CHOCO★BLOGG アラブ料理レストラン(サンタフェ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラブ料理レストラン(サンタフェ)

相変わらずサンタフェにいるので、またまたサンタフェ話です。

昨晩は、アラブ料理のお店に行ってきました。あんまりこういう「変わった」レストランがないサンタフェ、保安ママと一緒によく行くお店のひとつです。余談ですが、まだアルゼンチンに来たばかりの頃のこと。家族などを含めた大勢の人数で初めてここへ来てふと、「ああ、みんな私のわからない言葉でしゃべっていて、誰も知っている人がいない。しかも日本から一番遠い国。まるで宇宙にいるみたい!私なんでここにいるんだっけ!?」と急にわけもわからず人前で涙がとまらなくなってしまった経験があり、それがこのレストラン。そのとき、どこに座っていたかなども一生忘れることのない場所。今となっては笑い話です。

お約束でいつも注文するのが、アラブ料理小皿色々。メニュー上ではpromoción picada árabeという名前で、小皿料理を色々まとめて持ってきてくれるやつ。

CameraZOOM-20130307214452871-001.jpg

左したの白いのから時計周りに、lavan(ヨーグルト)、ババガヌーシュ(なすのペースト)、queso arabe(アラブチーズ)、Tarator de pollo(ゆで鶏風なものにアラブ風ゴマソースがかかったもの)、フムス(ひよこ豆のペースト)、keppe crudo(アラブ風ひき肉の料理で、生)。

他にも、ドルマ(ぶどうの葉っぱで巻いたご飯)と、パセリのかきあげみたいのを頼みました。

ここで一番美味しいのは、keppe crudoです。アルゼンチンでケッペとか呼ばれるのは日本語表記だと、キッビとか、キッベになるみたいです。アラブのひき肉料理で、焼いたり、あげたり、色々にするみたいだけど、これはなんと「生」!!でもさすが、お肉の美味しいサンタフェ。嫌な匂いなど全くせず、病み付きになる味で、いつもついつい追加注文してしまいます。お皿に一緒に豪快についてくる、玉ねぎの塊(笑)を、自分で細かく切って、お肉の上からのせ、オリーブオイルをかけて食べます。好みでレモンをしぼって。

ドルマ(お店ではniños envueltos en hoja de parraという名前)もさっぱりして美味しい。

他は、まあ、サンタフェの店かなぁ、といった感じで、特にまずくもないけど、まぁ普通。アラブ料理は、ブエノスに美味しいところがいくつもあるので、美味しいのになれちゃってるせいもあるかも?

でもね、150人くらいは収容できそうな、大きな、そしてシンプルな作りの店内は、いつもお客さんでいっぱい!周りのテーブルの笑顔を見ていると、「アルゼンチンで、ご飯を食べに行く、というのは、『美味しいものを食べに行く』という感覚とはまた違ったところにあるんだなぁ」と思います。家で、ご飯を作る、片付けをする、というアルゼンチン人的考えからすれば「面倒な」仕事をせず、外に出て、家族や友達と気軽な気持ちで囲む食卓を楽しみにみんな外に出ているんですね。街の、食堂的感覚かもしれません。

しかし。

この店、Club Sirio Libaneseと言って、その名も「シリア&レバノンクラブ」。シリアやレバノンからの移民の人たち、またはその文化にゆかりのある人たちのための、公民館みたいな場所のレストランなんですが(アルゼンチンにはそういった移民のグループが作った施設がたくさんあります)、その割には、

CameraZOOM-20130307214351856-001.jpg

10ページ以上は軽くあるメニューのうち、アラブ料理、これ1ページだけ。

(ちなみに、値段が鉛筆表記で、すぐに消して書き換えられるようになっているのがまたアルゼンチンらしいという…)

あとは、どこのレストランも似たり寄ったり、「どこの店もコピー?」とシニカルな冗談を言ってしまいたくなる、アルゼンチンの典型的簡単料理の羅列なんですわ。要は、ミラネサ、とか、牛肉の焼いたの、とか、パスタ、とか、そういうことなんですが。街によって多少違いはあるものの(サンタフェだと川魚があったり、北部だととうもろこしの粉で作った料理があったり、南だとラム肉の料理があったりなど)、基本的には、全国、どこへ行ってもおんなじ。。。

もちろん、このアラブ料理屋さんでも、せっかくアラブ料理の店に来ているのに、お客さんの半数は、そういう普段のフツーのご飯を注文しています。

楽しくおなか一杯になれば、毎日同じご飯でもいいみたい。そんなフツーのアルゼンチン人の姿。食の文化がないのも、またアルゼンチンの文化なのかも!?

CameraZOOM-20130307214344058-001.jpg

ちなみにレストランはこちら(一番下に住所があります…まぁサンタフェですが…)↑ 


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
  
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
295位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。