CHOCO★BLOGG かわいそうなセサミもん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいそうなセサミもん

ある日セサミもんのブラッシングをしていたときのこと。いつもはフワフワのきれいな毛がついてくるだけのはずが、もはもはと一緒になにやら白いフケのようなものが。え~なんで~と思いながらも2~3日過ぎ、またブラシをしてみると、やっぱり白いフケが。

コレ何!?何で?

と思いながら、ブラッシングを続けると(セサミもんはブラッシングが大好き)、その理由がわかりました。

うがー。ノミ発見!!

一瞬目を疑いました。。。でも、子供のころから猫と共に暮らしてきたわたしの目には見慣れた、それはどうみてもノミ!でも、セサミもんは、家猫。実家で買っていた猫は、外に出せる環境にあったので、ノミがつくのはしかたないと思ってたんだけど、家猫にはノミなんてつかないと、思ってた。ところが、そう思い込んでいただけだったのです!

さっそくネットで調べてみると、なんと一度も外に出たことのない家猫にも、ノミはつくとのこと。人間が外から持ち込んだり、何か物にくっついてきたり、ベランダから入ってきたり普通にするんだそうで…最初は、うちがどんだけ汚いかってことだ!と思ってショックでした。かゆそうなセサミもんもかわいそうだし。。。

早速いつもつけていた首輪をはずして、ノミとりクシでノミをすいてあげました。ノミ取りクシなんて一生使わないと思っていて、こっちへ引越してくるときにおいてこようとしたけど、「いつか使うときがくるかもしれないし、もって行けば」と友達に言われ、スコから持ってきておいて良かった。プラスティックの容器に洗剤とぬるま湯を入れておいて、クシについてきたノミを、次々に溺れ死にさせる。

ふっふっふっふ。まいったか。

セサミもんを刺すとこういうことになるんだぞ~とこれが残酷なようですが見ているのが楽しい。

でも、どうせ毎日のみとりをしたところで、全滅はしないのはわかっているので、ペット用品店にいって、ノミ取りの薬を買って来ました。そのときは一人で学校の帰りに寄ったので、

このつたないスペイン語で、果たしてどのように店員と会話をやりとりしたのか、いまだに全く謎。

やってみれば意外となんとかなるもんで、普通に必要なものが出てきて、ノミ取りといえば!アルゼンチンにもあった、「フロントラインプラス」、をゲットし、ついでに普通のペット用シャンプーも購入。

なんとセサミもん、2歳にして、この世に生まれ落ちてきてはじめてのシャンプー!

絶対バリバリやられるのは覚悟でした。でも保安官も前、猫を飼っていたことがあるので、お手の物。おびえるセサミもんの前足を保安官が押さえて、わたしがシャシャシャーとサササーとシャワーで洗い流す。2人がかりじゃないと、できなかった。

これまで、「バケツのお風呂でババンババンバンバンが好きで、ついでに納豆と豆腐が好物のみーちゃん」と「シャンプーは特に好きじゃないけど、いったん始まれば、抵抗するのも面倒くさくて投げやりになるちょろ」の2匹の風変わりな猫しか飼ったことがなかったので、いくらシャンプーをつけてもお湯をかけても、あきらめず逃げ出そうとする、しぶといセサミもんを洗うのは大変でした!

IMG_5631.jpg
ほんでこんななりました。

シャンプー後のセサミもんは、いつもにましてふわふわ~でいい匂い。いくらシャンプーが嫌いでも、猫にシャンプーは必要ないとはいっても、少なくとも半年に一回くらいはお風呂に無理やり入れようと心を入れ替えるほど、キレイになった。

セサミもんがしっかり乾いたあと、首の後ろにフロントラインのノミ取り液をつける。さぁ、これで安心!

…と思いながら、でも念のため…と2~3日後また毛をすいてやると、なんと!!まだノミが…。一体どうして?フロントラインは、1ヶ月有効、また、ノミの成虫だけにきくらしく、猫の体から落ちた卵が孵化するとまた猫に戻ってきてetcしかも卵の状態だと、たとえ床に落ちていても、半年くらいは生き延びられるのだとか。

げえええええ。

徹底的に掃除をしてはいるけど、セサミもんは狭い家中どこでも立ち入れるようになっているので、どこに何がおちているかわからず。。。しかもうちには掃除機がない。どうせ狭いので掃除機あっても場所とるだけなので、ブラシで床を掃いています。

でも聞くところによると、ブエノスのアパートでよくある…というかこれしかないんじゃん?ぐらいののタイプの年代物の床。この木の板の隙間にノミの卵が落ちることがあり、そこで生き延びるのだとか…



がーーーーーーーーーん。

(ソレ聞いたときは、ちょっと掃除機買おうかなって心が揺らいだ)

確かに、一度薬をつけてからは数も減ったし、ホコリもたまらないように掃除もしているけど、フロントラインの効き目の終るという1ヶ月がたったらもう一度買ってきてつけてみて、それでもダメだったら獣医さんにつれてこうと思います。

ブエノスは湿気も多いし、そういう意味では日本と気候が似ているんで、蚊とかノミとかゴキブリとか山盛り出ちゃってもう大変!夏日なんか1年に3日程度やってくるくらいで、あとは乾燥していて、寒く涼しいスコットランドではなかったそういう問題がたくさん…

しかもノミって人間も刺すんだよね!!
そしてジャンプできる域だけを刺すらしいので、足元がかゆい(涙

このかゆさをセサミもんも味わってるんだと思うとかわいそうで。

しかも、さされてんのは日本人とスコットランド猫だけなんだよね!!アルゼンチン人の保安官の血は珍しくない&おいしくないので、(ノミだけじゃなく蚊にも)さされないの。なので彼は

「猫についたノミが刺すわけないじゃん!気のせいだよ!」

なんて言っています。どうみてもさされてんだけど!!ほらここ!!

IMG_5665.jpg

最後にセサミもんの名誉のためにも…

「普段はあんなぬれねずみみたいじゃなくって、こんなにかわいいのよわたし。しかも電話番もしているし、働きものなのにあんまり変なことかかないでね。」

むーん、まさかノミに食われているとは思われない涼しいお顔…


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ :
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secret

ノミはほんと最悪よね。
去年の今頃、私らは義母宅で居候してたんだけど
そこで飼われてる3匹の猫のうちの1匹が
ノミだらけだった。
運悪く、私らが眠る前に気づいたもんだから
もう大人2人がかりで3時間くらいかけて
ノミをとりとり…
ひっかかれまくりのノミにくわれまくりの。
ノミに噛まれた後のこと思ったら
蚊が可愛く思えてくるよほんと。

セサミちゃんお大事にね。

こんばんは。
最後の写真、、、セサミちゃんですよね(^-^;
エジプトの王様のお墓から発掘された黄金の猫かと思ってしまうくらい美しい・・・
横の電話がなにげにシュールだし(笑)

フロントラインはこの時期我が家の犬達も必需品ですよ~。
ノミやシラミの卵は本当に厄介なので気をつけて!
甲冑を身につけてると思ってもいいくらい完全武装だそうです。
彼らも子孫残さなきゃならないので必死なんだろうなぁと
思ったり。でもなんとか全滅して欲しいよね。

大変ですね

猫のノミ、刺されるとすっごくかゆいですよね。
実家では外と出入り自由の猫飼っていて、しかも昔なので
病気にならなきゃ医者なんかいかないから、フロントラインなんか知らない時代で、大変でした。

いまうちは3匹内飼いしてますけど、
薬はケチって5月7月9月くらいでごまかして、なんとか大丈夫です。
フロントラインより、レボリューションとかいうのが効く
と勧められて、今回はそれにしましたが、彼の地でもあるかな?

Re: タイトルなし

★fnx_tmk
ほんとだよ~。もう大変。
3匹のうち1匹だけだったの?それであとの2匹は食われてないってすごいね。セサミはフロントライン以来、大分減ったけどそれでもまだ毎日3~5匹くらいとってる。糞がたくさんついてくるから結構さされてるんだなぁってかわいそう。

そんな私もばりばり食われてかゆいのなんの!ほんと、蚊とは比べ物にならないかゆさだよね。早く撲滅したい~!

Re: タイトルなし

★モモさん
こんばんは!
そうそう、最後の写真セサミですよ~。なかなかの美猫でかわいいでしょ!彼氏はいないんですけどね!いつか外に出れる環境に住んで、ボーイフレンドくらい作ってあげたいけどねー。でも、もうオンナも捨ててるけどねー(笑 この電話台の隣のなんかのバッテリーチャージャーに片足を乗せてるところが萌え!なんですけどw

やはりワンちゃんたちにも、フロントラインしているのね!ほんと、成虫はいいとしても、卵がやっかいらしいね…そんな完全武装なんだ!?確かに子孫残すので必死なんだろうけど、もう山ほど世界中にいるんだから勘弁してほしいよね。でも、虫とかばい菌とかと共存するのも人や動物の本来の姿なのかなぁと思ったり。でも撲滅するぞ!

Re: 大変ですね

★なみきせつこさん
ほんと、ノミに刺されると、ものすごくかゆいですよね!うちも実家で飼ってた猫は、ノミトリしているだけで特に全滅させようとか思ったこともなかったように思います。同じく、めったなことでは医者にもいかなかったし。今じゃ、別に病気じゃなくてもかかりつけの医者がいるくらいで、ペットの時代も変わりましたね。(うちはアルゼンチンではまだいませんが笑)

やっぱり、外へ出ない猫でも、ちゃんとノミトリ薬しているんですね!!3匹も飼っているなんて、いいな~!猫大好き。レボリューションというのが効くんですね。とりあえずフロントラインから1ヶ月は、薬が強すぎたらかわいそうなので、様子を見ようと思ってますが、そのあと、こちらにもあるかどうか調べてみて、あったら試して見ます。ありがとう!
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。