CHOCO★BLOGG 今年のクリスマス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のクリスマス

Feliz navidad!!

というわけで、クリスマスおめでとうございます。この時期になると、スコットランド(イギリス)でのクリスマスと比べると、全く比べ物にならないくらい地味ですが、ブエノスでも一応街中に、ちら、ほら、という感じでクリスマスの装いになります。12月に入ると、イギリスだとクリスマスショッピングで街は大賑わいになり、25日になると、1人も街を歩いてないような(ちょうどアルゼンチンだと、ワールドカップでアルゼンチンが試合をしている間の状態に似ている)かなり死んだ街になるけど、ブエノスでは割と普通に車も通ってるし、お店も通常通り開いてるところもあるらしくて、そこまでのコントラストはないみたい。これって冬のクリスマスと夏のクリスマスの違いかしら?でも、アルゼンチン人にとっては、やっぱり暑くなってくると、クリスマス気分になるようだから、そういうわけでもないのよね。

その割には、夏のクリスマスていったって、アルゼンチンのサンタさんも、分厚いコート着てるし、雪だるまのデコレーションとかもあるし、世界は北半球を中心に回っているのね~と思います。ただ、やはり季節が季節だけに、アルゼンチンでは、クリスマスの料理、というと、冷製料理が多いような。Vitel tonéという茹でてスライスした肉が、ツナマヨネーズに漬かっている謎の料理や、Lechonというかわいそうな子豚ちゃんの丸焼き、平たい肉で卵とか野菜をぐるぐる巻いてハムみたいにしたmatambreとか、なぜロシアなのか全く不明なポテトサラダensalada rusaなど。pavitaといって、ローストターキーも食べられるようですが、やはり冷たくしてから食べ、イギリスと大きく違うのが、焼き方がドライでパサパサっていう。イギリスだと、クリスマスのローストターキーをいかにパサパサせず、しっかりと、しかしジューシーに焼き上げる(生だと危なくて、おなかを壊す人が、正月にのどをモチにつまらせるおじいさんのように毎年必ず出るため)のにお母さんたちは命を懸けているんですが、アルゼンチンのお母さんは余裕綽々でワイン飲んでおしゃべりできますね。

と、いっても、これらの料理、一から家庭で作る人は、あまりおらず、多くの人たちがスーパーなどで出来合いのものを買うらしいですけど。だから、クリスマス前に慌ててターキーを確保!っていう戦争的な空気も全くないわけね。

デザートもデザートで、Turrónていう、ナッツや卵などからできたバー(ヌガーってやつ)、パンなのかケーキなのかどっちかにしろ!といいたくなるpan dulceなどなど…

まぁ何が言いたいか、というと、クリスマスの料理、あんまり美味しいものないですわー。ビタルトネとかなんて私は、初めて食べたとき、勧められたものなのに、どうしても食べ切れなくて申し訳なかった苦しい思い出しか残ってません。

そんなわけで、うちでは、特にアルゼンチン料理にこだわらずクリスマスディナーしました。

…私が。

まぁ普通クリスマスをお祝いする国でクリスマスというと、親御さんのうちに親戚が集まり~大勢でテーブルを囲み~っていう、日本でいうところの正月(クリスマス当日からしばらくは寝正月ならぬ寝クリスマスなところも似ている)、ってのがトラディショナルなスタイルな気がしますが、うちの保安官ちは平和な日本で育った私から見ると、複雑な家庭なので色々事情があり(本人たちにしてみると、普通らしいが)。今年は、全く呼んでいないのに、お義母さんがセルフインバイトで、500キロ離れた遠くサンタフェからうちにいらっしゃいました。

今月はほんとお母さん来すぎ。苦笑

3人だし、あんまり手をかけるのも大変なので、丸焼きチキンをすることに。ペルーの炭焼き丸焼きチキン風味を参考に、結局なんなんだかよくわからないスパイシーな丸焼きを作ってみた。でも美味しかったよ というわけで覚書き。

分量はすべて普通の大きいスプーン、そしてだいたいの量

チキン2,5キロに対し

クミン 半分
ローズマリー(ロメロ)なかったのでタイム(トミショ) 半分
オレガノ 半分
しょうゆ 1
お酢 3
塩 1
こしょう少々
にんにくすりおろし 1と半分
しょうがすりおろし 同上
たまねぎすりおろし 同上
粉末とうがらし ピカンテ 半分
粉末とうがらし ドゥルセ 半分
パプリカ 少々

以上を混ぜたものを、キレイにあらって水気を拭き、ジップロックに入れたチキン(味がしみるようプスプス穴をあけといた)にかけてもみもみして、ストローで空気を抜いて冷蔵庫で寝かせる。当日の朝やって半日つけておいた。

035_20111226080123.jpg

あとは、焼いたチキンに添えるものとして、アルゼンチン風にsalsa criolla風なものを作りました。ネットとかで調べると色々レシピ出てくるけど、昨日はあったもので、種をとったトマト1つ、玉ねぎ1つ(トマト、玉ねぎ同じ量くらい)をみじん切り、パセリみじん切りひとつかみ、すりおろしにんにく1つ分をオリーブオイルでいためて熱をとったもの、お酢、オリーブオイル100ccずつくらい、オレガノ小さじ1杯、塩小さじ1杯で混ぜ混ぜしてできあがり。さっぱりしていろんなお肉にあって美味しいです。

それから、サラダ用に、保安のお母さんがゴマ好きなので、ゴマ味噌ドレッシングを作りました。すりゴマ大匙3杯、味噌1杯、醤油2杯、お酢4杯、ごま油1杯、サラダ油2杯、砂糖1杯くらい?適当に混ぜて、作ってみたら、高校のときバイトしてた京樽のファミレスにあった味噌ドレみたいな味がして懐かしくなった。

051_20111226080123.jpg

思ったとおり、ソースやドレッシングも好評で、良かったです。チキンは200度くらいのオーブンで約1時間ほど焼いたけど、アルゼンチン風なパサパサ丸鳥風にはならんかった。なんかアルゼンチン人、焼いた鶏、焼きまくってパサついてるのが好きだよねー。それにレモンかけてしっとりさせて食べるのが意味不明というか。もともとジューシーなほうが美味しいのにさ。私的には、切り分けると肉汁がジューっと出てきて、ちょうどいい具合に焼けました。保安もパサパサしたアルゼンチン風焼き方はあまり好みでないので、まぁよかったです。

パサパサしているのは、チキンに限らず、牛肉ステーキとかも、レア、ミディアムレアよりも、がっつり中まで焼くのが好きな人が多いような気がします。

052_20111226080122.jpg

そしてお楽しみのプレゼントタイム!いただきものの、クリスマスツリーさりげに大活躍!一応、ツリーのもとに、無理やり並べてみました。セサミもん、待ちきれずさっそくチェック。

056_20111226080122.jpg

今年はなんとセサミもんにも、サンタさんが来た!!

057.jpg

サンタさんは、首尾よく、ラッピングの中に、マタタビを入れといてくれたので、セサミもん自ら、かかっていたリボンをほどき、ものすごい勢いで紙を食いちぎって、自分でプレゼントをあけてました。

061_20111226080121.jpg

その姿があまりにもコミカルで大爆笑!中に入っていた2つのおもちゃも、相当気に入ったようで、遊びつかれて放心状態。

080_20111226081911.jpg

写真上手にとれなかったけど、デザートにはアルゼンチンのクリスマスらしく、ensalada de frutasを作りました。フルーツポンチみたいなもの。みんなこれをクリスマスに作るので、スーパーのフルーツコーナーは大賑わい!おいしそうだったものをピックアップし、アメリカンチェリー、メロン、りんご、キウイ、缶詰のパイナップル、バナナとオレンジをカットしたものを、缶詰のシロップと、オレンジの絞り汁にお砂糖をたして甘くしたシロップにつけてあるだけ。デザートを食べる頃には、別のところで息子たちとクリスマスしていた、ホアンママの彼氏もやってきて、夜中3時近くまで色々食べたり、飲んだりしてました。最後はコーヒーも出してフルコース!

076.jpg

お疲れ~私。笑
エラかったな~私。笑

なんだかだで私もとても楽しかったし、みんなも楽しんでくれたみたいで、それが何よりです。クリスマスの0時と同時に、人々がそれぞれ個人で花火をやるので、街中で花火があがる…はずなんですが、今年は、都心に近いところに住んでいて、ビルに囲まれているし、あまり人が住んでいないせいか?屋上にいっても、音が聞こえるばっかりで、あんまり花火見えなかったのが残念といえば残念だったかな。

私はそんなこんなで、元気に暮らしています。みなさんも良い年末年始をお過ごしください!

最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : クリスマス
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。