CHOCO★BLOGG マッシュルームのスパゲティ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッシュルームのスパゲティ

先日ゲットしたマッシュルームで、帰宅後さっそく、私の中では、懐かしのメニューを作った!このためにたくさんマッシュルーム買ったのさ!

パスタ プロの隠し技―どうして、こんなに味が違うのか?

という本にレシピが載っている、「マッシュルームのスパゲティーニ」。マッシュルームを細かく刻むか、つぶすかして作る、オイルベースの、要はマッシュルームペスト、のようなパスタなのですが。マッシュルームを刻んでソースに、なんて私的には、目からうろこのレシピだったので、これを知って以来、自分の中でも改良を重ね、定番のメニューでした。

でした、と、過去形なのは、イギリスでは、マッシュルームが安くておいしかった。でも、ブエノスだと、とにかく高くて、ソースになんてもったいなくて、まだこの国に来てから1度もやったことがなかったのです。マーケットでは、大きくて新鮮なマッシュルームが1キロ40ペソ(= 687円)で売っていたんだけど、スーパーでパックに入っているやつは、その2倍以上、1キロ90ペソ(=1547円)近くする。

それにくわえて、色々な思い出が詰まりすぎていたメニューだったので、しばらく封印していたというのも実はね。

本に載っていたレシピだから、そのまま載せるのはコピーライトのなんじゃらでアレかもしれんので、あまりに美味しいのと、誰も知らないのとで、なんとなく。

にんにくと、唐辛子のみじん切りをオリーブオイルで香りを引き出し、そこへ細かく刻んだマッシュルームをたっぷりと、オレガノを入れてよくいためる。水気を完全に飛ばした後、白ワインをなみなみと入れて、再び水分が無くなるまでいため続ける。そこへ、ゆであがったスパゲティをいれ、茹で汁をくわえてよく混ぜ合わせる。

レシピにはない私の改良ポイント3つ

①スコットランドにいたときは、ここへ、最後にクレームフレッシュを追加。クレームフレッシュとは、サワークリームほどは酸味のない、さわやかなクリームで、それがピッタリだったのですが、ブエノスでは今だに見たことないので、ゆるいクリームチーズの一種、Mendicrimを使ってみた。

↓ 更に改良予定(次回)
Mendicrim使ってしまったあと思い出したのだが、間違えた!casancremちょっとクレームフレッシュ気味!とそういえば前思ってたんだ!普段この辺のqueso cremaの類使わないので忘れてた。。。

(メンディクリムも、カサンクレムも、ブエノスで普通にどこでも買えるゆるめなクリームチーズ的なもの)

②レシピには、パルメザンチーズもソースに混ぜるとあるのですが、入れるとパスタとからまって固まってしまっていやなので私はいれず、出来上がりに上からたっぷりとかけます。それからパセリも。

③オレガノを最初に一緒にいためると、香りが飛びがちなので(でもマッシュルームに味もしみるので、最初にも入れたい)、できあがりに少々追加する。

それから、本にも書いてあるけど、塩味は、パスタにつける。すなわち、ゆでるお湯に味をつける。本によれば、沸騰したお湯の1%にあたる塩を入れるそうだ。

054_20120723090127.jpg

ちょっと麺がゆだりすぎちゃった。でも、3年ぶり?いやそれ以上だな。前は1週間に1度は食べていた、すごく久しぶりの懐かしい味。ブエノスでも、いつも美味しいマッシュルームが安くで買えれば作るのになー。

013_20120723095726.jpg

残ったマッシュルームで、昨日のマーケットで食べた、マッシュルームご飯 ↑ を再現する予定。出汁を何でとってあるのか、いまいちわからなかったんだけど、普通のスープキューブなわけないよな…オーガニック+ヘルシーの人たちでしょ?キューブ入ってたら怒るよ?笑 どのみち、やっぱり、肉類は入っていないのかしら…

私は入れます、ということで、手羽先で出汁をとって、それでお米ゆでるつもり。材料は、玄米と、玉ねぎ。マッシュルームと共にいためて、パセリをパラり。玄米のこういったピラフってよく見るけど、本当美味しいんだよね。でも、うちで作ったほうが美味しいと思うんだよ、うん。

どんだけマッシュルーム好きなんだろうっていう人のブログになってるけど…

また、マッシュルームだけ買いにこのマーケット行きたいわ(笑


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : パスタ・ピッツア
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No Title

★鍵コメさん
いえいえ、鍵コメでも全然かまいません、コメントとっても嬉しいです!!

しかも、家で作ってくださっているなんてますますです。どの料理サイトよりも作ってみたいと思っていただけるなんて、最高の褒め言葉です。時々、ツクレポしていただける人あるのですが、まさか作ってもらえると思って書いていないので、「ひょっとして少しでも人の役にたてたかも…ぱああああe-267」みたいなちびまるこ的気持ちになれてとてもいいものです。

マッシュルームはこうなりまして、お魚シリーズに関しましては、基本的に自分の好きなことを、自分の好きなように書いているブログですので(ブログってそういうもんですよね?私の中では少なくとも)こうして、それぞれのアンテナで引き寄せられてきていただく方が集まってきていただくのは、嬉しい限りです。ありがとうございます。やっているかいがあるというものです。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
7位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。