。夕方になると、ちゃんと涼しくなるし。でも、長らく、セミが鳴く、日本のじめじめ暑い夏休みを味わってませんから、じっくり楽しみに青春18切符なんかで(あれって大人も使えるんでしたっけ?)回るのもいいですねー!鈍行の旅大好きです。

Re: とんちゃんの文章に惚れました❤

★リリーさん
いつもありがとうございます。ほんと、イスタンブールの件とかでは結構いいたい放題言ってたみたいだし(発展途上国がどうのこうの…ってやつもびっくりした!)、足を引っ張らなくてよかったですねー。笑 石原知事だったらなんか決まってた図がそもそも想像できませんし。猪瀬さん、世論は別にしても、さりげに頑張ったんでしょうね。

確かに、東京オリンピックも、問題は山積みだけど、他の2都市に比べれば一番の安全パイだったのかも。特に、治安がこれほどいい大都市も珍しいですもん。マドリードなんて、まっさきに治安悪い!ってのが思い浮かびますし。こちらでも、マドリードやバルセロナは、ブエノスよりよっぽど治安悪いって言う人が多いんです。ここの強盗なんてかわいいもん。実際の遭遇した話を聞くのもとても多いしその一件一件がひどい。

確かに、東京の人は、日本人同士だと冷たいのに、妙に外国人に優しかったりする部分もありますよね!笑 ほんと、外国人だと思って、だましたり利用したりしないし。英語や中国語韓国語など外国語の表記も一昔と比べてだいぶ増えてきていますし、どんどん便利になっていきますね。この頃では外国人増えすぎ!?とすら思うほど。

7年間で、個人的にも何か成果がでるような暮らしが送れて、ボランティアでもなんでも微力でもいいから何かで貢献したいですね!その時には、リリーさんともお会いできると嬉しいなと思います!ほんと、何よりもモチベーションが大事ですね!笑 お互い、聖火なみにともし続けましょう~!

Re: お久しぶりです

★Tomoko Sさん
お久しぶりです~!
本当に、今回の出来事には私も力をもらいました。ブエノスもだんだん春に近づいていて、季節もちょうどタイミングいいのもあるのかもしれません。自分が動くのにも、何かを動かすにも、いつも何よりもまず強い思いが本当に大事ですね!とても、わくわくします。私も7年後、よりよい自分に成長できているよう、楽しく頑張りたいと本当に思います。

なんと!赤ちゃん産まれたんですね~!!おめでとうございます~~~!!!!子供の成長ははっきり見えるけど、大人はそうはいかない。その通りですね。でも、子供を育てるってきっと、まるで自分の人生をもう一度一緒に新しくはじめるみたいで、きっと新しい発見の多い、意味のある毎日だと思います。しかもしかも!来月からアルゼンチンにいらっしゃると!Tomoko Sさんとは、色々共通点がありそうですね~と言ってたのを覚えています。ぜひぜひ、お会いできたら嬉しいです!右にメールフォームありますので、もし良ければ、いらっしゃるときにでもまた、メールくださいね。

Re: No Title

★Pucayuちゃん
ほんとにやったねー!!あれ以来、気温も暖かいし、ワクワクしっぱなしだね。笑

確かに、色んな分野の人が「よっしゃ一発やったるでー!」みたいになってるよね。むやみやたらに前向きでも、とりあえずやる気が出てくるだけでもなんでもいいじゃん、きっとそういうのって何かしら動かすような大きなパワーに変わるはずで、それぞれが出来ることを楽しくやっていけそうな気がして、本当にいいなって思うよね。やっぱり後ろ向きなものとか、悩むこと、辛いことも大事だけど、経験上、そういうのは、何かが前に進むのに動くときにはあまり力にならない気がするから。

「東京オリンピックじゃなくて、やるなら東北、福島でやるべき」なんて「???」っていう意見を発している人もよく見るけれど、最近、どこかでも似たような意見を見かけたんだけど、世の中には都会も田舎も両方必要っていうか。今の世の中はお金がやっぱり必要なのは仕方なくて、東京が発展すれば間違いなく地方にも良い影響をもたらす…とどうしても思えてしまうんだけど。なんていうか、うまくいえないけどまた語り合おう。笑

しかし、考えることはつきないね。でもやっぱり楽しみたい。

安倍総理の人気がまたうなぎのぼりだねー、しかし!

Re: すごかったですね^^

★madokaさん
ほんとですね。母国のオリンピックが今、住んでる街で決定されるなんて、運命的というか、なんというか、うまく説明できないけど、まるで自分のことのように、とても嬉しかったです。いえ、自分の国のことだから、そりゃあ自分のことなんですけども笑。

放射能の問題は、賛否両論飛び交っていますね。interestingという意味で、とても面白く、毎日注目してニュースを見ています。madokaさんは、放射線量の高い地域の方なのですね。私の友達でも、福島県民の方などがいますけれど、やはり当事者というか、現場を知る人の話は、それが真実でもあるし、重みがあります。私自身も、関東出身ですし、自分の街もホットスポットなどと呼ばれたりして、家族もいますし、もちろんのことひとごととして傍観している出来事ではありません。

しかし、日本が第二次世界大戦の敗戦から立ち上がり、復興し、64年のオリンピックが開かれたように、今回も、東北大震災の傷跡から立ち上がり、復興に向けてあと7年進み続けるのでは…と、前回の東京オリンピックには生まれてもいませんし、実のところはわかりませんが、なんとなく2つをそうして比較して良い方向に、私はつい考えてしまいます。破壊の後に来る創造というか。毎日色々なニュースを目にして、色々考えさせられますが、少なくとも久々の大きな明るい前向きなニュースで、希望を持つことは、人々の心に灯りをともすのではないでしょうか?

ご主人の運転手さん、なんと安倍さんの運転手さんを~!ほんと、安倍さん、人柄がにじみ出ているというか、きさくで良い人に思えますね。なんとなく安倍さんなら、嘘に終らず、日本をより良い方向へ引っ張ってくれるような気がしてなりません。

No Title

★拍手にコメントいただいた方
興味深いお仕事ですね!気になります。コメントどうもありがとうございました!嬉しかったです。これからもよろしくお願いします。 ^ ^
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。