CHOCO★BLOGG セマナサンタとアルゼンチンママについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セマナサンタとアルゼンチンママについて

ブエノスアイレスでは、大洪水が起きて大変みたいですね?このブログにも過去に何度も書いてますが、ブエノスは場所によってめちゃくちゃ水はけが悪くて、洪水が起きるのは日常茶飯事なのでいまさらなんだってんだ…って感じですが、今回ばかりは、今日までに48人が死亡していること、新しいローマ教皇がアルゼンチン人になったせいか、どうも注目されるようになったようで(!?)世界的には(??)ブエノス大洪水で大変だー!!!うおおーーー!!ってことになってるっぽいですが、私の周りの人はみな、「いつものことですが何か?」ってノリです。ブエノスアイレスは洪水起きますよ、ってことを念頭に置いといて、水はけの悪いところに物件を買わないとかすれば、とりあえずいいんじゃないでしょうか。そんなに大騒ぎするほどのことでもありません。亡くなった方々には気の毒ですが…

私なんか、相変わらずサンタフェにスタックしているので、今回の洪水は、そもそも全然被害を被らなかったわけですが…サンタフェでも、セマナサンタ(イースター)の終わりごろ、一応、大雨降って、今いる家の前なんて一瞬川になりましたが、ブエノスほどではなく…ある意味面白かったです。ブエノスは今年は祝日プラスで6日間あったセマナサンタ休暇(日本でいうゴールデンウィーク的な存在)の間、全体的にお天気悪めだったようですが、こちらサンタフェは、最初の4日間は、めちゃめちゃ良いお天気に恵まれました!気温も上がり、プールに入ったり、またまた日焼けしたりと、真夏のような4日間でした。

セマナサンタの間、ブエノスアイレスから、料理部仲間たちが遊びに来てくれて、とーーーっても楽しい休暇になりました!!

IMG_2519.jpg

アサドしたり…

181058_430927570331263_1870660589_n_20130404054655.jpg

アサドしたり…

って中でも、料理部だけに、おいしいご飯もたくさん作ったよ!

156593_430926410331379_1134243206_n_20130404054658.jpg

ダッチオーブンでじっくり煮込んだ、塩豚のポトフ(水を入れないから旨みが凝縮!)。

8953_430926553664698_1345417112_n_20130404054656.jpg

サパシート(Zapallito)のファルシーとか。ほかにも色々作りましたが、どれもこれもめちゃくちゃ美味しかったです。久しぶりに、大きなキッチンで、みんなで一緒に料理をする楽しさが味わえました。みんなどうもありがとう!!いつか家を構えることになったら絶対大きなキッチンがいい!最近、ほったらかしで全く更新の見られない、料理部サイトにもそのうちこれらの写真&レシピなどをあげたいと思います。。。(いつ?)

(しかも今久々に開いたら、若干壊れてるっぽい…)

最初の数日は、サンタフェ市内をうろちょろしたり、今普段私たちがいる、キンタでのんびりしたりしたあと、ここから2時間ほど離れたますます田舎のカンポに行きました。

IMG_2703.jpg

セサミもんも一緒に。

美味しいものを食べながらお酒を飲んでおしゃべりしたり、

IMG_2676.jpg

夜はカメラと光で遊んだり、

IMG_2658.jpg

月明かりの中、夜の牧場を歩いたり。なんか10代の終わりとか20代前半のときにやった青春の1ページのような。楽しすぎます。

IMG_2764.jpg

ちなみに昼間はこんな感じ。

IMG_2791.jpg

まるでサバンナ!?のアルゼンチンのカンポをトラックの荷台で風に吹かれながら見学したり、悪路を行くトラックから飛び出しそうになったり、ハプニング続出で大笑いのセマナサンタとなりました。

あーめっちゃ楽しかった!!!

ちなみに、子供を入れて6人がブエノスから来てくれたんですが、全然誘った覚えの全くない、保安ママ&ロドルフォ(保安ママ彼)までがセルフインバイトにて参加。聞いてねえよー!!ってなわけで、来ない方向性に誘導したのですが、ここアルゼンチンには、

周りの空気を読むカルチャーがそもそもありません。

特に保安ママくらいの歳の女性になるとその読まなさと来たら、モンスター級。彼女の場合はそれにさらに輪をかけて、って感じですが、もはや「アルゼンチン女」以外になんとも形容しがたい、そのKYさ、人の都合など気にしない大胆さ、我こそが重力、とでもいったらいいのか?なんでしょう。そこまで野放図に生きているかと思えば、突然、泣いたり叫んだり、急に女になったりする。そうしても周りに受け入れられてしまう。ある意味うらやましい。アルゼンチン人の相方がいてこの国にいる日本人女子の間では、必ずと言っていいほどネタになる、力強いアルママたち。ある意味面白くもあるのですが…例えば、「さぁ、みんなで写真とるよー!」ってなったときに、真ん中にどーんとケツ割って入り込んでくるとかね。息子をパシリにするとかね。傍若無人な女王的存在なんです。アルゼンチンって国で、女っていうのは。それもそのはず、小さい頃から、「世の中で一番かわいいね」とちやほやされ、何をしてもかわいいかわいい、と甘やかされて育つのですから、どんな女ができあがるのか、やすやすと想像できるかと。。。

わかりやすく一言で言うと、大阪のオバチャンです。

(これを最初に聞いたときは、合点が行き過ぎて目の覚めるような思いをしましたw)

ひとつ間違いなく素晴らしい点としては、女性たちのキョーレツさ、そのお陰さまで、日本とかイギリスにいたときは、自由でぶっ飛んだタイプと認識されていた私ですら「全然クレイジーなところがない、穏やかで優しい人」として保安官に受け入れられるので、本当に助かっております。

アルゼンチン男子共は、その女性たちのご機嫌を、ばーさんになって、棺桶に入るまでとり続けないといけないわけですからそりゃもう大変です。女たちの指図されるままに動きます。親離れ、子離れ、なんてキーワードもそもそも、存在すらしないのではないでしょうか?親子の間に、遠慮なんてものはない。一方的にやりたい放題。逆に言えば、我がままな女性に鍛えられたアルゼンチン男性は、女性の扱いに慣れており、よくできていると言えるかも?

この辺の親子の関係に、アルゼンチン男子と一緒になる日本女子は、つまづく部分が多いかと思います。実際、そういった辺りが問題になって、破局を迎えてしまうカップルも多いのだとか。特に、彼(旦那)がママ側についてしまうパターンだと最悪で、相当に人間が出来た女子でない限り、別れが来るのはあっという間でしょうね。私の場合は、わかっちゃいるので、普段はできる限り自分の中で問題にならないようにしていますが(行きたくないときは自分は会いに行かないなど)、今サンタフェにいるので、それがちょっと難しい。友達と一緒のカンポでの休日みたく、向こうが勝手に来るパターンも多いし(まぁ、結果的にはとても楽しかったし、みんなも楽しんでくれたのでいいのですが)。お義母さん、毎日のように電話をかけてきては、息子を小間使いにし、あっちへこっちへと使いまわして、大変なことになっています。それを見ている私のほうが、ほとほと疲れています。。。

楽しいセマナサンタも終わったし、そろそろ本気でブエノスに帰らないとノイローゼになりそう。笑 何よりも嫌なのが、サンタフェには友達がいない…というか、そもそも「自分で作り上げた」世界は私にはないので、会う人も限られてくる。要するに保安官の家族だけ。それだけになんか、知らぬ間に影響されるのか、保安ママの勝手気ままさ、キョーレツさが、自分にまでこの頃移ってきたように思えて、なんか文句ばっかり言ってるっていうか…それが一番いや。とりあえず、大洪水よりも私の中ではアルママの方がよっぽど問題です。

セマナサンタの楽しいブログが一転して、アルママネタになってしまいましたが!みなさんもアルゼンチンママにはどうぞ、お気をつけくださいませ。

IMG_2853_20130404071148.jpg

カンポには、セサミもんとしょっちゅう見間違えてしまう、ニセ(ミ)もんもいました。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

No Title

でも、洪水はちょっと焦った。とりあえず安心しました。

楽しい時間、よかったですね

昨日(日本の3日)、BSプレミアムで
俳優さんが10日間ガウチョと暮らす、という番組をやっていたので見ました。
牛の群れを見て、思わず「美味そう」と言ってしまった私。。。
こういう人たちがいるから、ブエノスで美味しいお肉が食べられるのね、ありがとう、という思いと、
どこまでも広い土地と青空の下での暮らしと、ごちゃごちゃした人造物に囲まれた日本の都会暮らしとの心の持ちようの違いに思いを馳せました。

私事ですが最近ブログを始めました。お暇なとき良かったら見てください。
http://majonekomajori.blogspot.jp/

Re: No Title

★masayuki_m くん
いやーでも今回は結構な勢いで水が氾濫してたよね。うちの保安官(+その家族)は、10年ほど前、サンタフェで同じような…いやそれ以上の?大型の洪水の被害にあっているので(でも自宅は助かって、避難所になったそうです)、なんか経験者は語るというか…平気そうでした。笑

Re: 楽しい時間、よかったですね

★なみきせつこさん
あ、その番組の内容みたいのネットで見ました!
アルゼンチンのことをやるテレビ番組、って日本で結構ありますよね。どこかしらからいつも情報が入ってくるけど、いつも見てみたいなーと思うけど、テレビ自体あんまり見ないため、よくネットとかで見ている人いるけれど、どこで見れるのか?などの知識が全くありません。

> どこまでも広い土地と青空の下での暮らしと、ごちゃごちゃした人造物に囲まれた日本の都会暮らしとの心の持ちようの違いに思いを馳せました。

まさに、私も、その辺りの部分が今、心の中でテーマになっています。自然と向き合うことと、都会と向き合うことは全く逆のベクトルかもしれないなぁ…と。どちらにもいいポイントはあるでしょうけど…

牛の群れ、つい美味しそうと思ってしまう気持ちもわかります。笑 でも近くでみるとうんち垂れ流してお尻が真緑だったりして、うんちも草の匂いがいい匂いがしたりなんだりして…なんかかわいいです。

ブログのリンクありがとうございます!さっそく全部読ませていただきました。それについてはまたそちらにコメントします。

Re: 楽しい時間、よかったですね

★なみきせつこ さん
コメントしたかったのですが、うまくコメントできませんでした…

これからも楽しみに見に行きます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。