CHOCO★BLOGG 牛の予防接種

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛の予防接種

牛の予防接種を見学に、カンポ(農場)に行ってきました。

IMG_2187-001.jpg

おしあいへしあい。

IMG_2215.jpg

今日の予防接種は、口蹄疫に対するもの。錠剤みたいなものと、水分を混ぜて作る液体を入れる前の注射針。

IMG_2209.jpg

普段は放牧されている、広大な農場から集めておいた牛さんたちにまずは掛け声をかけながら、馬に追われていただき、囲いに入っていただく。

IMG_2234.jpg

その後、さらに牛を追い、5~6頭ずつを↑の写真の右側のラインに並べる。注射を待つ間に、体の健康や、個体の年齢などがチェックされる。牛とひとくちに言っても、性格は色々。おとなしく従うものや、時々大暴れするものも。力の強い牛たちが相手、大の男たちが5~6人がかりでする大仕事。マテ茶を回しのみしながら仕事は進む。

IMG_2244.jpg

列の出口付近では、インディージョーンズか、カウボーイか。ピストルの代わりに両手に注射針を持った獣医さんが待ち受ける。注射の瞬間はまるで神業!次から次へと流れ作業のように、チュー!ほい、チュー!ほい、チュー!という感じで、牛たちはたぶん、注射されてるのに気づいてすらいないのでは?1本の注射針でたくさんの牛に注射を打つんだけど、各個体決められたミリリットルずつ、リズムに乗るようにワクチンを打ち、牛が次々と流れていく様子は、なんともなめらかなプロの仕事。それもそのはず、この獣医さん一人で、2万頭の牛を受け持っているんだそうです。ワクチン注射は年に2回=1年に4万頭の牛に注射を打つわけね。このワクチンは強く、もちろん生きているので、サングラスをかけて、手袋をして仕事をしないといけないのだとか。ちょっとした傷や目にワクチンがもしも飛んでしまうと、人間にもうつってしまい、インフルエンザのような症状が出るので、その予防なのだそうです。終了後、獣医さんが手袋とサングラスをはずすと、手と顔面のめがねの部分だけが白く、年間4万頭の牛を相手にワクチンを打ち続けていることを物語るようでした。

ちなみにこの注射を終えた後、出口部分には

IMG_2288.jpg

こんな(牛的に)恐ろしげな装置がついており。牛が飛び出すときにタイミングよく、この装置を開いて閉めると、顔だけが出る。

IMG_2293.jpg

「どモー」

IMG_2295.jpg

装置を片方で一人が押さえているすきに、口内チェック。歯がちゃんとあるかないかを見るそうです。そしてここは運命の曲がり角。歯がない→もうご飯が食べられない→6~8歳→畜産牛としての一生は終わり。。。とみなされ、右のドア(口内をチェックしている人の後ろの赤茶けた柵)が開かれて。。。

あわれ、牛さんは、ドナドナ。。。売られていくのです。ちなみに、これは子牛を出産するのがお仕事のママ牛さんたちの場合。食べられるためではなくて、子供を生むためだけに生きているのですね。なんか切ない。。。まぁドナドナされた後は、どっちみち食べられてしまうのだろうけど…

しかし、市場に出ている肉牛の多くは、3歳までの牛。

「7歳とかって、もう肉としては硬いよね?売られた後、何になるの?」

と聞いてみたところ、

「子供を生ませて、歳をとったら、売る。それまでが我々の仕事で、そのあと何になるのかは知らないんだよ。わっはっは。」

とのことでした。気になる。

IMG_2327.jpg

ママ牛さんたちが終わると、次は、子牛さんたちの順番。子牛さんたちは、ママたちよりも素直で聞き分けがよく、また、注射が終わって外に出てくると、好奇心旺盛に、私のことをじっとみつめていました。日本人が珍しいのか。

IMG_2194.jpg

びっくりしたのが、ハエの大群!!牛の体ってハエがこんなにびっしりとくっついているもんなのね。色によって、温度に差があったりするためなのか(?)個体によって、びっしりついているやつと、少なめについているやつとはいましたが、それにしても、こんだけハエがくっついてたら追っ払うのも面倒くさくなっちゃいそう。もしかして、毛についたゴミを食べるだとか、牛さんにとっても利点があったりするのかしら?

IMG_2272.jpg

それと、女の子のうしさんたち、とってもうるさいんです!ブモーーーんモーーーとあちこちで、合唱するようにないている。

IMG_2184.jpg

早く終われー!注射なんかやだー!飯くわせろー!と、女性だけにたくさん文句があるんでしょうか?面白かったのが、ママ牛&子牛さんたちの注射が終わった後、雄牛だけがいる農場に場所を移して注射が続けられたんだけど、そこのオスのみなさん(デッカイ!)は、とっても静か。やっぱり牛の世界でも、女のほうがおしゃべりなのかしらね。

IMG_2181.jpg

あとは、鹿などと違って、オスにもメスにも、角が生えるんだそうな。

IMG_2180.jpg

色々と勉強になりました。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
  
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。