CHOCO★BLOGG オーガニックのマーケットに行ってきたよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガニックのマーケットに行ってきたよ

今日は、サンテルモでやっていたオーガニックのマーケットに行ってきました。

Buenos Aires Market

004_20120723083654.jpg

今年になってからはじまったのかな?4月と6月にもあったみたいで、今回で3回目だとか。サンテルモの端っこの方、Caseros通りに露天がずらりと。ここのカセロスという通り、周りは結構、治安もいい話聞かないし、物騒な感じのところが多いんですが、突然ここの道だけ、おされなカフェが立ち並び、建物もヨーロッパ調なことになっているので、300メートルくらいお散歩するのに最適です。

(前住んでいた街に似ていてすごく懐かしく、何か心温まる。みんな元気かな?)

このマーケットPlaneta Joyっていうのが主催してるっぽいですね。ここのウェブサイト何かとひっかかるのでよく見かけます。

005_20120723083653.jpg

1時間ごとに、お料理教室とか、お話もありました。今日は、「豆腐についてのすべて」とか、「冬のビーガン食へのアドバイス」、「簡単においしくオーガニック食を作るには?」などのテーマでお話があったみたい。この写真の人は、マフィンの作り方を教えてた。

ブエノスでは、オーガニック野菜とか、まだまだ浸透してない気がしますが、私が来たばかりの数年前よりはだいぶましになった感じ。やたらフランス人をお見かけする率が高く、客層に外人の姿が(サンテルモという土地柄もあると思いますが)多かったとはいえ、

010_20120723083653.jpg

あらまぁ、すごい人手。

021_20120723083652.jpg

人、人、人。で、なんも見えませんでしたとさ。

でも、どうして、オーガニック、とか、ナチュラルフード、ってなると、やたら見た目も人の感じもヒッピー化してしまうのでしょうか。そして、何故、オーガニック、とか、ナチュラルフード、ってなると、ベジタリアンや、ビーガンになってしまいがちなの?ブエノスの人たちは、どこかで勘違いしちゃっている気がする。

さすがに、発祥の地でありベジタリアン大国である、英国に9年も暮らしていたので、私もベジタリアンもどきだったこともあるし、オーガニックフードにも興味はあるけれど、こういった「勘違い」や「行き過ぎ」を見たりしつつ、自分の経験や見聞きしたことを消化したあとに根付いた考え方は、オーガニックやヘルシーフードはまぁいいんだけど、あんまり決め事を作ったり、語りすぎて哲学にしても食べ物だから楽しくないんじゃないの?っていうの。

ヒッピーでビーガンの人で、すごいのは、「農薬かかった野菜食べていると、おしっこで環境汚染する」とか行き過ぎて、もはや頭おかしくなる寸前の人もいるし。そんなにオーガニックが好きなら、一番いいのは、自分で野菜も肉も作ることだと思う。そういう考え方のオーガニックなら大好き。そしてそうしている人は尊敬する。私も、できればそうしたい。家族を持ったら、少なくとも多少は野菜を作れる環境に住みたい。うちの両親みたく。単純に楽しいし、そういった環境をバックグラウンドに育ったことが、今の自分にいい影響を与えてくれているから。

オーガニックとか、ナチュラルフードってファッションじゃないんだからさ。

食べものも、あまりこだわりすぎると、楽しくないし、もちろん、健康で新鮮でオーガニックなものに越したことはないにしても、美味しく幸せに食べるのが、心の健康にも一番かと。

それから、オーガニックとかヘルシーってのがテーマになると、急に肉類がなくなっちゃうのも納得いかない。肉だって、鶏だって、オーガニックに作れるのにさ。実際、このマーケットでも、肉類を売っている店は数えるばかりでした。

できあいのものよりも、新鮮な野菜や、卵などが気になりました。あんまり売っていなかったけど。そういうのが手に入る、ファーマーズマーケットみたいのはないかなー。オーガニックのマーケット、というと、El Galpónというのもありますけどね。 

そんなこんなで、多少、集まったオーディエンスとか出てる店とか、納得いかねーなーという感じではありましたが。まぁ、趣旨がそういったことなんで仕方ありませんな。

人の波をかきわけて、それでもなんとか、マッシュルームをゲットしました。それから、オーガニックの卵1ダース。こういうところへ行っても、ついつい出来上がったものよりも、生鮮食品ばかりに目が向いてしまう。客よりも、スタンドの中の人がやりたい私なのでした。

048_20120723090543.jpg

こんなに美味しそうなマッシュルームが、1キロ40ペソっていうびっくりの安値!迷わず500グラムゲット。背の高いフランス人のお兄ちゃんが売ってくれた。持ち帰り時に袋をぶらぶらさせすぎて、外側が弱っていますが、新鮮。生でかじってみたら、明らかに普通のマッシュルームよりおいしかった!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No Title

★鍵コメさん
はじめまして。涙ちょちょぎれ嬉しいコメントありがとうございます!

どうやら、各方面でテイストのかぶる人間同士みたいですね。「ブログを何のためにやっているの?」と聞かれると、「横のつながりが広がったら嬉しいなと思うから」=類友が引き寄せられてもっと友達ができたら楽しいな~!、「ブログを誰のために書いているの?」と聞かれると、「毎日、楽しみに読んでくれているオトンに近況報告代わりになったら」と答えているワタクシです。好きなブログもそっくりで、とても嬉しいです。

ありがとうございます、これからもよろしくお願いします。 ^ ^
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。