CHOCO★BLOGG 魚の話、鯛のあらの話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚の話、鯛のあらの話

日曜日の昨日は、いきなり真夏のような日がやってきて、汗だく、夜は虫が大発生し、キッチンに集まってくる異常なまでの数の、各種・色とりそろえた羽のついたちっちぇえ奴らと格闘しなければならず、なきそうでした。保安や、そのとき一緒にいた彼の同郷の友達は、"田舎"育ちなので、虫くらいへっちゃら。私の辛さをわかってもらえません。

「虫くらいいて当たり前!」

と。てかさ、いやさ、10匹くらいまでならいいとしよう。これが100匹くらいの単位となると…

「わかった、100歩ひいて虫はいいとしても、料理する人の身にもなってよ。虫がいちいち落ちてくるんだから…」

と言うと、

「カンポ(牧場、農場みたいなものでそれを家族のサイドビジネスにしている人が多い)なんか行ったら、真っ黒になるくらい虫いるんだから。虫くらい平気で食べれる。アサドとかやってたら、虫が肉につくし。つーか虫を嫌がってたらご飯食べれない。」

とのこと。げええええ…

って言いながら、ちょうど虫(蚊くらいの大きさの虫で、でも蚊じゃない羽虫みたいの)がついていた部分のご飯を、パクりと食べてしまった保安。げええええ(再)。最近、あんなに嫌いだったゴキブリですら、ティッシュでつぶしてポイ、とかできるようになったけど、さすがに飛ぶ虫がついたご飯は、こちとら食べれないぜ…

そんな話のあとでなんですが、最近、お寿司なんかにしたあとの鯛のアラの料理法(?)にはまってます。お寿司やお刺身にするには、大ぶりの鯛のほうがいいということがこの頃わかってきました。小さいと、身がくずれやすく、全然お刺身状に切れません。して、この国では、半身だけ買うとかそういうわけのわかんないことはできません。買うときは1匹単位。もちろん、うろことってください、内臓きれいにしてください、フィレにしてください(皮付き、皮なし)などはできます。

それから、生で食べるときは、昆布締めにしないと、生臭くてあまり私は好きじゃないです。でも、昆布締めにすると、味わい深くなり、まったりとしておいしくなります。刺身や寿司にするなら、私は、スズキの方がすきなのですが、アルゼンチンに来てから、スズキさんにお目にかかったことがありません。前に魚屋に聞いたら、「それはスペインの魚」といわれてしまった。アルゼンチンに鈴木さんはいないんでしょか?

(肉屋にスズキさんはいるらしんですけどね。つーのも、薄切り肉を「スズキ」という愛称で呼ぶ肉屋がベルグラノのどっかにあるらしんですよ、昔日本人の人が薄切り肉を頼んでいて、その人の名前が「鈴木さん」だったことが名残なそうで。普通は薄切り肉、って概念がまずないんでココ)

スコットランドにいたときは、お寿司などするときは、かならずサーモンやまぐろと一緒にスズキ(魚の話に戻)を買ってたんだけど。ブエノスでは、赤いマグロもないです。ごくたまに旬のときだけあるときもあるけど、どーせ美味しくないもの、高すぎて手が出ません。

お魚は、このあたりでは、やはり中華街が一番新鮮で、お魚食べるときははるばる中華街まで出向きます。この頃、よく行くお店の魚屋さん部分の兄ちゃんたちは、なんとなく私たちの顔を覚えてくれたっぽく(南米人、中国人じゃない)、さばいたあとの魚をもって、

「頭も持って帰る?」

と向こうから聞いてくれます。そうじゃないと、捨てちゃうんだよ、もったいない!ある日、

「兄ちゃんたちも、アラ食べるの?だとしたらどうやって?」

と聞いたら、

「味噌と一緒に煮るとおいしいよ!(味噌汁のことだと思われ)おすすめだよ!」

と、南米人にアラの味噌汁をすすめられてしまった、私、日本人。

いつもは、あら煮にすることが多いのですが、なんとなくパサついて気に入らなかった。今日は、お兄ちゃんのお勧めで、あらの味噌汁にしてみました。

鯛の昆布締めにつかった昆布(なのでたくさんの昆布なのだ)を、じっくり水につけておいてゆっくり出しをだしたところに、骨部分のあらを適当にぶつ切りにして投入、味噌をとかして、仕上げにねぎ。

いやぁ、これが、げろうま!!驚

もちろんだしの素なんて入れてません。鯛のあらの出しと、昆布だしが濃く出てて、すし屋のあらの味噌汁並みの美味しさでした。最初にちゃんと、塩をしたあとに熱湯をかけて臭みをとり、きれいにあらってから味噌汁にしたのがよかったよう。

それから、カマのところと、カブト部分は、これまた塩をしっかりしてしばらく置き、そのあと、オーブンで焼きました。

(うちにはグリルなんてありませんので)

焼き上がりにレモンをしぼって。これもまた美味しかった。もちろん、保安は、魚の頭になぞ全く興味はないので、私独り占めです。かくてメインの料理には目もくれず、鯛のあら味噌汁と、カブトの塩焼き、と普通の人(この国の)たちは捨ててしまうところでおなか一杯になってしまった私。残り物で済ませてしまう、お母さんな気持ち(でも美味しくて幸せ)を味わった夜でした。

あらについては、ブログはちょうどよいメモになるので、今後のため記録しておきました。

ちなみに、今日は一転して、雨の1日。昨日とうってかわって気温も下がり、虫も一匹もいなくなった。なんかホッとしました。でもまた虫大発生の日に備え、蚊取り線香を買ってきたよ。アルゼンチンにも蚊取り線香があるんだよ!

ところで!!
例の、我が家のファミリー、パロマちゃんにはすでに山盛り、山あり谷ありの続きエピソードがあるのですが、時間の使い方の下手くそな私、なかなかまとめて写真など編集できず、もたもたしています。明日こそ、とりためた写真などアップして、その後のパロマちゃんの様子を記事にしたいと思います!

乞うご期待!!笑


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

Secret

やばい

げげ!やばい!食べたくなってきました♪
これから魚屋行って来ます!

Re: やばい

★みほさん
魚屋さん行ってきましたか!?
またブログにアップしてくださいね~!
最近の、タンドーリチキンも美味しそうでした!!
ってここですいません。

(つか、チキン3キロで20ペソなんてどこで買えるんですか~!?スゴイ!)
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
7位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。