CHOCO★BLOGG ヘンテコ公立学校のスペイン語コース…その後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンテコ公立学校のスペイン語コース…その後

でもって前回の続きです。

前回の話はココ

つーわけで、学校に出向いて、また事務の人とやりあって(?)来ました。保安官にもつきそい(むしろメイン)で来ていただき、もう1人入れなかった新しいお友達も彼氏を連れて登場。計4人で戦いを挑むw

が、あっさり敗北~~~~

というわけで、入れませんでした。来週から、他の人と同じように、空きを狙って毎週通うしかなくなりました。来週、再来週くらいまでには少なくとも、入れるといいけど。私、なんてったって、これ同じことを数年前2回も繰り返してるんです…毎週通って、「空き出ました?」「ないです」を1ヶ月以上繰り返して諦めた。

ただ負けるだけでは悔しいので、「来週来てもまだ空きがなくて、再来週もまだなくて…を繰り返した場合どうなるのか?」「その場合は、朝から並ばずとも、入学テストを受けずとも、次にはじまるコースに優先的に入れる」という口約束(!?)をつけてきました。しかし、口約束なんてこの国ではちーーーとも信用できないので心配で、紙に書いてサインしてもらってよ!と思いましたが、保安官は、担当者の名前は聞いたし、きっちり覚えてるからちゃんと戦えるから大丈夫だと。しかし、次のコースに優先的に入れるなんてシステム、知らなかったよ!私、何のために3回も行列して、3回もテストうけてんの?時と場合と人によるだけで、決まりとか、ルールとか全くないね、さては…

悔しいのでとりあえずテキストブックだけを購入して帰ってきました。来週はこれを胸に抱いて「空きありますか?」と人情に訴える方向性に出て見たいと思います。でも人情とかああいう人たちにはないんですね。この辺りが、普段ストレスフリーで生きている私のような人間らしい人間、間違いな気がします。そうです、アルゼンチンのお役所仕事には

理不尽とかルールとかモラルとか、そういう概念はない

のでありました。。。公務員の方には、大変失礼ですが、どこの国にも多少なりとも、国やら地方の政府がらみの仕事ってそういえばそうじゃないですか。帰宅後に保安官が言うには、

「役所で働いてる人なんてのはね、あーいうのが多いんだよ。給料は対して良くないし、その上(ただでさえ労働者の力が強く、一度雇うと解雇するのが大変なアルゼンチン)、国に守られて何やったってちょっとやそっとのことじゃ、解雇されないんだ。だからああいうヘンな人ばっかり働いてんだよ。まっとうな扱いを受けなかったからって、きにすんな。例えば、運転免許交付の役所なんてもっとひどいよ…」

私が何よりムカついたのは、学校の事務の女が、保安が説明&事情を聞くので話している間に横で時々、ちゃちゃを入れる私に対し、

「彼女は理解してないみたいだけど…」

と何度も言ってたこと。わかっとるがなこのブス!!(口が悪くてすいません…)

と心で叫びつつ、保安は冷静に

「いや、ちゃんと彼女もわかってますよ、ただ…不当だということを言っているのです!」

とサポートしてくれましたが。そうなんです、理不尽なんです!アウトプットとして、やり方が不条理だったのでそれに意義を申し立てているのですよ!!

でも、そういえば正義なんてないんです、この国には。すっかり忘れてました。怒っても無駄なだけ。なるようにしかならないですわね。議長ですら賄賂で買われるくらいなんですから…

「もうこんな国キライーーーーー!!!」

「でも、いいところもたくさんあるけれどね…」

と強弱をつけてひとり家で叫んでいたら、

「いいところは、正義がない代わり、今回、手続きをし遅れても、前からいた生徒の方が優遇されちゃう、とかそういうところがまかり通っちゃうところだね。」

と保安官。ほんまその通りや!!そっち側としてはラッキー!で済むんだよね、いろんな場面で。

家に帰ったら、保安官のポケットから、200ペソ近くが出てきて、

「1対1の戦いかと思ってたから、何かのときのために、と思って(賄賂を)もってっといたんだけどね。あんな学校だから、かなり内部汚職はあると思うけど…」

これが、アルゼンチン人の常識か!?


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

No Title

保安。笑。

しかし残念でしたね!空き待ちはどれくらいいるんでしょうか。みんなあきらめちゃって2人だけだといいけど。

本日初授業。先生がすごく良い人で助かりました。が、授業のペースが速くて驚きました。基礎知識がなかったらお手上げって感じです。上達にはいいことでしょうから脱落しないように頑張ります。

これからもよろしくお願いします。まずはまた学校で、ですかね笑。

No Title

あわわー、残念でしたね・・・。比べてはいけないのはわかっていますけど、やっぱり日本で生まれ育つと外国のこのあいまいさ、いい加減さにイライラしますよね。
フィンランドも学校に入るのは難しいですよ、でもやっぱりその国の言葉を学校で少しでも学ぶことが出来たら全然違いますよ。次こそ学校にいけますように、応援してますからねー!!!美味しいもの食べてリフレッシュしてください♡

No Title

すごいなあーの一言です。
それ以外、どうコメントしていいのかわからなくて、すごいなあー。
自分の基準と違うことにうまく対応できる力が必要ですね。

祈!入学!!

こういう世界で生きていくと、逆にみんながちゃんとやってないことを疑ってかかるべし!
って常識になっちゃうんだろうなぁ。

アルゼンチン人は日本にいながらも、(しかも自分が間違ってるにもかかわらず!)
「あの店の人は自分をだましてる」とか「値段表をすりかえてごまかした」
という反応をするのでびっくり!
日本はそんなことないよ、って言っても信じない。
そうやって生きていくことを強いられてきたんだなぁと思う。

ちゃんとしてる日本は、窮屈なところもあるけど平和ですね。
でも、自分で身を守る知恵や、たくましさは薄れちゃうような気も・・
なんでも、いい所、悪いところ、両面あるってことですね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No Title

★nmsさん
保安。笑 最初に出てくるタイポがそのままになってしまった例ですw

空き待ち、結構いましたねー!でも番号が若かったお陰で、ひと悶着はありましたが、なんとか本日入れました!!涙 これからもまた学校ではもれなく会うと思うのでよろしくね!

先生すごく良い人だったのですねー。それはラッキー!そうそう、授業のペースは早いらしいですね。どこのクラスでも難しく感じる、ってTちゃんが今日言ってました。明日はこのページやるよーとか教えてくれて、予習できたらいいのにな。やる気のある、素晴らしい生徒(私w)は、先生にそう、毎度尋ねてみようかしら?と思っています。聞くだけで予習するかはこれまた別ですが…

お互い脱落しないように頑張りましょう!エイエイオー!

Re: No Title

★shinoさん
いやーこの日は本当に残念でした…ほんと、比べてもなーんの意味もないんですけど、外国の、しかもこんなアルゼンチンみたいなテキトー万歳な国のいい加減さは、もうネタにして笑いながら酒を飲むくらいなもんで、面白いですね、ある意味。

フィンランドも学校に入るの難しいのですね!ブエノスにも、語学学校はたくさんあり、私立や他の学校なら、お金さえ払えば普通に問題なく入れるんですよ。ただ、ここの学校は、公立の、寄付金制の学校のため、異常に安いのでとても人気があるんです。私の場合、単に家がとても近いので行きたいんですが…本当、言葉を学校で学ぶのは、大人になると独学とは全然違いますよね。私も3年ほど前に、別の公立の学校で、最初から4レベルまでは勉強したんですが、今でも問題なく使えているスペイン語はやはり当時勉強した部分…というわけで、ちゃんとやり直さないとなーと思っていたところなんです。応援ありがとうございます!

Re: No Title

★ようはっぱさん
すごいなあ、ですか。笑 ですよね…ほんと…笑

こういう国だと(といっても色んな人や、出来事があるわけで、そんなに大雑把にまとめるのはよくない癖なのですが)、自分の基準と違うこと、というか、自分の信念で正しい正しくないと思うことからずれることにどれだけ対処していけるかが、確かに一番のキーポイントになってくるかもしれません、ストレスをできるだけ少なく生活していくという意味で。ただ同時に思うのが、対応していく力を磨いていくのと、自分の信念信条を曲げることとは違うということ、要は、周りに対応できるようになっても、自分が他人や周りに同じことをしないように、変にアルゼンチン化しないように、念入りに気をつけることが大事だと思ってます。そうでないと、めちゃくちゃな人間になってしまいますから。笑

Re: 祈!入学!!

★naoさん
ありがとうございます!そしてそう、まさにその通りだと思います!!
最初から「物事スムーズに進む」なんて誰も思ってない、むしろ「トラブルがあって当たり前」の世界…でもその反面でいいのが、たまにススーと何も問題なくコトがはかどると「あら、なんてラッキー!」と思えてしまうことだったり。笑 例えば、日本だと電車が5分遅延したくらいで怒り心頭のオヤジとかいますけど、ああいう風景はアルゼンチンにはないですもんね。ある意味、秩序がないってのは、ストレスフリーな社会を生み出してる…ってことなのかも!?

> アルゼンチン人は日本にいながらも、(しかも自分が間違ってるにもかかわらず!)
> 「あの店の人は自分をだましてる」とか「値段表をすりかえてごまかした」
> という反応をするのでびっくり!

なんとなくわかります。オイ、オマエだろ!!人のせいかよ!!笑 ってパターンありますよね。絶対自分の非はみとめないっていうか…でもそんな人ばかりじゃないけど、ステレオタイプなアルゼンチン人ってそうかもしれません。うちの保安官も、「アルゼンチン人は信用しない」って言いますし、保安パパとかも何か手続きとかで問題が起きるたびに、「何が問題かというと、相手がアルゼンチン人」とか言いますもん。笑 自分たちはナニジンなんだと!!笑

その分、確かに強い。ちょっとやそっとのことじゃヘコタレないし、意味のないところで落ち込んで消耗したりしない。アルゼンチン人に学ぶところ、たくさんあります。

窮屈ではあるけれど、本当に日本は平和だと思います。物事や手続きなど、まるで魔法のようにスムーズに進むし、郵便物が届いたりなんかも当たり前。治安も良いし、まるで未来のようです。両方のいいところを上手に取り入れて、悪いところは真似しないように、うまいことやっていければ一番いいですね。

Re: No Title

★鍵コメちゃん
ほんとー大変だったけど、今週入れたから、終わりよければすべてよし!?
もう前に何があったか忘れちゃった感じ。笑

アルゼンチン人的行為、面白いよね。

鍵コメちゃんも、一緒に頑張ろう!ありがとね!
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。