CHOCO★BLOGG 使ってみようシリーズ:レモラッチャ(remolacha)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使ってみようシリーズ:レモラッチャ(remolacha)

一つ一つのお魚に着目して買い物したり、調べたり、料理するのがあまりにも楽しいので、普段使わない野菜などの、他の食材も色々試してみることにしました。常日頃、

「スーパーとかで買う食材ってなんだかだで固定されちゃってるなぁ…作る面からも、食べる面からも、もっと料理の幅を広げたいなぁ…」

と思っていたことを思い出し、思っているだけじゃなくて実行しなくちゃ、と思った次第です。

…要は暇なんですかね。何かに熱中してないと退屈なのです。

というわけでまずはレモラッチャ!(remolacha)

171.jpg

はい、ビーツのことです。赤カブ。ロシアのボルシチで有名なやつです。

176.jpg

お店で食べたことはありますが、買って来てうちで料理して食べるのは初めてなので、新しいものに目がないセサミもんの恒例、激しい新入りチェック。

ブエノスでは、よくサラダにして食べられます。レストランなどで、サラダの野菜を選ぶときに、だいたい選択肢にあります。

サラダといってもゆでるのです。

グーグル先生に質問したところ、スペイン語(またはアルゼンチン語)で書いてあるものは、「丸ごと1時間ほどゆでる」と書いてあるのが多かったのに対し、日本語のものだと、「丸ごと30分ほどゆでる」というものが多く、時間に若干差が。イタリアからの移民が多い割には、アルデンテという言葉を忘れがちなアルゼンチン人に対し、アルデンテはパスタが輸入される以前にすでに存在したレベルのグルメな日本人との違いを感じるのでした。

さて、家には、猫らしくない猫のほかに、日本人度が薄まりがちな日本人と、日本人度が増えがちなアルゼンチン人がいますので、間をとって、お酢を少々入れ、40分ほどゆでてみることに。ビタミンCが多いそうですが、加熱してもなくならないのかしら?

010_20120721010414.jpg

ありゃりゃ真っ赤。内部が白いお鍋を使ってしまったが何か間違えている気が。。。汗

丸ごとゆでるのは、切ってゆでると、血が流れ出し(?)赤い色素がぬけてしまうからなんだそうです。でも、丸ごとでもこの色。切ってゆでたらどうなっちゃうんだろ…

さてゆであがったものを、本来なら、そのまま茹で汁の中にほっておき、手で触れるくらいまで、冷めてから皮をむくのですが、時間がなかったので、流水で冷やしながら皮をむいた。ゆであがったレモラッチャは、手でニュルン!ニュルン!と簡単に皮がむけて楽しかったです。

ブエノスのレストランでレモラッチャのサラダを頼むと、ゆでて冷やしたものが角切りにしてあって、それに勝手にオリーブオイルと酢をかけて食え!パターンが多いですが、それだけではつまらないので、2分くらい考えました。

保安官は、甘い野菜(または、加熱することによって甘みが増えたり、出てくる野菜)があまり好みではないのですが、このレモラッチャはまさにそれに相当する野菜。そのため、彼の好きな、生のニンジン(いつも、生のニンジンをまな板の上で切っていると、寄ってきます。ウサギ?)と一緒にサラダにすることに決めました。

018_20120721010414.jpg

まずはニンジンをおろし…

あっ!うっかり薬指までおろしてしまった。。。これ、時々やってしまうのです。↑ こういうおろし器でやっているので(物のせいにするのか!)

どうせレモラッチャが赤いので、指からの流血をサラダに入れても目立たないのですが、変な下味がついては困るので、バンドエイドをはって気を取り直し。続いてゆでたレモラッチャもザクザクとおろし

022_20120721010413.jpg

すると手が真っ赤に。洗ったらすぐに落ちたけどね。にんじんも、見事に赤く染まったね。

りんご酢、オリーブオイル、塩コショウをピャッピャッと振って味付け。何か足りない。ということで、戸棚に入っていたクルミをオーブンで軽くローストしたつもりが、少々こげてしまったものを、こげた皮の部分を取り除いて、手でぐしゃっぐしゃっと砕いて追加。

029_20120721010412.jpg

冷蔵庫に気持ち残っていた、イタリアンパセリのみじん切りを振ってできあがり。

はじめまして、私は根菜です

という主張のある、土臭いビーツの味。そしてゆでると、甘くなる。にんじんと、干しブドウのサラダ、ってよくあるじゃないですか(ないっけ?)干しブドウまでは甘くないけど、レモラッチャも甘い。にんじんと甘いものって合いますね。それと、うっかり目を離した隙に、焦げ気味になってしまったクルミが功を奏しました。香ばしい味が混ざって美味しい。

そして、レモラッチャはゆでてあるため、それなりにやわらかくなっているので、生のにんじんの歯ごたえが時々混じって、バランスよくなりました。

ナッツは、アーモンドでも、松の実でもカシューナッツでも、なんでもいいんじゃないかな。ただピーナッツは微妙な気がするけど。

最初は、「レモラッチャ?甘いよね…?」と言っていた保安官も気に入ってくれました。これから、うちの定番サラダに育って行きそうな予感がします。

036_20120721013207.jpg

この日はその他、煮込みハンバーグと、マッシュポテトにしました。あと、ビール飲んで、レモラッチャとにんじんのサラダが真ん中にあって…

038_20120721012709.jpg

なんか知らないけどメニュー的にドイツっぽい?東欧っぽい?感じがしました。

ところで、レモラッチャをゆでた後の真っ赤な茹で汁。栄養ありそうな見た目。みんなどうしてるんだろ?なんか捨てるのがはばかられ。。。

冷たくして飲んでしまいましたが、ダメなんでしょうか?

いかにもうちのオカンが冷蔵庫に常備してあって、「これビタミンたっぷりで体にいいのよ」と毎日飲んでいる、謎の手作り健康ドリンクにありそうな味がしました。

最後に。。。レモラッチャといえば!!

おしっこが臭くなるアスパラガス、ってのもありますが、レモラッチャはおしっこが赤くなるんだそうで、わくわく楽しみにしていました。確かに、しばらく、ピンク色の血尿を見ましたが…それよりも!!

うんにょが。。。

赤いんです。

さすがに赤いうんにょはめずらしい。。。

恐るべし、レモラッチャの赤色。

これが楽しかったので、また家で作り、食べたいと思います。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。