CHOCO★BLOGG プンタ・デル・エステについて 下

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プンタ・デル・エステについて 下

前記事、プンタ・デル・エステについて 上 の続きです。

クリスマスを過ぎてから、保安のいとこ家族もやってきて、保安の世代はいつも行動をともにしていたので、私も本当ににぎやかなアルゼンチンの男の子たち4人と常に行動していました。みんな明るく楽しくいいやつで、女性を大事に扱ってくれますが、全員保安より若いせいもあるけど本当にうるさい!笑 

そんなみんなが、ビーチで遊ぶものを買出しに行ったとき、まず買ったのが、

DSCN5969.jpg

サッカーボール!!

普段はサッカーをしない保安も、みんなと一緒にボールを追いかけていました。ビーチには、ビーチサッカーコートがあるところが多く、ボールがあれば、自然と相手チームがやってきて対戦になる。文化だよねぇこういうの。砂の上を走り回るのは大変で、ビーチサッカーって疲れるらしいけど。また、サッカーをしていない間、ボールを傍らにおいてビーチにねっころがっていると必ず、次から次へと男の子(やおっさんたちも)がやってきて

「このボール君たちの?借りてもいい?」

みたいな情景が繰り広げられていました。

DSCN6019.jpg

あとは、ピンポンとテニスの中間みたいので遊んだり。ボディボードしたり。サーフィンしている人もたくさんいた。

DSCN6000.jpg

ビーチを散歩して、ちょっと岩場のところへ出ると、これ!この黒いの全部、ムール貝?もしくはムール貝と同じような種類の貝、mejillónという貝。ここに黒くべったり張り付いているのは、まだ小さいんだけど、こんだけいるということは、もちろん、買っても安くて、美味しい。ある日本人の友達は、プンタ・デル・エステに行ったとき、端からはがしてレモンを絞って生で食べた、って言ってたけど本当か!?笑

DSCN6023.jpg

ビーチには、それぞれ名前がついていて、シーズン中は、どこも車で来た家族連れでいっぱい!ビーチに出るまでの道も渋滞してるくらい。それぞれのビーチにはだいたいボリーチェ(クラブとかディスコみたいの)の建物がついていて、夜になると若者が集まってきて飲んだり踊ったり。場所(と日)によっては上の写真のように、波がものすごくあらかったり、深くて入れるような状況でないところもあるけれど、だいたいはプカプカ波にのって遊べるくらいの感じで楽しかった。でも、水はたいがい冷たい。外に出れば暑くてすぐ乾くけれどもね。

IMG_20101228_163527.jpg

私たちは車がないので、行動に制限があった、とはいえ、車で来た保安のママカップルや、いとこ家族の車に乗せてもらって近郊へも色々足を伸ばしました。上はピリアポリスという、別の街で、こちらも、人々が休暇に来るところ。ピリアポリスの方が伝統のあるリゾート地なそうです。プンタ・デル・エステのような浮かれポンチな喧騒ときらびやかさがなく、のどかでのんびりした感じがして私としては、ピリアポリスの方が落ち着きました。午後のひとときを過ごしただけなんで、よくわからないけれど、お魚もこっちの街のほうがたくさん取れるみたいで、海岸線に沿って、魚屋がたくさんならんでいた!

IMG_20101228_152926.jpg

海岸線を走っていくと、青い海が見えてとてもきれい!

IMG_20101228_142750.jpg

それから、美味しいドルセ・デ・レチェの工場(牧場)へも遊びに行ったよ!

IMG_20101228_144325.jpg

子ヤギとたわむれてきた。

行く前は、周りの友だちに、「かなり高いらしいよ~」と脅された物価については、これはかなり心の準備をしていったせいもあってか、思ったよりひどくはなかったです。ブエノスと比べると全体的に20%くらい高いかな?レストランなど、いいところはかなりしますが、スーパーなど食料品はそんなにひどくは変わりません。あと、サービスが徹底している印象を受けました。マンションでも、スーパーやお店でも、多すぎじゃない?っていう人数が働いている。全然きれいなところを、雑巾でなでているような掃除の人がたくさんいたり、スーパーでも、袋に品物をつめるだけの仕事をしている人が各レジにいたり。このひとたちも全員、給料もらっているんだよなぁ…と思うと、無駄が多いなぁと。同時に、夏の間だけが稼ぎ時の小さな街ですから(普段の人口は2~3万人、これが夏だけは100倍に膨れ上がるといいます)、このときに、がっつりしぼりとろうとしている印象を勝手に受けたりも…

あと面白かったのはやっぱり、あっちからもこっちからも

じろじろ光線

これです。とにかく、アジア系や有色人種(で休暇にきているひとたち)の割合は限りなくゼロに近いところ。1ヶ月過ごした中、たった一度だけ、日系ウルグアイ人(もしくはアルゼンチン)らしき家族を1つみた限りです。しかも、わたしたちは異人種間カップルなわけで、そらもうあちこちからジロジロ見られました。まぁこれはもう結構慣れているんで、わたしは最近、じろじろ見られたら、まっすぐ見返すようにしています。そんなにみたけりゃこっちも見させてもらうよ!

また行ってもいいなぁとは思うけれど、すっごいスペシャルに素晴らしい、ってところでも全くないし、なんであんなにこぞってアルゼンチン人、ウルグアイ人、ブラジル人がプンタ・デル・エステに集まっていくのかやっぱり最後までわかりませんでした。保安に聞いたらわかるかもしれないと思ったけど、「なんでそこまでみんな行きたがるのかはたぶんみんなが不思議に思っている」ってさ。はは。普通にきれいで、なんとなくはいいところだし、治安もいい。それから、気候も過ごしやすいってのは確かにある。あと、やっぱ場所的にも行きやすいのかな?夜は上着がいるくらい涼しいし、昼間は日差しは強いけど湿気は少ない。ヨーロッパ的な夏。あと、ブエノスでは夏は小さな虫や蚊に悩まされるけど、そういう嫌な虫がほとんどいなかったなー。一度、たった一匹、ハエを見ただけ。

場所はウルグアイなんだけども、これってアルゼンチン人たちの夏休みの過ごし方。隣国に過ごしながら、アルゼンチンの文化を垣間見た気がしました。文化と割り切ってしまえば、説明はつくね。

IMG_20101228_170051.jpg

やっぱり最後は、美味しいもので!ウルグアイ名物の、牛肉のやわらかいロモ(ヒレ肉部分)をメインに、チーズやハムやレタスにトマト、色々入ったハンバーガー、チビートス(半分コ状)。今まで、つか単なるハンバーガーじゃね?ってバカにしててごめんなさい、これがなかなかどうして美味!美味しいチビートスを出すところのはもう本当にウマイ!そして、最後に記しておくべきは、「マテといっしょに生まれてくる」といわれるくらいマテ茶を手放さないウルグアイ人、ショッピングセンターでマテ茶器具を腕にかかえながら、お茶を飲みつつブラブラしている姿を見たときはさすがに笑いました。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 南米
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

これがチビートス!

話に聞いただけは、やっぱり「ハンバーガーじゃん」と私も思ってました。
これはなかなかおいしそう、
そしてとんちゃんさんが美味しいというのだからゼッタイ美味しい→食べたいぞ!

海がきれいですね~
これ見ると、やっぱブエノスで見るのは河なんだなあ、と思います。
外国につながる港のあるブエノスだし、向こう岸見えないから
所謂「港町」の風情はすごくあるけど、うん、やっぱり違う、
と妙に納得してしまった。
そういう開放感とか自然を求めてみんな行くんじゃないのかな、という気がしました。

Re: これがチビートス!

★なみきせつこさん
ですよね!やっぱ!「ハンバーガーじゃん」。
前、コロニアで食べたとき、何コレまっずーと思ったんだけど、プンタで何度か食べたのはどれも美味しかったんです。やっぱり出す店にもよるんだろうなぁ。美味しいよ!って自信もって店で宣伝しているようなところのは本当美味しかった~。

海はまぁまぁキレイですね。ゴミとか落ちてないし、水もきれいだし。ただ、群青色の水に、白い砂浜!って感じにはいかないけれど。確かにブエノスアイレスにはこういうところないから、開放感とか自然を求めていくんですかね。不思議な魅力のあるところなんですねきっと。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。