CHOCO★BLOGG 食べるラー油、既製品を食べたこともないくせに作ってみた!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べるラー油、既製品を食べたこともないくせに作ってみた!

こないだ友だちが作ってくれた食べるラー油が美味しくて、はまりました。他のおかずには目もくれず、酒のつまみにボリボリそのまま食べていて、

「明日胃もたれするよ大丈夫!?」

と心配されるくらい食べてた。でも、毎日の肉食獣生活が鍛えてくれたのか、全く胃もたれとか胸焼けとかしなかった…アルゼンチン来たばっかりのときだったら、無理だったかもな。そういえば、来てから数ヶ月の間は、肉ばっかりでうんざりしていたばかりでなく、体がおっついてなかった淡い思い出が。慣れというのは人間を強くしますな。体重アップで見かけもだいぶん強そうになりましたけど。

食べるラー油、作ってくれた友達の同居人の南米人たちにも人気なんだとかで、何にでもつけて食べるそう。作るたびあっという間になくなってしまうので、いまじゃ定番のソースになっているそうです。なるほど、アルゼンチンにも、肉なんかにつけるチミチュリっていう、そう遠くないソースがあったりして、こっちのひとたちにも、なじみやすい味なのかも。

食べるラー油、ってのがあって、日本で去年だったか流行って売り切れ続出してた、ってのは知ってたけど、だいたいからして浦島花子の私は、桃屋だかなんだかの、そのブームの火付け役となった噂の「食べるラー油」そのものは食べたことがない。初めて食べたのは、数ヶ月前だかのある日、ブエノスのとある日本食レストランにご飯を食べに行ったとき、定食についてきた小皿。そんときは、ふーん、美味しいねくらいにしか思わなかったんだけどね。

手作りしている人は世の中にたくさんいるらしく、グーグル先生に聞いてみると、たくさんレシピがでてきた!なんか料理っていうよりは、実験みたいで楽しそうで、作ってみたくてたまらなくなってしまいました。もちろん食べたいから作るんだけども、こういうのって作る作業の方が遊びの一環で、むしろメイン!

まずは、レシピののっているサイトにいくつかサラーと目を通して自由研究。

参考にしたページ:

自家製!うま辛食べるラー油

辛そうで辛くないw食べるラー油☆

あの大人気商品を手作り 食べるラー油

具だくさん!食べるラー油の手づくりレシピ

純正ごま油de食べるラー油

手作り桃屋のラー油レシピ (桃ラーレシピ)

など。

思い立ったが吉日で、とりあえず近所の健康食品店的なところで、必要なものなどをそろえてきた。それから、八百屋さんで、アホ・プエロ(ajo puerro)というねぎを買ってきた。

食べるラー油の材料

Ají Molido Dulce (トウガラシ粉・甘いやつ)
Ají Molido Picante (トウガラシ粉・辛いやつ)
Cebolla Deshidratada (乾燥玉ねぎ)
Ajo Granulado (乾燥にんにくの細かいの)
Almendra Fileteada (アーモンドスライス)

ほんとは、フライドガーリック&オニオンは、自分で生から作ろうと思ってたんだけど、乾燥したのが普通に売ってたので買ってきちゃった。

そしてなんとなく自分好みのイメージを浮かべながら作業開始~。

ちなみに、私の大匙は、テーブルスプーン。小さじはティースプーンです。

材料:
A
ごま油 100cc
サラダ油 150cc
粉とうがらし 甘いの(ドゥルセ)大3~4 辛いの(ピカンテ)大1~2
にんにくのみじん切り 1かけ分
青ネギの白いところみじん切り 1本分
赤唐辛子乾燥(鷹の爪)中国の フープロしたの 小1とちょい
アーモンドスライス 30グラム
乾燥玉ねぎ 35グラム
乾燥にんにく細かいの 30グラム

B
砂糖 山盛り小3
塩ふたつまみ
しょうゆ 大1
韓国のダシダ(牛) 小1~2
パプリカ(粉) 小1
コチュジャン 大1と1/2
すりゴマ 大2~3
ナンプラー 小1

(別に計ってから作ったわけでなく、できあがってから後で回想するとこのくらい入れたよなという分量、次回への覚書)

ごま油は、普通のごま油(中華街で売ってるへぼい普段用)と、もったいないごま油(かどやの純正ごま油)を半々、50ccずつ、合計100cc使用しました。

まずは、サラダ油と、普通のごま油を鍋に入れ、ねぎの青いところ2本分くらいと、鷹の爪1本(ねぎ&鷹の爪は分量外)入れてから火にかける。火は一番弱火で、ゆでるくらいでじっくり香りを出す。

その間、にんにく1かけ分&ねぎ1本分の白いところ、をみじん切りにしておく。そして、さっきのねぎの青いところ&タカノツメを取り出した鍋に入れ、またまた気長にゆでる感じで揚げる。かな~り気長にやっていると、だんだん色づいてカリカリしてそ~って見かけになってくる。そしたら、最後の1分くらいで、中国の鷹の爪を何本か、フードプロセッサーにかけてあらびきにしといたのを入れる。

アーモンドスライスはトースターみたいのでかりっとやいておく。

つかこのアーモンドスライスが曲者!ちょっと目を離すと真っ黒こげになるので、見張りつつ。

アーモンドスライスと玉ねぎ乾燥を砕く

ローストしたアーモンドスライス、玉ねぎ乾燥を、ジップロックに入れて、すりこ木などでたたいて少し細かくする。えいえいえい。粗めの方がボリボリしておいしい。こんなときだけは、このブエノスの古いアパートにありがちな大理石の台所が役立つ。普段は、ちょっとグラスを落としたら割れたりするし、何で大理石なんかで出来ているのか、全く非常に意味が不明。

材料が揃ったら、ねぎのみじん切りなどの入った油をヒートアップ!しゅわしゅわしゅわーと温度が上がったところへ、Aの材料のうち、まだ入れてないのを鍋に投入。すなわち、アーモンドスライスと玉ねぎの砕いたの、乾燥にんにく、粉トウガラシ甘いの&辛いの。

すぐに火を止めてしばし、荒熱がとれるのを待つ。荒熱がとれたら、もったいないかどやのごま油を50cc追加。最初から入れなかった理由はもちろん、じーっと火にかけていたら、もったいない香りが飛んでしまいそうだったから。

混ぜ混ぜ。

そしたら、完全に冷える前に、Bの調味料をいれてはまぜ、いれてはまぜ、とよくよ~く混ぜる。

やば、めちゃくちゃうまし!!

味見の時点で、すでにとまらん。

家に転がってる空き瓶がないか調査。うまいことビンを見つけたら、熱湯でぐらぐらして消毒。

冷めたら空き瓶に入れて、でけた。

自家製食べるラー油フタなし

上から見た図。あくまでも「食べる」ラー油なので具が大目。ちゅーか、既製品の本物は食べたことがないので、参考にする味も、油の量だとかなんだとかのくそもみそもありませんが何か?基本となるのは、友達が作ってくれたやつと、ネットで調べたのとで、妄想と想像を膨らまして自分の好みの味にしていくだけ…

自家製食べるラー油フタ付

ふたをして。左はヌテラの空き瓶、右はヨーグルトの空き瓶。そうそう甘いものが前は入ってたのよ~。上から見ると、フタにヌテラヌテラヌテラって書いてあるのに、実はラー油が、ってのが意外性があってわたしは好きなんだけどどうでしょ?右のやつは、友だちにおすそわけ分です。

ご飯にのせた食べるラー油

ご飯にのせて食べてみた。ご飯とまらない~。

今日のご飯は、八宝菜みたいなものだったんだけど(ご飯の向こう側)はっきり言って、八宝菜より断然食べラーのほうがうまかったでし。保安くんも、ご飯と混ぜ混ぜして食べてた!じんわりくる辛さでちょうどいい!味付けも、ご飯にのっけてちょうどいい!そのまま食べてもおいしー!

なんで八宝菜みたいなものが、お皿にご飯とのっかってるの?って思うでしょ。うちの外人さんは、同じお皿にのってないと、一緒に食べられないのです。要するに、「お茶碗にご飯、おかずがあっちの皿とこっちの皿とそっちの皿、お椀にお味噌汁」とかで出されると、まずご飯にお醤油かけて終了。おかず1を食べつくして終了。おかず2に手をつけたところでお腹いっぱい。お味噌汁のことは忘れてた。とかそういう状態になります。回し食べする文化がないっていうか。なので全然バランスよく食べてもらえない。

というわけでうちでは、和風食の日でも、必然的にワンプレートになることが多いです。

たぶん全世界のどっちかが日本人家庭にいる外人さんでこういうパターン多いんじゃないかと思う。。。

ちなみに、これって常温保存?冷蔵庫に入れると油が固まるって噂なんですが、知っている方いたら、日本ではどうしているのか教えてください。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret

見つけた~!

とんちゃんの食べるラー油レシピ、旅行前に見てたの覚えてて、昨日買った唐辛子とにんにくで作りたい!と思って検索してこのページ見つけたよ~!早く作りたい~!

Re: 見つけた~!

★なおちゃん
なおちゃん、こんなに前の記事を見つけてくれてありがとう~!わたしも長らく作っていなくて、お陰で読み直して、また作ろう!って思えたよ。食べてももちろん美味しいけれど、作る過程がまた、工作みたいで楽しいので、ぜひ挑戦してみてね!!

OMG

さっそく作ったよ!とんちゃんの豪華バージョンじゃなく、一番シンプルなレシピの材料しかなかったので、それにパプリカやフライドガーリック加えて、ねぎ大量コースで。。。う、うみゃーーー!!そのまま食べてしまいたいのすごくわかる。ご飯いくらあっても足りないね。これ、アジアご飯好きな外国人とか食べたらとろけるね。って普通に日本人の私でもとろけてるよ!

Re: OMG

★なおちゃん
タベラー、めちゃうまいよね!!はまるよね!!ご飯いくらあっても足りないよほんと。私も久々に作ろうかな~って自分のブログのレシピ読み返したら、確かに、めんどくさ!!笑 なんか実験、っていろいろ入れているうちに複雑になっちゃうんだよね(笑 今度こそシンプルに作ってみようかなーと初めても、きっとコチュジャンとか、ナンプラーとか色々いれちゃうんだろうな(笑

ネギ大量コース絶対うまいだろうねー!!!
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。