CHOCO★BLOGG ブエノスのレストランで肉の塊を食べる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブエノスのレストランで肉の塊を食べる

週末また、保安パパと彼女がブエノスに遊びに来ました。
そのうち一晩は、キューバのダンス?歌?のディナーショーのあるところへご飯を食べに行くはずだったのですが、行ってみたら、場末のバーみたいなすっごいちっさいレストラン!なんでも歌手がテーブルを練り回り歌うスタイルのようで、

これはキケン!!

(もしかしてオマエも歌えとか踊れとかやらされるかも…汗汗)

っていうわけでもないんですが、そこからあまり遠くなかったプエルトマデロまで歩いて行って適当なレストランに入ることにしました。もしやブエノス人、寒いのが苦手!つか、寒いのが 好き って人は世界どこ探してもたぶんいないと思うけど、なんちゅうかブエノスアイレスって、

寒いっ!!

っていうイメージとか心の準備ができていないように思うんです。どっちかっていうと、え?ああ、四季あったんだっけ?じゃあ年がら年中暑いんじゃないんだ?っていう熱帯地域みたいな勘違いがあるような。少なくとも年中過ごしやすい気候的な勘違いがあるんで、ちょっと寒いと、すっげぇ寒い!死ぬぅ!と思っちゃうんだと思う。そりゃあ寒いわけなんだよ、ちゃんと冬の準備して真冬の格好してるわけじゃないんだもの。

そんなわけで、いつもなら観光客にデートに家族に地元人とにぎわっている、ぶっちゃけ世界中どこにでもありまくる"お洒落"なウォーターフロント、プエルトマデロも、なんだか閑散としている夜9時半ごろでした。お店に入ったら、お隣の国から来たブラジル人であふれていたけどね~。貨幣価値のせいで、ブラジル人にとってはブエノスアイレスへの旅行は今めっちゃ安いんです。なのでどこへ行ってもブラジル人だらけ。特に今冬休みなんで、たくさん来ている。普段はブラジルVSアルゼンチンといえば、ののしりあってばっかりいるけどねー笑。ちょっと前までは、逆の現象が起きていたそうで、逆にアルゼンチン人にとってブラジルが安かったので、たくさん旅行者が行ってたんだって。

で今日のご飯は、

肉、肉、肉!!!

です。ぐっ、またそうキタかっ!!

肉はすべて入り口近くでアルゼンチンスタイルで、こんな風にどっかり焼かれていて(つうかもう1頭単位ですなw)当たり前ですがアルゼンチン風カットでの部位別に頼むことができます。肉のカット、部位の分け方日本と違います。

asado.jpg

はこの日の写真じゃないけど同じ店です、すごすぎて目を奪われます)

DSCN5695.jpg

今日はみんなの大好きなVacio(下っ腹の後ろの方の、英語だとFlankと呼ばれる部分)を注文。このガツンとした固まりを4人で切り分けて食べます。肉を切るのは男性の役目です。ワインをグラスに注ぐのもこの国では男性の仕事。すべて家長であるお父さんが係。男の人の存在感がしっかりしています。その反面、ウェイター・ウェイトレスも、ワインや水などをグラスに注ぐとき、必ず女性から順番に注ぎます。完全なレディーファーストの社会です。

DSCN5696.jpg

サラダを頼むと、野菜を切っただけのものが、ボールにドカーン!と出てきますw だいたいミックスサラダだけど、自分で好きな野菜を選べることが多い。これはルッコラと硬いチーズ、ドライドトマトにマッシュルーム。マッシュルームサラダにするの美味しいよね!あとは、オリーブオイルと、バルサミコビネガーなどの、油&お酢コンビが出てきて、テーブル上にある塩&コショウと勝手に味付けて食べな!というほったらかしスタイルです。

DSCN5698.jpg

DSCN5702.jpg

こんな風に自分のお皿に取り分けて、食べれる分ずつ食べます。お肉は柔らかいし、ルッコラのサラダも大大好き!お肉の脂身、アルゼンチン人は基本食べません。あったら切り分けて残す。

DSCN5703.jpg

まだまだいきまっせ!焼きあがったMatambre(これも牛)。これもおなかの皮に近い部分、油身につつまれた部分の脂身を取り除き、薄くカットされた部分。マタンブレちゅー全然関係ない、肉の海苔巻きみたいな料理の名前もあるよ!また保安パパが切り分けてくれています。

ブエノス中、こういうアルゼンチン肉でステーキ、豪快バーベキューを食べられる店がたくさんあります。

つーかそればっかり!!

といっても過言ではないほど山盛り。まじ焼いた肉しか売ってねぇ!で外から焼いている風景が見えて。メニューは肉の部位。日本でいうしゃぶしゃぶ屋で肉を選ぶ感じに近い(笑)?ちなみにここの店はEl Potrilloという名前で、オフィシャルウェブサイトは工事中でした。つうのも、1年くらい前まではLa Caballerizaつうチェーン店のブランチだったんだけど、なんか色々あって契約切れて今に至るようです。まぁぶっちゃけ味は変わってないって話が。

(その前に味付けないだろ…)

初めて見たときは、アルゼンチン人たちが、パンをかじりながら

肉だけ!!

をレストランで食べる姿に衝撃を受けましたが、もうだんだん慣れてきました。本当美味しいもんな。まぁ、どこも似たり寄ったりで別に特別ってわけじゃないけど、ここのレストランは、特にお肉が柔らかい。あと、家族などで気軽に入りやすい場所です。

この日は、保安がトイレにたったときに、お父さんがすかさず、

「保安はいい男かい!ちゃんといい子にしているかい!大事にしてくれているかい!」

と彼女と2人がかりで質問してきて、

「いい子にしているよ!世界で一番いい男だよ!」

と褒め称えると

「あっちのほうもか!?」

と下ネタをふってきたことのほうがある意味衝撃でしたが!!さすがアルゼンチンの父!もちろんそのあと3人で大爆笑だったけど。日本のパパは、いくらジョークだとはいっても、自分の息子の彼女に下ネタふらねぇだろ!!まぁ面白くって、楽しいから、私はそういうの好きなんだけどね。

君たち肉ばっかり食っているから。。。(以下略)


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング

関連記事

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

あっちもこっちも~

肉、肉、肉、肉、肉、肉、肉、肉、肉
これを見た 嫁が「焼肉食べたい」と、
 
でも、長女(3ケ月)の ために
贅沢は しばらくできません。

まだ、連れまわせません。

アディオ~ス アスタレゴ~
(スペイン語 詳しくないので いろいろ教えてください)

こんにちは☆

素敵~~~~~☆☆☆
あーーー、最近こっちでは特に食べたいモノがないな~~。涙。
超美味しそうです!!遊びに行っていいですか?笑。

Re: あっちもこっちも~

★翔丸さん
肉にくにくにくにく~です。ほんと。
赤ちゃんがいらっしゃるんですね~。時々お肉でお嫁さんに精をつけてもらってください!

これね、この国だと逆なんです。お肉すっごい安いの。
なのでなんとお肉は贅沢じゃなかったりするんですよ!お魚のほうがむっちゃ贅沢でして。

娘さんがもう少し大きくなって早く動き回れるようになるといいですね~!
それまで、しつこく肉の写真載せますのでまた見てやってください(笑
肉のネタは限りなくありますんで。。。

私もスペイン語ダメなんです!まだまだ勉強中です。一緒に頑張りましょう~。こちらこそ色々教えてください ^^

Re: タイトルなし

★GrumpyPandaさん
こんにちは~ ^^

お肉好きですか!?
あんまり毎日だと、ううっとなっちゃうけど、やっぱり美味しいですよ~!
GrumpyPandaさんも、冷麺めっちゃ美味しそうでした~~!!
今どこにいるのですか?ブエノスまで遊びに来ますかまじで!?
来るときには連絡してね~。肉食べまくりましょ!

おもしろい

アルゼンチンって
マラドーナだけじゃなくて

牛の数も 多いんですよね。

うまくて、安い肉 いいなぁ~

日本って 肉 高すぎる

どんどん、アルゼンチーナの文化を
発信してください。

お肉 楽しみにしています。。。

Re: おもしろい

★翔丸さん
ええ、マラドーナは一人しかいないんですけど、牛の数は、アルゼンチンの人口4000万人の2倍とか3倍とかっていう話ですw 年に一人当たり70キロ?とか牛食べるんだって。そりゃあ牛の人口が必要だよね。。。ンモー

本当、日本って肉、高すぎるよね。手をかけすぎなのかな?それはそれでまた違うお肉ができていますよね。和牛の味ってもう、甘くって、とろっとして全く違いません?アルゼンチンの牛の味は、「ワイルド!!野生!!」な動物の味がします。

いつもありがとうございます!
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。