CHOCO★BLOGG マンディオカのフライ(Mandioca Frita)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンディオカのフライ(Mandioca Frita)

南米料理でよく使われるこのおイモさん、マンディオカ。あのネットリほくほくした食感が忘れられず、いつか家でも料理してみたい!という思いをようやく決行する日が来ました。

そういや、ずっと前、「いつかこのイモを調理してみたい」とブログに書いたうろ覚えがあったので検索してみると

ホッケーとか、芋の話とか (2010.07.19 Mon)

ははははは。1年以上前じゃねぇか。さすが、あっぱれ自分。まぁ、今では、このイモは「アルゼンチンではマンディオカという名前」「タピオカ粉が取れるのはこのイモから」「キャッサバやユカなどとも呼ばれる」「毒性のある品種もあり、毒抜きが必要」(しかし、どうも、この辺で普通に食用として売られているものは、毒性の低い品種、甘味種のよう)などの知識が増えているので、まぁそれなりに成長しているということでよしとしよう。

002_20111102004952.jpg

まずは、マンディオカを買ってくる。近くのスーパーで、1キロ8ペソでした。これは750グラムくらいの大きさ。

毒がある情報を前聞いていたので、ネットでレシピを一生懸命調べて、自由研究。まずは、「マンディオカ フライ」と素直に日本語で入れてみるものの、ヒットなし。3分くらい考えて、そうだスペイン語でしらべりゃいいんじゃんアホかと思い、「Mandioca Frita」と今度は入れてみるが、これまたあっさり目な結果に。そして毒に関する情報はなにひとつ出てこず。このときはエクアドル料理、としてたくさんヒットしました。

そうか、なるほど。国によって呼び方が違うわけです。「yuca」に変えて検索してみると、今度は山ほど出てきました!ペルーの料理方が。そしてキューバ、ウルグアイ、コロンビアの料理法が…てかマンディオカなんて呼ぶのって、もしやアルゼンチンくらい?スペイン語、と一口に言っても、国によって色々違うのでややこしいです。いや、アルゼンチンのスペイン語が一番、変なんですがね。。。

(ちなみに、「ユカ フライ」と日本語で入れてもでてきました)

南米人各種と同居している31o5ちゃんが、前、なんかポイントがあるって言ってたのを思い出して、それについて調べたかったんだけどぱっとした調理法が出てこず、直接聞いてみると、どうも、ペルー人たちは、1時間ほど下ゆでしてから、イモの真ん中の繊維を切り取るんだそうで。

こんだけ色々調べたあと、原点に立ち返り、イモを見てみたら、あれ、周りに紙がついてた…

011_20111102004952.jpg

マンディオカの説明と、調理法が裏に書いてある紙だったというオチ。しかもこれが一番わかりやすかったという…

*健康食品で、太らない
*繊維が含まれていてバランスのとれた食事に最適
*どんな種類の食事にもサラダにも良く合う
*消化がよく、便秘やコレステロールにきく
*ミシオネス州(アルゼンチン北部)の自然から直送

へー。まーこれから油であげるんで、太らないってのは微妙だが。。。

025_20111102004951.jpg

とりあえず、皮は厚めにむいたほうがいい気がなんとなくしたので、大根並みにぶあつめにむいてみた。

026_20111102004951.jpg

適当に切って、ゆでてみた。20分くらいで、裂けたように割れてきて、いかにも「ゆであがりましたよ!」という姿になったので、お湯を切る。

033_20111102012218.jpg

中の繊維を切る…ってところが微妙に意味がわかんなかったんですが、真ん中めがけて半分に切ってみると、すぐわかりました。これか。確かに、ふとい繊維が一本渡ってた。これをとるのね。そして…

031_20111102004951.jpg

レストランとかで食べてる大きさをイメージし、適当に切り分けて、じっくりあげてみた。

041_20111102012218.jpg

できあがり。なかなかうまそーにできたぞ!

044_20111102012217.jpg

この日のご飯は、簡単に、豚肉の焼いたのと、アスパラベーコン。それと一緒に食べました。ハーブソルトをかけて。

フライにするときも、いきなりあげず、まず最初にゆでるのが基本みたいです。とにかく、何にして食べるにしても、まずゆでる。紙の裏には、塩少々入れたお湯で15分前後ゆでると書いてあります。冬季はそれ以上ゆでる、って括弧書きで。ゆでたままの状態でも食べられるし、つぶしてピューレにしてもよし、ニョッキにしてもよし、サラダとして食べてもよし、米やポテト同様、主食にしてもよし。

051_20111102012217.jpg

外がカリっとあがって、中は独特のねっとりした食感とほんのりした甘み。うーん、おいしい。これは、はまります。保安官は、普通のポテトフライの方が好きみたいですが。

こないだの移民の日のお祭りで食べた、ベネズエラ料理のこのおいもちゃんも美味しかったので、今度チャレンジしてみたいと思います。あと、みほさんおすすめの、一口大に切ったものの素あげに、ガーリック&ベーコンからめたやつも。

また1年後くらいなのかしら、自分(笑

そのほかの関連記事↓

不思議な食感、チパ



スペイン語の勉強と、南米料理の習得どちらにも役立ちそうなおっさんのビデオ発見↑
ブログに行ってみたら、色々な料理を作ってました。ありがたや、ありがたや。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。