CHOCO★BLOGG お魚シリーズ:メロ、サーモン、魚卵

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お魚シリーズ:メロ、サーモン、魚卵

まだまだ、試してみたい種類はあれど、最近はお魚も、リピートすることが増えました。一番よく買うのはやはり、鯛、ヒラメ、チェルニアとか。それでも、市場に行ってもいつも同じお魚がいるわけではなく、「今日はアレ食べたいな~」と思って行っても、漁によっては仕入れのないお魚があったりするわけで。

今週はお魚を買いにいったところ、どこのお店に行っても、ほとんどお魚さんがいなかった!!中華街の魚屋さんたちは、どこも、マルデルプラタからお魚を仕入れているようですが、「今日、みんな漁に出てるよ!」とのこと。どうも、月曜日が祝日のときは、一日ずつずれるようです。お客さんもそれを知っている人が多いのか、どこの店も閑古鳥。

この日は、保安官が、「海鮮丼が食べたい!!」とのことだったので、刺身にできる魚を仕入れに来たのですが…この日入荷した唯一のお魚で、お刺身にできそうな種類は、この人だけでした。

076_20121001053242.jpg

Meroさん!(うろこ&内臓処理後、これで1キロほど、25ペソ)

メロはこのブログでもよくネタに出てくるし、お魚シリーズも、メロのことを書いたのがもとで始まりました。それほど、いついっても市場にほぼ必ずといっていいほどいる魚。よく獲れるんでしょうな~。

084_20121001053241.jpg

日本では獲れないらしいですが、日本名は一応あるそうで、ラプラタメロ。しかし、日本で銀ダラとして売られている「メロ」とは別物(それはアルゼンチンでは、メルルーサ・ネグラと言う名前で売られています、冷凍ものしか見たことないけど)で、英語ではArgentine sea bassというそうです。

091.jpg

これをフィレにして

118.jpg

サーモンと一緒に、どんぶりに…ってああ!そういえば家には丼なんてものはなかったのだった!!普通のちょっと深いお皿に、寿司飯を入れて、きった焼き海苔をのせて、パセリ(笑)の上にわさびを乗っけて、海外暮らし丸出しの代用品だらけの海鮮丼ができました。

感想:すっかり、天然白身魚を味わう生活に慣れてしまった私、最近、チリ養殖サーモンを食べても美味しいと思えなくなってきてしまいました。この養殖の脂臭い感じがどうしても鼻について。なんとなく、薬漬けになっているような風味もするし、色も赤すぎるし。

スコットランドでも、サーモンの養殖は盛んなので、「養殖サーモンは、あまり食べ過ぎてはいけない、年に3回までに押さえるべき」といった情報が、常識くらいの感じで通っていました。なので、チリサーモンだってきっと何かあるよな?と先日調べたところ、年に6回まで、といった情報を発見。
年に3回しか食べるべきでない?養殖サーモンの危険性

養殖鮭についての危険性は前々から話題になっているし、今更の話ではないんだけど、ネットで検索するとたくさんの情報が出てきます。
養殖サケ、ダイオキシンやPCBなどの高い汚染――調査報告
なんかは2004年時の報告なので、これよりも今はずっと改善されているのかもしれませんが…逆に悪くなっているという可能性だってある。けど、魚屋の兄ちゃんが「サーモンは強いから5日くらい(生で)大丈夫」と言ってたのを思い出す内容。抗生物質などで汚染されているから、腐りにくいのではないのか?チリの養殖サーモンは、もとはと言えば日本人がはじめたことのようです。それが地域の社会問題や、水質汚染などいろいろなことにつながっていると聞いたことがありますし、それ関連の本も出ているよう。気になる人は、ネットで調べてみたらいくらでも出てきますが、アジア太平洋資料センターというところが出しているチリ南部におけるサケ・マス養殖に関する調査報告というジャーナル的資料も、興味深かったです。

で、問題のメロの刺身ですが…あんまりおいしくないなぁ。保安官は、美味しいって、完食、さらにお代わりまでしてたけど。メロの刺身は、水っぽくて、硬い。水っぽいお魚なので、よく前はセビチェに使ったけれど、セビチェみたいにすると、水が抜けてコリコリ感が残っていいのかもしれないけど、コリコリっていうより、硬いんだよね。薄造りみたくすればいいのかなぁ。アラは、にんにくと唐辛子でザッといためて、ナンプラーを醤油代わりにタイ風煮こみっぽくしたけど、やっぱり硬くて脂もなくて味がないなぁという印象。前は時々、メロを買っていたけど、他の美味しいお魚に慣れちゃって、舌が肥えてしまったのかもしれない。

しかし!!

この日は、お魚さんが全然いなかった代わりに!!

093_20121001053241.jpg

待ちに待った魚卵が売っていたのだ~~~涙。ちなみに何の卵かはしらん。以前兄ちゃんに聞いても知らないパターンが多かったので、もう聞くことすらやめた。大きな魚を切り身にさばくとき、卵が出てくるとこうしてパックにして売ることがあるらしい、というだけ。たぶんメルルーサとかあの辺のじゃなかろうか?

本当は、菌玉ゆきゑさんとこみたいにからすみを作るのが夢だったんだけど、からすみにするにしてはもりもり太りすぎていびつな魚卵だし(ちなみにこんなボリュームでたったの3腹)、何のたまごかもわからんので

103_20121001054545.jpg

大好きな、魚卵の煮付けにしました!!

太い血管のところとか、とれそうなところだけは血を抜いて(やわやわだったので、ほとんどできなかったけど)、包丁でぶつぶつと切って、醤油、酒(ヒネブラボルス+水で日本酒くらいのアルコール度にしたもの)、砂糖同量ずつくらいの煮汁を煮立たせたところに、ほうりこんで、しょうがたっぷりを追加!一応なんとなく、お花が開いたみたいになったよ。この、魚卵の煮付けは、お袋の味、っていうのか、子供の頃大好きだったメニューで今でも好き。大好物だし、めったに食べられるものではないし、通風になりそうなほどたらふく食べました。

は!魚卵に興奮しすぎて、いつものセサミもんの様子の写真を撮り忘れた…

123_20121001054544.jpg

というわけで、メロのアラ煮が出来たところを

106_20121001054544.jpg

無理やり見せてみた。一応みてるな。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

セサミもん、かわい~~

メロと日本でメロと呼んでるものとの区別とか、何回読んでも覚えられない。。。

チリ産養殖塩鮭はときどき買います。こっちと時期が反対だから、そういうタイミングの時に。
けど、そうか、そうなんですね。気をつけよう。

ぴーーーん

セサミもんのひげがぴーーーんと前に出てるね!
興味はあるのだなあ。
魚卵は、炊いたり、あるいは漬けるので正解だぞ。
先日、からすみもどきを作ろうとして、
ふつうの(なんの卵が不明なモノたち)魚卵を
からすみの工程で干してみたのだが・・・
表面が白くなって、どうにもこうにも見た目が悪い。
かじってみて、食べられなくもなかったのだが
やはり、、ボラの卵にかなうわけがなかったよ凹
海鮮丼ならぬ海鮮皿、とても美味そうだ!

Re: セサミもん、かわい~~

★なみきせつこ さん
私も自分で見たわけじゃないですが、ネットにそうかいてありました!
けどメロ=ギンダラもどきだよね、日本だと?このメロは明らかに脂乗ってないです(笑 ギンダラとはだいぶちがう。

養殖鮭については色々言われてますけど、刺身で問題なく食べられる(アニサキスがいない?)とか色々いい点もあるらしいです。そんなに悪くない、って言ってる専門家もいるらしいけどどれを信じたらいいのかよくわかりません…

Re: ぴーーーん

★ゆきゑ さん
なるほど!ひげがぴーーーんと出てるから興味はあるのかなー?
ほんと魚を食べないのが何でか謎すぎます。葉っぱは食べるのに(笑

そっか!魚卵はこうして食べて正解だったのですね。
何の卵かわからんものでからすみしてみたら、いまいちだったのか。
やっぱりからすみは、ボラの卵に限るのかしら…
ボラの卵ほしいい~~~~~~~~~~~~
飛行機に乗ってゆきゑさんちまで行ったほうが早いような気がしてきた。

海鮮皿、もっとたくさんお魚乗せたいのだけど、特にこの日はお魚さんいなかった~涙
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
219位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。