CHOCO★BLOGG 突然の再開、ちろっとインディアン・サマーについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の再開、ちろっとインディアン・サマーについて

ほんとは、7月からブログ再開のつもりだったんだけど、せっかくの夏休みだったのに、バイトのせいか、なんだか普段よりも忙しい感じのまま、夏が終わってしまいました。そう、『夏は終わった』んです、すっかり。寒いです、もはや。グラスゴーに秋はなし。

休み中は、ネットをちらと見る以外はほとんどパソコンも使わないので、そのせいもあってか、ブログ放置に至ってしまった。もはや、どんな口調でブログを書いていたか、どんなネタを選んでいたかも忘れてしまった。けれど、日ごろ忙しいまま、何も書かないでいると、さらに輪をかけて、いいものを見つけたりとか、何かに感動する、までもないけど気をかけたりしなくなっちゃう。今はまだ何かとバタバタしていて、大変なのだけど、時間を見つけてブログくらい更新しようと思います。思うだけでも、一応。

そう、時間はないものじゃなくて、作るもの。

あっという間に終わってしまった夏とはいえ、それなりに色々やりました。ポーランドへ旅行したり、ロンドンへ髪の毛を切りに行きがてら友達に会いに行ったり、日本食をたくさん作ってパーティを開いたり、預かった猫に逃げられたり。他にも色々あったような気がするけど。たいていは働いてたかも。

そして夏の締めくくり、先週の土日、近くのヴィクトリア・パークという公園であった、ミニ・フェスティバルのインディアン・サマーというゆる~いイベントへ行ってきました。インディアン・サマー。どんぴしゃりなネーミング。2日間とも、相変わらず雨に降られて、ごっつりジャケット着てたっつうの。芝生はどろどろで、長靴はいてったつうの。

今年から始まった新しい試みで、このフェスティバル流行りのUKからすると、えっ、また新しいフェス~?やだ~ぁって思われないためにか、他とはちょっと変わった趣向。まず、シティでやるので、キャンプサイトはなし。キャパも少なめ。5000人くらいだったかなぁ。実際入った客はもっともっと少なかったはず。それから、夜は早い。10時半にはきっかりメインのバンドが終わる。そして一番、重要(?)なのが、チャートバンドは一切出演しないということ。これが実際、一番効いていたような気がする。というのも、このネッズ人口に侵されたグラスゴーにおいて、オーディエンスにそのうざい若者たちがゼロだったから。素晴らしい。

その分、要は多少お金に余裕のある(ちなみに2日間で60ポンド)、ほとんどがグラスゴー内に住んでいると思われる、ある種の音楽ファンが集まった、というわけで、どちらを向いても、友達やら、知った顔やら、むしろ会いたくない顔にすら対面してしまうわけで、微妙に居心地がいいのだか悪いのだかわからない状況が。この街はこれだから怖いのであり、それがいいところでもありえてしまうのだからなんともいいがたく。やっぱり地方都市、世間は狭い。おまけに規模も思ったよりもずっと小さく、3つあるテントはそれぞれが100m離れているくらい?いやもっと狭い?ってくらいだったせいか、

『これはもしやグラスゴー村の年に一度の収穫祭か。』

ってな状態になってました。

問題の出演者たちは、トリがYeah Yeah YeahsとAntony and the Johnsons。あとはこのごろ話題のHot ChipやGuillemots、Broken Social SceneやCSSなど。ベテラン枠ではGang of Fourや、The Fall、ほかにもBen KwellerやYo La Tengoなどなどを、地元のあまり大粒でないバンドたち、Camera Obscuraや1990's、Mother and the AddictsやMy Latest Novelが脇をしめるといった様子。ダンステントもちゃあんとあって、そっちでは、Mr ScruffやMoodymanに混じってこれまた地元のMelting PotやOptimoがDJしてた。

雨だったせいもあるけど、すっかりおばはんになってしまったせいか、もはやバンド人間でない私、ほとんどまともにバンドを見なかったけど、祭りとはその場にいるだけでそれなりに楽しいもの。でも、フェスティバルってキャンプあってなんぼ、ってことに気付いてしまった気もちょっと。それに、初日はトイレの数が少なくて、丸一日、酒を取るか、トイレをとるかの状態だったため、それこそほとんどまともに何も見れなかった。それは、もちろん、どちらもとってしまったからなんだけど。つか、酒のまずに何しろっつんだ!

まともに見たバンドでめっけもんだったのが、ブラジルのCSS。オリエンタル(という形容はブラジル人には間違いなような気がする上、この単語自体差別用語ぽくて嫌いなのだけどいい意味で)な女の子たちと、ヒゲオヤジのバンド。ボーカルの飛び跳ねまくるかわいいギャルは、日本人とのハーフという噂。この人たち、はっちゃけてる上に演奏もしっかりしていて、とてもよろしかった。ちょっとGo Team!に似たようなサウンドなんだけど、ライブダメダメのGo Team!に比べると断然格段上。話題のバンドな上、どしゃぶりの雨の瞬間だったので、テント内で演奏したCSSにはかなりの人が集まった。

そのCSSとコラボレートした(&これからツアーに出る)という、グラスゴーで今、一番いいバンドだと思う1990's。初日のしょっぱなだったので、客もまばらだったけど、実はこの人たちがベストアクトだったような。ひねった3分ポップな良きバンド。The Yummy Furで、フランツのアレックスと一緒にバンドをしてたメガネの人のバンド…とばかりもはや言われなくなってきたカンジ。ラフトレードと契約して、バーナード・バトラー・プロデュースでアルバムを出すらしくて、将来がかなり楽しみ。

1900’s

あとは、酒のんで、トイレ行って、友達とくっちゃべってた時間のほうが長かった気がするけど、The Fallもちろっと見た。すごくよかった。誰もが良く知らないけど、何故だか威厳のありすぎる不思議なバンドだ。マーク・E・スミスを生で拝んだだけで意味があった。彼の存在感ってすごい。単なるマンチェスターの飲んだくれジジイなのに何故。

The Fall

Mother and the Addictsは相変わらず、恐ろしいほどのバッド・ヘアカットで、たまらなく可笑しい。狙っているのか本気なのか未だにわからないが、面白いことはいいことだ。

マザー

なんの起承転結もないまま、だらだらとしたブログ再開になってしまいました。そうそう、さっき、窓際でタバコを吸ってたら、外の景色があまりにおどろおどろしくて美しかったので、カメラに収めようと頑張ってみました。こういう景色って瞬間のアートというか、自然にしかできない何かです。やっぱり写真にすると何かが違う。…あっ、へたくそなだけか。

空

関連記事

スポンサーリンク

テーマ : 夏フェス
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

Secret

そのフェス、カメラオブスキュラのブログで読んだんだけど、アントニー~もでてるなんてなんか意外だなー。1900'sって初耳。検索してみよ。ヤミーファーの人って、あの歯並び異常に悪い人がいるやつだよね。彼がそのバンドやってるてことかしら。ちなみにヤミーファーにいたのってフランツのドラマーやね。
そのフェスって春にあるtriptychみたいな感じなのかな、客層は。

そうそう、そのデッパの人wが、ボーカルでやってるバンドだよ。フランツのドラマーもいたんだ?私はヤミーファー自体は聞いたことないんだけど、その出っ歯のジョン以外は、ころころメンバーの代わるバンドだったらしいね。きいてみたい。アレックスがいたのも、解散する前の数年だったみたい。…って今調べてみたら、ポール(フランツドラマー)とアレックスの出会いとなったのがヤミーファーだったとか。解散後、仲間は大物になって、取り残された面子が再起をかけて…って感じだねぇ、こりゃ。ベースもヤミーファーにいたことがあるらしいから。それとも、才能ある人は、やっぱり戻ってくるということなのかしら。ちなみにドラマーは元V-Twinだって。元V-Twinってのも山盛りいるような気がしない?w

客層はそうだねぇ、トリップティックとにたようなんかな?もうちょっと若めだったような気もするかな?

感じなどあってか

感じなどあってか
ちょろが、ネタをブログしたかった。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。