CHOCO★BLOGG アルゼンチンの生理用品について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチンの生理用品について

今日は男の人が読んでもハテ?って話なので、もし男性が読んでいたら、スルーしてください。もちろん読んでもらっても全然いいですが意味がわからないかと。まー意味がわからないだろうながら、昨夜私はこの件について、かまわず保安官相手に語っていましたが(笑)。

だってね、昨日、大きなショッピングセンターに偶然行って、その中にあった巨大スーパー内で生理用品を買いにいったら、びっくりしたんですよ!売り場に宣伝のお姉ちゃんが立ってて、各種生理用ナプキンを、標本みたいにしたものを見せられたの!日本じゃよくあるけど、アルゼンチンでそんなの経験したの初めて。っていうかあんまり巨大スーパーにこれまで行くことがなかったので、いつもあるのかもしれないけど。

お姉ちゃんは、1ページに1枚、自社のナプキンを広げて張ってあるカタログみたいのを見せてきて。これがなんじゃらで、これがうんじゃらで、って説明してくれるんだけど、別にどれも同じように見えるわけ…で、「…。」って感じだった私を商品陳列棚に導いて、これよ!と見せてきた。

とりあえず、ふつうのナプキン。薄型で、自然なコットンタイプ。薄型で、サラサラ、だけどプラスチックタイプ。があったので、じゃー薄型のコットンタイプにするね、ってすすめられるままかってみた。

042_20120813111717.jpg

Nosotras(わたしたち)っていうすんごいダサい名前で、パッケージもステキからはかなり程遠いいけてない感じにひかれて。

ガンガンプロモーションしてたし、Nueva(新製品)って書いてあるから、最近出た新しいものなんだろうか?いつも適当なのを選んで買うだけで、気にしたことなかったのでわからない。けど、いつまでもNuevo!って書いて売っている商品、アルゼンチンにはたくさんあるので新しくもないのかも。でもさーこれ、かなり期待しないでパッケージ開けたら、なんか小さいお花がちょろちょろっと書いてあるカワイイ内袋にはいってる。そして中身をあけてみたら…

アルゼンチンで買える生理用品のくせに、ご丁寧に、「こちら側が前、こちら側が後ろ」ってシール部分に書いてあって、ちゃんと吸水帯のところが違う設計になってた!細かい!すごい!日本とかだったら当たり前なんだけど、感動した。そして、テープもはがしやすくなっていて、肌に当たった感じも、さらっとして自然で、コットンな感じでいい。いつもと違う。アルゼンチンでもついに、こんな生理用品が買える日が来たか~と嬉しくなった。

とはいってもさ。日本人の人で、「生理用品は日本のものに限る!」って言っている人よく聞くけれど、別に今はそんなことないと思う。一昔前まではそうだったかもしれない。でも、イギリスのだって、アルゼンチンのだって今はみんなふつうにいい。日本のだって、一昔前まではそれこそ、羽根つきとかなかったし、つけてるうちに真ん中の部分が壊れたりしたもんだ。この間、日本に帰ったとき、「そうは言っても、日本の生理用品使ったら、やっぱり違う!と感動すると思うよ」って友だちに言われたけど、別にそんなことなかった。アルゼンチンのとそんなに変わらない。違うのは、テープが一度で羽の部分までいっぺんにはがれるのが便利なことくらい?

結構この分野(?)はデリケートで、これから来る人に、「そちらの生理用品はどんな感じですか」と質問されることも多いけど、アルゼンチンの全然使えますよといいたい。海外生活で一番大事なのは、何に対しても期待をしないことだ。期待しなければすべてが素晴らしく感じる。今回使ってみたNosotrasってやつは、さらに良くなってたので、今度また買おう~って感じだしね。でもこのブランドはもともと、コロンビアの会社が出してるやつみたい。

それでなんか気になって、スーパーで色々な種類を買ってきた。

035_20120813111718.jpg

見てみたら、こういうのってだいたい大会社が出してるものなんだね。Day'sは、アメリカのKimberly-Clarkからでてるやつ。私は、いつもあんまり気にせず、特売になってるやつとかを使うんだけど、写真だと一番上のDay'sっていうメーカーのがなんだかだで多い。Siempre Libreっていうやつも命名がいかにも生理用品て感じでセンスないよねぇって保安官と話してたけど、Johnson & Johnsonのやつなんだね。これは、羽部分のシールがとりづらく、前と後ろでシェイプが違うのでなんかあまり好きではない。しかも間違えて嫌いな香りつきのを買ってしまった…。実はSiempre Libreも、昨日いった巨大スーパーでプロモーションしてて、お姉さんに試供品をひとつもらったので、それでついつい買ってしまったんだけど。

写真にはないけど、Alwaysっていうブランドもあるけど、それもP&Gから出てるやつ。世界は、いくつかの巨大な会社に独占されているんだなぁとこういうのを見ると、つくづく思う。Alwaysはイギリスにもあって、イギリスにいたときは愛用していたけれど、アルゼンチンでは他と比べると高いのであまり使わない。Lady Softっていうのは、はじめて買ってみた。これはアルゼンチンの会社かな?せっかく、機会だから色々試してみようと思って。他にも何社かあるよ。

まぁ結論から言うと(散々うんちくたれて、全然結論からになってない)、アルゼンチンの生理用品は全然使えますよといいたかった。日本の生理用品しか使えない、日本からスーツケース生理用品だらけで海外に出る、とかそういうのはもう昔話なんじゃないかな。昔そういう話よく聞いたけども。アジアの国々とかだとまだ辛いところもあるのかしら。知らないけど。写真にある生理用品は、南米諸国でだいたい同じものが買えるから、どこいっても大丈夫だと思う。ちゃんと、夜用、多い日用、などもあるしね。

ただ、タンポンは、日本とかイギリスみたいにご丁寧にアプリケーターに入ったものは売っていない。慣れればアプリケーターに入っているものじゃなくても簡単につけられるけれど、それがいやな人は、タンポンだけは日本から持ってきたほうがいいかもしれない。タンポンは感染症みたいなのにかかりやすい、と聞いてから、私は夏にどうしてもプールに入らねばならないときくらいにしかつけませんが、アプリケーターうんぬんがいやでなければ、こちらもアルゼンチンの製品は問題なく普通にいいですよ。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

nosotras!!

こんにちは。はじめてコメントします。
(ブログは以前から拝見してました)。

私がコロンビアで使ってたナプキンが、nosotras でした。コロンビアにもいろんなメーカーのがあるんですが、これが一番メジャーな商品らしい。ナプキンが急に切れたらそばの雑貨屋さんに駆け込んで、「すみません、nosotrasください」って言うんです。生理用ナプキンくださいって言わなくてすむのがイイ。パッケージも外はショッキングピンクで中は黄緑色でナプキンぽくないんですよね。

No Title

「日本の生理用品じゃないとダメ!」はもう昔話、に1票。イギリスので充分間に合ってます。Alwaysが特売になってる時には買いだめ必至。

No Title

うんうん。たまに(そして今も)見聞きしますよね、日本の生理用品は感動もの!的な話。そう思わされる程の生理用品にどこの国で出会ったのか、そちらの方がすごく気になるっ!それにしてもとんちゃんは研究熱心ですね。ふふ

No Title

アルゼンチンのナプキンとはご縁がなかったけど私が過去最高だと思ったのはイタリアで購入した多い日用ナプキンでした。ナプキンは各国共とても良くなって来ているようですね、以前は日本が最高!というのが定説でしたね。ナプキンはさておき私の住んでいる某国では生理用のパンツというのが売っていないのです。(英国でも昔は売ってなかった)こちらの女性は生理中でも普通のパンツをはいてるみたいなかんじ。それが信じられませんでした。もちろんタンポンもアプリケーターなしです。でもタンポンはやっぱり避けたいですね。学生のとき病院でナースエイドのバイトをしたのですが、タンポン抜けなくなった人が運ばれて来たことがあって、2日間位病棟中臭いがすごかった。(変な話してごめんなさい!)でも感染したら命にも関わるって言いますしね。アルゼンチンは生理用パンツってありますか?

Re: nosotras!!

★dia feliz さん
こんにちは。はじめまして!コメントありがとうございます!

コロンビアで実際使っていた方から、お話を聞けるなんて嬉しいです!ブログやっているとこういうことがあるので、楽しいんです~。なるほど、これが一番メジャーなんですね。納得です。とても良かったので次からまた買おうと思っています。そして、そばの雑貨屋さんに駆け込んで、nosotrasください、って辺りもアルゼンチンでもそういう状況があります。Day'sください、って感じかな、ここだと。

そうそう、中身にも色がついていて、なんかかわいいですよね!前から見ていただいていたということで、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

Re: No Title

★ねぎ
ほんとにねー。私がイギリスに飛んだ12年前ですでに昔話だったような覚えがあるんだが、この神話は未だにあるよね、何故か。私もそっちにいるときは、Alwaysばっかりだったよー。そして特売で買いだめも全く一緒(笑)。ブーツで、ポイントためつつ、濃い緑の大きなパッケージのやつを(笑)。

Re: No Title

★脱☆鍵コメ さん
やっぱり、未だに聞きますよね。そしてそういう人に限って、バスルームなど、シャンプーから何から何まで、日本製品を使ってらっしゃったりする!!徹底度に驚く。

確かに!そう思わされるほどの生理用品にどこの国で出会ったのか、かなり気になる!!そういうものはさらしものにしてネタにしてみたい!!さて、ネットで検索とかしてみてまた研究してみます。。。笑 昔、自由研究とか好きなタイプでした。はは。

Re: No Title

★リリーさん
イタリアのもいいのですね!ほんと、どこの国に行っても、何の問題もないように思います。というか、昔から別に普通だったような気はするのですが、こういう定説があるということは、20年30年前はひどかったのでしょう…(そのくらい昔だと、日本のもダメだったはずですが笑)

生理用パンツって確かに海外では見かけないですよね!ブエノスでも見たことないです。探せばあるのだとは思いますが。それだけは私もさすがに、日本に行ったときに適当に購入します。アルゼンチンもだと思いますが、ヨーロッパとかでは特に、ピルを飲んでる女性がとても多いので、生理が軽いからパンツとかいらないんじゃないかな…と思ったりしてました。私も普通のパンツで済ませちゃうことも多いです。イギリスでは今は売っているんですか?

ぎゃーそのタンポンぬけなくなっちゃった話すごいですね。2日間も匂いがすごかったなんて…しかしぬけなくなったものがタンポンくらいで恥ずかしくなくてその女性は良かったですね、とか思ってしまいました。。。ははは。

No Title

とんちゃん、アルゼンチンもやっぱりパンツなかったのですね。でもとんちゃんのピル服用のため生理が軽い説って当たっているのかもしれないですね。生理中だろうが冬だろうが私の住んでいる所ではとにかく皆さん小さめのパンツを履いていますよ、妊婦さんでさえお腹が冷えないのかしら。。と思うような。子供の頃から親に女の子はお腹冷やしちゃ駄目と毛糸のパンツを下着の上に履かされていた私にとってホントに驚きでした。英国は今はどうなんでしょうねー、でもおそらくパンツは売っていないのかもしれないですね。そうそう、抜けなくなったのが糸の切れたタンポンで良かった。。とポジティブに考えるといいかも。野菜とかワイングラス(愕)なんていう話も聞いたことがあるけど、都市伝説かな〜。それでもその(例のタンポンの)女性はあの悪臭をまき散らして十分恥ずかしかったと思うけど^^; 

Re: No Title

★リリーさん
生理用パンツないですねー。どこかあるところには多分あるのだとは思いますが、普通にはみかけないです。そうそう、アルゼンチンの女性も、本当に小さいパンツばっかりはいてますよ!!私は保安官に、なんでそんなデカイパンツはいてるんだって怒られるくらいです(笑)。それでもお腹冷えるのがいやだし、落ち着くので、マイポリシー(?)でざっくりデカイパンツはいて生きています。本当妊婦さんとかもね!すごいですよね!リリーさんと同感です。

ぎゃーーワイングラスなんていうのもあるんですね。。。怖 あるのかもしれないですね。聞く話では外国人の女性(大雑把ですが…)はすごいそうですもんね。男性とつながったまま、病院に運ばれるという話も聞いたことありますが…それが結局一番恥ずかしいような…変な話になってしまい失礼しました(笑
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。