CHOCO★BLOGG 踏み切りで電車とバスの衝突事故

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏み切りで電車とバスの衝突事故

昨日(9月13日)、早朝6時半ごろ、ブエノスアイレスのフローレスという駅の直前にある踏み切りで、衝突事故があって今そのニュースで持ちきりです。ラッシュアワーだった為(結構ラッシュアワー早いんだな、って思ったんだけど)多くの人が巻き込まれたようで、今日現在のところ、11人が死亡、212人が重軽傷を負っているそうで、かなり大きい事故。日本でも結構大きく報道されてるのかな?影響なかったか心配してくれる人が何人かあったので。

わたしは朝の6時半なんて爆睡中なので無事です!!ただし夜遊びの帰り泥酔してその時間に帰っているかも!!というさすがわが父な心配をオトンからいただいたりもしました。

これね、あっちから来る電車と、こっちから来る電車に、はさまれるカタチでバスがぶつかってて、ものすごい衝撃。なんか日本でもこんな事故なかったっけ…脱線事故だっけ?大阪あたりで…。あの悪夢がよぎった。でもさ、このブエノスのって?初めて映像見たとき思ったのが

え?ちょっとまって?なんでこんなことありえるの?

このページでビデオが見れます↓
http://www.lanacion.com.ar/1406125-los-videos-mas-impactantes-del-accidente-ferroviario#v_video_63534

昨日は、この1つめのビデオがずっとテレビで流れてた。この遠めの監視カメラのビデオで十分怖いですが、4つ目のC5Nの「EL MOMENTO DEL ACCIDENTE, DESDE LA ESTACIÓN.」(事故の瞬間、駅の方からのビデオ)これ見るとマジでヤバイ、怖すぎます。

つーかさ。なんでこんなことありえるのって思ったのがさ、

何でバスの運転手、一瞬も停まってないの?

仮にも人の命を預かって走っているバスの運転手。踏み切りで、カンカンカンカンなって、ライトがチカチカしてるのに一瞬も停まっていないっていう…常識的に考えて普通しないよね…?

これね、何か鉄道側に問題があって、バスのドライバーが電車が来ることがわからなかったんじゃないか、って論議ももちろんあって、色々言われてます。踏み切りには、信号以外にも、警備員みたいな人が、車を誘導するためにいることが多いらしいけど、このときはちょうどいなかった。上の次の「LOS INSTANTES PREVIOS AL VIOLENTO IMPACTO」(衝突のちょっと前のビデオ)ビデオの、2.38am時点(ビデオでは00:15のとこ)で、通ったトラックが踏み切りのバーの一部を壊してるところが映ってる。でもブエノスの踏み切りなんてどこも壊れているようなもんだし、電車が通るときも、踏み切りのバーが下まで下がらない壊れた状態のところが多い。

実際、踏み切りで、カンカンなって、バーが下り始めても、日本と違って、電車が実際来るまで結構時間がかかります。そんなのんびり待ってらんないので、私も徒歩では、カンカン鳴り始めたばかりだったら、まず信号無視して渡る。これはなんでかって言うと、徒歩だったら、確実に右左確認できるし、絶対来てないのわかるでしょ。でも車でもそうなんだっていうんだよ、知らなかった!はっきりいってカルチャーショック!自家用車はまだしも、公共交通機関のバスまでもが!

車で踏み切り渡るときには、法律で「pare, mire y escuche」(停まれ、見ろ、聞け)ってのがあるそうで、免許取るときには厳しいらしいんだけどね。バスはおいおい、徹底しろよ!って感じだよ全く。カンカン鳴り始めたら即効とまれよ!しかも明け方で薄暗くてわかりづらいんだから、余計だよ!

昨日テレビで言ってたけど、このバスに乗っていた生存者の人の証言で、運転手に、「踏み切り鳴ってるから停まりなさいよ!」って忠告したおばさんがいたんだとか。それなのに運転手、おばさんを無視して直進したみたい。もしかして自殺願望ありだった?何か魔が差したの?とか思っちゃうくらい。

だって上のページの最後のビデオ、「EL CHOQUE, VISTO DESDE EL OTRO TREN」(もう1つの電車の方からみた衝突の瞬間) コレ見ても、ちゃんと電車側は汽笛を鳴らしてるし、ふつうに考えると、どう考えてもバスの運転手が悪いと思うんだけど。これ、どこが慰謝料を払うとかで大変な問題になるから、これから色々話し合いみたいになるんだろうけど。もちろん、すべてを知っているバスの運転手は亡くなっているので、本当のところはわからないね。

こういう事故は、アルゼンチン人の国民性から来るもんじゃないかなぁ~って思ってしまう。日本じゃ、まずありえないもん。万が一あったとしたら、100%計器の故障によるものでしょ。特に、ブエノスアイレスの人の国民性から、って思うのが、ここの人たち、

待てない
負けたくない
気にしない

のないない3拍子。わたしは、だいたい免許からして持ってないんだけど(日本でも)、ブエノスアイレスじゃ一生運転できないんじゃないかって思う。UKにいたときは、いずれは免許とろう♪って思ってたけど、ブエノスに来てから、あ、もう一生車運転しないかな♪って思うようになった。

そんな免許持ってないわたしから見ても、ブエノスの交通状況はほんと笑っちゃうくらいひどい。アルゼンチン人の死亡原因の最大理由のひとつが、病気とかじゃなくって交通事故っていう未確認情報も、あーなるほどやっぱりね、って思っちゃうほど。まずね、ちゃんと車線がひいてあるのに、みんな車線無視して走ってるの。ありえないっしょ。何でかっていうと、我先に、我先に、行きたいから。それで余計交通渋滞を引き起こしているようにわたしには見えるんだけどね…

ちょっと、ラッシュアワーのときにタクシーに乗ろうもんなら、我さきに進みあう車との戦いに負けた運転手たちが、運転席の窓あけて、ドライバー同士なじりあい。汚い言葉をかけあって、ほんと負けないよ、みんな。絶対自分が悪いんじゃなくて、相手が悪いんだからね。でも、わたしはそういう風景はそういう風景で、ブエノスアイレスらしくて面白くて好きなんだけど。

それ、どー考えてもあぶないっしょ!っていう曲がり方とか、すり抜け方もよく見る。あんたたち、もうちょっと注意してよ!気にしてよ!って思う。バスの運転だって、そりゃあもう荒っぽい。どこかにつかまってないと、確実に転ぶくらい急ブレーキをかけるし、座るところがない場合、どこかに寄りかかるか、つかまらないと、立っているのも難しいくらい。お年寄りは大変だなぁって思うけど、でも乗客のマナーは通常よくて、みんな、進んでお年寄りや妊婦さんに席をゆずる。

そんなこんなで、ブエノスアイレスならではの事故のような気がしてなりません。でも、もしも、バスの運転手さんの、普段の、「いやいや~しばらくまだ電車来ないから余裕」っていうのんきなノリで、不注意で、起きた事故だったら、亡くなった方、その家族の方々、負傷した方々があまりにも不憫すぎる。

この事故の影響で、踏み切りについてもっと見直されたり、ルールが厳しくなってもいいんじゃないかなって思います。わたしも、踏み切りなっている時は、信号無視しないように気をつけよう。

個人的には普段、全くといって使わないコレクティーボ(バス)と電車のラインの事故だったんだけど、事故にあったのと同じ92番のコレクティーボを街で見かけて、ゾクゾクっとしてしまいました。いくら自分が気をつけていようが、こういう出来事に巻き込まれることだってあるんだよね。何があるか本当わからない。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング


関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

もおね、ワタシ的には車どころか
自転車だってムリ!です。
あんな危ないトコ、走れませんv-12

怖いですよね

ご無事で何より。

ブエノスは絶対運転したくないですよね。
彼らのメンタリティに慣れない限り、無理です。

あのめちゃくちゃな運転して、しかも後ろ向いて客と熱心におしゃべりする運ちゃんたちはすごい、面白い、とは思いますが、
仲間にはなれないなあ、と思います。

Re: タイトルなし

★みほさん
ほんとですね(笑
むしろ自転車の方が無防備で危ないかもですね。
しかし、この頃、市が、黄色い無料貸し出し自転車サービスを始めてから、本当、自転車率高くなりましたね~。その分、自転車用のレーンもあるのでみんなそこを走っているから、実際危なくないんでしょうか?私もいまいち勇気でませんが…

Re: 怖いですよね

★まじょり さん
ありがとうございます。

ほんと運転難しそうですよね。
日本人の友だちで、こちらでふつうに運転してる人たちは、もう、だいたい運転感覚がアルゼンチン人化してますね。ふつうの日本人の感覚でやってたら、車動かせないと思います。ただ、今度日本に帰ったとき、

「なんだあのドライバー!」

と思われないといいですが(笑

ある意味アルゼンチン人の運転は、うまいんですかね。あの無秩序な運転して、交通なりたってるんだから謎。。。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。