CHOCO★BLOGG ブエノスアイレス国際映画祭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブエノスアイレス国際映画祭

BAFICI(Buenos Aires Festival Internacional de Cine Independiente)、ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭が今月6日から始まりました!今年で13回めだそうです。去年はスペイン語の学校とかいってたせいもあり、もうすぐ映画祭だとわかっていながらもぼやぼやして気づいたら最終日!とかいうぼんやりで、相当ショックだったので今年はばっちり見るぞ!と思っていたのですが、今年もだいぶん前からもうすぐ来るなーと思いながら気づいたの、開始の1日前というあいかわらずのボケぶりです。ツイッターとかある時代は、こういう脳細胞死に絶え人にとってリマインダーになるのでほんと便利でいいわ。

BAFICI オフィシャルウェブサイト

なにしろ、出展映画は何百とあるので、見たい映画を選ぶだけでも大変!一晩ウェブサイトとにらめっこでとりあえずいくつか気に入ったのを選び、さっそく前売りを買いに行きました。1つの映画につきだいたい3回くらいしかやらないので、三池崇史とか、アッバス・キアロスタミとか、ある程度名の知れた監督の映画や話題の映画とかは、前売りの段階で、始まる前から売り切れくらいのいきおいです。前住んでいた、スコットランドのグラスゴーと言う街も、例外なくそうであり、今でも大好きですが、こういう、住人が文化に関心のあるカルチャーがある街はほんと楽しいです。

IMAG0032.jpg

何百という映画の中から、自分が好きそうなのを選ぶのは大変!とはいっても、それこそがインディペンデント映画祭の楽しみなんだよね。もともとインディーキッズだったので、映画学校出たての監督と、俳優学校出たての俳優が作った映画!とか、自主制作映画的なものとか、まだ無名に近い監督の映画とかもうそのステイタスだけでムダに萌えます。単純に映画も好きだけれど、それよりも、ひとつのマイナーな事象に心騒ぐというのは、その筋の人なら、うんうんとうなずけるであろう、ある種の病気です。100枚限定のシングルとか言われるだけで無条件に萌えるあれです。ダンボール積み上げた中から、かっこいい7インチを偶然、幸運にも見つける感じと、何百の映画から偶然選んで、気に入っていい映画に出会ったときの喜びはにているんだよー。

ま、とはいえ、スペイン語で映画ぶっ通しでみる自信や勇気など、まだまだこれっぽちもありませんので、わたしが見に行ける映画は、英語か日本語の作品。なのでかなり選択肢が減るので、いくら何百あるとはいっても、だいぶ選ぶの楽ですがそれでもたくさんあります。そんなかからとりあえず選んだのは、「Weekend」というイギリス映画と、「Peace」という日本のドキュメンタリー。日本の映画もたくさん出展されてます。

初日はこの「Weekend」を見ました。

Weekend Official

ゲイの男の子同士が、クラブで知り合ってからの、ひとつの週末をめぐって話が進んでいく、ゲイのカップルのラブ・ストーリー。とだけ言うとどうも陳腐な感じに聞こえちゃうんだけど、どっこい割と深いヒューマンドラマで、とても面白かったです。やっぱりイギリス映画のこういう、笑っても転がっても、どうしても底抜けにハッピーになれない湿った匂い、頑張っても影が出てしまう感じ、好きです。誰もが、一度や二度は味わったのことのあるやりきれないせつなさが伝わってきて。

ゲイの映画とかって、やっぱりゲイの人が多く見に行くのかな~。ちらっとあたりを見回したら何組かゲイっぽいひとたちは目に付いたけど。素朴な疑問。ゲイの人は、楽しくて優しくていい人が多いので私は大好きだけどね。

2日目の今日は、偶然ツイッターでフォローするようになって知った想田和弘という監督の「PEACE」というドキュメンタリーを見ました。過去ドキュメンタリー2作、「選挙」「精神」で各国の映画祭で様々な賞を受賞しており、近作の「PEACE」も香港の映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を既に受賞しているとのこと。猫をたくさん飼っている男性が出てくる映画でもあったので、猫好きの不純な動機が騒いだのもあって。

PEACE OFFICIAL

こちらもとても良いドキュメンタリーでした。だいぶひきこまれました。もともとこの監督の手法として、先にテーマを決めない、というのがあるそうで、近作は他の作品と違う始まりだったそうですが、それでも手探りで撮っていくうちに作品ができてくるってミラクル・ゴッド・ハンド。素敵だなぁと思います。福祉の状況、素朴であったかい岡山弁、猫の社会、お年寄りたちがお年寄りを支える今の日本の社会、などの風景が垣間見えて、いろんなことを考えさせられました。特にうちのオカンは、一時期、老人介護のケアマネージャーとして働いていたので、重なるところがありました。

そんなわけで、とりあえず今のところあたりくじ2本ひいています!

WeekendもPeaceも、第一回目の上映が終ったばかりであと2回ずつあるので、何を見ようか迷われている方がもしいたら、とりあえずお勧めします。でもこういった映画はこればっかりは好みがあるので一概に絶対お勧め!ってわけにはいかないもんね。例えば私は、映画祭でも売り切れてるような、なんちゅうかバイオレンスとかホラーとか、レイプシーンが出てくるようなのとか、ギャグだったとしてもそういったジャンルの映画はあまり好きでなく理解できないし…

017_20110409135512.jpg

面白いのが、毎日、こうして、新聞がフリーで、でる。これは初日の分と、今日2日目の分。あとパンフレットがあって、中綴じは、観光客向けのブエノスアイレスの地図だったりします。ちゃんと考えてるねー。

私はあとはとりあえず、「Separado!」、「春との旅」、「Upside Down: The Creation Records Story」を見に行きます。どれも楽しみ!

他にも気になる映画いくつかあるので、4月17日までの開催中1日1本を目標にがんがんみようと思います。チケット売り切れないうちに早く決めなくちゃ。なんしろ、一番多くの映画がやる会場がうちから歩いて10分くらいなんで。幸せ。こりゃ通わないわけにはいかんでしょ。しかも映画1人で見に行くの好きなんで、こういうタイプの映画祭は、同志(ひとりで来てる人)もたくさんいて気が楽でいいです。だいたい保安くん一緒についてくるけど。

週末はストリートを開放して、青空映画もやってるよ。太っ腹ー。去年はジブリの映画とかやってた確か。

055.jpg

第14回目のBAFICIまでには、スペイン語でも映画みれるようにしとこ!という大いなる目標。なんしろ、そうじゃないことには、英語圏&日本語の映画以外の他の国の映画もみれないんだから悲しいことに。アルゼンチン映画産業盛んなのに、そしてもちろんアルゼンチン映画たくさんやるのに、ひとつも見れないってやばいよね。字幕あるなら見るけどね。でも字幕つきで映画みるのって忙しいから大変だよね。特にアルゼンチン語、早口だから、字幕つきでみても、映像を全然たのしめないし…

ガンバろ。やるかやらないかは別としても(笑)とりあえず気持ちだけは。いやぁ、だから、「やってない」から伸びないんだからさ、やろうよ自分。


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secret

楽しそう!

アルゼンチンでは外国映画は吹き替えと字幕と両方上映していると聞いたことがありますが、この映画祭ではどうなんですか?
これだけ数があると大変そうだけど、スペインみたいに何でも西語に吹きかえられちゃうと、たとえ日本映画でもわからん!になりますよね?てことは、字幕?

Re: 楽しそう!

★なみきせつこさん
大きい映画だと、吹き替えバージョン、字幕バージョンと選べることがよくあるけれど、この映画祭はみな独立映画系ということもあるだろうし、全部字幕です。しかもスペイン語と英語(もしどちらの言語でもない場合)の両方の字幕がついているので、なんだか忙しいです。字幕ついてると、たとえ邦画だったとしてもつい意味なく字幕追ってしまいますよね…
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。