CHOCO★BLOGG ヘンテコお寿司のスシクラブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンテコお寿司のスシクラブ

レストランネタ続いたので、この際続けていきます。今日のは本当に単なる

ネタ!!

です。

ところが、寿司ネタはあまりないお寿司のレストラン、SUSHICLUB(スシクルブ)。「寿司部」って変な名前。部活にするほどのものもないレストランなんだけど…

が、そういううがった見方はどうも日本人の目から見たもので、このレストラン、意外とアルゼンチン人に人気があるのです。2001年にブエノスアイレスで1店舗を出してからというもの、今ではアルゼンチンだけでも15店舗を超えるチェーン店があり、国内だけでなく、スペイン、ウルグアイ、パラグアイ、それにエルサルバドールにも支店があるという大型の寿司レストラン。2001年から、というところが(きっと前回の経済危機のタイミングを逆に上手に利用してお金を運用し、うまく波に逆乗り成長したんだろうな)という気がとてもしますが、単なるもともとお金持ちのユダヤ人かもしれないし、真実のところは知りません。さらに、寿司人気の出始めにも時機があっていたのではないでしょうか?アルゼンチンってのは、タイミングとスキル、才能などがピッタリ合うと、一山築きやすい国のような気がします。

海外にはよくある、日本人から見たら全く「寿司」でもなんでもない、フュージョンタイプのレストラン。こういうのはもはや日本食とは取らず、別物として楽しむと結構面白い。

20120917_234100.jpg

上はブエノスアイレスロールというやつで、サーモンやアボカド、クリームチーズなどの裏巻きの上に、照り焼きソースみたいな甘辛いソースにからめたたっぷりのゴマがかかっていて、美味しいのです。お寿司も、日本的な寿司の「てやんでぇ」精神(?)をとりはらうと色々遊べる。下は、エビフライみたいのが中に入ってて、上からすっぱいアボカドソースだったかな?みたいのがかかってて酸っぱすぎてあんまり美味しくなかった。他アルゼンチン人2名も同じ感想。

20120917_233606.jpg

なんじゃこれ!?

な上の写真は、サーモン照り焼き。ゴマかけすぎやろ?野菜のいためたのと、ぐじゅぐじゅやわらかい、アジア的品物ひっちゃか混ぜすぎココナツミルクで炊いた風のお米が、若干オシャレ風にプレートに乗っています。こんくらいなら、家でもできるわレベルですな。

って酷評してますが、あくまでもネタですから。こうやって、斜めに見ながら楽しむのもたまにはいいじゃないですか~。でもね、ここのレストラン、雰囲気はいいし、ウェイターのサービスもいいんです。しかし、他のチェーンとあわせても、何度も、というほどではない、何度か行ったことがありますが、お客に日本人の姿を見たことはありません。日本人と行ったこともありません。でも、いつもアルゼンチン人で一杯埋まっています。奥の方の2人用テーブルが並ぶ部分は、付き合い始めたばかり風のカップルで一杯。ちょっと普段と違う感じで、寿司で、「ほら、お箸こうやって持つんだよ」「このミドリ色のはわさびといってね…」などと、女性を落としにかかるのに最適なレストランなのでしょうか?店内の照明が暗めなのも項を奏しているはず…!?だって、暗くてメニューが見えないレベルなので、メニューを開くと、ピカッとバックライトがついて読めるようになったり、遊び心がきいているのです。

そういえば、私も保安官と付き合い始めて間もない頃、ここに連れてきてもらったことがありましたが、やはり…?てか私は日本人なので、わさびのうんちく言われても!!

巻き物をひとつひとつ頼むのではなく、セットで30ピースとかお皿に乗ってくるメニューなどもあります。ノリなし、ご飯なし(一体…!?)の寿司もあり。暖かい、生ではない、みたいな種類も(!)。ちゃんと握りもありますが、もちろんネタはありません。サーモン、白身魚、以上、くらいのレベルです。巻き物もとにかくサーモン+αばかり。

それでも、しつこいようですが、ネタとして、一度くらい行ってみるのも面白いのではないかと思います。

この写真の日は、保安官の誕生日の前日(0時をお祝いに)だったので、ケーキを出してもらいました。

20120918_001057.jpg

(最近の記事を読んでいただければ)連日どんだけ毎日お祝いすんじゃ。。。ってところですが、誕生日ということで、このケーキと、シャンパングラス1杯ずつサービスしてもらえましたよ!そしてこのチーズケーキ美味しかった。

スシクルブは別としても、こういったフュージョンな創作お寿司、美味しいところのは本当に美味しいと思います。前にペルーに旅行に行ったときに、リマの日本食レストランで食べた創作寿司は本当に美味しかった!プロの料理人(きっと日本人)が、ソースとの絡み合いなど研究しながら作っているのでしょう。一般的にいって、ペルー料理×日本料理の掛け合わせのお店で出す、創作お寿司はポイント高いような気がする!そういったお店結構ありますが、ブエノスでは、私の知ってる限りではSipanってところのが美味しかった。

私にとって、こういうちょっと創作部分が加わったお店に行くのは、家で作る料理の参考になるから楽しいです。保安官は、スシクルブのブエノスアイレスロールが好きなので、「これ家でも真似できるよね、今度作って!」とリクエスト来たのでそのうち挑戦してみよっと。

SushiClub
Av. 9 de Julio 1465, Recoleta
Tel: 0810 222 SUSHI (78744)

夜中の2時まで開いているところが、ゆっくり飲みながら食べれていいかも!アルゼンチンの夕食は特にスタートが遅いので。ギアオレオでディスカウントがあることも多い(メールで登録するだけで、割引券がプリントアウトできる、たいてい予約が必要)。

これ以外にも、ブエノス市内だけでも山ほど支店があります。→ オフィシャルウェブサイト


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 海外の日本食
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。