CHOCO★BLOGG ブエノスでスペイン料理、子豚さんの丸焼き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブエノスでスペイン料理、子豚さんの丸焼き

各地で噂には聞いていたが、中々行くチャンスのなかったスペイン料理のお店、El Casal de Catalunyaにこの度ようやく行ってきました!

このお店は、cochinillo(コチニーショ、可哀相な子豚の丸焼きちゃん)が本場と同じように食べられるというのがポイントで、どこへ行っても美味しくないブエノスのパエリアも、この店なら美味しいと聞いてた。しかし、子豚の丸焼きは、最低でも4人以上いないと食べきれないと聞いていたので、なかなか2人でぶらっと行ったりするお店ではない…お値段も結構張る…ということで、今度ね、そのうちね、の繰り返しな感じのお店だったのです。

友だちと連れ立って4組のカップル合計8人で、タッグを組んできました!

まずはワインを飲みつつ、ハモンセラーノ(スペインのハム)をつまみましたが、妙に厚切りだったけど美味しかった。でも、本場で食べたあの感動の味にはなかなか出会えない!!けど、オリーブオイルがとても美味しかった。写真なし。

続いて前菜に、

catalunya (4)

gambas al ajillo(ガンバス・アル・アヒショ、エビのガーリックオイル炒め、むしろオイル煮?といったところ)。ソースをパンにつけて食べたかった…

catalunya (6)

キノコ類のガーリック炒め。名前なんだっけ。プロベンサル(パセリとにんにく)のオイルソースがついてる。エビと共に、どちらも美味。そういえば、ガーリックトーストに、トマトのソースがのっかった、パン・コン・トマテがすごく美味しかった!カタルーニャ地方のメニューらしいです。

catalunya (10)

そして、パエジャ!ここのは美味しい美味しいって聞いてはいたんですが、うーん。確かに、ブエノスの他の店で食べたパエシャと比べると、お米がまとも。ちゃんとスペイン風に炊いてある。けど、わーこれよこれ、求めてたのは!!って言うほどでもない。お知り合いの女性で、長年スペインに住んでいた方も、同じことをおっしゃっていますが、ブエノスにはスペインからの移民がたくさんいるはずで、スペイン料理のお店もたくさんあるんだけど…いまだに、こ、これは…!!という本場の美味しいパエリアにあったことがない。ここのは確かに今までの中では一番良かった。でもまだまだ、美味しいパエジャとの出会いの旅はこれからも続く…

(スペインに行ったほうがたぶん早いと思う)← 心の声

余談:ちなみに、めずらしくこのレストランにはフィデウア(パスタで作ったパエリア)があり、それも美味しいらしい。

そ・し・て!!

IMG_0682.jpg

じゃじゃーん。今夜のメインイベントの、コチニーショさん。子豚さん。ごめん…涙。こんな姿にされて…産まれたばかりのかわいいベイブちゃんがこんなになってると思うと、やっぱりまず最初に、おいしそうよりもかわいそうが来てしまう。

catalunya (7)

そして本場スペインと同じように、こうして、伝統にのっとってお皿で、モソのお兄ちゃんが切り分けてくれます。…ん?てか、コチニーショって、カタルーニャじゃなくて、マドリッドとかあっちのほうの…セゴビア名物じゃなかったっけ?まいっか。ちなみに、このモソのお兄ちゃん、アルバロくんという名前なのですが、日本語を6年間勉強したことがあるそうで、かなりのレベルで日本語の会話ができるんですよ!前は、日本食レストランで働いていたそうな。

catalunya (1)

更に(皿で)切り分けて…

さっきのアルバロくんにどの部位がいい?と聞かれたので、「おいしいところ!」と日本語で注文したところ

catalunya (9)

ここ来ました。ほーお。足と来たか。豚さんの美味しいところというと、私的にはお腹の3枚肉部分なのだが、人(国?)によって違うのだな。まぁ子豚だしまた違うか。こういうちゃんとお皿で切り分ける本場に近いスタイルでコチニーショを食べたのは初めてですが、子豚さんはさっぱりして、あまりお肉っぽい味がしない。お肉というよりお魚のような味がします。もともとは、お皿で切れるほどやわらかい、というのを見せるために、本場では皿で切り分け、切り分けた後に皿を割る、ときいたことがありますが、ある種のお店だけなのだろうか?さすがにお皿割りのパフォーマンスまではありませんでした。

テーブルには、とうがらしの入ったソースや、アリオリソースなどが置いてあり、それをつけて食べてみたりもしました。人生変わるくらい美味しい、って聞いてたけど、どうかな。やっぱり可哀相なほうが勝っちゃうわ。といいつつ美味しくいただいたけど…セゴビアくんだりまで行って食べたらやっぱり相当美味しいのかしらね?

catalunya (11)

パパス・ア・ラ・エスパニョーラ、これは頼んでないのに勝手に出てきた!なんじゃそら!!聞いたら、付け合せに何か食べたいでしょ、って…そんなんありかい。

catalunya (12)

そしてこれなんでしょう…実は、哀れ子豚さんの脳みそ。何やら経験者で知っていた保安官が、脇からこっそりモソに頼んで、seso a la provensal(脳みそのパセリ+にんにくとオリーブオイル和え。。。)にしてもらってくれました。パンにつけて食べるとこれが美味!珍味!

子豚さんに敬意を評して、皮も、頭の部分もお魚さん的感覚でキレイにみなでいただきました。沖縄出身の友だちも一緒にいたので、豚をすみからすみまできれいに食べる文化のあるあちらでは、こういうものにはなじみがあるようでした。

catalunya (13)

ワイン1人1本に近い勢いで散々飲んだ挙句、最後には美味しいシャンパンで〆。お前ら飲みすぎだよ!!

(オマエもな)

このレストラン、各地で噂を聞く(だいたいがいい評判)のですが、guiaoleoの評価ポイントが妙に低いのがなんでだろう?っていつも気になっていました。確かに料理は美味しい!んだけれど、頼んでないものがテーブルに出てきたり、頼んだデザートが失敗作だったり、あとやっぱり単純に高いし、モソの対応が若干微妙だったりと、なんとも言えないけど何かが?っていう部分があった。そのせいで低いのかな。けど最近気づいたのが、ギア・オレオのポイントは、新しいレストランでディスカウントがあるだけで高い場合もあるので、それほど当てにならない場合もあるということ。

このレストランは、やはり、美味しかったけれど特別感があるかなー。お値段も、8人で行って(まぁうちらの場合はたくさん飲みすぎなのであれですが…)ラ・ナシオンのカードの割引(20%だったか?)があって1人200ペソだったので、結構高いほうです。ちなみに、cochinilloを食べたいときは前もって予約が必要。前日までに電話しておけば、人数に見合った分をとりおきしておいてくれます。他のメニューの内容も、さすが、もともと、カタルーニャ地方からの移民さんたちの(?)文化会館的なところの一部のレストランだけあって、他と比べるとかなり本格的なスペイン料理な印象を受けました。

でも、翌日まで、口の中に残ったにんにくパワーが激しかった~。

El Casal de Catalunya
Chacabuco 863, San Telmo
Tel: 4361-0191 / 4307-0912

ちなみに日曜日の夜は開いてません。

*写真はやすこちゃんからありがたく拝借したものと、ケータイでとったものとのミックスでお送りしました。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

どれもこれも

とても美味しそう!
とくに、子豚ちゃんの焼き具合と、焼きの形状、素晴らしい。
わたし去年のクリスマスに丸焼きに挑戦したのに黒~くなってしもうて失敗したよ。
こんな具合にこんがり焼けたらいいな。
ごちそうさまでした。

ウチでも

我が家でも憧れのレストランなんですが、そうですかパエリア、イマイチですか。。。今のところ、一番美味しいパエリア@ブエノスアイレスはcentro gariciaのでした。お値段もCasa Catalunyaほどでは無いのでお試しあれ。

Re: どれもこれも

★ゆきゑ さん
美味しそうでしょ!味もだったんですが、8人で連れ立って、仲良しの友だちとの
夕食だったので、美味しさ倍増しました!隣の保安官と、これ、2人で食べるのと
こんだけ大勢でお酒飲みながら食べるのとでは、美味しさが全然違うだろうね~!と話しました。

クリスマスに作ったんですね~!アルゼンチンでもレチョンていってクリスマスに食べます。
超美味しいですよね。あのレチョンの感じよりも、コチニーショは更に生まれたての子豚だったような。
個人的にはレチョンの方がお肉感が増して好きかも?黒くなっても中身はオイシソウだし。

ゆきゑさんが作ったと聞いて、私も今年はクリスマスに作ってみようかな!と思いました。

Re: ウチでも

★みほさん
イマイチというほどでもなかったです。少なくとも、他のお店でよくある感じの、ORO的なお米ではなかったことは確かです!それだけでも合格ラインかと思います。あとおこげがあったのがよかった。微妙な感想になったのは、ブエノスいち!と聞いていたので期待がでかかったせいもあると思いますが…

centro gariciaとギアオレオで調べてみたところなくて、代わりにCasa de Galicia

http://www.guiaoleo.com.ar/restaurantes/Casa-de-Galicia-12498

が出てきたのですが、これのことでしょうか?それなら、さっそく今度行ってみます!スペイン料理大好きなので!情報ありがとうございました~!!
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
195位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。