CHOCO★BLOGG ヘアカットとか、色々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアカットとか、色々

腰が痛くて寝込んでいました…

今月、2回目。こないだ痛かったときは、たぶんウィーのやりすぎだろうと思うのだけど、今回は、何も思い当たる節がない。まわりの人は、きっと、寝違えただけだとか、コンピュータの椅子が悪かったとか、色々慰めてくれるのだが、何しろ、この痛みは、シャープな痛みではなくて、周りからみていると全然いたそうに見えないし、単にベッドでゴロゴロしているだけで、どうみてもレイジーなだけにしか見えないから辛い。

おとといから、痛みははじまったのだけど、昨日の朝、辛くて、学校をまた休み、午前中寝ていたら、夕方少し復活したので、保安官と2人して、髪の毛を切りに行った。

オープンスペースがたっぷりの、こじゃれた美容室。

普通(普通ってどれなんだか、こんな人生送っているともはや、わからなくなってくるのだが…)、順番を待つところ、って美容室だと、入り口を入ってすぐのところにあるような気がするのだが、ここは、何故か、店のど真ん中に、思いっきりドデーンとあった。

02122009423.jpg

ほんで、皆さんが髪の毛を切ったり、頭を流したりしているのが見えるしくみ。しくみ?

保安がたまに切ってもらっている、上手だという噂の、上の写真の遠くに写っているヒッピー臭いおにいちゃんが、彼と私の髪の毛を切ってくれるらしい。

それまでしばし待つ。

02122009424.jpg

っていうか、バーがある。

美容室の中に。

何故?

というのも、ここは週末、クラブになったりするらしい。
うーん、なんか、「美容師=クラブ」って、懐かしい感覚。クラブ仲間に、美容師、うじゃうじゃいたし、美容師がやってるイベントもあったし、こういう感覚、東京だと普通にあった感じなのだけど、グラスゴーだとなかった。やはりグラスゴーは単純に、田舎だったんだよねぇと思ったりする。

02122009426.jpg

ほんで、ここで頭を洗ってもらうのだが、やっぱり、頭の洗ってもらい方は、イギリスと大差なく、顔にタオルなどかけず、バシャッ バシャッ と適当にやられて、顔面がびしょぬれにならないのが不思議なくらいであった。しかも、当たり前のごとく、何か話しかけられても、意味が全然わからない。

適当に、「シー シー」といっておくことにスル。

行った時間が、夕方の5時前とか、微妙な時間帯だったので、写真をとったときはすいていたのだが、髪の毛を切ってもらう番が回ってくる頃には、段々混んできた。

02122009427.jpg
オフィスもこんな風に、待合室の前にいきなりある

だいたいからして、どのようにきってもらうか、という指定自体が、スペイン語でできないので、保安官に横についていてもらう。そしていきなり、初対面の美容師のお兄ちゃんと、挨拶は、キス。さすがー。ノリノリー(?)。

同じようなスタイルで、短くして、それから暑いから、じゃんじゃかすいて軽くしてください、というのを、お兄さんに伝えてもらう。このお兄さんは、しばらくスペインに修行つうか道楽?に行っていた美容師さんらしくて、この頃、帰還したという、ヘアカット中に、むだ話がどうせできないので、別に知ってもしょうがないネタを保安に教えてもらう。

お兄さんは、ちゃんと、ハサミを縦にもち、手馴れた手つきで、ばさばさと私の重い髪の毛を切ってくれた。西洋人にありがちな、うす~いネコッ毛の保安の次にきってもらっただけに、なんだこの髪の毛星人は、と思ったことだろう。私の髪の毛をじゃんじゃん切ってくれるのはいいが、トウの本人は、1年くらいハサミを入れていないような、もじゃもじゃの頭をしていた。テーブルの上には、鏡がおいてあって(壁全面に設置してない鏡を、美容室で初めてみた、斬新なデザインだ!)、そのまわりに、お兄ちゃんの私物らしき、ヘアカット&セットグッズが置いてある。もしかして、美容師は、「委託」という感じで、勝手にお店にやってきて、勝手にお金をかせいでいくシステムなのかもしれない。

お兄ちゃんの、やわらかいヒッピーのりは、いたるところに見える。まず、これまた私物らしき、バッグもテーブルの上においてある。仕事が終わったら、そこにおいてある、バッグをひっつかんですぐ帰るのかもしれない。そして、私の髪の毛を切っている間も、他のおきゃくさんが終わって、挨拶がてら、チューしていたり、通りがかりの、お店の人かなんかと、おしゃべりしたりしている。お店の人も、時々、踊りながら歩いたりしている。そうかと思えば、真ん中のでっかい待合室?のソファーの上では、お客さんが、ねっころがって雑誌を読んでいる。

むー。フリーマインドー。よいな~。

もひとつ、ヒッピーだなー(?)と思ったのが、お兄ちゃんは、一切、クリップみたいなものを使わずにヘアカットを終わらせた。普通、頭の上のところを、クリップでとめて、少しずつ落としながら髪の毛を切っていくものだが、それをいっさいせず、それでも、ばさっと上にあげて、下のほうから丁寧に、髪の毛をすいていった。

ある意味職人技!!!

しかも、あっという間にカットは終わり、終わったあとも、自分で「パーフェクト」といっていたくらいで、満足げ。私も、日本以外で、たいしたヘアカットを望んではいないので、もともとの期待が薄いというのもあるかもしれないが、こんだけしてもらえれば、大満足!

すっかり髪の毛もかる~くなって、気分爽快。

こんなおしゃれな美容室で、しかもお店のトップクラスの美容師さんに切ってもらって、一人につき、45アルゼンチンペソ。日本円にして、一人当たり、1050円。スコットランドでは、50ポンド払っても、たいしたヘアカットができなかったことを思えば、恐ろしく安い。まぁ単純に物価が安いというのもあるが、ブエノスには、美容師が溢れているらしいので、競争率もあるだろう。

そして夜になり、また肉を食べ、しているうちに、おさまったと思っていた、腰痛と腹痛が復活。パソコンをやっていることもできず、ベッドに横になるが、横になったところで、おさまるものでもなく、非常に辛い夜をすごした。

あさ、起きても、全然回復しておらず、泣く泣く、もう一日学校を休んで大事をとることに。しかし、昼間、保安のナショナルドキュメントを作りにいくのに、付き合う約束をしていたので、辛いながらも一緒に行くことに。こういう腰痛のときは、動いたほうが案外よかったりする。

…というのもあるし、ナショナルドキュメントを作るということは、市役所に行くということで、そういう面白そうなものは、逃したくなかったからという好奇心もある。

ここで保安は、本当なら16歳の時に作っているはずのナショナルドキュメントを8年越しにようやく作成!

めでたし、めでたし~ とかいってる場合じゃねぇよ!
どんだけ伸ばしてたんだ~。

両手の一本一本の指の指紋をとられていて、もうこれでひとつも悪いことできない。よしよし。
これで、やっと正式なブエノス市民になれた。ってキミは、どんなアルゼンチン人だ!

(つうか今まではなんだったんだ!)

のばしのばしにしていた、このドキュメントをようやく作ったというのは、彼と彼の家族にとって、相当な、お笑い入ったニュースらしく、保安は、市役所のあと、

「お祝いだ~!ランチに行こう~!」

とレストランへ行く。

入ってみたら、またポルテーニョなレストラン!!
肉ばっかり!!

殺す気か!!!

確かに、ここの肉は美味しいのだが、毎日のようにこうして肉の塊を食べていると、死にそうな気分になる。もしかして、この腰痛や、腹痛も、肉ばかり食べていて、消化不良なんじゃないかと思っていたところだ。本当に死ぬかもしれない。

その上、メニューはスペイン語だからよくわからない。

保安は相変わらずステーキ&チップスを頼むが、私はかろうじて、ニョッキ&ペストのランチに逃げる。ワインと、パンがついて、2人で60ペソ。1400円。

やすぅ~~~。

ブエノスは、物価が安いから、上手に稼いで、上手に暮らせば(高いところもたくさんあるから)、めっちゃ楽できる街だと思う。

…まぁ、でもその「上手に稼ぐ」のが難しいんだよね。

家に帰ってきて、ワインと、重い食事のせいか、またしても具合悪さが復活し、寝込む。見かねた保安が、色々ネットで調べたり、医者の親に電話したりしたあと、お風呂を入れてくれる。

夕方はずーっとお風呂に出たり入ったり。しているうちに、腰が温まったのか、だいぶ体も楽になった。

でも、まだ本調子じゃない。
早く、復活したいー。

あっ、そうそう。
髪の毛を切りに行った帰り、周辺を歩いていたら見つけたお店。

02122009433.jpg

古いワープロ。

チェス。

チョウチョ。

サンタクロース。

02122009434.jpg

小さい小さいラジオ。

クレヨン。

。。。。

一体、何屋?
謎過ぎる。

こういう発見がたくさんあるので、ブエノスの街歩きはとっても楽しい。
突っ込みどころ満載!!!

そういえば、サンタクロースといえば、いくら南半球でも、クリスマスはクリスマス。
今日、パレルモのショッピングセンターに、でっかいクリスマスツリーがたっていて、見て~と保安が行ってきたけれど、ふ~んとついつい思ってしまった。

この、クリスマス感のなさは、やはり、気候のせいか!?

夏のクリスマスって、やっぱヘン。

↓なんとなくランキングに参加しています。
人気ブログランキング

関連記事

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。