CHOCO★BLOGG セサミもんの旅行手続き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セサミもんの旅行手続き

12月15日から、保安の家族に連れられて、夏休み休暇に出ます。場所は、隣国のウルグアイなんだけど、アルゼンチン人にとってウルグアイって国が外国という認識が低いようで、あっそういえば外国だったジャン!やべ!みたいなノリで…1ヶ月も行く予定なので、「セサミン(保安ママはそう呼ぶ)も連れてきなさいよ!」というお義母さんのお言葉に甘えて、そうすることに…

そういえば外国だったジャン!と言うくらいなわけでやっぱり、お隣といえど違う国。

やっぱり?

そうやっぱり色々書類がまた必要になってくるのです。

前もって、獣医に行って(保安が)色々聞いたりなど調べたんだけど、

「あ~ウルグアイね~狂犬病の注射と、虫下しの薬を飲ませて、あと健康証明書と、セナサ(国の検疫管轄)から書類もらうだけ。え、作成の時期?出発の10日前以内ね。全部1日で出来るよ、問題ない、簡単だから。」

って言われた。でも、わたしは、スコットランドからこっちにセサミを連れてくるときに、エライ大変な目にあってるので、信じられなくて、

「本当?狂犬病の予防注射は少なくとも1ヶ月前までにはしないとだめなんじゃないの?」

ときいたら、

「あはは、UKは動物関係は8ヶ月前から準備しないといけないもんね~」

みたいに笑われたよ。そんな重大なことじゃない的に…実際8ヶ月ってのは大げさすぎるけど、いちいち準備してたらそのくらいかかっちゃうかもね…冗談抜きで…。

もちろん、目的地によって違うんだけれど、ウルグアイは、IDチップを入れるのすらも要求してこないみたい。まぁセサミもんは、すでにチップ入ってるからどっちでもいいんだけど。

そんで今日、そういった諸々を1日でやってきました。

まずは、獣医さんに。日本とかスコットランドだと、獣医さんひとつ行くのにも、1週間前までには予約して~時間厳守で~って一仕事だけど、なんだかこっちには、角を曲がるたびくらいの勢いでペットショップを兼ねた獣医さんがたくさん。なので、予約もしないで軽い気持ちで行けるのです。前に、旅行について色々ききに行った獣医さんに行ってみると、今日は祝日の翌日ということで午前中だけ休み(なんでやねん)。というわけで、最近見つけた、もっと近所の獣医さんに行くことになり、逆に良かったみたいな。しかも、そこの獣医さんたちは、猫のプロ?診察室など、猫の写真だらけ、お店でも猫が3匹飼われていて、診察室と店をうろうろ、いったり来たり、なんだかいい感じのところでした。

IMG_20101209_112451.jpg

カウンターに座って、看板猫。普通、猫とかってお医者さん嫌いなのに住んじゃってるのがすごいよ全く。診察室にも普通に入ってくるし。大体、この猫ちゃん、すごいフレンドリーで、うちらがお店に入って、待合室の椅子に座ったとたん、ひざにピョンと上ってきたんだ。なんか仕事してる感があったな~。エライ子だ。

そして、セサミもん、アルゼンチンの動物のお医者さんデビュー!セサミもんは、すぐ診察してもらえて、注射を2本。狂犬病の予防注射と、猫の伝染病予防注射3種混合も。後者は、旅行には必要ではないのだけど、前のがちょうど切れていたのでついでに。それから、虫下しの錠剤を半分カポンとのまされました。

と書くと、なんだか簡単に終ったような気もするけど、そんなわけは全然なく…。あんなに怒ったセサミもんを見たのは初めて、っていう烈火の怒りようでした。普段、(シャワーのとき以外は)穏やかな性格だけにびっくり。子猫の頃いじめられたりしていた経験もあり、臆病者なので、怖いとすごい攻撃的になっちゃうんだろうね。避妊手術するまでは、ケージにも喜んで飛び込むくらいで、獣医さんも全然平気だったんだけど、手術以来はもう、ケージもお医者さんも、大大大キライになっちゃった。とほほ。

なので、わたしと保安と2人がかりで、首根っこ捕まえてセサミもんを押さえつけ、それでも暴れようとするので、体全体をかなり強く押さえ…というかんじで、やっとこさで注射2本、錠剤は全然飲み込んでくれなくて、別の部屋にいたもうひとりの獣医さんを呼んで(笑)3度目の正直でやっと成功。はっきりいって獣医さんも、スローなタイプで、そりゃあ猫もびびるよねぇ状態だったんだけどねまぁ。

セサミもん、本当頼むよもう…

IMG_20101209_112554.jpg

とらわれたセサミもん。これ注射とか全部終った後なのに、まだ顔がおびえてるよ…

sesamecosa.jpg

獣医さんでもらってきた、健康証明書(左)、アルゼンチンの管轄、セナサに提出して書類をもらう用、右は狂犬病予防接種証明書。

sesamecosa2.jpg

あと診察券と、ウルグアイ側に渡す用の健康証明書。

さすがに、スコットランドからアルゼンチンに行くときは、アルゼンチンにペットを連れて行く人なんてめったに…というよりわたしが初めてだったので、獣医さんも全然知らなかったけれど、こっちでは隣国に気軽に動物を連れて旅行する人が多いようで、必要書類もあっという間に揃いました。

sesameurg (3)

さっきまであんなに怒っていたのに、うちに帰ってきてさっそく「ご飯ちょうだい」のセサミもん。

sesameurg (2)

一息ついて、まずは近所のお店で一通り書類のコピーを取り、その後すぐに、セナサの手続きのとれる、Lazareto Capitalまで。これがちょっと街から離れたところにあり、バス降りてからだいぶ歩く。疲れた。これ、もしも猫連れで行かなくちゃならないルールだったとかしたら車なしではちょっと大変。でも幸運にも書類を持っていけばいいだけ~

セナサのウェブサイト

sesameurg (1)

紙を渡されて、そこに必要事項を記入し、隣のビルでお金を払い、もとに戻って、正式にプリントされた書類を受け取る、という流れでした。午後2時ごろで、並んでいる人は20人くらいいて、後からもちらほら来ていたので、結構、休暇などにペットを連れて行く人が多いみたい。前後のひとたちと、会話が始まって情報交換にもなってちょうど良かったです。

(ま~わたしは半分くらいしか言ってることわかりませんがねw)

みんな、犬や猫を連れて、ペルー、エクアドル、ウルグアイ、アメリカ合衆国、などに行くようで、やはりアメリカの国々が多いね。でも、もちろん、日本やイギリスに行くときだって、目的の国によって必要書類や条件などは多少違っても、この同じ場所にこないとダメみたい。

まぁ、保安に全部やってもらってわたしは単なるアシスタントだったとはいえ(笑)、1日であっという間に終っちゃった。行きは飛行機で行き、短距離のフライトなのでたぶんセサミはカーゴ扱い。1キロあたり、2.5USドルの換算らしい。一緒に機内にも連れてこれるけど、そうすると、50USドルだったかな?帰りはフェリーで帰って来るので、フェリーにはただで乗せられるんだそうです。なんかやっぱり全然ゆるいね。ただ、アルゼンチンに帰って来る前に、ウルグアイ側で獣医に行き、また健康診断書をもらわないといけないとか。それがちょっと面倒かな。でも、同じ言語の国で、ほとんど文化も変わらないところなので、そういった意味では楽。

あとは、問題なくスムースに行くといいけど。セサミもんも、スコットランドからの長旅もやったし、去年も遠くまで行ったし、もうさすがに慣れたよね。

とかいって、逆にトラウマになってたりしてw

獣医さんに、「ゴルダ、ゴルダ」(デブ、デブ)と呼ばれたセサミもん、今日からちょっとご飯少な目でダイエットです…500グラム減れば2.5ドルの節約にもなるしね(けちくさ)。まぁ、今うちの家の中全員デブですが。なんとかしないとなこりゃ。ひとつ、夏の間プールで泳ぎまくるか…


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secret

こんにちは

はじめまして。

1年位前から、たまに覗いている者(♀)です。
ブエノスを一人で旅行してからアルゼンチン大好きになりました。
何事も適当だし、男性が物凄く積極的なのでモテモテ気分を味わえたし笑。
建物は重厚だけど車がポンコツとか、空は真っ青(秋口でした)だけど空気が排気くさいのとかも懐かしく思います。

最初はアルゼンチン情報目当てで見ていたのですが、いまはセサミもんのファンです笑。

まず名前の響きがかわいいですよね。
セサミもん、の「もん」て、なかなかどうして思いつきそうでつかないと思うんですが(普通日本の人だと「セサミたん」とか「セサミっち」に落ち着くような)、由来はなんなんでしょう?

もん=者(もの)でしょうか?
セサミ者、ってこと??笑

真相はさておき、今後も楽しく読ませていただきます!
セサミちゃんの写真気持ち多めでお願いします笑

ふむふむ

猫に狂犬病の注射ですか
それでもみんな外国によく行くので手続きは簡単、と。

先にちょっと知っている人で長年ブエノスにいた人が
猫3匹連れて帰ってくるというので、そりゃあたいへん、
と思ったけど、手続きはきっと簡単だったんですね。

使える獣医さんが近所に沢山あるのはいいですね。

休暇、楽しんできて下さい!

Re: こんにちは

★Maiさん
はじめまして!
1年も前から覗いていただいているんですね、とすると初めてからすぐくらい。どうもありがとうございます。ブエノスアイレスいいところですよね。私も、味があって、いろいろな顔があって、大好きです。確かにモテモテ気分味わえますね(笑)。道歩いてるだけで、ポエムみたいなの飛んでくるし。これ、不思議なのが、アメリカとかヨーロッパの子達は、「ブエノスの嫌いなところ」にあげるんだけど、我々日本女子たちはたいてい「ブエノスの好きなところ」にあげる。文化の違いを感じて面白いと思いませんか。

セサミもんのファンなんですか~!!セサミもん、大喜びです。で、名前の由来なんだけど…セサミ、ってのが本名で、それってあごの下に、黒ゴマ大のポチがあったのでそれが由来。大きくなったら小豆大になっちゃったんだけど(笑)。もんの由来は…特にないや。はは。普通に呼んでいるうちにそうなっちゃった。「もん」から派生して、「ももこさん」ってあだ名もあって、いつも首輪をつけているので、「ちりりん」というあだ名もあり、フルネームは「セサミ・ちりりん・ももこさん」です。ああ、ますますわけわかんないですね…

また今度ブエノスにいらっしゃるときは、ぜひセサミもんに会いにきてあげてください!できれば、セサミもんの大好物、かつおぶしを片手に!笑

これからもどうぞよろしく!

Re: ふむふむ

★まじょりさん
ほんと、なんだか猫に狂犬病の注射って変な感じですよね。日本だと、犬には義務付けられているけれど、猫にはまったくないし。ほんと、手続きは、スコットランドからこちらへ来るときの大変さと比べると、うそみたいにシンプルでした。飛行機にもスムースに乗れて、入国もすぐに担当者がやってきて、簡単に済みました。

猫3匹も!!その方は、ブエノスから日本につれて帰られたのですか?たぶん、金銭的には大変だったろうけれど、手続きは割りとスムースだったかもしれませんね。でも日本側が厳しいから、時間はかかるんだろうけど。確か日本は、40日前だかに書類をあちらに送って…などのルールがあったようなうろ覚えがあります。

ありがとうございます!毎日、なんとなくでも楽しくやっています。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
9位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。