CHOCO★BLOGG お魚シリーズ:アンチョア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お魚シリーズ:アンチョア

お魚屋のお兄ちゃんと交流を深めつつあるとんちゃんです、こんにちは。魚卵大好きなのと、先日、菌玉姉さんのブログで、からすみの作り方を見てから、作りたくてたまらず、こないだは魚卵について質問してきたりしました。「ねー前他の店で働いてたよね?」と聞いてみたところ、逆に「キミの顔覚えてるよ。」といってもらえたので、これからは、この顔見たら魚卵!くらいの印象を押し出して、仲良くしてもらおうと思います。

さて今日はAnchoa(アンチョア)を料理しました。

024_20120720063410.jpg

ちょっと納得いかなそうな顔をしているが、いただきます。

アンチョア、今までにも何度か買って食べたことがありましたが、ずっと、塩漬けのアンチョビになるやつの育ったものだと思っていました。が、どうやら違うようで。お店では「Anchoa」と気軽な名前がついて売っていますが、本名は「Anchoa de Banco」という名前でおられるようです。

英語ではBlue fishと言うみたい。はっきり正しいかわからないのですが、日本にはいないらしい。でも日本名はあって、アミキリというのだとか。どれも全く同じかはわかりませんが、似ているものだと思います。

調べてみたところ、(たぶん)スポーツフィッシングの格好の相手になる魚であるようで、釣り上げている人の嬉しそうな写真や、話がたくさん出てきました。つっても楽しい、食べてもおいしいと評判のようで。オーストラリアでは、テイラーという名前だそうです。

見た目はアジとサバのハーフみたいな風貌なので、あーシメサバっぽくして食べたい!!と食欲が持ち上がりましたが、アジとかサバっぽいってことは、もしかしてあいついるかも…と、アニサキスの恐怖にガクブル結局やめました。

身がやわらかくておろしづらかったけど、なんとか3枚におろした。色もサバっぽい。シメサバ…もといシメアンチョアがダメならあれだ、塩焼き。

027_20120720063409.jpg

生の身をひとくちつまんでみたら、驚きの生臭さだったので、酒(またしてもアルゼンチンの安酒ginebra bolsを使用)とたっぷり目のアラ塩で作った液に30分~1時間ほどつけておきました。そのあと液は廃棄。

052_20120720063409.jpg

そして冷蔵庫で一夜干しに。要するにアンチョアの文化干し…っていうか冷蔵庫干し?

ちなみに、写真のステンレスの入れ物、日本に帰ったときオカンに頼んで100均で買って来てもらったやつなのですが、めっちゃ重宝してます。いろんなことに毎日使ってる。あと2セットくらいあったらなー。次いつか日本に行ったら買おう。

053_20120720063408.jpg

そして、アサドとかに使う網(身がはりつかないように、あらかじめオーブンで熱々にしておいて、ペーパータオルで薄く油を塗りました)の上に乗せ、高温のオーブンへ

058_20120720063407.jpg

焼けた。

064_20120720063407.jpg

…やばい、うますぎる。

味的にもサバとかに似ているけど、サバより脂分が少なく、もっとサッパリしている。でもやわらかくてジューシー。臭みは消えていました。サバの塩焼きも大好きだけど、サバより好きかも。友達は、ししゃもの味に似ているって言ってた。

保安官はサンタフェ市の人なので(サンタフェは川が多いため、でっかい川魚をよく食べます)、魚を食べるのには慣れていますが、魚のフライが嫌い。アルゼンチンの人は魚を見るとすぐフライにするので(笑)たぶん、フライばかり食わされて嫌いになってしまったのであろう。こういう料理法だったら大丈夫です。ただ、外人にありがちな「骨恐怖症」なので、切り身にするときに、骨をあらかたピンセットでとっておきました。

けど、アンチョアは、真ん中に骨が通っているだけで、小骨も全くなく食べやすかったため、半身きれいに食べてくれました。

この顔、そしてサイズ、塩焼きしか思い浮かばんのですが、他にも何か美味しい食べ方あるかしら。あとで1周して戻ってきたらまた研究しよう。

ところで、先日のヒラメの肝と、真子。キモイ?けど、

020_20120720065740.jpg

捨てたらイカン海の宝石

エンガワ部分と一緒に甘辛く煮付けて食べました。要するに、動物虐待していない天然のフォアグラだから、すんごいウマイ!!珍味!!酒がたくさん飲める!!保安くんは、謎の食べものを口にして悦に入っている東洋人を見て最初ビビッていましたが、

「いいから、だまされたと思って食べてみろ」

と指導してみたところ、しっかりだまされてくれました。何これウマイと箸がとまらず。

肝の煮付けを味わいながら、オトンに食べさせてあげたいなぁ…と思いました。なんか貧乏で魚が食べられないような言い回しですが、そうではなくて(笑)。うちのオトンはこういう、体に悪そうなものが好きなのです。そもそも、食べるだけでなく、さばいたり、内臓についてうんちくをたれたりする私の魚好き(小さい頃はあまり好きではなかったのだが)は、昔から鮮魚を丸ごと買って来ては、さばいて料理して振舞ってくれたオトンの影響です。

そして、この青魚風の味わいのアンチョアの一夜干しは、絶対好きな妹に食べさせて一緒に酒を飲みたい。ヤツは「皮が一番美味しい」と猫みたいなことを言って食べるだろう。そしてその横で、アラ汁を炊いているワタシを見て、山生まれのオカンは、

「臭い臭い」

と言って逃げていくだろうという絵が見えました。なはは。アンチョアと、前日のヒラメは同じ日に買ったので、アンチョアのアラも、ヒラメのアラと一緒に炊いてうしお汁にしたのです。

真子はあんまりおいしくなかった。小さすぎる。(文句か!)

けど、エンガワは炊くと、ポロポロして、ご飯にかけたら、ご飯とまらんやんけ!!

海の幸、ありがとうございました。アルゼンチンでお見かけする魚屋の魚、これからも端からチャレンジし、記録していきたいと思います。魚屋のおにいちゃんと仲良くしつつ。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 男の料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

ありがとう

リンクありがとうございます。
とんちゃんのプロ仕様の料理からすれば
わたしの作るもんはチンピラもいいとこですが、喜んでいただいとるかたがアルゼンチンにいらっしゃると知り
とてもうれしいです。
この魚、ブラジルではアンショバですが、わたしもアンチョビにするのんのでかいやつ、くらいの認識でしたが、
塩焼きにしてそんなに美味かったですか!
さっそく真似よう。
とんちゃんのお父様とうちの父、
共通点があります。うちの父は魚焼くと内蔵まできれいに食べよりました。
そして母の共通点も 笑

Re: ありがとう

★菌玉姉さん
こちらこそありがとうございます!!
毎日ブログに通うのを、本当にたのしみにしとります。
(本来なら、毎日…はたぶん迷惑だろうなので毎週、いえ、毎月?くらいだったらいいでしょうか?wビキニ居酒屋に通いたいところです)

私の作る料理は、プロ仕様じゃないですよ。あくまで遊びです。楽しくて嬉しいのが一番。私の中で、料理は科学(実験)であり、美術(作品)ですからww 実験もアートも楽しいことだし。そして自分のできる範囲で、できるだけよりよく作りたい!というのがとても楽しいです。

菌玉姉さんのブログの料理からは、楽しさ、面白さ、幸せ感がみしみしと…(じゃなくって、なんでしたっけ…しみじみと…じゃないしあれ…?)伝わってくるので大好きです。旦那さまの愛がこもっていてまた、すばらしい!! 

ブラジルはアンショバというのですね!!売っている魚が似ているので、それでもとても参考になります。でもあのマグロだけはこちらでは売っていないので、とてもうらやましいです。アジも今までみたことないです。

お父様とお母様の共通点、なんか嬉しいです!!!

No Title

とんちゃん、おひさしぶりです!
私もアンチョア、アンチョビのでっかいのだと思ってました(笑)ブルーフィッシュなんですね!ブルーフィッシュはニューヨークにいたときに魚屋さんに燻製が売ってて、鯖がないときにに食べてました!それが食べられるなんて感激!!鯖LOVEな私はウルグアイで新鮮な鯖ちゃんに出会えないのであきらめてたんですぅ。今日フェリアに行ってアンチョアさん買って、とんちゃんみたいに一夜干しに挑戦してみまーす!うれしい情報ありがとうございまーす!

No Title

とんちゃん、ブログにコメントありがとうございまーす!ムヒカ大統領の演説、夫と話してたところだったんです。本当すばらしいですね!風変わりな人ですが、うわべだけのきれいごとではなく人々がどうするべきかを真剣に考えている数少ない大統領の一人だと思います。大統領が車の助手席に窓をあけて乗っていたとき、(しかも渋滞でとまってるとき)ちょうど見かけたことがあって驚いて夫に確認したら、俺もあるし友達もたまにみるらしいよ!って答えが。(笑)警備がいなかったのでびっくりしました。窓開いてるし、、、。
フェリアにいったらアンチョア売ってたので、さっそく昨日から一夜干し中です♪でも干しがあまいので、二夜干しになりそうです。うちの猫コンコンがかなり鼻息荒く見つめてます。(笑)

Re: No Title

★ticonico さん
こちらでも、あちらでも、おひさしぶりです!
ちょくちょくブログに行ってて、どうしてるかなーと思ってましたが、元気そうでよかったです!!寒いですが、ちょくちょくブログ更新してくださいね!(お互い笑)

アンチョア、さっそくフェリアで買ってきましたか!!美味しかったので、太鼓判です。私も明日また、自分の中で魚デイなので、魚屋さんいこうと思っています。

あと、ムヒカ大統領。やはり話題になっていたのですね。私は、普段は全然知らなかったのですが、あの演説を見て、アルゼンチンとウルグアイは何かと似ていて、アルゼンチンの方が国土は相当大きいのに、どうしてこの2カ国の間にクオリティの差がこれだけあるのかと常々思っていましたが、ここにあったかと思わされました。

アンチョア報告またお待ちしてます!
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。