CHOCO★BLOGG クスクスサラダとハインツの不思議

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クスクスサラダとハインツの不思議

お友達がクスクスサラダの話をしていて、そういえば、昔よく、簡単クスクスサラダを作って山ほど食べたよなぁ、と懐かしく思い出しました。マンチェスターに住んでいた頃、交流のあった友達が、作ってくれたサラダが美味しくて、その簡単レシピを教えてもらって以来、はまってしばらく毎日のように食べてたんだけど、作らなくなって長いことたってた。それが久しぶりに食べたくなったので、さっそくテスコに材料を買いに。

とりあえず必要なのは、サラダクリームとケチャップ。両者とも、私の食卓にはほとんどあがらないので、家にないから。さっそく、それらの売っている棚に直行してみると…。

もちろんのこと、ビン入り、プラスティックの容器入り、と様々な大きさとカタチで中身は同じものがたくさん並んでいる。普通、日本だとこれが、容量が増えれば増えるほど、同じ分量で考えると値段がお得になるシステムになっているはず。うちはどうせ、大きいのを買っても残るだけなので、一番小さくて、値段がお得なのを買おうと見てみると…。

一番小さいケチャップは、プラスティック入り。しかし、なんと、値段的にはそれよりも少々内容量の多い、ビン入りのが一番安い。サラダクリームも、一番小さいのは、プラスティックよりもビンのほうが、100グラム単位で考えると、ずっとお得。

サラダクリーム&ケチャップ

例えばケチャップ。250グラム入りの、プラスティック容器に入ったものは、80p(100グラム当たり32p)。ところが、342グラムの内容量で、入れ物がビンだと、たったの63p(100グラム当たり18.4p)。あれれ。サラダクリームの場合、460グラム入りがプラスティックだと一番小さいやつだったんだけど、これは159p(100グラム当たり34.6p)して、ビン入りだと、285グラム入りで、たったの85p(100グラム当たり29.9p)でした。

こうやって言葉で書くとわかりずらいんだけど…。赤字のところだけを比べていただければ少しはわかりやすくなるかと。とにかく、ビン入りのほうが、プラスティック容器入りのより、目に見えて安いということになります。これは一体何故?日本とかドイツのように、リサイクルが進んでいて、ドイツにいたっては、プラスティックの容器ですらきちんとリサイクルされていて、店で売っているボトル類は何度も使われて白く濁っている、くらいの国なら簡単に謎はとけます。しかし、ここはスコットランド。ゴミの出し方に法律はありません。自分で進んでリサイクルしようと思えば、スーパーの外などに、ビンやカンを収集するボックスが置いてあって、そこへ持っていくことはできても、逆に言えば、進んでリサイクルをしない限りできないわけで、ずぼらな国民がそんなことをするわけがありません。というわけで、ビンもカンも、紙もプラスティックも、果ては電池に至るまで、なんでも一緒くたにポイ。でかい黒いゴミ袋に入れて、裏庭にある、ゴミ袋をしまう小屋に、いつでも好きなときに入れておくだけ。ゴミの日、なんていうのももちろんない。適当に知らないうちにゴミ収集車がやってきて、ゴミ袋を収集して終わり。国的に、リサイクルの機能が発達していない―ゆってみれば、この状況下では、リサイクルしてしまうと逆にお金がかかるということが容易に想像できる。ということは、もしビンがリサイクルされるとすると、逆に値段が高くなる、と考えたほうが筋は通るわけで。ますます頭がこんがらがる。

初めてこの国に来たとき、これにはとても驚いた。イギリスって、リサイクルが進歩している国だと思っていたから。日本みたく人口密度が高くないので、使われていない土地がたくさんあるから、あまり問題にならないのかしら。一応問題になっていることはなっている、とは聞いたことがあるけれど、それにしては、何の法律もない。バプでの禁煙試行、とかする前に、実はこっちを早く片付けたほうがいいのでは。とすら思ってしまう。

話がそれましたが、ではなぜ、ピカピカのビンに入ったケチャップやサラダクリームの方が安いのか?謎です。また、どうでもいいけど知りたい虫が騒ぐんだけど、こういうのはどこへ聞いたらわかるの?思わず、テスコの店員に聞いてみようかと思ったけど、まさかあいつらが知っているわけもないので、そのまま店を後にした。ひとつだけ、考えられるのは、

ビン入りって、すんげー使いづらい!!

誰がこんなアホなこと考えたんだってくらい!ナイフで中身をしごきだすか、ブンブン振らないと中身が出てこないんだから!おそらく合理的、機能的、って言葉はこの国の辞書にはあるまい。。。

そうそう、そのクスクスサラダ、続きにレシピを載せたので、よかったどうぞ。

材料:
クスクス   250グラム
きゅうり   量はお好みで
ミニトマト  量はお好みで
ハム     量はお好みで
缶詰コーン  1つ
サラダクリーム
ケチャップ
塩・こしょう

作り方:
①クスクスを、お鍋に沸騰した250ccのお湯にちょっと塩を入れたところに入れ、ひと混ぜしてふたをしておく。

②材料を切る。こんなふうに。

クスクスサラダ材料

各野菜とハムの量は同じくらいになる。量は写真くらいが一番いいかもね。

③ボールに、ふやけたクスクスを入れる。かたまっているので、フォークでほぐす。そこへ、切った材料と、コーンを入れる。コーンは一缶まるまるだとちょっと多すぎるかもしれないから、残ったらあとでトッピングにでも使うかつまみ食いする。

④サラダクリームを好きなだけ入れる。大匙3とか4とかくらいなのかなぁ。ケチャップは、ほんの隠し味。テーブルスプーンに1杯くらいで十分。でも、これがあるとないでは大きく違う。

③まぜまぜ。

クスクスサラダ1


④塩・コショウで味をととのえる。

⑤できあがり♪ お皿にキレイに盛り付け。

クスクスできあがり


超簡単でしょ!さっぱりしているのでいくらでも食べられます。今回は入れ忘れたけど、フレッシュパセリのみじん切りか、乾燥パセリを混ぜると彩りがキレイ。あと、マヨネーズならキューピーに限る!ってほど私は大好きなキューピーマヨで試したことがあるんだけど、これが不思議とうまくいかなかった。硬くなってしまってパラパラしないの。だから、あえて、サラダクリームで作るのをおススメ。

ポイントは、別にないけどしいて言えば、わざわざボールに移さなくても、クスクスを作った鍋で混ぜればいい。洗い物が増えるだけ。

もとネタは、私が5年前にマンチェスターで英語の勉強をしていたとき、友達だった女の子(日本人)がそのずうっと前、日本でつきあっていた彼氏(イギリス人)かららしい。お互い、イギリス人の作るまずいはずのレシピがこんなにうまいと驚いたものであった。あえてマヨでなく、ハインツのサラダクリームで作る、というのも土地柄なのか、なんなのか。そのときやっていたサイトにレシピをのせてもい~い?と許可はもらってあるので、今頃のせました。イギリスから、日本、日本から、イギリス、とかなり遠回りしていただいたレシピ。…彼女、音信不通になっちゃったけど、今なにしてるのかな。

↓ランキングに参加中。良かったらクリックお願いします。
人気ブログランキング
関連記事

スポンサーリンク

テーマ : かんたん料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

きょうは、マンチェスターにボトルとかリサイクルしたいなぁ。
しかしちょろは、リサイクルしたかったみたい。
またマンチェスターでビンはマンチェスターまでリサイクルー!
ところがきょうはサラダも機能するはずだったみたい。

ほぉ

なかなかおいしそう。さっそくためしてみますわ。
クスクスって自分で料理したことなかったし・・・

ロンドンからはじめまして☆
おお~、クスクスおいしそうですね!
ほんと、ビンのケチャップ、
見る分にはかわいくていいのですが、
使いにくいですよね。
早くケチャップ出したいときに
イライライラ…。
それにしてもビンの方がお得とは
知りませんでした。

v-15ちょろ
今日のちょろはリサイクルに忙しいのねw。

v-15leira-london さん
とっても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいー。

v-15ロタさん
はじめましてー。ビンのはほんと使いづらくて、中身が完全に出てこないから安いのかとすらも思います。ブンブンふったら飛び散ったりして、困る。これからよろしくー。

はじめまして

こちらでは始めましてです。
かなり前にうちにコメントをいただいていたのですが、日本にいたりと、お返事が遅れました。
ごめんなさい!

リサイクルの件ですが、私の住んでいるロンドンのilsingtonエリアでは、緑色のでっかい袋にリサイクルできるものを全部詰め込んでドアの外においておけば、週に一度councilの人が持って帰って分別してくれるんですよ!
偉い!
ここまでやってくれるんだからリサイクルしなきゃな、と思うのは外国人だけで、きっと英国人は気にしていないんだろうな...

おっ!

うっまそ~、そのレシピいただき!今度つくってみるね♪

途中、レシピは今回載らないんじゃないかとソワソワしてしまいました(笑)

でも確かに、その瓶の謎!分かる!あと、誰が好き好んでこんな使いづらい製品を生かしておくんだぁ~ってのが私にとって、もっと大きな謎なのだ!

あっ!

上のコメント、名前いれるのわすれてました。

v-37赤パンさん
どうも、始めまして!コメントありがとうございます。日本楽しかったみたいですね!

その緑色のでっかい袋には、分別しなくても、なんでもリサイクルできるものを入れればいいんですか?そしたら便利ですねー。なんか、チャリティショップのしくみみたい。私もそんなんあったらやるなぁ、きっと。ビンとかスーパーまで持っていくのが、おっくうなだけだから。でもほんと、やっぱりこっちの人は気にしないのだろうねw。

v-37Caorin
そわそわしちゃうよねw、ついクセで話が飛んで、リサイクルの話題になっちゃったりして。えへへ。だいたいレシピを載せるときは、続きにのるような仕組みなので、次ものるときは続き!あのビンのケチャップ、まじでなんであんなの作ったんだろうね。マヨネーズもさ、日本でも昔あったけど、太ったビンに入ってたりして、スプーンでかきださないといけなかったり。。。リサイクルもたいしてしない状況で、本当に何か利点はあるのだろうか?実はハインツに問い合わせてみようかと思い中w。虫が騒ぐ(日本語間違い?)。

リサイクル、ほんっと普及してなくてびっくり。
ブライトンもようやくカウンシルが黒い箱を用意してきてそこにいれれば持っていってくれるけど、でも徹底していないみたい。日本はドイツに見習え!ってけっこうがんばってる自治体多いけど、イギリスってへんなプライドのせいか、他の国の方が優れているって認めないと言うか、見習おうと言う精神がないよね。ないから独断でへんなシステム作ったりして、それがうまく作業していない。。。。

ビンの方が安い理由はガラスはそこらへんで原料が手に入るけどプラスチックはリサイクル率が低いイギリスでは原料のオイルが高いからだって言ってた。でも思いから送料かかるんじゃないの?って聞いたら、国内の移動なら対したことないんでしょって。でも確かにビンは使いにくいのでうちはもっぱら巨大なプラスチック製。

そうそう、前にいた会社とは日本のアニメ会社なのです。

tamamaさん、
なんだかどうやら他のところでは、リサイクル運動が少しはあるんだねー。うちのとこは全然なくて、不安になるくらい。特にバイト先なんて、毎日山ほどのボトルが空くのに、みんな普通にゴミ箱へ直行で、怖くなる。

それから、チープボトルの謎が解明された!気になってたので教えてくれてありがとー!ていうか、ガラスの材料って何ナノかな?無知。。。

アニメ会社で!すごい!どういったことを?作成ですか?うちの同居人は、今3Dアニメーションをしてますよ。

そこらへんの砂とかいってたw
>ガラスの材料。
そこらへんはおいといて、砂というのはほんとです。特殊なガラス砂みたいな?

作画とかじゃなくって、作品の権利販売担当だったんで、技術者ではないんですよー。

tamamaさん、
砂!?気になってウィキペディアで調べてみたけど、なんか専門的すぎて分からなかった。w

アニメ会社の権利販売担当って、どんなアニメの会社なのかますます気になります。

瓶入りケチャップ

東京からこんばんは。
むか~し、グラスゴーで生活していました。
瓶入りケチャップは本当に使いにくかったです。でも、現地のお年よりはプラスチックの容器からわざわざ瓶へ詰め替えている人もいるとかって聞いたことがあります。
ほんとに!頑固なんだから!

★きるとさん
こんにちは!しばらく更新をしてなくて、アクセス自体も今日久しぶりにしたので、返事がおそくなってごめんなさい!グラスゴーに住んでいたんですか?いつ頃ですか?これも何かのご縁ですねー!

えっ、お年寄りはビンに詰め替えてるの?なんでそんなことするんだろうw。そういや、日本も昔はマヨネーズとかビンに入ってて、スプーンでかきだしたりしていたような思い出があるけど、気のせいかな…。

梅雨空の東京からこんばんは。
グラスゴー生活は2000年前後5年間です。
英国はリサイクルに関しては後進国ですよね。粗大ごみも持ち込めば捨て放題ですし。でも引越しのときは無料投棄所があってとても助かったのですが。
瓶、缶、ペットボトル、古着はSAFE WAY(今はないらしいですね)によく棄てに行きました。
その代わり、チャリティーショップは充実してましたよね。気軽に持ち込めたし、全部引き取ってもらえたし、結構いいものが本当にお安く手にいれられたり。子供のおもちゃなんかはだいぶ助かりました。

きるとさん
2000年前後ですかー。私はここには2001年に来たので、ひょっとしたらどこかですれ違っていたかもしれないですね!

私もチャリティーショップ愛用者ですよー。どこに行ってもありますよね。結構掘り出しものとかあるし、洋服も安くでかわいいのがあったりもするし、気付いたらチャリティになっているわけで、一石二鳥。リサイクルは、発達してはいないけど、物を大事にする国民性だとは思います。

梅雨の中休み、真夏日の東京から今晩は。
私は2004年に帰国したので、同じ時期に同じ空の下にいたことになりますねぇ。
私はグラスゴー南西部にすんでおりましたが、学生さんはCITY CENTREに住まわれるかたが多いですよね。
M77でしょっちゅうCITY CENTRE へ行ってました。で、帰りは必ず「中英行」によってました。
そちらで覚えたレシピ。
日本では材料入手が高値で困難。なかなか作れません。
チーズナイフや、チーズリナーも無駄になってます。
オーブン用のお皿も日本のオーブンレンジには大きすぎて入りませんし、ディナー皿も大きすぎて日本の食洗機には入りません。
さらに、
そちらで買った子供用の自転車。
帰国後も使っていたのですが、よくパンクをしてました。
何回目かの修理のときに原因が判明。
なんと、24インチの自転車に26インチのタイヤのチューブが入っていたのです。
150ポンドぐらいした自転車だったのに!
いいかげんですよね~。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。