CHOCO★BLOGG 一周年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一周年

今日でアルゼンチンに住みはじめてから、1年が経ちました。別に指折り数えて待っていたわけではなく、そういえば去年の今頃だったよなぁと数日前パスポートを開いてみたら、11.Oct 2009のスタンプがありました。

(ほんとあっという間!もし神様がいたら、時間軸のネジを年々早めてるに違いない。)

てか、かなり下手くそな押し方でだいぶ解読不能だったけど!
君らパスポートのビザまでこんな適当発行でいいんか!

(エセイサ空港のスタンプ押しバイト(正式名称:入国審査官)の名誉のためにも、他のスタンプは割とキレイに押してありました、だいたいは)

感慨深くなったり、お祝い(?)に美味しいレストランに行ったりとか別にしないけど、ちょうどうちの妹が昨日の10.10.10に入籍したので、その翌日、という覚え方で忘れたくともいつまでも忘れなさそうな日程。ちなみに、私事ですが保安と再会した日(=うちらの中では記念日に設定してある)も、11月11日で、妹の誕生日と一緒という、何かと妹がらみで忘れない日ばかりのようで、次はなんだ妹よ、そして入籍おめでとう!

あとなんかあったかな…

感慨深くなったりしてないと言っておきながら、去年の今頃は、あ~やっとついた、あ~やっとでかい仕事が終った感に包まれていたはず。猫持って、デスクトップのコンピュータ持って、持てる限りの洋服や日用品をスーツケース2つにつめて(いかにも自分がやったかのような言い分だが実際のところ友だちが全部やってくれた、ありがとう)、かなりドキドキしていたな~。最初の頃の自分は、地下鉄にもバスにも一人で乗れず、スペイン語のスのフ部分すら知らず、保安の助けがないと何もできませんでした。

なんちゅうとすごいアレもコレも、思い出しているような風に聞こえるが、実際あんまり色々細かく覚えてなくて、ぼんやりしているという。ただ思い起こすのは、ここへ来るまでに色々教えてくださってお世話になった方の言葉。

(きっと誰もがそうだと思うけど、わたしの人生の中でも、あんなときやこんなときに、誰かがかけてくれた意味があったり、忘れられない言葉が節目節目にあります)

「人生の中で数えるほどの大きな転機の一つだろうし、ブエノスに到着して実際生活が始まるまでは、不安だろうし、色々大変なこともあるだろうし、面倒なこともあるし、精神的にも参るかもしれないけど、実際ついてみて、生活が始まったら楽しくなるだろうし、そういう大変な部分は忘れちゃうもの」

的なことを言われたこと。本当にまさにその通りで、ここへ来るまでの決断や、準備など、ブエノスへ移る(がね!いつも大変なのは女!でも環境に適応・順応しやすいのもまた、女。これは間違いない)というアイデアを実行に移すまでの1年間は、悩みもあったし、ドラマもあったし、肉体的にも精神的にもキツイことたくさんあった。その分勉強したことも、幸せだったこともたくさんあった。でも、大変だったようなぼんやりした記憶はあるけど、

やっぱりあんまり「大変部分」覚えてないw

昨日のことは忘れるのって自分のいいところだと思う。そのおかげで、七転び八起きっていうか、くじけてもくじけても結局立ち上がってるからなぁ。でも、またくじけるけど。状況や環境、歴史や未来は違っても、一人ひとりの人生、きっとそうなんだと思うけれど。

まぁ、でもいまだに

「he---y!! how are you? How was your weekend?」

的なことを言われると(英語カルチャーこれが多いので…)えーとえーと、週末?何したっけ?忘れちゃったちょっとまてよ?ってなるくらいの記憶喪失ぶりで結構困りますが。

(酒の呑みすぎでやはり細胞がかなり減っ…以下略)

まぁそういうかけあいがこの国では大分減ったのでいいですが。そういう問題でもないですが。

1年たち、相当いい加減なスペイン語をあやつれるようになり、この頃では、一生一人では乗れないと思ったコレクティーボ(市内バス)を適当に楽しみながら一人でも乗り回せるようになり、街で知らん人から声をかけられても、笑顔で対応できるような心の余裕もできました。お義母さんと2人きりにされても、楽しくお話してその場を切り抜けるようになりました。面白い友だちもたくさんできました。どこに行けば、何が手に入るか、何があるかなどもある程度わかるようになりました。

1年たち、一番何が変わったかというと、

「物価」

今までは日本とか英国とか似たような(いい意味でも悪い意味でも安定した)国にばかり住んでいたので、これが一番、いわゆるカルチャーショックかも。最初にアルゼンチンに(遊びに)来た2年前はまだ、「相当物価やすいなぁ」って思えるくらいでした。でも今じゃ、2年前から比べたら50パーセントくらいはあがってるんじゃ?去年から比べても、え~って思うくらいの物価の上がりようです。いつもいくレストランとかでも、あきらかに高くなったね、という感触があるし、肉や野菜、日用品などの値上がりもハンパない。まぁ、最初はビビったけど、最近そういうのにもなれちゃった。はは。でもあんまり慣れすぎると今度また、つまんなくなるからね、気をつけないと。最近じゃ、もう「ブエノスは物価やすいなぁ」なんていえなくなっちゃった。日本とほとんど変わらないんじゃない?日本は今、危ないくらいの円高だから、日本円で旅行とか生活なら、まだ「安い」って思うかもしれないけど、でも日本の国内の物価の感覚から言ったらたぶん変わらないのだと思う。デフレの日本とインフレのアルゼンチンがちょうど、かみ合っている感じ。

あと思うのが、だいたい海外に限らず、新しいところに住みはじめて1年~2年くらいのときって一番楽しいとき。新しい彼氏と付き合い始めて1~2年くらいが一番楽しいとき、というのと同じような感覚で(笑)。なのでこれからが勝負です。これからも、好奇心とか、向上心とか、やる気とか、失わないように。自分のペースでいいけど、自分なりに成長していけるように。よく友だちとも話すけれど、ブエノスアイレスっていう街は、好きなことを好きなようにやらせてくれる土壌というか空気があるというのか。今じゃ、排気ガスだらけで、「buenos (良い)aires(空気)」は、物理的にはないかもしれないけど、概念としては残っている気がします。なんというのか、好きなことを自分のペースでやっていても、誰も何も言わないし、むしろ肩をそっと押してくれるような感じがあります。それが、キャリアとか、お金とか結果に結びつかないとしても、それをアナタのスタイル、として尊敬したり受け入れてくれる感覚がある。それは、私にとって救いであり、自分らしくいても何も悪くない安心感をくれます。までも、お金もらえようがもらえまいが、仕事だろうが遊びだろうが、何でも面白そうなことなら飛んでいきますので、お仕事&遊びの話くれる方いたら、何でも声かけてくださいね~!!肩書き「何でも屋」ですから。

日本であったような、「いい歳してまだそんななの、しっかりしなさいよ」「○○すべきよ」「お前なんかダメだ」「頑張らないといけない」などの束縛めいたことからはフリーになれました。また、英国にあった、「人より優れていないといけない(どういう風にかわからないけれど)」「その道を極めないといけない」「優秀でないといけない」「ある程度の普通感から逃れてはいけない」などの重荷からも開放されました。今思えば、日本と英国はとても似ていました。国民性も、何もかもすべて、ブログの1記事だけじゃ書ききれないけど。今自分が、自由な気持ち、開放された気持ちを感じるのは、国と文化の違い、一緒にいる人やひとたち、自分自身の変化や年齢などいろいろなファクターがあるとは思うけれど、やはりその背景にアルゼンチンという国が提供する文化があるからというのは、きっと一つの理由だと思う。

なんだかうまくいえないけれど、とりあえず、私は元気です。私は楽しいし、幸せです。

これからもっとたくさんの出来事があるだろうけど、それにひとつひとつ向き合って対応していけるように頑張ります。別に結果がなくたって、人に認められなくたって、自分が「幸せ」と感じられるならそれでいい。でも、それなら人を不幸せにしていいっていうわけではないです。できるだけ周りの人に還元できたら、でもそれは二の次というか、おこがましい考えだと思う。自分がハッピーで前向きなら、きっと回りにもポジな気を振りまけるだろうし。それでみんな幸せになれたら、それが一番いい。そしてその連鎖で世界が幸せになったら、言うこともうない。そういうムードって大事だと思う。

今日の午後、私は用事があって出かけなくちゃいけなかったのだけど(時間は決まってなかった)、お昼ご飯を食べたら眠くなっちゃって、どうしても1時間でいいから昼寝したかった。

「眠い~しかもお天気よくてポカポカ!あのポカポカのお日様にあたりながらお昼寝したい…1時間でいいから…」

とふざけて言っていたら、テスト勉強中だった保安が

「じゃ~お昼寝しようよ!したいんだからすればいいんだよ!人生短いんだから、無理しないで、今したいことを好きなようにやったほうがいいでしょ。」

と言ってて。ほんと、1時間のお昼寝とか、どうでもいい、たいしたことないことなんだけど、結局そういうことなんだよね。人生短いんだから、今、したいと思ったこと!なんでもいいから、小さくても大きくてもやればいいんだよね。1年たって私が学んだのってそれが一番かな。で、結局、ホントに1時間陽だまりの中でお昼寝したけどね!

ただね~「自分の友だち」。今、そのほとんどが、日本系か、英国系っていう。まぁ結局、自分と気があうのは、日本か英国かって当たり前だよね、今まで住んできた国で、共通項があるんだもの。でも、せっかくアルゼンチンにいるんだから、もっと地元密着しなくちゃダメだよな~っていう気持ちも。友だちの友だち、という感じではアルゼンチン人もたくさんいるとはいえ、これからはもっとブエノスアイレス人のひとたちと「も」密着していけるともっと面白いかも~

まずスペイン語から。。。笑

長くなったけど。
毎年この日に、色々振り返ったり、立ち止まって考えてみようかな。それもいいかもね。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

しみじみ、よかったね、って思います

とんちゃんさんが、自分を内側からも外側からも
見つめている姿に、とても好感を持ちました。

カルチャーショックの研究などで言われているのは、
別の国に行ったとき、最初の一年はその国が大好きで、
二年目は逆に母国が好きで今いる国がいやになり、
三年目からようやく公平に見ることができるようになる、
ということです。

とんちゃんさんの場合は、既に自国を離れて何年も過ごし、
異文化の中での過ごし方に慣れているので
たぶん、これからが普通の人の三年目になるのかもしれません。
そういう中で、きっとアルゼンチン人のお友達も出来てくると思います。

これからも応援しつつ、楽しみに読ませていただきますね。

いいなあ、春なんですよね。
やっぱり日本にいるときみたいに、春=ワクワク感ってありますか?

1周年!おめでとぷございます:)
そして私の妹の誕生日も11月11日ですよ!

お互いアルゼンチンライフ楽しみましょ~!!
といいつつ私はもうすぐ1度帰国予定ですが・・・・・☆

 とんちゃん 1周年おめでとう。いつも読んでます。

むこうのお母さんと2人きりになったとき時のこととか、コレクーボの乗り方とか、タクシーの運転手さんと話してスペインゴ上手になったこととか、なんかジーンときますね。

 アルゼンチン暮らしたのしんでいますね。

Re: しみじみ、よかったね、って思います

★なみきせつこさん
どうもありがとうございます!そしていつもありがとう~。
これからもどうぞよろしくです。^^

カルチャーショックの研究なんていうのがあるんですね。
そういう勉強とても面白そうです。興味があります。
文化人類学か何かの分野でしょうか?社会学とかかな?心理学?
まぁ色々絡んできそうですね。いつかまた、大学とかで面白そうなこと勉強したいな~
とか思います。もう遊びの感覚だから、やたらめったらとできないけど。60過ぎてからとかでも。
確かにUKでの暮らしのときもそんな感じでしたね。1年目はとても大好きで、2年目は…みたいな。日本に帰りたくてしょうがないときもあったし。面白いですね!

この頃では、ちゃんと日本を公平に見れているのか謎です。というのも、日本もある意味「外国」的な感覚に自分の中でなっているから。もちろんアルゼンチンも「外国」だし、スコットランドだって「外国」であり、自分はもちろん
れっきとした日本人なんですが、自分の立っている場所はそのエッジ部分で、今「ただ暮らしている」のがアルゼンチンという感覚です。こういうのが公平に見えているという意味なのかしら?

そう、春なんですよ~!もうワクワクしまくりですよ~!暖かいし、美味しいものたくさんあるし、お花はきれいだし、元気が出るし。春は、どこにいてもワクワクします!

Re: タイトルなし

★machuさん
ありがとうございます。
え~machuさんの妹さんの誕生日も11月11日なんですね!偶然ってすごい!

ほんと、お互いアルゼンチンライフ楽しみましょうね~!!
もうすぐ一度帰られるんですか?いいな~。日本食とか色々また買って帰ってこれるし!
(って私食べもののことばかりいつも…笑)
一時帰国楽しんでください!また帰ってこられるんですよね?
ブエノスを通りかかるときはご一報くださいね~。お茶でもビールでもしましょ!

Re: タイトルなし

★よいこさん
どうもありがとう~!私もいつも遊びに行っています。
楽しく読んでます。

あんなこと~こんなこと~あ~った~でしょ~♪という感じです(笑
最近の空の青さを見ていると、「あ~あの季節がまたやってきたよ~!」と元気になります。アルゼンチンの暮らし楽しんでいます。ポイントはやっぱりお天気のよさかな~とも思う。お天気がよければあとは何とでもなるのかも。

花粉症もう、よくなりましたか?またお茶でも、美味しいものでも食べに行きましょう~!!
アサードもイカ飯も美味しそう。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
2位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。