CHOCO★BLOGG トルカサベイビーたちの巣立ち?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルカサベイビーたちの巣立ち?

うちのエアコン室外機の上に、ほっておかれた植木鉢(代わりに使っていたアイスの容器)の上に巣を作り、卵から2羽のヒナが孵って育っていた話。1週間くらい前に、いなくなりました。巣立っていきました!と胸を張っていえるような状況でなく、なんとなく腑に落ちない感じだったんだけど…

結局生まれてから巣立ちまで、2週間弱だったかな。あっという間!

torcazafamily (1)

これは、巣立っていく3日前、11月17日に撮った写真。羽がだいぶ生え揃ってきてます。そこに、ふわふわの産毛がまだ混じっていて、かわいい盛り。先に生まれたほうがどうやら大きいみたいで…

torcazafamily (2)

私が近づくと、こうやって、お兄ちゃん(お姉ちゃん?)の方が、ちっこい方をかばうの!オォ!もう、だってほぼ一日中、放置されてるからね、このころでは。家族団らんの時間もなくなっちゃった。でも、親鳥、頻繁に餌をあげには帰って来るけどね。

torcazafamily (3)

「うちの子に何かしてました?」

torcazafamily (4)

「あっ、飯がきた飯が!ごはんくれ~ごはん~」

torcazafamily (5)

「ガツガツガツガツ」

torcazafamily (6)

「もっと~!もっとちょうだい~!」

torcazafamily (8)

この頃では、親鳥を呼ぶ声を出すようになりました。それも、「え?これ、このヒナたちが鳴いてるんだよね?違う?」っていうくらいの、かすかな、キイキイキイキイっていう声。そして食事のとき以外は、こうしてじっとしている。でも近づくと、反応して動くようになって、あんまり近づくと、巣から落ちそうになるくらい動く。まだちゃんと飛べないみたいだけど、羽をバタバタできるようにもなってもういっちょまえに、トリ!

torcazafamily (9)

これが親子3羽で一緒におさまった最後の写真。色の感じとかも、お母さん(お父さん?)に近づいてきたね。親鳥に育児の疲れが見えることない?口写しで餌をあげるから、もう大変よ。口に餌のシミがついてるでしょ。餌は吐き出してあげるんだけど、その中に、とうもろこしとか入ってんの。つーかさ、どこでとうもろこしなんて食べてくるの?そんな畑があるような遠くまで飛んでいくのか、八百屋でパクっちゃいないよね?しかも、とうもろこしは、大きすぎてヒナの口に入らず、いつもこぼれて、うんこだらけの巣でひからびていくんだよね~笑

torcazafamily (10)

そして、最後の家族写真をとった夜のこと。なんと、初めて、子供たちだけで夜の間もずっと、置き去りの刑にあっていました!そろそろ、羽も生えたし、自立しなさい、という親からのメッセージなんだろうか?それでもじっと待つ子供たち。がんばれ。

そして翌日。昼間のことでした。ちょうど私たちも、ランチをとっていたとき。ベッドルームの方の窓際から、いつもはかすかなヒナたちのキイキイ声がいつもより大きく聞こえてきました。最初はあ~トリさんたちもご飯中なんだな~と思っていたけど、なんか虫の知らせを感じて行ってみるとあれ!

100.jpg

うんこ屋敷がカラっぽ!!

でもでも。つい1分くらい前までは声と羽音がしていたんだから、まだ遠くまで飛べるはずもないし、近くにいるはず!よく耳をすませてみると、キイキイとかすかに親鳥を呼ぶ声がします。しばらくすると、親鳥が戻ってきて、向かいのアパートのベランダにとまりました。あちらの窓から、こちらの窓から、のぞいてみると、あ!こんなところに!室外機が、外壁に留めてある金具のところ、要するに室外機と、壁の間の危ういところに、お兄ちゃんの方がとまっていた…というより落ちていました…

予想するに、親が、巣立ちを促したのかもしれないです。それでキイキイがいつもより大きく聞こえたんだと思う。

もうすぐ落ちそうなギリギリなところにとまっているし、こんなところにとまっていたら親にも見つけてもらえない。ここは助けるところだろう!ここは助けていいだろう!と判断して、そっと手でもちあげると、ヒナはパタパタと飛んで…というか、ニワトリなみの飛行力で、かろうじて向かいの家のベランダまで到着。

torcazafamily (11)

おうおう。なんかりりしいじゃないかキミ!しかしもしやそれ以上飛べないんじゃ…

torcazafamily (12)

最後にとった写真。お母さん、めっちゃ探してるんですが。つかすぐ近くにいるんですが…ボケすぎちゃう…。そのあとやっと見つけ、このベランダのところで餌をあげていました。しばらくすると、隣のオバサンが出てきて、どうやら、棒でヒナを追い払ってしまったようでした…オバサンは、普段いつもいい人なんだけど、巣があるのをあまりよくは思ってないようだった。でも、ここまで育って、たったいま巣立ちをしたような弱弱しいヒナを棒でおっぱらっている(かのように見えた)なんてひどくない?隠れてみていたからはっきり見えなかったけど、そうだったんだと思う。一気に好感度ダウン。そのあとは、ヒナの姿を見ることも、親鳥の姿を見ることもなくなりました。小さいほうの、弟か妹にいたっては、巣立ちの後、一度も姿を見ることがなく。親も、一生懸命、あっちへいったりこっちへいったりとして、探している風だったけど、もしかして巣から落ちてしまったんだろうか…となると、ここは日本でいう7階なんで、下まで落ちたら、大ボケかましまくりの親にも見つけてもらえないだろうし…自然って厳しい。

保安は「いくらなんでもミリアム(となりのおばさん)が棒でおっぱらうってことはないでしょ~!ヒナたちは弱そうに見えるけど、自然のトリたちだから、強いから、きっとどこかで元気でやってるよ!」といつもの前向き意見を述べるんだけど。私もそうであって欲しいと思う。巣立つ前の数日は、もう、本当にうんこがすごいことになっていて、ダニもわいていたし、

「これ、普通の状況だったら、巣は木にあるわけで、うんちしても、自動的に下に落ちるから、ここまで巣が汚れることはないんだよね…とすると、ヒナたち、不衛生な環境に育ってある意味かわいそう…」

と心配になり、お互いのためにも、早めに巣立っていってくれることを願っていたんだけど、いざいなくなってみると、あまりにもあっけない終わりで、この目でしっかり、安全に巣立っていくところをみたわけでもなく、いつのまにかいなくなってしまった、という感じだったので、なんか腑に落ちない。

でも、トルカサが巣をつくり、卵を温めてそれが孵って、巣立っていくまでの1ヶ月をこんなに近くで見ることができて、なんだかいいものを見せてもらいました。公園などで、トルカサを見るたびに、あ~うちの子たちも元気でやってるかな~これかな~あれかな~なんて思いをめぐらせています。

鉢は、いなくなってから3日位の間は念のため、とっておきましたが、その後、処分して、まわりの鉢も片付けて、室外機も掃除して今や何事もなかったようになりました。ヒナたちが巣立っていった日は、奇しくも、保安のおばあちゃんが亡くなった日と重なり、生きるとか死ぬことのストーリーを1日で見たような気がしました。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

関連記事

テーマ : 鳥さんとの暮らし
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secret

そっかぁ。。。巣立っていっちゃったのね。
確かに巣立った日は見てて危なっかしいけど、その後はきっと無事にどこかで一日一日、いろんなことを経験しながら強く育ってるさ。
いつか遊びに来てくれるといいね♪

大丈夫、きっと元気ですよ

そのとき、っていつ来るかわからないし、
どんな風にくるかもわからない。
そんなことを思います。

トルカサ一家も思いがけないときに思いがけない展開で
巣立ちになっちゃったのかもしれないけど、
きっとうまくやっていますよ。
姿の見えなくなった子も、7階ならかえって落ちる前に飛べただろうし、
遠くまでえさを獲りに行っていた親鳥だもの、きっとみつけましたよ。

しかし、来年も戻ってきたりするんですかね、ツバメみたいに。

Re: タイトルなし

★Caorin
うん、巣立って行っちゃったよ~。
どこかで元気にやっているといいんだけどね。本当に危なっかしかったからさ~。わたしはちょっと寂しかったけど、保安はいなくなってからも平気そうだったけど、ある日散歩していたとき、ふと道端にいた例の鳥を見ながら「子供が育って家を離れていくときはあんな気持ちがするんだろうね~」っていってた。いつの話やねん(笑 将来的すぎ…

ネットとか見てると、巣のあったところに時々戻ってくるヒナたちもいるそうで。いつか遊びに来てくれるかな~ってちょくちょく窓の外を見てるんだけどね。まだきてくれない~。

Re: 大丈夫、きっと元気ですよ

★まじょりさん
本当ですね。そのとき、っていつくるかわからない。どんな風に来るかも…。人生とか、出来事とか、いろんなことは不思議です。でも不思議となるようになっていく。だからきっと元気にやっていますよね!

確かに、7階なら落ちる前に飛べたかも!みなさん、考え方が前向きで勉強になります。確かにそうだよね…落ちながら飛べるもんね鳥だし羽ついてるし…(反すう中)。

どうなんでしょ?来年も戻ってくるのかな。でも、鉢とか全部片付けてしまいました。どのみち、様子を見に来てくれるといいんだけど。でも来年は、ちゃんと糞がしたに落ちて、衛生的な巣を、普通に木に作って欲しい気もします(笑
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。