CHOCO★BLOGG スーパーマーケットのビニール袋有料化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーマーケットのビニール袋有料化

今週の火曜日(9日)から、ブエノスアイレス市内(カピタルフェデラル)で、スーパーマーケットのビニール袋が有料化されました。要するに、諸外国ではもうすでに動きのある、「エコ」な感じの「アレ」がブエノスでもようやく始まったわけ。手持ちの買い物袋をもって行けばいいわけ。考えてもみれば、エコの先駆者である、ドイツなんかはもう10年前とか(もっとか?)にすでにこうだったので、ものすごい遅い動き。CIUDAD VERDEというキャンペーンの一環であるようです。

10月からくるぞーくるぞーとは思っていたけど、昨日すっかり忘れてスーパーに行ってしもた。

017_20121011111900.jpg

いつも行く近所のDisco(サタデー・ナイト・フィーバーな場所ではなくスーパーの名前)では、こんなんでした。こちらは大きい袋らしく、ひとつ25センターボ(1ペソの1/4)。「減らそう、また使おう、リサイクルしよう、前よりもっと大きくて頑丈な私だから、上まで一杯詰めてね☆」

(bolsaですので女の子のイメージ)

と書いてあります。

015_20121011111859.jpg

以前の普通のくしゃくしゃになった袋と、ざっくり比べたいらない比較写真。

この袋、2ヶ月で自然にかえる素材でできているんだそうな。小さいサイズと(15センターボ)、大きいサイズ(25センターボ)とあり、色も黒と緑の2種類あるんだそうです。なんでかというと、ゴミを仕分けして出すときに、緑は、紙やダンボール、ボトル、プラスチック、缶などの金属類の、リサイクルできるものを、黒は、「その他全部!」を入れてゴミに出してちょーだいな、そういう習慣を少なくともつけてちょうだい、ということのよう。

リサイクルできるかできないか!燃えるか燃えないか!生ごみかそうじゃないか!というような、かなりアバウトなレベルです。日本の首都圏の自治体が聞いたらひっくり返ってしまうような、ブエノスアイレスはまだまだそういう段階なのです。驚くなかれ、ゴミの仕分けってのは、今まで一切なかったんです…しようと思えばできますが、ビンも缶も残飯も何もかも一緒くたに袋に入れて捨てています…

(でも、カルトネロという、貧困層の人がやっているリサイクル業者がいてほっといてもリサイクルされるのですが…その話まではじめると長くなりすぎるので省略します)

この、緑と黒の袋運動、とりあえずは、大手スーパーマーケットからはじまったもののようで、八百屋、肉屋、パン屋などの小売店ではまだ通常通り袋がもらえます。でもまぁそういうとこも、将来的に変わっていきましょうね、ということのようです。人々の注意を喚起するのが目的のような、ゆるめな法律なところがブエノスアイレスを感じます。

スーパーでも、使いまわせる買い物袋はだいぶ前から売っていましたし、この政策が始まる前の先月くらいから、すでにビニール袋を使わず、買い物袋を持参する人たちが目に付いていました。袋一枚につき少々のお金を取る、というだけで人々の意識はかわるし、買い物袋持参の件はすぐ浸透するような気がします。これにより、なんと5億8千枚のビニール袋消費が減る見込みなのだとか。

ただ、ゴミを緑と黒に分けてください、つーのはどうなんでしょうね?どんくらいまで、みんなやり始めるのかしら?道にも、緑と黒のでっかいゴミ箱が置かれるようになっていくみたいですが、私たちの住んでいるようなアパートみたいなところだと、個人が道路までごみを出しにいくわけではなく、建物のフロアごとの回収なので、ビル自体が、2つゴミ箱を置かないといけないと思うし。

上のCiudad Verdeっつうキャンペーンのサイトに行ったらわかりますが



このビデオでは、ブエノスアイレス市長のマクリ自ら、街に出て、市民に使いまわし買い物袋を配っています。この市長は、一般市民の質問すら受け付けない国の大統領に対して、もちろんイメージアップの一環だとは思いますが、こうして街に出て人々と触れ合う映像や画像をよく出している。ちなみに、政治的にも対立していますが(笑)。そしてこのビデオはもちろん、支持者の多い(=中流階級以上の住む)レコレータ地区で撮影されているのがまたミソです(笑)。色々突っ込みどころ盛りだくさんで個人的には笑えます。

私もこうして直接手渡しでマクリにもらいたかったわ!つかこの、ciudad verdeって書いてある袋どこでもらえるのかしら?ほしいかも。

…と思っていたら、 Diego Santilli さんという政治家さんに住所をメールすると、自宅まで無料で送ってくれるんだそうな。市長マクリさんのページにありました。リンクはどちらもフェイスブックです。アルゼンチン企業とか政治家とかのみなさん、めっちゃフェイスブックやツイッターなどのSNS活用してますね。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。