CHOCO★BLOGG モンゴリアンバーベキュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴリアンバーベキュー

前々から気になっていた、ブエノスアイレスのモンゴリアンバーベキューのお店に行ってみました!

Gengis´s House

ゲンギス(ジンギス)ハウス、やら、ジンギスカーンなど、わかりやすい同姓同名のモンゴリアンバーベキューは果たして世界中に一体、何店舗あるのだろうか…

モンゴリアンバーベキューって、アメリカとか海外に多いイメージですよね。肉・野菜を取り放題、それを炒めてもらってテーブルへ、の繰り返し、食べ放題のところが多いような気がするけど。私が前にいた、スコのグラスゴーにも、もちろんありました。そして、もれなくこちらも、チンギス・ハーンの子孫、クビライ・カーンという名前でございました。

ブエノスのジンギスのお家も、お馴染モンゴリアンバーベキューのスタイル。

IMG_20130807_130514.jpg

カウンターの上には、頼み方が写真入りで説明してあり、出来上がり予想図などの写真も。初めてです、というとお姉さんが、ちゃんと説明してくれましたが。

IMG_20130807_130508.jpg

用意されてあるボウルに、自分で好きなだけ、肉(牛肉、鶏肉、豚肉)と野菜各種を盛ります。エビとツナ(缶)も別料金で追加可能。カチコチに凍ってはいましたが、久々に薄切りの肉にごたいめ~ん!!鶏肉の薄切りってのははじめてみたがね。あとでネットでみたんだけど、トマトを入れると不思議と美味しいらしいので今度やってみよう。ほうれん草、セロリ、もやし、にんじん、ねぎ、キャベツ、マッシュルーム、コーン、豆腐、パクチー、パセリなどがありましたが、自分的に意外な感じとしては、トマトのほかにパイナップルもあった。

ギューギューと押し付けつつ、盛り盛りに肉と野菜を盛り付け、カウンターの向こうで待っているお兄さんに手渡すと、麺を乗せてくれます。3種類から選べ、ソバ(蕎麦ですよ蕎麦)、普通の平たい卵麺みたいの、あとクルクルまいたショートパスタ(!)から選べるシステムで、ここは安全パイ、迷わず普通の卵麺にしましたが…野菜炒めだけにするとか、白ご飯と炒めるというのも可能みたい。そして、よく盛りが崩れないな~くらいの山盛りの上に、タレをお兄さんがかけてくれる。お醤油、甘辛いどろっとしたソース、唐辛子のペースト、にんにくペーストを各1杯ずつ。このあたりも、頼めば調節が可能。麺の量も、少なめ、普通、多目と注文できます。お腹がすいていたので大盛りで!この店は食べ放題ではないみたいだし。

IMG_20130807_130451.jpg

ノリノリ(モリモリ)でいためられるのを待つ材料ちゃんたち。焼きを入れるお兄さんは、次の人のソースを乗せてるところ。

IMG_20130807_130600.jpg

こ~んなでっかい鉄板の上に、まずはジャーっといい音を立てて、野菜とタレだけを置き、巨大なお菜箸で手際よくいためてくれます。さっさかさー、と炒まったら、麺を投入。ちゃーんと、やかんからお湯(お水?)をちょちょいと注ぎながら、ほぐしながら、炒めておりました。

IMG_20130807_130536.jpg

とても感じの良い調理人さんで、もう食べる前から、この時点でまた次も来たくなってる人、それは私。お兄ちゃん、モンゴル人かしら?しかし、見事な手際。テーブルに運ぶから、座って待ってていいわよ~とウェイトレスさんが言ってくれたものの、面白いので調理風景を見てました。

ランチは、パン、飲み物(ワインとかでもいいみたい)、このオリジナルな焼きそば、デザートかコーヒーがついて、なんと68ペソ!!くらいだったかな?忘れた。夜はあともうちょい若干高いのかも。でもとにかく今時のブエノスでこれは安い!しかも今ならもれなくGuia Oleoで20%割引券がプリントアウトできるので、それを持ってけばさらに安くなる。

IMG_20130807_130958.jpg

あっという間にできあがり!

いや~ん。美味しい!!味が濃いくらいにしっかりついていて、これに白いご飯食べたいくらいですが。テーブルにはさらに、醤油、甘辛ソース、ゴマが置いてあって好きなだけかけられるようになってる。味は十分ついてるのでもういい、って感じなのですが、さすが濃い味大好きのアルゼンチン人さんたち、お隣のテーブルのお客さん(女性)は、さらに「これでもか!」というほどソースをたっぷりかけて召し上がってらっしゃいました…

私は時々ゴマをかけて味に変化をつけながら楽しみました。次はもうちょっとパクチーを入れようっと。

IMG_20130807_131440.jpg

ドリンクはレモネードを頼んだけど、これも美味しかったよ!

モンゴルといえば思い出すのが、かれこれ13年前…当時、イングランドはマンチェスターで1年語学勉強をしていた私、ハッピーセットのスヌーピーのおもちゃを集めるために、マクドナルドに通っていました…ある日、マクドナルドのカウンターのいつものお兄ちゃんが突然、

「ねぇ、君はモンゴル人でしょ!?」

中国人?韓国人?というのはもう聞き飽きて、ムキッとイラっとするくらいなのですが、いきなりピンポイントにモンゴル人!?新しい!なんじゃそれ!と思って聞き返すと、

「だって典型的モンゴル人女性のルックスなんだもの!」

と来た。なんでも、お兄さんこそが、モンゴルから来た留学生のモンゴル人。背が高くて、すらっとして、カッコイイおにいちゃんに(初めて見たモンゴル人)、モンゴリアン女性の典型顔(モンゴリアン女など見たことはない)と言われて何故かいやな気はせず、むしろなんだか嬉しかったのを覚えています。

「うーん、モンゴル人さんってアナタが出会った初めての人だし、どんなのかよくわからないけど、私生まれたとき、お尻にMongolian blue spot(蒙古斑)があったから、きっと祖先はモンゴルからやってきたに違いないわ!」と適当に言っておきました。お兄ちゃんも気を良くしたのか、それ以来、私の顔をマクドナルドのカウンター越しに見るたびに、「やぁ!何かおまけをつけてあげるよ、何がいい?」と、各種ソースやら、おもちゃやら、なんじゃらかんじゃらと、こっそりサービスをしてくれたのものでした。懐かしい、よき思い出。お兄さん、今頃どこで何をしているだろう。

なんて、そんな若かりし頃の思い出をほんわか思い出していたのだが、

しかし!!

モンゴリアンバーベキューってモンゴル発祥じゃないんだとか。(チンギス・)ガーン。

Mongolian barbecueって、なななんと、台北(台湾)のレストランでうまれ、アメリカで育った全くモンゴルとは関係のないお料理なんだそうです。いや~ん。そもそも、モンゴル人は肉は塊で食べることを好み(どっかの国の人みたいだな?)、薄切り肉なんてものは、伝統的には、モンゴルでは敬遠されてたんだとか。むしろ元になっているのは、こちらも海外で育ったなんちゃって日本食「Teppanyaki」なんだそうです。へええ。北海道の、ジンギスカン鍋も、モンゴルから来たような気がするにもかかわらず、実は日本食なんだって!へええええ。

まぁいいや。どのみち、安くてとっても美味しかったし、病み付きになりそうなお味。作ってくれるお兄さんもいい感じだったしで、またぜひ行ってみたいお店です。家の近くにあったら、ご飯作るのが面倒くさい日なんかに、毎日でもフラ~っと行きたい感じ。

Gengis´s House
Guia Oleoのページ
Facebookのページ


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

No Title

(チンギス・)ガーンって!?

ええっ?モンゴルオリジンじゃないの???っと大驚きでしたが、まさかのチンギス・ガーンに吹っ飛びました。笑

しかもジンギスカンも日本食とは。えーびっくりー。海外の不思議なお寿司とか見てこんなの日本食じゃなーいとか思ってたけど、モンゴルの人もモンゴリアンバーベキューとか、ジンギスカンとか見て「こんなんちがーうっ」って気持ちで一杯だよね。ふふふ。

札幌で、スタッフがオフィスで食べてた手作りの弁当がものすごく美味しそうで、何か聞いたら「ジンギスカン丼です」って言われた。国内でもちょぴっとカルチャーショックでした。

Re: No Title

★Pucayuちゃん
> (チンギス・)ガーンって!?

え!もちろん、天下のオヤジギャグよ~!!(そんなのわかってるって?笑)

ほんと、グーグル先生のおかげさまで色んなことが明らかになりました。モンゴルの人も、こんなバーベキュー、私の国にないし~!!って思ってるんだろうねきっと。モンゴル人の人々にぜひ聞いてみたい。日本食も、外に出て、何か違うものに…一人歩きしちゃってるもんね。

ジンギスカン丼というのもまたすごいね!!しかも手作り!!思わずググってみたら、これまたうまそうな…材料に、「ジンギスカンのタレ」ってのがあったけどなんじゃそら!?行者ニンニクがレシピに入ってた。かなり好みっぽい。食べてみたい。

日本も、小さな国なのに、各地にかなり特色のある料理とかがあって楽しいよね。旅行に出ると、まるで違う国みたいに思うことすらある。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。