CHOCO★BLOGG 農業な一日 その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業な一日 その2

メルカドセントラルに行った後、重い荷物を置いて出かけたのは、家畜市。別に、狙ったわけじゃないんですが、日にちの関係で、なにやらすっかり農業な一日に。

La Exposición Rural 2012- La Exposición de Ganadería, Agricultura e Industria Internacional

(今年は今月31日まで。…って明日かい!)

ラ・ルラルっていう名前の農業家畜市が、ラ・ルラルという会場であったのですが…同じ名前でややこしいな?同行したお義母さんによれば、この会場自体が、この家畜市をやっている団体(農業牧畜業組合みたいなもの)の所有物なんだそうです。なるほどー!そういうことだったのかー!!

(この会場、東京で言うと、ビッグサイトとか、幕張メッセのような役割をするもの?色んな催し物がいつも開かれているところ。私は実は、はじめて中に入りました。いつもアレ行きたい、コレ行きたい、と思っているうちに催し物終るタイプなので…)

この家畜市も、毎年あるんだけど、行きたいー!よしゃー!と思ってるうちに、あれっ、もう終ってた…の繰り返しだった。もうそういうぐうたらのんびりすぎる性格、っつか人生はやめようよ自分、と思って、今年こそ行動に移した次第(笑)。

家畜市って、なんのこっちゃ、というわけですが。簡単に言うと、カンポ(巨大農業、牧畜業)をやっている人たちに向けた展示会。なので、そういうところに向けた車や、機械類、牛や、羊などの家畜、それらの産業から生み出された食品や、織物などが展示してあり、実際に購入できるようになっています。もちろん一般人(私とか)にも楽しめるようになっています。

カンポについて興味のある方は、前に全6回でブログに書いたことがあるのでどうぞ。

カンポの夏休み その1 ~働く生き物たち~

025_20120730120133.jpg

こんなデッカイ、農業に使う機械類の展示もあったよ!

その他、田舎道を突っ走れる4WD的な車中心に、トヨタ、フォルクスワーゲン、フォードなどなどの会社が車を展示してました。会場内の一角を使って、試乗できるようにもなっていた!こちらに写真がのっています。

031_20120730120132.jpg

やっぱり、食品販売コーナーがイチバンの賑わい。みんな食べるものには目がないねー(アンタがね)。わたしは、グリーンのオリーブの大~きな瓶詰めを買ったよ。

外には、サラミや、生ハム、チーズなどのお店も出ていました。こちらもまたすごい人だかり。チョリソや手作りワイン、チーズなどがパックになったお買い得セットを保安ママがゲットして後ほど美味しくいただきました。

034_20120730120131.jpg

ガウチョ(アルゼンチン風カウボーイ的なもの)グッズのお店がたくさん。とにかく、アルゼンチンらしさが凝縮されているな~と感じる展示会で、誰か、家族とか、友達がアルゼンチンを訪ねて来てくれた時にやっていたら、こういうところにつれてきてあげられたらいいなぁと思いました。

056_20120730120130.jpg

外では、ガウチョのお馬さんさばきショーみたいのがやってた。人だかりでよく見えなかったけど、カッコいいなあ。

そして会場内には、ドナドナ売られていく家畜さんたちと、非売品の、賞をとったオラっちとこの自慢用の家畜さんなどの展示が。牛がとにかくたくさん。あとは、馬、羊、鶏、珍しいところでは、チンチラが!!「えっ!!っていうことは食べるの!?」とは一緒に行った友達。あっ、そうか、そういうことか!!

猫のチンチラじゃなくて、あのねずみのでっかいのみたいなカワイイ小動物ね。あんなにかわいいもの食べるってどういうことなのー!!家畜市だし、そうなんだよねー!!涙

って保安に聞いたら(グーグルイメージ検索で、チンチラの写真見せながら「この動物なんていう!?」って)、

「チンチシャ!!」

だって。あそっか、llaだからラじゃなくてシャになるのねここだと。。。

「食べるのー!?」

って聞いたら、

「チンチラとチンチシャは違う!!チンチシャは皮が高く売れるんだ!!」

って。で、Chinchillaで検索したらやっぱりチンチラの写真でてきた。。。わからんもう脳みそ停止した。。。かわいそうすぎる。。。(とかいいながら牛や豚さんは美味しくいただいているありがちな人)

041_20120730120130.jpg

はい、その牛さんたちは、毎日のモデル業で、みなさんぐったりお疲れでした。

062_20120730120129.jpg

牛とひとくちにいっても、でっかーいタマタマがぶらぶら~~んとさがった、体も巨大で筋肉質な、トロさんたち。マグロの美味しいところじゃなくて、高価なオスの種牛さまさまたち。

069_20120730123322.jpg

コブのある白い変わった牛さんもいました。アルゼンチン北部に多くいるらしい。コブは水と脂肪で、長いこと水を飲まなくても大丈夫なんだって。ラクダ牛?

064_20120730123508.jpg

そして、おなじみの美味しいこの方たちも、ちゃんといましたよ!さぁ、何でしょう!?

066_20120730123508.jpg

そうです、日本が誇る、その名も「WAGYU」でございます!!

スコットランドなんちゃらという羊もいたし、色んな種類がいました。てか、この展示会、19日からはじまってて31日まで続くんですが、その間彼らは、みなこの小さな檻の中で人の目に晒されるのでしょうか?なんかかわいそう、動物虐待。。。動物のみなさんも、お仕事本当にお疲れ様です。。。

家畜の展示されている会場内は、むっと鼻をつくアンモニアの刺激臭が立ちこめていました。目がしみそうなくらい…やはりここに10日間閉じ込められているということか…



アルゼンチンは、農業大国です。カンポあっての、カンポに支えられている国だと思います。しかし、この国にはその昔、相続税がなかったということで(今はあるそうです)、カンポをやっている人たちは、広大な土地を代々増やしていくことができたわけで、お金持ちになるチャンスが大きかった(反面、自然相手の商売だから、失敗して大銭失うチャンスもでかいわけですが)。実際、ラ・ルラルの会場内では、プラダのバッグ持ってウロウロしているアルゼンチンのオバさんなんてはじめて見ました!っていうような富裕層が多くみられた。

ブエノスアイレス市内で、昼間っから公園で子供とのんびりしているような、「人のこと言えないけど、アンタ仕事何?」っていう若めなお父さんとかも、きっと、ブエノス市内からさほど遠くない豊潤な土地にある、立派な、オートメーション化されたカンポのオーナーなんだろうなぁと思ってしまいますが。

今の政府は、カンポにとても厳しい政府なんだそう。要するに嫌われている。何故かと言うと、お金が儲かるから。経済が常にめちゃくちゃな国内に売ると、お金にならないから、良い農業、牧畜製品はどんどん輸出、輸出、に回される。たぶんそういうところがクリスティーナ政権は気に食わないのでしょう、カンポに対しての税金のかけ方や、決め事などがかなり厳しいとよく聞きます。しかし、カンポなくしてアルゼンチンは成り立たない。たくさんの農業と家畜さんたちがあってのアルゼンチン。どうして、抑圧せずに、うまく他とバランスをとる方向性へ持っていかないのか、わたしにとっては大きな疑問です。

以上は、わたしが勝手に思っている自分なりの観点なので、本当は違うのかもしれません。さらにカンポがよくなって、正しく国に還元でき、アルゼンチンがもっともっと素敵で住みやすい国になっていけばいいのになぁと思います。そして全体として栄え、治安も経済もよくなっていけばいいのにな。そのポテンシャルが多いにある国なのに、政治がうまく回らずに悪い方向へ流れてしまう繰り返しが続いているのが、なんとももったいないのです。

都会を通り過ぎたらなんにもない、カンポと、カンポがないところはあとは大自然しかない、のがアルゼンチンのいいところのひとつだと思います。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
231位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。