CHOCO★BLOGG 洋服を買いに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋服を買いに

ブエノスのファッションはお洒落!とかいう人も結構いるけど、私からしてみれば、イギリスや日本のほうがよっぽどお洒落でかわいくて安いものが手に入る。第一、ここで買える「お手ごろな」洋服は、たいてい縫製が悪くて、数回着たら穴が開いてしまいそうなものが多い。いいものもあるけれど、そういうのは(ペソ換算で)「ちょっと手が出ないかな…」っていうくらいの値段がする。この違いは、私が思うに、エコノミーの種類の違いかな。イギリスや日本みたいな"中流階級"がたくさんいる国では、やっぱ、安くてそれなりにいいもののマーケットがあるっていうか。例えば日本だったらユニクロ、イギリスだったら、プリマーク(イングランドではプライマークって呼ぶ)とか。

私にとってはH&Mがないのがキツイ。欲を言えばトップショップもあったらいいんだけど…ファッション関係じゃないけど、アマゾンも、イケアもないしね…涙

でも、さすがに、1年も洋服をまともに買ってなかったので、もう本当にそろそろ着る服がない(笑)。しかも、アルゼンチンの(?)洗濯機、強力なので、Tシャツもすぐ穴が開いたりなど痛んでいて、面倒臭くてぼろいTシャツをそのまま着たりしてました。なはは。こりゃ、ヤバイ。夏のホリデーに行くのをきっかけに、普段は嫌いな洋服関係のショッピングをタスクに掲げました…

お洒落は嫌いでは全然ないんだけど、自分の中で色々妙なこだわりがあって、適当な洋服は着たくない。だけど、アルゼンチンではまだ、「ココへいったら絶対自分の気に入った洋服が見つかる!」ってブランドやショップもない。本当は、個人のインディーデザイナーとかがやってそうなショップとかが好きだけど、PalermoやSan Telmoなどのマーケットとかで買える洋服は、本当に縫製も質も悪いのが多くて、「こんなものにこんな値段払えない」っていうのがたくさん。

と言うわけで、とりあえず、アルゼンチンのブランドや、アルゼンチンで人気のあるブランドのお店のアウトレットショップが立ち並ぶストリートを中心にブラブラとこの頃、いろんなところへ出没しています。Av.Cordobaの4400番台くらいから、ずらずらとアウトレットのお店が並んでいて、番号が増える方向へ歩きながら4900番あたりの角へ来ると一旦お店の数が落ち着き、そこでGurruchaga通りを左に曲がり、4ブロックほどまっすぐ歩くと、GurruchagaとAguirreが交わる辺りにまた、ぶわわわっとアウトレットショップが並んでいるんです!

まぁ、好みによって違うとは思いますが、Av.Cordobaに並んでいるほうは大したことないけど、Gurruchaga y Aguirreの方は洋服、靴など含め、結構いいお店がたくさんありました。ショッピング好きな人には、パラダイスだと思う!上手に探せば、シーズン落ちの洋服が、アウトレットだけに破格の値段で売っているし、日本円で買い物できる人なんかにとっては、何コレ、材料何?くらいの値段だろうな、って思う。

時々、お店の店頭に、便利なアウトレット街のマップがおいてあって、それを見ながら時々、コーヒーでも飲んで休憩しながら買い物するのもいいかも。アウトレットの情報だけでないけど、お店の場所などベーシックなことがわかるウェブサイトもあったよ。

その名もSABERADONDEIR

アウトレットに限らず、ブエノスには、たくさん洋服のお店があるんだけど、ざっと見た感じ、私の好みの洋服はあまり売ってない。例えば、私は夏といえば、毎日ワンピースを着ていたいくらいなんだけど(楽なのにかわいいしさ)、ワンピースがこれ、ほとんど売ってないんだな…。

「ブエノスの女の子たちは、ワンピース着ないから。」

っていうのは、保安と、保安の周りの友達の共通の意見。でも、男の子たちは女の子のワンピース好きらしいけどね。なんで売ってないのかね。どうも、ワンピースってなると、「40歳以上くらいのマダムなひとたち」が着るようか、「ドレス風」になっちゃうのが多いみたい。意外と私が欲しいようなのは、サーフショップ的な、ストリートカジュアルのお店にちらほら売っているんだけど、どうもサマーホリデー過ぎるデザインが多くてねー。

じゃあ、ブエノスの女の子たちは、普段、どんな格好をして夏の街を歩いているかというと、お尻がはみ出そうなショートパンツに、Tシャツか、ノースリーブ。それにビーチサンダルなどのペッタンコのサンダルを履いてる。み~んなそんな感じで、結構単調。時々「あ~そういうのが欲しいんだよ!」っていうワンピースとか着ている人を見ると、思わず、「どこで買ったの~?」ってききたくなるけど、そういう人たちは大体、外国人に見えるんだよね…きっとブエノスで買ってないよね…笑

それから、私が、ブエノスファッションをあまり好きじゃないと思う理由がたぶん、セクシーすぎるところ。胸元開きすぎ、スカートは、短すぎ。デブでも、50歳以上でも、お構いなしにミニスカートはいてます。なのでこっちも、気にしないでいいという利点はあるにせよ。ちょうどいいのがないんだよね、ちょうどいいのが…例えば、私の好きな、クールでちょっとキュートな感じ(落ち着いた色と柄だけど、ワンポイントがヒラヒラとか)がないんだよね!柄物も好きだけど、これじゃ柄使いすぎじゃん!花柄とストライプあわせてどうすんの!っていう感じのも多いし…わかってないなぁ!

(オマエがいうなw)

歩き回っても、あんまり欲しいものがない、って思い込んじゃうと、もともと大して好きでない買い物が(スーパーの買い物は大好きで、毎日でもいいんだけどさ~笑)、余計億劫になっちゃう。今回、色々歩き回って買い物しているうちに、またちょっとだけ、感覚とか身についてきた。どの辺に行けば、気に入るものが買えそう~とか。この感覚、スコットランドにいたときでも、習得するのに数年はかかったからな…もう一度やり直しってことなんだけどさ要するに。

90年代から一気にインダストリアル化されて、どの街へ行っても、メインストリートに同じお店が並んでいる退屈な国に成り下がってしまったUKと比べると、ブエノスは断然、東京のノリに近く、中心地のあたりだと、角を曲がるたびに、予想していなかった宝箱に出会える感覚で、ハッとする個人経営のお店があったりします。ということは、まだまだ私なんてひよっこで、全然この街を知らないってこと。この色々ある感は、10年たっても20年たっても、知り尽くせないとは思うけど。新旧のお店の入れ替えもあるしね。なので今は、「あんまり自分の好きなのないなぁ~」って思うけれど、いつか、大好きなお店が見つかるかもしれないし、これからもめげずに、地道に探していきます。

まぁ、洋服は日本に帰れる時、まとめて買ったほうがいい気がすごくするんだけど、それをいっちゃあね。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : ファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

Secret

確かにUK何処の都市へ行っても同じ品揃えですもんね。

ワタシも「買うぞ」気分だと、CordobaかSantaFe,Corrientes(Once周辺)ですかね。
あとCordobaのついでにVilla CrespoのOUTLET街を
見てみると、掘り出し物がありますよ。

あとコワい物見たさでFeria Americanaを見ると
とんでもなく良いものが混じってたりします♪♪

 >90年代から一気にインダストリアル化されて、どの街へ行っても、メインストリートに同じお店が並んでいる退屈な国に成り下がってしまったUK

 これはわかるなあ。
街の中心部はどこ行っても、
どっかからコピー&ペーストしてきたかのような
感じだからね。
その点、ロンドンのSOHOはいいよ。
インディーなお店沢山あって、雰囲気が独特。
ただ、服飾関係は高くて買えないw
インディーなのに。
 
 もうさ、いっそのこと
ミシン買って自分でワンピース作っちゃう!てのはどうよ。

Re: タイトルなし

★fnx_tmk
ほんとそうだよね。でも、どこの街だって、探せばある程度、オリジナリティが残った場所は必ずあるけれども。マンチェだってそうだし、グラスゴーもしかり。でも、メインストリートはどこもまったく一緒だよね。

ロンドンはやっぱり多少他とは違うところがあるよね。それでも大分汚染されてしまったように思うけれど。ロンドンの古着屋さんとか大好き。いくたびに、何かしらと買っていたな~。こっちはレトロでも、あんまり私の好きなレトロ感のある洋服がなかなかみつからなくて、イギリスのあの感じが時々すごく懐かしくなるよ。クリスマスの間なんて、特にスコットランドのあの、めちゃくちゃクリスマスな感じが恋しくて、心ここにあらずだったわ(笑

そうそう、いっそのことミシン買っちゃったほうが早いかも!って私も実は思ってる(笑 生地屋さんはたくさんあるんだよ~!

Re: タイトルなし

★みほさん
やはり、Villa CrespoのOUTLET街のほうがいいですよね!それが、コルドバから曲がっていったところのことですよね?あの辺はやっぱり周りがいがあります。なんていってたら、いくら蒸し暑くとも、蚊がうようよいようとも、ブエノスに帰りたくなってきてしまいました(笑

フェリア・アメリカーナ!!いわゆる古着屋さんですよね?私もよく気になってたんですが、時々みかけてもあまり入店したことはなくって。近くにもひとつあるので、ブエノスに帰ったら早速行ってみようと思います。いつも情報ありがとうございます。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。