CHOCO★BLOGG マイティー・ブ-ッシュ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイティー・ブ-ッシュ!

何事にも昔ほどたいして感動しなくなってしまったいまや、こんなに楽しみでわくわく待ち遠しかったライブも珍しい。ある日、相棒に付き合って気乗りしないままDVDで見始めたとたん、ズドドと笑いのツボを押されて、それ以来すっかりはまってしまったコメディのThe Mighty Boosh。まだ放映されてないにもかかわらず、日本でもすでにファンサイトがあったり、日本語での情報もたくさんウェブ上にあるし、日本のテレビでやったら、人気出るだろうなあと思う。イギリスのコメディにありがちな、いわゆる“イギリス人にしかわからない”笑いもあるにはあるけど、たとえ英語がわからなくてもヴィジュアル的に笑える。クールでセンスの良いポップなコメディで、新鮮。なんか、とっても“今”と“UK”を感じる人たち。とにかくヘンテコで、くだらなくて、説明が難しいので、見たことない人には、『面白いからとりあえず見てみて!』としかいつもいえない。展開はクレイジーだし、好き嫌いは分かれるかもしれないけど、見たら分かる。ある人が、『ルイス・キャロル、ミーツ、マーク・ボラン』と評価していたみたいで、Noel Fielding本人も、一理あると認めていたけど、まさにそんな感じ。不思議の国のアリスと、グラムロックがどうして融合するんだ!と思うでしょ。これが、うまいことしちゃうんだなあ。

そして、今日は待ちに待ったその、マイティー・ブッシュのライブ。なんと、この日はライブの前にサイン会がある、ということで、ミーハー心丸出しで駆けつけてきました。テレビにラジオにDVDの、ヴィンスとハワードが、もといノエルとジュリアンが実際目の前に、なんて信じられない!変な感じ!と同居人と2人で盛り上がりつつ、緊張の一瞬が!

Noel and Julian
そして、サインをありがたく頂戴する。ノエルもジュリアンも、ながーいツアーの真っ最中に、ながーい行列の一人ひとりに応対しているのにも関わらず、とてもいい人。向こうから握手を求めてくれたり。2人ともヴィンスとハワードのイメージのまんまで嬉しい。ちょうど、ファンの人がノエルにヒューマンリーグのレコードをプレゼントしてたので、それと一緒に写真をとらせてもらう。

Noel and Julian2


噂によると、2人の写真をとると、ジュリアンがカメラ目線で写る確立がかなり低いらしい。後で知ったのだが、私の写真もその通り!

興奮もさめやらぬまま、偶然同じ日のショーを見に行くことが発覚したお友達とその旦那さんと待ち合わせ。4人で、このごろ私のお気に入りのBastilleへご飯を食べに行く。美味しいお魚の蒸したヤツを食べつつ、楽しいお話に花を咲かせ、これからマイティー・ブーシュということで、興奮しすぎて、ごくごく楽しくワインを2杯飲んで、おなかも一杯。

早めに会場へ向かい、マーチャンダイズを一通り買占め、シアターときたらということで、しっかりアイスクリームを食いつつ、開演を待つ。ちょっと前の席のほうに、TFCのジェリーも、弟らしき人々と来ていた。ほぉーキミも一派か。この人とは何かと行動がかぶる。

Mighty Boosh


一応、写真撮影は禁止だったので、怯えて幕の写真しかとらなかったけど、他のお客さん結構撮影してたし、ビデオまでとってた。おまけにそれをウェブに公開してる人までいる。そして問題のショーの中身だが、もう本当にたまらなく可笑しかった。1年分くらい笑った。あとの4つが思い浮かばないにせよ、生まれてこの方面白かった瞬間ベスト5に堂々入る。この幕の前に、まず2人が出てきて、コントが30分ほど続く。シリーズ1の各話の始まる前と同じカタチ。そして幕が開くと、シリーズ1と2がうまいことミックスされた内容で、主要なキャラクターたち(ムーンも含め)も勢ぞろい…といってもほとんどがノエルとジュリアンの一人多数役と、Bob Fossilと、BolloとNaboo。つーか、この脇役3人が雰囲気ありすぎて最高。

休憩を挟んでも、7時半に始まって10時過ぎに終わったから、2時間は軽くあった。朝までやってくれてもいいんだけどー。なんか子供のころに戻ったみたい。楽しい演劇をみているような気持ちになった。ほかの人も『オトナ向けのパントマイムみたいだ。』(英語だと子供の演劇みたいのは、パントマイムというらしい、日本語のイメージだと、パントマイムってパントマイムじゃん)ってゆってて、そーだよねー!もともとテレビのシリーズも、本人たちが作っている音楽がたくさん盛り込まれていて、ミュージカルなコメディでとっても楽しい。

そして、あーもっかいみたいー!ってんで、帰宅して即効、エジンバラで数週間後にあるライブのチケットを予約した。公演が迫っているので席はそんなによくないけど、またブーシュが見れるなら!しかもエジンバラはメインツアーの最終日(そのあと、アンコールツアーがあるけど)!ちょー楽しみ!何しろ、グラスゴー公演の前半は、ワインがききすぎて、前日3時間睡眠だったのと、おなかが一杯だったのと、シアターはいつもほんわり暖かいのと色々なファクターがあわさって、ブーシュを前にうとうとしてしまった。もったいなすぎ。心残りすぎ。シアターが暖かいのは、アイスを売るためと聞いたことがあるが。本当にアイス買っちゃうけど。それにしても、毎回シアターに行くと、どんなに好きなものを見に行っても、どこかの場面で必ず寝てしまう。あの妙な暖かさのせいで…。

次のショーのときは、前日睡眠ばっちりとって、アルコール厳禁でいかねば…。
関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 世界のイベント
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。