CHOCO★BLOGG Energizer Night Race 8K クロスカントリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Energizer Night Race 8K クロスカントリー

プンタ・デル・エステに滞在中、8Kランニングの大会があるという情報を耳にしました。

IMG_1852.jpg

これは!!ブエノスでも12月にあったけど、人気のレースのため、どうしようか迷っているうちにあっという間にいっぱいになってしまったEnergizerの8K!せっかくのチャンスなので、さっそくエントリーしました。エントリー受付は、大会近くなってからでした。マラソン人口が多くて、人気のあるレースはあっという間に受付終了してしまうブエノスとは勝手が違うようです。明らかに、夏の間にプンタにバケーションで来る人を狙っているのだと思われます。そしてまんまと釣られた一人が私。

このレース、一風変わっていて、夜暗くなってからのレース。そして…

IMG_1896.jpg

これがランナーズキットの内容なんだけど、洞窟探検でもできそうな、頭に巻く強力なライトがついてくるの。もちろん全員がつけるのが決まり。Tシャツもナイキのドライフィットのもので、豪華。

プンタ・デル・エステは、昼間の日差しは強くて暑いものの、一旦陽が落ちると、寒いくらい。ヨーロッパの夏みたいです。なので、夜のレースなら、私の苦手な暑さと湿気がなくて走りやすいだろう!と思ってわくわくしていたのですが。。。

IMG_2123.jpg

当日。

IMG_2118.jpg

タイムを計るためのチップをシューズにくくりつけて準備…

IMG_2128.jpg

そして陽が暮れて。盛り上げ役の人が出てきて、あれやこれや、とレースの注意点などを話したり。ウルグアイのどこそこから、アルゼンチンから、ブラジルから、イタリアから、と参加者が集まっています!と言っているとき、だまっちゃいられないはりきり保安ママがステージまで出て行って、「日本からも来てると言って!!」で、盛り上げ役さんに、「なんと日本からも参加者が!」と言ってもらいました。ははは(汗。さすがに日本人の参加者は他にはいませんでした。全部で1300だか1500だかの人がレースに参加した模様。

IMG_2132.jpg

ほら、こんな風に、探検家か鉱山労働者か、ってライトを頭につけてみんなが走るんだよ。面白いでしょ。

実は私、申し込んだ時点では、このレースが、クロスカントリーってことを知らなかった!知ってたら出なかったかもしれないので、考えようによっちゃ知らぬが仏で、よかったのですが。その後、保安ママが、「今度の8Kは、ビーチサイドが組み込まれたレースって新聞で読んだよ!」と教えてくれ、そして当日のステージでは、「砂浜を走るのはすごく体力を消耗するので、最初から飛ばさないように」「ごつごつした石の部分を走るときはかかとを痛めないように気をつけて」「海風があたるので、暑くても水を頭からかぶらないように」などなど注意事項だらけ!

普通の8キロのレースを想像していたので、焦る私。あとで聞いたら、一緒に参加したパラグアイ人の女性も、当日までしらなかったとか。アナウンスの人が、「砂浜って走るのすごくきついよ!みんな、ビーチでトレーニングしてきた?」とランナーたちにステージから声をかけたときも、「NOOOOOOOOOOOOOO!!!」とみんなの笑いの混じった歓声が。このレース自体が2年目のようで、去年から知ってる人以外は、クロスカントリーってこと自体、知らなかったと思われる…

てか、最初にもらったちらしにも、あとでエントリーしたあともらった説明書にも、ばっちり「Cross country nocturno」夜のクロスカントリー、って書いてあるっていうね。普通に読み飛ばしてたし。。。

まぁ、クロスカントリーって言っても、普通の道も走るっしょ!とりあえずめずらしい場所を走るし、頭に変なものつけてるし、大会を楽しもうっと!と気持ちを切り替えて、いや、ここまで来たからには引き下がれず(?)22時の時間通りにスタート!

ふたを開けてみれば、ほぼ全コースが、海辺。私の人生の中で、史上最強にキツイ8キロでした。最初の2キロは、史上最高に長く感じた2キロ。えーまだたったの2キロ!ふざけてる!!って思わず声に出したくらい。今までビーチなんぞ走ったこともない私にとっては、砂浜でのランは悪夢のようでした。特に、砂が乾いているところは、足をとられて、走るどころじゃない。でも歩いても、足が重すぎて思うように進まない。波の近くを走れば、砂が多少硬くなっていて、乾いたところよりは走りやすいのですが、まだ踏まれていない場所を選んで走らないと、前を行くランナーたちの足跡でまた走りづらい。打ち寄せる波に飲まれないよう、波をよけながら、できるだけいい道を選んで…という走り方が消耗する体力は、想像以上でした。

なんど途中でやめようと思ったか。たったの8キロなのにこんなに苦しいなんて。

でも、明かりのない海のそばでは、都会よりもずっとたくさん見える空の星があまりにもきれいで、それを見ながら走った。星の美しさに助けられました。そこを頭にライトをつけて走り行く人々の光景も、暗闇に蛍が飛んでいるような不思議な空間で、本当に夢みたいだった。悪い夢なのか、いい夢なのかわからないけど。どちらかといえば、走っても走っても進まないような、悪夢かしら?

折り返し地点の4キロをすぎると、キツイ砂浜ランにも多少慣れたせいもあってか、それとも、諦めるのを諦めたのか?ただひたすら走りました。ゴール付近には、建物が多く、ちょうどその明かりが目標にもなった。保安や保安ママ&彼のロドルフォも応援に来てくれてたし、苦しいけどやめるわけにはいかない!

最後の約600メートルほどだけが、普通の道。といっても、海が近いので、砂もまじっているし、砂利もあるんだけど、今まで走ってきた砂浜より断然まし。急にスピードがでて、かなりラストスパートできたので、どれだけ砂浜でのランが重かったかを体で理解して、びっくりしたほど。

あんなに苦しくて、やめたくて、辛くて、足が重かったのに、いざ、ゴールしてみたら、またやりたい!!楽しかった!!と思うのがランニングの不思議な魅力であり、面白いところ。走ってる間は、絶対もう2度とやらない!!誰だこんなコース選んだの出て来い!!って思ってたくらいだけど、終わってみれば、

「また来年この時期、プンタにいたら、でよ~っと!!」

と思っていました。辛かったから余計ゴールが嬉しかったのかも!!

IMG_2170.jpg

上手に撮れませんでしたが、最後は、豪華な花火で大会は終了。花火が上がっている間も、まだまだゴールのゲートを通る人がたくさんいました。結構な数の人が、砂の重みに負けて、歩いてたんじゃないかな。反面、トップを行く集団は、私が3キロをちょうどすぎたくらいでもう、折り返してきました。波も水も砂もおかまいなし。打ち寄せる波の中をじゃぶじゃぶと、普通の道を行くように軽快に走っていくプロなランナーたち。すごいわー!!

私は単なるお祭り(=大会出場)好きなへっぽこランナーですが、今年は10Kくらいのレースにできるだけ出て、もしも、10キロ余裕!と思えるようになったら、できれば初めてのハーフマラソンに挑戦したいと思ってます。ブエノスの夏は暑すぎるので、またレースが増えるのは3月ごろからですが。

(言っただけで終わらないように?)がんばるぞ~!!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

プンタデルエステは、
とてもぃぃところだよ、と彼も羨ましそうに言ってました(^o^)

マラソン私も参加してみたいけど、
ブエノスアイレスでこの時期にも
何かあるんですかね?


今私たちは、
ラモスメヒアってところの
友達の家にお世話になってます★

とんちゃんさんのとこからは
遠いのかな?!

ブエノスアイレスにきてから、毎日
何をしてぃいのか
どこが見どころなのか
よくわからず笑、
毎日BBQゃらシエスタゃら
ダラダラとしてます( ̄◇ ̄;)笑

何かイベント事などあれば教えてください♪

とんちゃんすごい!

とんちゃん、明けましておめでとうございます。新年早々、クロスカントリーレースなんてすごいですね!とんちゃんは体育会系なのですね。かがんで靴に触っている写真がとんちゃんなのでしょうか?とてもスレンダーで羨ましい~!私は前回の旅行でウルグアイ(コロニアの市外)にも一週間近く滞在しました。ホテルでレンタサイクルしたり、路線バスに乗ったりしましたが、どこでも人々にジロジロ見られて(特に子供の集団に会ったら最後!)パンダになったような気分でした。(多くは好意的でしたが)日本人が今店にいる!と携帯電話で誰かに電話をかけるおじさんもいたし。。プンタもきっとアジア人はそれほどいないのでは?でもとんちゃんが日本代表でそんな素敵な夜のレースに出場してくれてなんか嬉しいです。ヘッドライトをつけた人々が夜のコーストを走るなんて、蛍のようで(コロニアでも海岸沿いで蛍を沢山見ましたよ!)想像するだけでもとても幻想的ですね。それに保安ママが黙っていられず”日本からも!!”とステージにあがるなんて、なんか可笑しくて微笑ましい!アルゼンチンで沢山見た、年齢にかかわらず強気でブイブイしている女性たちを思い出してしまいました。とんちゃんのブログを読むと、アルゼンチンがとても身近な国に感じられて楽しいです。今年もたくさんとんちゃんに良いことがありますように。いつもブログ楽しみにしていますよ。体に気をつけてね!

Re: タイトルなし

★まんたろさん
プンタデルエステ、ある種のアルゼンチンの人にはとても人気みたいですね!いいところもたくさんあるけど、私はいまだに、どうしてあんなに人気があるのかわかりません。

まんたろさんも、マラソンやるんだね!前も教えてくれたよね。ブエノスアイレスは、今、真夏なので、あまり大会はないと思います。また3月くらいから増えると思う。ランニングの大会、いつも私はなんとなく風のうわさとか、街の広告とかで知ることが多いけど、

http://www.clubdecorredores.com/

とかが使えると思うよ!

ラモスメヒア、わかります。確かに少しカピタルからは遠いけど、そんなでもないと思います!まんたろさんは、今回はいつまでブエノスにいるんでしたっけ?私は2月上旬には戻ると思いますが、もしかして会えたらいいですね。そんなわけで、ブエノスのイベントとか今あまりよくわかりません。ごめんなさい。

毎日アサドや、シエスタやらだらだらと…正しいブエノスの夏のすごし方じゃないですか!笑 私も夏は毎日そんなかんじです。笑

Re: とんちゃんすごい!

★ヨッシーさん
いつも暖かいコメント、本当にどうもありがとうございます!

いえいえ、私は体育会系というよりは、アドベンチャー系?笑 スポーツも、球が入ってくるとからっきし駄目なんですが、走るだけ!泳ぐだけ!とかのシンプルなスポーツはすごく好きなんです。かがんで写っているのは私です。偶然スレンダーに写ってますが、本当は、おなかの辺りや二の腕がかなりたぷたぷしていて、こりゃ走らねば!という感じであります…今年もがんばります…笑

ヨッシーさんも、コロニアの市外に1週間滞在されたのですね!そのじろじろ光線、とてもよくわかります!プンタも、今回も結局一度もアジア人を見かけることがなかったので、かなり見つめられました。ははは。

おっしゃるとおりで、レースはとても幻想的で、美しいものでした。ヨッシーさんの住む国でも、同じようなレースができそうですね!そして、コロニアにも蛍がいるのですね!見てみたい!!

保安ママ、まさにそれです!笑 年齢にかかわらず強気でブイブイしています!!私はどっちかというと、自然派ヒッピー系なので、違和感がありありで。ママは、20代の女の子と同じような格好してますよ。私はしたくないけど、ある意味すごいよなぁといつも思います。

ヨッシーさんにとっても素敵な一年になりますよう、お祈りしています!いつかお会いできるといいですね。今年もどうぞよろしくお願いします。^ ^

No Title

とんちゃん 凄いよー!
マラソン しかも砂浜・・・小学校の時のマラソン大会が海辺だったのでそのときのこと思い出したわv-12相当きついよね!スゴイわ!!!走るのは早い方だけど、マラソンは自分との闘いだよね。でも、ちょっと久しぶりに走ってみたいような。。。
とんちゃん、お疲れさんでしたv-20

Re: No Title

★charcoalちゃん
ずっとインターネットなくって、返事遅くなってごめん!
コメントありがとう~。

えー小学校のマラソン大会海辺だったの!!それはすごいね!ということは、charcoalちゃんは、海の近くの小学生だったんだね。私は海辺を走ったのは初めてで、なんつうかカルチャーショック!?とは違うね、なんか新しい衝撃だった!

ブエノス、ランニングの大会たくさんあるよ!今度charcoalちゃんもトレーニングして、一緒に出ない?
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。