CHOCO★BLOGG 女にしかわからないカルチャーショック in アルゼンチン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女にしかわからないカルチャーショック in アルゼンチン

友人や家族、ブログなど普段読んでくださってる方はよくおわかりかと思いますが、わたしは普段はほとんど、女性なら大好きなはずの買い物 - いわゆる、洋服などを買いに行く買い物にいくことがありません。それよりも、いつもふらふら~と吸い込まれるように入ってしまうのは、生活用品とかで、フライパンとか、鍋しきとか売ってるようなところではいつもうろうろしてんですが。あとは、美味しいものが食べられるところとか、美味しいものが飲めるところとかさ。かわいくない服に費やすお金があったら、美味しいもの食べて美味しいお酒を飲みたいです。

とはいっても、別に、ファッションに全く興味がないっていうわけでもなくて。私も女の端くれですから、それなりに、自分なりの、お金はかけたくないなりのこだわりってもんがあるんですわ。洋服は、デザインも、フィット感も、値段もすべてひっくるめて、納得できるものじゃないと買わないようにしてます。アルゼンチンに来てから、そういうものに出会えるチャンスがますます減ったので、それもあって洋服ショッピングの率が格段に減ったというものあるんだけど…。全くかわいいものがない、っていうわけでもないんだけど、かなり探さないとないです。日本やイギリスで30何年間生きてきたわたしにとっては、結構難しいところです。日本だって、イギリスだって、かわいくておしゃれなのに、それなりの安い値段で手に入るもの、ちまたにたくさんあふれているから。

ここ、ブエノスアイレスでは、きっちり目を皿のようにして探さない限り、ぱっと目に入ってくるものは、かわいいもの、質の良いものはべらぼうに高い。日本円に換算しても高く感じます。というのも、日本やイギリスのような(たぶんアメリカもそうでしょうが)進みすぎた先進国は、安くでいいものが手に入るわけよね。いい例が、ユニクロとかさ。イギリスでも、ユニクロほどの質ではないけど、安くで、というと、例えばPrimarkとかさ。最近は日本にもあるけど、スウェーデン発のH&Mとかさ。あーなつかしいよ!そういうのに、なれちゃってるから、このブエノスでの、質とデザインと値段のつりあわなさ。もう諦めるしかありません。どうせ、すぐボロボロになるんだから安いのでいいや、と逃げるか、高くてもそれなりのものを、損してる、という気分になりながら我慢して買うか。もしくは、時間がかかっても、どちらとも納得のいく掘り出しものを探すか。わたしは最後の選択をどれかというと、してますが。

まぁ、ブエノスで流行るようなファッションが、自分の好みじゃないっていう根本的な問題もあるんだけれどね。生まれつき(?)流行を追うタイプじゃないから、余計選ぶの難しいのかも。

でも、ブエノスの洋服に対して、日本人であり、イギリスに長くすんでいたわたしが、「質とデザインと値段がつりあわない」と思うのは、思う私の方がおかしいというか…要するに、おかしい、いや、おかしいというと御幣があるんだけど、ブエノスの方が、そうであるべき姿であるような気はする。いいものは高いのが当たり前で、安かろう悪かろう、っていうのは、本来の姿だったんじゃないかな?それが逆に崩れちゃってるのが、日本やイギリスやアメリカなんだよね。

えっと話がそれたけど、まぁわたしのブエノスのファッションに対する感じはそんな感じっていうことで。でも、今日は、さすがに洋服買いに行かなくちゃなぁってわけで、かなり気合入れて行ったよ。暑くなってきて、夏服も必要なんだけど、今日のテーマは、下着と、水着。きっとアルゼンチンの下着って合わないだろうから、と思って、スコットランドを出るときに、あちらの気に入ったメーカーの下着とか買いだめて来たんだけど、さすがにこの頃ぼろっちくなってきて…そろそろ限界。

でも下着、特にブラジャーは本当に自分に合ったもの、自分がつけていて心地のよいものじゃないと。女の人ならわかると思うけど、これ、すごく大事。この頃、日本やイギリスだと、下着もかなりレベル上がってるから、自分にあった下着、コツをつかめば、結構楽に手に入るよね。しかも、値段だって安くなっているでしょ。日本だと、たくさん、通販の下着とかだってあるしさ。有名メーカーのブランド下着なんて、高いけど、すごいテクで、きれいな形に胸を見せてくれたりも。

アルゼンチンの下着。。。もちろん、最初から期待なんてしてなかったからいいんだけどさ。今日、もう、片っ端から試したけど、全滅!!トリンプとか、有名メーカーのはまだいいんだよね。外国(スイス?)のだから、ちゃんとサイズがあるわけなんだけど…でも、自分のほしいサイズばっかり、ないわけ(笑

そうしたら、お店のおばさんが、次から次へと、これ試しなさいと渡してくるの。これこれの、これこれ、わたしのサイズなので、それ持ってきてください、って頼んでるんだけどさ…ねぇ、人の話全然聞いてないよね?全然違うの持ってくるし…そしてしまいには、

「この並びのブラは、サイズひとつしかないからね。」

はい?ようするにフリーサイズってことですか?

「こっちは小さいほうね。ああ、それはちいさいわね。じゃあこっちを試してみて。あそれもだめ?じゃあこっちで…」

ええと。だからぁー。アンダーが○○で、トップが○○のがいいんだけど!!

「あのね、ここのブラは、AとかBとかCとかないのよ。」

ええええ。意味がわかりませんが…

最終的に、全く合うブラがなかったため、その中でも一番ましだったブラを、見た目のデザインがかわいいという理由だけで選んだわたし。ボロイのつけてるよりはましだろ…

でも家に帰ってみて、付け直してみると、なんかおっぱいはみ出てるし…こう、カップの上に乗る感じで少しはみでるんだけど…意味わかる?

「ちょっと何これー!おっぱい4つになっちゃうじゃん~涙」

と1人で叫んでいたら、きいていた保安官が

「ああ、おっぱい4つ現象問題ね。あるある。」

って。あるあるじゃねーだろ。しかも、ここの女の人に問題があるかのように言ってたんだけど、

これはどう考えても、アルゼンチンのブラに問題がありますわ!!

もー適当に買ったせいか、家帰ってみてみたら、2つ買ったブラのサイズ、2つとも違ったし(笑

しかも、良く見てみたら、サイズ85?とか90?とか書いてあるわけ。意味がわからないんですが。。。

ネットで調べてみると、アルゼンチンのブラのサイズは、基本、80~110くらいの感じで、数字で表されるみたいで。80、85、90、95、100、105、という感じで5ずつアップしていく感じで。それだけ見ると、ああ、アンダーバストね?って思うでしょ。でも、70とかないの?ねぇ?っていう感じじゃない?しかも、80A 85Cとか、カップ表示ないの。

要するに…

80~110くらいのサイズがあるだけで、サイズがあがるたびに、胸を入れる部分も大きくなってくだけ。。。全体的に大きくなっていくだけ。。。カップ表示がないわけ。つーか、偽物おっぱいを手術して入れていて、細いのにプラスチックデカパイの人が多いのに、そんなんで通用するわけ?

ありえない!!どんだけアバウトなの!!

バスに時刻表がなくても、待ち合わせをドタキャンされても、他のことがスムーズに回らなくても、どんだけアバウトでも全然いいんだけど、ブラのサイズがこんだけアバウトってのはさ…久々にカルチャーショックだったわ。無駄な脂肪を寄せてあげてオッパイ手作りしている人間にとっては致命的な問題だわ!ブエノスの女の子たち、みんなどーしているのー!?気になるよー!

ちょっと一瞬泣きそうになりました。でも、負けないで頑張ります。めげずにあれもこれもと、試着していったら、いつか、ああこういうのがこういう大きさで、こんな感じのがピッタリだわ~と見るだけでわかるようになっていくかもしれないし…

人生何事も経験!

こことかちょっと参考になりました…。試して、試して、試していくしかない解決法とか…

でもまぁ、しばらくの間は、ボロっとなったブラで我慢して、日本に帰ったときとかに、10年分買いだめとかする方向性でいきたいと思います(笑)。今日は、下着はとんだカルチャーショックだったけれど、面白い経験になったし、それに他に購入した洋服や水着は、気に入ったものがいくつも買えたので、まぁいいや!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

あはは、ワタシも服には随分悩まされました。
意外と面白いのはFeria Americana とか、
Plaza Serranoとか(安かろう悪かろう、ですが)

あと「作ってもらう」という奥の手もあります。
(ショッピングの高い服を買うより良いです)

でもブラは、さすがに困りますよねえ。
今ではパレルモ辺りのOUTLETで買うか
Super MiercolesでSelu辺りの
中堅メーカーを狙う、という手を使ってます。

 でも。。

恥ずかしい話ですが、今でも持っている
ベスト・ブラは★コールのず~っと昔に買ったものですv-16

Re: タイトルなし

★みほさん
やっぱり服になやまされました?笑
前も、Feria Americanaとかがいいって話教えてくれましたよね!
私も、もともと、古着大好き人間だったんで、こちらきても古着見ますが、
最近古着かわなくなったなーそういや。

作ってもらうってのね!
なんか、私同じこと考えてました!
作ってもらう、んじゃなくて、自分でミシンかって、オンセいって生地かってきて、
自分で作ろうと思ってた。かなりマジで!笑

ブラはさすがに困ります。
これも同様、自分でブランドでも立ち上げて、いいものを海外から
輸入しようかとかなり本気で考えてた…
でも。Super MiercolesでSelu辺りの ?
参考になります!!!

ベストブラ!やっぱりそういうことになりますよね!!笑
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。