CHOCO★BLOGG 人生の楽しみ方とは…?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の楽しみ方とは…?

このごろ何かと充実していて、いい意味で忙しいです!スペイン語コースも次のが始まってから、新しい風が入ってきたというか、人との出会いにも動きがあって、スペイン語も少しずつわかるようになってきて楽しくなってきました!実は、クラスの面子も、2日目にして全員そろい、本当は11人いました。しかも見事に全員違う国籍。めずらしい。

なので毎日、ブログに書きたいちょっとした出来事や、面白い人たちの話などがたくさんあるのですが、なにぶん、コンピュータに向かっている時間があまりない!おまけに、来週の火曜日、5月25日は、アルゼンチン建国200年記念の日のため、何かとイベントが目白押し!街に出て私もまぎれてお祝いしてこようと思っています。これにあわせて、保安の家族もブエノスに来ているので、今日はママと、明日はパパとという感じでそういったお付き合いも、いろいろあり…

「あ~パパ~?今日はママとご飯食べに行くから、明日行こうか?」

という感じで電話している保安の声を聞きながら、親が離婚してると、何かとスケジュール調整も大変だなぁと。本人は、もう慣れっこだというし、今となっては、ダブルで何かとオイシイ思いができていいんだとか…確かに…

そんなわけで、今日はママとママの仕事仲間さんとご飯を食べにいってきました。

Barrio Norteにある、Rigolettoていう、ビストロ的な、カフェ&レストラン。雰囲気も良く、ブエノスの典型的な気軽に入れるレストラン。どこに入っても、ある程度おいしいし、いい空気が流れていて好きです。私は、魚の焼いたのの盛り合わせを食べました。このごろでは、会話にもある程度参加できるようになってきたし、ついていけなくなっても、ヒアリングの練習になるくらいまでのレベルまできたのでそういう意味でも楽しいです。

それにしても、今日は週の真ん中の水曜日だというのに、我々が入店した、食事時22時のレストランは超満員!街角の普通のレストランなのに、待っている人もたくさんいました。ブエノスアイレスの人たちは、外食が大好きで、それがひとつのカルチャーになっているふしがあります。貧富の差はあっても、経済もさほど良くないし、給料も相当なプロフェッショナルな仕事をしない限り、大してよくないはずなのに、いつもどこのレストランに入っても、満員なのは何事なのかと。

世界大戦があったころ、アルゼンチンは地球規模で見ても、裕福な国のひとつで、おまけに戦争に参加せず、ヨーロッパの食料庫として機能していたので、よその国で人が殺し合いをしているのもどこ吹く風。お金持ちたちは毎晩ワインを飲み交わし、おいしいお肉を食べて、毎晩遊んですごしていたといわれています。戦争が終わり、不景気の風が吹いてきても、後先考えず、ぼんやりして同じ生活を続けていたら、いつのまにか経済危機が訪れ、不安定な国になってしまったらしいのですが…

最近、日本に住んでいたというアルゼンチン人と話していたとき、

「アルゼンチン人たちは、時間にルーズだし、無責任だし、計画性がなくてぼんやりしてるでしょ。ちょっと動いただけで、すぐ疲れたって言うし。たとえお金がなくなって、冷蔵庫に何も入ってなかったとしても、笑って幸せにしてるんだから、おかしいよね。」

って言っていて笑ってしまいました。確かに、全部、嘘ではないと思います。

でもそうとはいえ、相当な経済危機が訪れて、たくさんのお金を失おうとも、めげたりせず、ケセラセラの精神で何もかも乗り越えていけちゃうタフさはすごいと思うし、見習うところだと思う。

一方、学校などで知り合う外国人の友達はみんな口をそろえて

「アルゼンチンの人たちは、人生の楽しみ方を良く知っているし、それをするのが上手だよね。それがいいところだし、好きだ。」

っていう。どっちも本当だと思う。時間にルーズだとしても、遅れたって別に大丈夫な事柄もあるし、あんまりきちきち計画立ててもしょうがないし。ひどくまじめくさって無駄なことで悩むよりは、多少無責任でも、ボケっとずうずうしく切り抜けていったほうが、気をもまずにすむし。ひとつの物事は見方によって違ってくるし、考え方も人それぞれではあるけれど。

満員のレストランで、明るく楽しく食事する人たちを見ながら、そんなことをいろいろ、考えていました。



前、ミクシィにアップしていた日記のうち、ブエノスアイレスへ来てからのものだけ、ブログに移しています。

気が向いたら、読んでみてください。この記事でおしまいです。

ところ変われば…


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 思ったこと・感じたこと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

アルゼンチンの人の方が正しいよ。

以前僕が鬱病だったときに僕が主催していたサイトに
東大出で大手保険会社でそこそこのポストにいて
さらに会社も1つ持っている人が、鬱病になり
2ヶ月休職したんだけど、どうも仕事内容が合わないといって退職。
友人の経営するIT関連の会社に、今は何もしなくて良いから養生してくっれと
待遇されていました。
月の収入は250万から200万に減ったそうです。
それでも奥さんは先行きを心配し、
本人も鬱だったので何事も楽観的にはなれなく
家中の不要品をヤフオクで売りまくっていました。
なんか、この人達どうなれば幸せなの?って思いました。

なんか日本人って得体の知れない普通とか勝ち組とか
言葉に踊らされ いくらお金があっても、いくら恵まれていても
満たされたり幸せを感じたりしないんじゃないかと思ってしまう、
今日この頃です。

また長くなっちゃった

おはようございます~。私も最近ぐっと外国が否応なく
身近に思えてきて(笑)
国民性ってものを深く考えるようになりましたよ。

私の基本性格は全く日本人向きではないと思っていますが
気付くとどっぷりと日本人気質になっていたです。子供持っていっそう守りに入ったと言うか・・・
ケセラセラなんて思える環境に無いと言うか・・・
とりあえず唯一日本人として誇れると思った事は
天変地異などの非常時。海外メディアからも絶賛、不思議がられる配給での日本人の行列。略奪
強盗もほとんど無かったみたいですね。阪神大震災の時とか。

それぞれの国によって歴史の積み重ねだとか
気候とか宗教とかで国民性が決まってくると思うけれど。
まぁ唯一世界中の人が一致団結出来る可能性は
地球侵略目的の宇宙人が襲来した時くらいかな(笑)


ケセラセラ~で生きたい私も日本に住んでいる以上は
無理かな?アルゼンチン人の国民性をどっぷり見学したいなぁと願っています。
人間としての器が大きくなりそう!

Re: タイトルなし

★fuseさん
コメント遅くなってごめんなさい!
今国中パーティで大変なことになってるよ~笑

どちらが正しいかはわからないけれど、私もアルゼンチン風に賛成なんです。fuseさんとにたような過去があるからかな~。というのも、私も鬱に悩まされたことがあります。それから、色々、こんなことしてもしょうがないのに、こういうことするからつかれちゃうんだって色々人生観を学びました。別に害のないことは気にすることないしさ。

そうそう、そういう人見てると、どうすれば幸せになれるの?って思うよね。月収が200万円あるなんて普通じゃないのにさ。そういう渦中にいると、何も見えなくなっちゃうんだよね。外から自分たちをみれなくなってしまったり…

そうそう、勝ち組とか、普通とか面倒くさいよね。自分が幸せならそれでいいんだよね。人から見られる目を気にしすぎると自分も疲れてしまうし。人々の考え方が、この頃そういう方向へシフトしているような気はするんですが、実際のところどうなんでしょう?日本ではどうですか?そういう風潮もありませんか?

Re: タイトルなし

★モモさん
こんにちは~
私も、海外にいて、国民性、ってのを考えます。特に、学校で、日本はどうですか?○○の国はどうですか?ってそれぞれ生徒が発言させられたりして、悩んじゃう。日本人ってどうだったっけ?なんかおもしろいことうかばないな…って。自分の国民性についても考える。

確かに、日本が安全な件については、他の国と比べてもすごいよね。地震災害が起きても略奪とかないのはすごいよね。アルゼンチンなんか噴水に、コインも落ちてないよ… そんなところに願掛けでお金投げたら、たぶんホームレスとかに拾われちゃうんだから…笑

私もここへきて、今まで全然興味なかった歴史とか興味もちはじめてきた。色んなことが、典型的国民性をつくっていくんだろうよね。それには歴史が特に大きな影響をもっているんだろうな。

まぁ国民性といっても、最終的には人間ひとりひとりそれぞれ違うんだろうし、そのひとりひとりが育ってきた暮らしてきた環境でもまたかわっていくんだろうなぁ…出会ってきた人とか。そういうこと色々考えているとおもしろいですね!またこの祭り騒ぎが終わったらメールします!

フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。