CHOCO★BLOGG 大地震それぞれができること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大地震それぞれができること

東北と関東で起きた大地震。わたしが気づいたときはちょうど津波が東北に到着したとき、それが家を畑を飲み込んでいく様子をライブで見ながらも何が起こったのかすぐには消化できませんでした。とにかくそれがものすごい大きな大地震で首都圏でも大混乱が起きているとのこと、わたしの両親は関東にいるし、妹夫婦も東京に。被害が全く発生時はこちらからつかみづらく、あわてて電話をし続けると、電話は全くかからず、目の前が真っ暗になりました。状況が全くつかめないまま、インターネットのUSTREAMなどのチャンネルでそれいらい日本のテレビを見続けています。同時に他の方法でもインターネットで情報を得ながら。

今まで味わったことのないようなショック。最初の2日間はただただショックで眠れなかったけど、だんだん今現在、日本人が一致団結というか、そのほとんどの人が、メディアを通してみる限りの被災地のひとたちも含め、ポジティブなベクトルに向かっている気がする。言葉では表しにくい。色々な思いが交錯する。みんなそうなんだと思う。少なくとも、こういうとき足並みそろえて力を合わせることができるのは日本人のとてもいいところ!普段は心ないことばっかり言っているインターネット界のアホどもも、なんだかこの頃はみな熱くて、前向き!ひきこもりみんな元気良く社会に出て行きそうな勢い!

わたしの家族、友だちは、一時連絡のとれない人もいましたが、少なくともみな無事でした。でも、ここまでことが大きいと、当たり前なんだけど自分の親族が無事だったから、はい終わり、とかそういう問題じゃない。たくさんのひとたちが、建物や歴史が、犠牲になっていること、本当に心が痛みます。日本人なら誰もがそうだと思います。

今、世界中から救済の手が差し伸べられてる。みんなが、それぞれができることをやろうとしている。自衛隊や医者などとして直接救助に行く人あり、節電する人あり、交通機関などがマヒする中、仕事を休まず経済を動かし続けるひとあり。

直接的な何かができない、もどかしい感に満たされた海外にいるわたしたちができることは、やっぱり募金!ユニクロの社長みたいに10億円なんてことはさすがにできませんが、ひとりひとりは小さくても、雪だるま式になっていったらそうなるのも夢じゃないかも!というわけでわたしも保安も、別々にグーグル経由で赤十字に先日募金しました。わたしも収入は特に日本円で換算したら今限りなくないに等しいので、普段全く手をつけてない貯金から…財産も何もない貧乏人の私にしては、太っ腹にやりました!ほんの少しでも募金したおかげで、自己満足かもしれないけど、もやもやしてた不安、無力感が少し晴れた。

2011 Japanese Earthquake and Tsunami

今、募金活動が各地で高まっているのも、最初のショックから少し立ち直って、何かしなくちゃ!とみんなが思い始めたからだと思います。もちろん日本国内で募金活動するのも大事だけど、もっと外国人とか外にいる日本人が外からお金をいれてかなくちゃ、と思って色々ソーシャルネットワークとかで草の根運動することにしました。スコットランド人の友だちは、個人でチャリティナイトをやって、1,000ポンド集めたって!すごい。さすが英国の人はボランティアとかチャリティの意識が高いです。

上のリンクからは、今のところクレジットカードだけだけど、外国からでもどこからも募金でき、日本赤十字社に直接送金されるということなので今たぶん海外から募金できるものでは一番確実だと思い選びました。というのも、レッドクロスは、イギリスでも(ブリティッシュレッドクロス)アメリカのでも、たぶん他の国のでも各国のレッドクロス経由でこの地震あてに募金できるようになっているらしいのですが、少なくともブリティッシュレッドクロスは、ある程度の金額が集まったところで日本に送ったら、あとはほかにまわすらしい、という話を友だちに聞きました。なのでたぶん他の国もそうなんだろう。というわけで、やはり日本のレッドクロスに「地震のために」直接募金するのが一番確実だという情報です。これは日本国内からでももちろんそうだと聞きました。やはり募金関係は赤十字が一番いいみたい。

日本赤十字社 ウェブサイト

こんな大変なときに、フィッシングサイトなどで人の好意を悪用して募金と名乗ってお金をふんだくる悪い人もたくさんいるみたいだし。そんな悪者にはいずれバチがあたるとはわかっていながらも、せっかく募金するんだからそんな悪者に1銭でもやるもんか!やっぱりちゃんと有益に使ってくれる信用のある、確実な機関に募金したいです。

今日は日本人の友だちと集まって、ランチパーティをしてきました。アルゼンチンにいる日本人だって、毎日地震のニュースを見て、日本の家族を心配して、実際のところかなり消耗してまいっています。家でニュースばかり見て鬱々心配していたら気がめいるだけで何も建設的でないので、こういうときこうして集まって、地震のことを話したり、ほかのことで楽しく気を紛らわしたりできるのは本当に助かります。日本にいる日本の友だちもみな、ただでさえ心配で辛いのに、テレビをつけても震災のことばかりでめいる、といっている人が多いし、心のダメージみんな大きいと思う。

みんなで持ち寄りパーティで、デザートもたくさん!つかプロの手並み!

006_20110315170526.jpg

すごいでしょ。

007_20110315170518.jpg

たくさん食べて、たくさんおしゃべりして楽しかった!

010_20110315170508.jpg

さー元気にやってかなくっちゃね!もう見た人多いと思うけど救出されたじいさんも元気だし!



元気出るわー。

#prayforjapan

心に残るつぶやき集、日本人捨てたもんじゃない!さぁ、頑張ろ!


最後まで読んでくれてどうもありがとう。ランキングに参加中です。カチカチっとクリックしていただけるとテンションあがります!コメントも、気軽に残してくださるととても喜びます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : できることから
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

Secret

地球の裏側から応援ありがとう!

混乱は続いています。
今は原発が心配ですが、ついさっき富士宮を震源とする地震もあったりして、どこまでが余震でどこからが別なのか、ああ、そんなのもうどうでもいいや、みたいになってます。

ただ原発にしても、地震の対応にしても、
日本が最高の技術を持っていることは明らかだし、
阪神大震災以降、首都圏を大地震が襲った場合について
随分備えてきたので、一般の人々は冷静に対応できてると思います。
海外にはものすごい映像ばっかりが流れているのか、
国内はなにもないのに、海外の友人からがんがんメールが来て、
うーん、別に沈没してないけどなあ、って感じです。

元気なものは、いろいろ不便や不安があっても
出来るだけ普通に活動するのが肝要だと思っています。
しかし、あまりにも長引くとそうもいかなくなるでしょうから、
とにかく早く収束して欲しい、そしておじさんの言うように、
「再建」に向かいたいです。
見守っていてくださいね!

Re: 地球の裏側から応援ありがとう!

★なみきせつこさん
ブエノスにいるわたしたちも、外部から、というより日本人のひとりとして、「当事者のひとり」といった姿勢で毎日地震のことを心配したり、何かできることはないかと行動に移したり、辛い気持ちを仲間たちとわかちあって話しをしたりとか、足手まといにならないように応援したりとかネットで呼びかけたりしています。この日のランチの集まりも、前から企画していたけど、あえてキャンセルせず、「日本を応援する士気を高めよう」っていう感じで決行されました。「ブエノスにいて安全でよかった」ではなく、不思議なことに「実際日本にいてこの恐怖や不安を経験できていない」疎外感みたいなのがあることもあって、周りのみんな本当必死です。たぶんどこにいても、海外にいる日本人みなそうだと思います。

逆に離れている分、状況がよみづらく不安で気がめいる部分もあるので、もうあまり民放のニュースはみないようにしてる。今はできるだけ明るいニュース(救出されたとか、人々の助け合いとか)に目を向けています。

> ただ原発にしても、地震の対応にしても、
> 日本が最高の技術を持っていることは明らかだし、
> 阪神大震災以降、首都圏を大地震が襲った場合について
> 随分備えてきたので、一般の人々は冷静に対応できてると思います。

全くその通りですね!被災した地区の方をニュースで見ても、実家の両親とスカイプで連絡をとっても、みなのその気丈さに本当に驚かされています。まさに破壊と建設を繰り返してきた国なんだなぁと日本の底力を感じているところ。こんな大地震、もし日本じゃなかったら国ひとつなくなっているかも… わたしも外国にいるのにもかかわらず、世界各地から普段連絡をとらないような友だちまで心配してメッセージくれて、みんなの意識の高さに驚きました。

ほんとですね。不便や不安があっても通常通りするのが、無事でありあまり影響のなかったひとたちのすることだと思います。それぞれの環境や立場で、ひとりひとりやるべきことが違いますよね。日本人みんなで力を合わせて、日本人意外のひとたちの力もかりながら、前向きに頑張りましょう!

本当に心配やね。毎日パソコンから離れられません。
でも日本にいるよりも海外にいる方が“日本”のことに敏感になっているきがする。
私は京都出身やけど、東北でも遠さを感じずに我がこととして傷みを感じるのかもしれない。
youtubeのおじいさん、いい顔してるね。強がりでもなんでもない、命があることのありがたさを知ってはるからかなぁと思いました。
若い我々も頑張らんとね。

こんばんは!

さっき私のところに残してくれたコメント読んだよ!
とんちゃんの言ってること、大体あってるよね。
アメリカ人の多くは、それほど日本に対していいイメージがないと思う。日本びいきで、今回のことを本当に心配している人、割と少ない。

ただ、色々調べて思ったんだけど、アメリカの芸能人、寄付をする人は多いけど、金額はそれほど多くないらしい。ハイチの時も、サンドラ・ブルックやアンジェリーナ・ジョリーが100万ドル寄付したりしたけど、柳井社長のように10億円規模は全然いなかったしね。

今回ももっと外国からお金が集まってくれればいいけど、駄目でも、大和魂で頑張ってくれている日本国民が多くて、本当に良かったと思うよ。

Re: タイトルなし

★メガネざるさん
本当だね。私も毎日パソコンから離れられないよ~。でも、私が鬱々していても意味がないから、外に出て友達にあったり、買い物行ったりご飯食べにいったりいろいろするようにしてる。

> でも日本にいるよりも海外にいる方が“日本”のことに敏感になっているきがする。

私もそう思ってた!客観的に物事を見れる(そうしているつもりはないけど必然的にそうなっちゃう)から、ものすごい情報量が入ってくるし、そう思いたくはないけど原発のことにしたって実際自分に降りかかってくるものではないから、どこかで安心していて情報を取り入れることができるのかも(怖くないから)。とにかく本当不思議な経験だなぁと思います。それぞれの立場や環境で、地震と日本に対する思い、姿勢が違うのをひしひしと感じる。

本当このおじいさんいい顔しているよね。歳を取れば取るほど、人間強くなっていくなぁと思います。人間の強さを本当思い知らされた。私たちも頑張ろうね!

Re: タイトルなし

★B9MOMさん
こんばんは!

そっか、B9MOMさんもやはりそう思っているんだ。私は、イングランドとかスコットランドとかに住んでいたから、やはり周りに反米感情がある人が多くて(まぁ口だけだけどね)その影響もあって思い込みもあるかなぁって部分もあったけれど。偏見はよくないのわかっていても、実際思ったとおりのアメリカ人も多いからね…ものすごいあからさまに日本嫌いな人もたくさんいるよね、きっと。

そうか~寄付をする人はいてもあまり金額が多くないのね。それか、ニュースにしないように匿名でしている人も実はいたりするのかな?あんまり匿名で募金とかする社会にはまぁみえないけど…

(また偏見かな…?)

ほんともっとお金持ちの人がどーーーーん!と海外からもお金を送って欲しいけど、やっぱり中心になって頑張ってるのは海外にいても日本人が多いかね!けど、こちらの友だちが、募金の開設をしたら、まっさきにきてくれたのは、在ア中国人だったんだって!(台湾だったかなうろ覚え…)そういうの嬉しいよね。

こちらこそ、ありがとうございました!

私も実は精神的にかなりやられていたので
皆にあって話が出来て本当に嬉しかったです。
遠くに離れていると日本のことが
解らなくなってくることも多いし
自分の思って居ることが間違えと言うことも
かなりあるので本当に良かったです。
今度は心配薄れてケーキを食べたいですね!

これからもよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

Re: こちらこそ、ありがとうございました!

★BsAsさん
ん?誰かな?私の想像している人と同じでしょうか?

私もみんなと話が出来て楽しかったです!
やはり地震関係のニュース家で見ているとどうしても暗くなりがちだけど、友だちとあって色々話すと元気が出てくるね。バランスとっていかないといけませんね。日本の外にいると余計に心配になるから。

こちらこそこれからもどうぞ宜しくお願いします!
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
218位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。