CHOCO★BLOGG 学校の先生も困ったチャン、なお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校の先生も困ったチャン、なお話

私の住んでいるところでは、何もかもが、思ったとおりには進みません。
しかし、ものは考えようで、もとから思ったように進むなんて期待自体をしていないため、逆にスムースに行くと、まぁなんてラッキーなの私!と思うくらいなのでストレスを感じることはそうありません。

通っているブエノスアイレス大学(通称UBA、ウーバと読みます)付属の語学コースでも、「またか」な出来事がたくさん起きます。まぁ、私立の大学に通っているフルタイムの大学生、保安やその友達なんかに言わせれば、

「UBAなんてそんなもんよ。まぁ、ブエノスアイレス大学なんて、本コースでも、7割スムーズに授業があればいい方?それも、僕らが私立の大学に通っているひとつの理由なんだよ!」

ということなんだそうで。なるほど。
この国では、国立の大学は、アルゼンチン人でも、外国人でも関係なく、なんと無料なのですが、その分色々ややこしい問題や、ストライキなどが多いようです。私立だと多少お金を払う分そういったところが、解決されているのと、学校の設備がある程度良かったりするよう。なので、わたしがこれから書く話も、語学学校ひとつとってみても、高いお金を払っていく週払いのようなプライベートの学校では、おそらく起きないでしょう。

ま、かといって、大学のコースの一部とはいえ、わたしの通っているのは、週8時間の語学コースで、本来の大学のコースとはまた別なので、無料ではないし、特にスペイン語のコースは、外人向けだと思ってかほかの語学コースより割り増しなお金を取られます。でも、私立の語学学校よりは、よっぽどリーズナブルで、割と定評のある授業が受けられるようになっています。

といっても!先生のあたりはずれは、結構あるのですが。。。

そういったことを含めてなのか、また、色々違った先生から学んだほうが、勉強になるからか、1回につき2時間の授業、週4回のコースで、月&水、火&木と分けて2人の先生に教わります。いい先生は本当にすばらしく、やる気がある上、とても親身になって教えてくれますし、語学のプロなので、とてもいい勉強になります。ところが、いつもそういった先生に当たるとは限りません。たとえば、前のコースでは、もはや病気かと思うほどの、強力な遅刻魔の先生に当たりました!

このノラという、もうお孫さんがいるかのようなお歳の先生(でも、ハツラツとして、若い感じです)、毎日20分は遅刻してくるのです…最低でも。平均して30分の遅刻は当たり前。それでも生徒の多くは、授業開始の時間に教室に入り、またノラ来ないねといいながら、コーヒーを買いに行ったり、残りの生徒は、先生が遅刻するのを前もって想定して、来そうな時間を狙って到着したり…。しかし先生は、一応、急いで息を切らしながら教室に到着するはするのですが、「遅れてごめんなさい」とは一言も言いません。言ったら立場がなくなってしまうからなのかしら。

でも、こちら側からすると、時間にお金を払っているわけですから、30分遅刻したからといってそのままにされては困ります。というわけで、先生は

「今日は、この教室で次の授業が入っているから延長できないのだけど、今日はわたしは30分遅刻したから、来週の授業を30分延長してもいいかしら?」

と毎度毎度言い、

次の授業が30分延長、ということになっていました。申し訳なさそうながらも、

「今日

というのは、まるで、いつもは遅刻していないかのような言い分。それでも問題を起こすのも面倒だし、言ったところでどうなるわけもないことを知っている我々生徒は、またか…とため息をつきながらも、ああ、いいですよ、と応じるのでありました。悪い性格の先生では決してないんです。

ところが

延長するはずの日の授業になっても、ノラは、やはりまた30分遅刻してくる…そしてまた30分延長…の繰り返しで、いつまでたっても、追加の時間が追いつかない状態。もはや生徒側はあきらめの境地。来るだけまし。ほかの大学の先生でも、当たり前のように遅刻してくる先生はたくさんいるようで、生徒側も、

「あの先生は遅刻してくるからゆっくり出よう」

くらいの感覚でいるようです。しかし、我々、他国から来た生徒にしてみれば、

「授業に遅刻してくる教授なんてはじめてみたよ!」(オーストラリア人)

「僕の国では、先生の到着が15分遅れたら、もう待たなくていい、帰っていいんだよ!」(アメリカ人)

「どうしてこんなに毎日遅刻の先生が首にされないのかが不思議!」(日本人…てか私)

この先生、な、なんと、この日くらいはまさか!と思っていた

口頭テスト当日の朝まで遅刻してきたのです!!

しかも40分も。。。
さすがにこのときは、あいた口が塞がりませんでした。まぁ、別に死にゃしないからいいんですけどね。そういう私も十分、遅刻魔なもんで。。。

そんな、キャラの強い先生とは前のコースでおしまい。3週間前から次のコースが始まりました。私のクラスの担当になった先生はまた2人。つーかこの国には、男の先生というのはいないのでしょうか?語学の先生っていうのはもともと女性が多いけれども、それでもなお女性率が高い。先生はたくさんいるのだけど、おそらく男の先生は一人もいないと思います。女性は、気分屋だったり、ヒステリーであったりもするし、どの世界でも、ずば抜けているのは男性ですし、男性の方が教えるのが上手であったりすることが多く、英語を学んだときも個人的には男性の先生の方が好きだったのですが…

そうなんです。

今度はヒステリーの先生にあたってしまったのです。

2人のうち、1人の、ピラーという先生が、もうひどい。

「何で間違うの!レベル2を勉強してきたのは誰!?(今レベル3のクラスです)」

「レベル2で何を勉強してきたの!?」

「(声が小さくて)何にもきこえないよっ!!」

「(英語が母国語の生徒に対し)アナタの発音はとっても悪くて、何言ってるのかぜんぜんわかんないわ。そんな話し方じゃ誰も理解してくれないよ、もっと練習しやがれっ!!」

「(生徒がした質問に対し)まだそんなことは知らなくていいんだよ。それは(あんたたちみたいな雑魚とは違って)上級クラスのレベル6の内容だし。」

「(先生が質問したあと、静まり返る教室…)あん?答えは?イエス or ノー???どっちなんだよ!?」

「(間違えた答えを発言した生徒を完全無視)」

「宿題やってこなかったの?週末なにしてたんだよ、このやろう。ホリデーじゃないんだぞこのやろう。」

エトセトラエトセトラ。。。
しかも、いつも不機嫌、怒っている顔で目が三角。

もはや完全に、彼女の機嫌によって地球は回っている状態。。。
なに、あんた今日、生理?それか彼氏に振られたんでしょ?

おまけに、

「私、生徒の名前を覚えるのがへたくそなの、最初に断っておくけど。」

と先に言ったはいいものの、本当に覚えない。というか、こういう職業の人って、人の名前を覚えてナンボ、そのあたりもプロ意識につながるので、へたくそなの、と割り切って言い訳している時点で、間違いかと!!

覚える努力ぐらいしろよこのビッチ!!

私に対してもするけれど、ほかのすべての生徒に対しても、厳しいとか、そういう問題を超えて、もはや侮蔑の世界です。人を馬鹿にしている。聞いた話によると、日によっていいときと悪いときがあって、結局のところやはり、先生のご機嫌によるようです。私はお金払ってまで、そんな先生につきあっていられません。教室にいる間の時間は、まるで、

戸塚ヨットスクールか、軍隊にでもいるかのような気分!

前回のタームは、毎回30分以上遅刻の先生に当たり、今度はこれか。。。

私は彼女の授業を2回受け、ものすごいストレスに苛まされ、間違えるのが怖くなってしまったため、早速大学に申し出て(理由は告げず)同レベルのクラスで違う時間帯に変えてもらいました。30も半ばにして、こんな生徒にやつあたりするような仮にも「先生」と呼ばれる人から語学を学びたくはありません…

そんなわけで、先生&生徒とはいえ、合う、合わないが非常にはっきりしてくると思います。こういう、ピラーのようなキツイ先生より、ノラのように、遅刻はたんまりしてくるし、授業ものんびりだけど、人柄はいい、っていう先生のほうがよっぽど私はいいです。でも、中にはスパルタで教えてもらいたい人もいるかもしれない。人それぞれでしょう。私の場合は、「よくできました!その調子!間違えたっていいのよ、当たり前。間違いをしながら覚えていくのよ!」と背中を押してくれるタイプの先生が好きです。

特に、今の私は、無職ということもあって職場で嫌な人がいたりすることもなく、周りの人はいい人ばかり、保安も神経質だったりヒステリーであったりとか微塵もない、優しくおおらかな性格で、家でも喧嘩をすることがありえないので、私もイライラすることが日常なく、ストレスフリーの生活を送っているため、たまにこういう人に出会うと過剰に反応してしまうというのもあると思います。その上、私の場合トラウマのようなもので、自分のムードで周りの人に被害を与えてしまう人から異常にダメージを受けやすく、自分の生活のバランスまで崩れてくるため、できるならそういう思いをしたくないので、そういう人を見かけると、生活から、できる限り排除するようにしています。

新しく変わったクラスの先生2人は、とてもいい先生で、授業内容はとても気に入っています。

しかし!たった一つ、とても残念なのが、変わる前のクラスメイトは、個性的な人たちがたくさん集まっていて、カラフルでとても楽しかったの。変な人ばかりだけど、みな明るいし、授業も刺激的でした。クラスが終わると、カフェに直行しておしゃべりしたり。今くらいのレベルになってくると、頑張ればスペイン語で会話ができ、ちょうど練習にもなってよかったし。

新しいクラスの人たちは、なんというか、静かで真面目。。。こういっちゃいけないのですが、退屈。。。私がつまらないジョークを言っても、先生以外は誰も笑ってくれません。なは。いや、でもきっと話せばみんないい人たちなんですけどね。一人、明るく盛り上げていけるように頑張りますわ。

UBAがらみだけで、「またか」な話はほかにもあるので、また懲りずに書きたいと思います。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

おはようございます。

おもしろいねぇ

当然いろんな人がいるんだからなんだけど
それぞれの性格や癖の背景には、その人なりの
いろんな経緯があるんだろうね。
いちいち知りたくはないけど(笑

先生が良くなったら、仲間がつまらなくなったって
上手く行くときはピッタリすることもあるけど
そう毎度って訳ではないのね、世の中。

でも、徐々に親しくなれる人って長くつきあえる人が
隠れてたりするから楽しみ、かもね。

おひさしぶり!

元気そうでなにより^^っていうか、ブログやってたなんて知らなかったしmixi でもずいぶんと気づかないとこに書いてあるじゃない?
で、私とはかけはなれた生活してるんだね。とんちゃんらしい!すごーい!楽しそう♪プロフィールの写真見て、とんちゃんだー!!!て嬉しくなったよ。遠く離れててもこうやって近況がわかるのってほんと嬉しい。弥生ちゃんもブログやってるし私も最近はじめたの。よかったら見にきてね。
とんちゃんの楽しい暮らし、また楽しく読ませてもらうね。長いけど^^;

Re: おはようございます。

★fuseさん
その通りですね~。
いろんな人がいるんだから、って受け止められるといいんだけど、なにぶん、職場の人とかではないから我慢する必要ないし、ここで一番大事なのは勉強だか「相手の立場になって」考えてる余裕なくてクラス変えちゃいました(笑。

で結局、先生がいい先生なので、クラスも楽しくなってきました!教え方がよいので、2時間あっという間だし、いい勉強になります。前のクラスの人たちとはまた別に交流あるし、どうせみんな少ししたら帰ってしまう人たちなので、あまり友達という意味ではあてにならないし、なんちゃってあはは。今クラスが、午後になったので、朝起きていく前に勉強できたりもして、最終的にはいい感じになってきた!

> でも、徐々に親しくなれる人って長くつきあえる人が
> 隠れてたりするから楽しみ、かもね。

確かに!いいこと聞かせてもらいました~!
意外とあとで末永く仲良くなる人って、最初の印象悪かったりするよね。なぜか。

Re: おひさしぶり!

★あゆ
わ~久しぶり!コメントありがとう。

一応、ミクシでは、ミクシの日記をやめてブログ再開したことは日記で書いたんだけど、そのころたぶん、あゆはあまりミクシやってなかったと思う。過去の日記もこのごろ見づらくなったか気づかないよね!確かにプロフィールにも下の方に書いてるし(笑

私もあゆのブログ、さっそく見に行ったよ!お弁当がかわいくて、写真も習い始めたの?元気にママしている様子を見て、あゆも頑張ってるな~て思ったよ!弥生ちゃんのブログも、見た。なんかみんな、基本変わってなくって嬉しくなったよ。みんな前向きで頑張りやだね。次に遊びに行くときは、ぜひコメントさせてもらうね!

ビッチ!戸塚ヨットスクール!!
いけないと思いながらツッコミがツボすぎて笑ってしまいました。いやいやそれにしてもヒドイですなぁ。自分も語学講師ですが、そんな遅刻なんかありえませんよ、首になってしまう!ヒステリーもプロ意識に欠けますし、クラスの雰囲気がギスギスしてまうの嫌じゃないのかしら。
ポーランドも最初っから期待していないというか許容範囲が広すぎて躊躇することが多いですね。サービス業でこれはないだろ!とカリカリしてる自分が逆にヘンに見られたり。
でもクラス変えてもらってよかったですね。そうでもしない限り先生に伝わらない場合がありますからね。(それでも伝わらない先生もいますが)
ちなみにその一人盛り上げてくれる生徒!先生にとっては最高の存在ですよきっと。そういう生徒がいるとこっちもやりがいがあるってもんです。語学勉強ガンバレー!

Re: タイトルなし

★poaneさん
スパルタというとまず最初に思い浮かぶのが、戸塚ヨットスクールというのは、おそらく世代のせい?今の若者たちなら、なにそれ?ってなっちゃうんでしょうね…たはは。

そうそう、この件については、poaneさんのご意見を聞きたかった!というわけでからんでいただけて嬉しいです。poaneさんのブログを読んでいると、語学教師ってのは、サービス業で競争の世界であり、生徒に求められてナンボ、ダメな先生は淘汰されていく…そしてそれがあるべき姿だとうなづきながら読んでいたのですが、こんなことも!

アルゼンチンって一度、人を雇うと、労働者の権利がありすぎて、なかなか解雇できないんだそうです。でも、語学の先生とかはそうあってはいけないと思うんだけど…ポーランドでも逆に頑張るpoaneさんが変に見られちゃったりするくらいなんだから、似たようなところがあるのかも?

ビッチのピラーですが、私一人クラス変えてもらったところで一体伝わっているのか、かなり謎です。私としては、彼女そろそろ転職したほうがいいと思うんですが…先生みたいな仕事は好きでやってないと、生徒も迷惑しちゃうし。新しい先生、実は私のことを気に入っていてくれる感じなんです。先生に親しみを持ってもらえればこっちのもの、あとは勉強も楽しくスムーズに行くし!poaneさんの、言われるとおりかもしれません。私も先生に協力したいという意思をくみとってくれているのかも。先生と生徒も所詮、人間関係なんですね~!

嫌な先生に当たっても、ちゃんと時間を変えて続けているのは素晴らしい♪ 私は怒ってやめて、スタートしてないから(笑)クラスの人が静かなのはちょっと寂しいけど、ストレスがないのはいいですね♪
イタリア人の話、笑っちゃいました。実は私、イタリアで1人で歩いててもナンパされたことがありません(笑)

色んな先生がいますね。
とんちゃん、週4で勉強って、偉いです。
遅刻の先生は私はダメかも。
イライラするわ。
私は10分前女なのよ。
待ち合わせでも10分前に到着する性格で。

でも安くて、よい授業を受けられるのはいいですねー。

Re: タイトルなし

★Setteさん
そういう言い方もありますね!なるほど!ありがとうございます。
嫌な先生に当たったから逃げちゃった心の狭い人間、って自分だと思ってたから(笑
最近は、クラスも慣れて、少しずつ楽しくなってきました!先生がいいので、勉強も楽しいです。

Setteさんは、怒ってやめちゃったの?先生怖かったんですか?
それともドイツ語難しいから怒っちゃったのかな。ドイツ語はスペイン語とかフランス語に輪をかけて難しいって聞くから無理もないと思うけれど…

ってことはイタリアって街角で歩いてるとやっぱナンパされやすいのかな?
Setteさんは、ヨーロッパに住んでるから、溶け込んで、もしかして地元人に馴染んじゃったんじゃないの?

Re: タイトルなし

★ぴよこさん
ほんとう、人間も色々、先生も、もちろん色々ですよね。
でも、さすがに、遅刻の先生はないですよね(笑 日本だったら即、首のような…

クラス週4回なんだけどね、一日2時間なの。だからちょうどいいんです。
今日も帰ってきて食器洗ったりしながら(笑)このぐらいの感覚で毎日外に出て何かしてたら、ちょうどいいんだけどなぁ~将来的にこんな感じで仕事見つからないかなぁ~って世界の人間全員思ってるよな…って一人で考えてたよ。

ぴよこさんは、10分前行動なんだ!すごい、さすが秘書さん~。
保安も、アルゼンチン人にあるまじき、時間きっちり派なんですよ。
私も、時間ぴったりの人間にあこがれる。。。どうやっても5分は遅刻するもん。

それがね、こっちが下手に出てるのに、ふざけた女教師だったのよ。なのでその日を境に行かなくなって、新しいコースも始めないまんまなの・・・めんどくさいのもあって・・・。要するに、怠け者なのよ(笑)
イタリア、日本からの旅行者だったわよ~。イタリアでもフランスでも、ナンパされたことはない(爆)地味にショックよ(笑)

Re: タイトルなし

★Setteさん
えぇ~なんかそんなヤな感じのビッチだったの?
人に教える職業なのに、ふざけてたりやる気なかったり、変にえらそぶる人はやんなっちゃうね。勉強楽しくさせてほしいよね!でも、いやだな~って強く思うとほんとやる気なくなっちゃうもんね。なので、それを境に行かなくなっちゃうのわかります。小中高、大学とかだって、先生がいやなだけで、その教科嫌いになっちゃったりするくらいだし。

イタリアへは日本から行ったのか~。
やつらは、自分の国でも、街角ではナンパするものなの?それとも、自分の国では、あえてそういうことしないんじゃない?

どうなんでしょうねぇ。
本国でも、してるんじゃないかなぁ。私は蚊帳の外だからわからないけど(笑)

Re: タイトルなし

★Setteさん
やっぱりそうなんかなぁ(笑
アルゼンチンの人たちも、しているしな。。。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。