CHOCO★BLOGG 思い出の料理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の料理

ブエノスアイレスでも、割とさかんにあるようですが、私が青春時代(っていうかいつでも青春ですが!)をすごした英国では、フラット(日本でいうアパート、マンション)をシェアする習慣がとても頻繁にあります。今は日本でも、「外人ハウス」とかいって、そういう習慣を取り入れて、共同生活を送るスタイルがあるようです。

イングランド(1年しかいませんでしたが)とスコットランドでの時代、私は、住むところが定まらず、数ヶ月に一度住家を移っていたときを加えると、10回も引越しを繰り返しました。その間、世界の様々なところから来た人たちと、共同生活をする経験に恵まれました。大学の関係で、一年だけエジンバラに住んでいたことがあって、そのとき、それまでも違う国の人たちと生活してきたのが楽しかったので

「世界のどこの国でもいいから、それぞれ違う国の人たちと暮らしてみたい!一緒にフラット探しをしませんか?」

と掲示板やインターネットに募集をかけたことがあり、それに賛同した人が集まって、フランス人、スイス人、スウェーデン人、スコットランド人、が集まってきたことがありました。それに、もともと友だちだった日本人の男の子を加えて、時折人が出たり入ったり、の1年間。大学が始まる秋は、みんなフラットを探す時期なので、割と簡単に人が集まってきます。

5人~7人の、それぞれ違う国からの、インターナショナルな同居人が集まった生活は楽しくて、その後、学年が変わるたび、土地が変わるたび、同じようなことをして召集をかけたり、自然と集まったりとして、ヒッピーみたいな共同生活を続けました。そのとき培った経験とか、色々な出来事が今の私にたくさんの影響を与えてくれていると思います。

そして今でも、その生活をありありと思い出すのが、料理!

私はもともと、料理が好きな人間でしたが、色々な人たちと共同生活を長年続ける中で、料理をみようみまねで学んだところが多いのです。暮らしていた環境は、世界の料理を、傍目で見て、味わえる絶好のチャンス!今でも私のレパートリーのうちのたくさんの料理は、当時の生活から得たものや、それをヒントにして自己流にアレンジした料理であったりします。

ロシア人が作っていたニンジンのサラダとか、中国人が作っていた手作りの餃子とか、スコットランド人が作っていたカレーやシチュー、スイス人が作っていたポークソテー、スウェーデン人が作っていたスウェーディッシュミートボール、スペイン人が直伝してくれたトルティーヤ、イタリア人が作った、シンプルなのに目が飛び出るほど美味しいパスタ。。。

中には、異色の料理もたくさんあります。例えば、私が風邪をひいて具合が悪かったとき、これを食べて元気だせ!とスコットランド人が作ってくれた、どう考えても元気の出ない料理。それは

ビーンズオントースト!

トマトで大豆を煮た、英国人の大好きなビーンズ(ハインツとかの、缶詰)。これを食パンに載せて、グリルかオーブンで軽く焼いて、チーズを載せたり載せなかったりする料理(?)なのですが、これを風邪をひいて具合の悪いときに食べろっちゅうのか!!

と思いながらも、好意は断りきれず、「YES」と言ってみると、これがなんと、ものすごく美味しくって、本当に元気が出ちゃったりもしました。

本当に数え切れないほどの、料理があります!まさに今までの生活が、文字通り血となり肉となっているわけ(笑

音楽や、匂いとかもそうですが、料理って「味覚」として感覚でとらえられるものだから、食べるたびに、あの頃の空気とか、生活の感触が、よみがえってくる、不思議なもの。

今日のメニューも、そんなうちのひとつでした。同居人にフランス人がいたとき、週末が来るたびに、作っていた、ローストチキン!みんなでワイワイと食べるローストチキンは美味しかった。

イギリスでもローストチキンは、サンデーローストといって、国民的料理なみにおなじみレシピで、家庭ごとに作り方や味があってお袋の味みたいなもんですが、フランス人と作るローストは、

バターたっぷり!白ワインたっぷり!

オーブンをあけて、チキンをチェックするたびに、上からバターをのせ、ワインを降りかけ、しているうちに、焼きあがるまでには、ワイン1ボトルくらい無くなってしまいます。もちろん飲みながらってのもありますが(笑

玉ねぎ、ニンジン、セロリなど手持ちの香味野菜を鉄板に敷いておき、パセリやローズマリー、タイムなどの手持ちのハーブを振りかけて。チキンが焼きあがるころには香ばしく料理されたその野菜たちと、出てきた肉汁でグレービーソースを作り、付け合せのポテトやいんげん、ニンジンやブロッコリなどを、どーんと載せたプレートに肉を切り分けて。もう一本ボトルの栓を抜いて、ワインを飲みながら、語り合った日々。それなりに大変なこともあったし、今、また戻りたいとは思わないけれど、今よりも若かったあの頃でしかできなかった、でも、確実に今の自分を創ってくれた一部である、大切な青春時代です。とてもいい経験だったと思うので、いつか子供ができたら、自分の子供にも、インターナショナル、そうでないにかかわらず、共同生活を経験させてやりたいと思っています。かわいい子には旅をさせよ、なんていうけれど。

当時の生活から、体で覚えた、レシピ。今の生活にもとっても役立っています。今日は日曜日じゃないけど、鶏一羽使って、ローストチキン。食べちゃったので写真ないけど(笑

チキンといえば!

今日スーパーに行ったら、チキンがたくさん並んでいて

「チキンお買い上げのお客さまにお知らせ。ただいま市場からチキンが足りなくなる状況が起きています。よって、各家庭、2羽(または2ポーション)までのお買い上げに制限させていただいています。」

という注意書きがありました(というのを保安に訳してもらいましたw)。

アルゼンチンではたまにこういう状況があるようで、なんで不足しているのかは知りませんが、食料が足りなくなると、家庭ごとに数量を制限する、というルールを作り出すことによって、みんなで分け合う、って姿勢を感じて、なんとなくいいな、って思いました。


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : 料理日記
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret

Wow! 今度、日本でも作れそうな食材のレシピ、
紹介してください、是非っ!!

沢山の経験があるんだねぇ! うらやましーい

本絵を見て料理作るのって結構あてにならないよね。
本に書いてある分量や時間ばかり気になっちゃって
素材を第一に見ないから薄かったり濃かったり、半生だったり。

作っている人のを見て覚えると、思い出しながら
味見にも集中出来るし
第一に料理って材料の正確な分量より手順の方が大事だよね。
調味料とか素材が全部揃わない事だってあるもんね。


外国の変わった料理って、いつも作っている料理の概念で
見ちゃうから食べて見なきゃ解らないものってたくさんあるんだろうね。
これも作る手順とかがその国らしさを出しているんだろうなぁ。
その経験 うらやまいいいい

だから今は、とんちゃんのように外国に住んでいる人のブログで
料理の写真を見るのは楽しいです。

あ、きょうのチキンは食べちゃって写真無いのね だははは

ほんとうに、素晴らしい経験ですね。

あ~っ。
匂いで思いだすって、凄くわかります。

また、お邪魔しますねー。

経験値

もう、こういう経験をしてこなかった自分が腹立たしくて腹立たしくて・・・羨ましい!っていう気持ちよりも上記の気持ちが大きいなぁ、俺。
海外、人。対日本人との経験も少ないからなぁ。

まっ今からガンガン、見習って飛び出したいと思っています。絶対活きますものね!

昨日のブエノスアイレスのEzeiza Aero、東海岸ですね!地図を見間違えてました(汗っ)。グラスゴーとの違い、納得です。
天気は(地球の自転の関係で)西から変化。
だから西側に観測地点があったり、西側の天気を見てから予想ができるので、(陸地の)東側は天気の予想がしやすいのです、一般的には。

南米は、(地球中で一日に2回一斉に風船を打ち上げての)上空の観測地点の数が、多くもなく少なくもないみたいです。南米大陸全部で37箇所ぐらいみたいです。
日本は、(観測で重要な)すぐ西側の韓国や中国に大量に観測地点があるので、予想がしやすいんですよね。
でも、地球最大の陸地と、地球最大の海に挟まれているという地形の影響で、恐らく世界で一番四季が豊かな場所のひとつ、予想が困難でもあるんです。

アルゼンチンは、西海岸の山。これが大きく天気を左右しそうに感じました、地形を見る限りでは。

行ってみたいなぁ・・・

あぁ。。。昔、作ってくれたローストチキンとトルティーヤを思い出しました。
あれ、ものすごく美味しかったっ!
いつも、家に集まるたびに、何か作ってくれてたよね。(感謝)私もそれからちょっと影響されて、家で料理するのを楽しむようになったよ。

Re: タイトルなし

★ぼんくらオヤジさん
どうもありがとう~。
今度何か作ったときのせますね~!

Re: タイトルなし

★fuseさん
ほんと、色んな経験させてもらいました。
周りの人に感謝してます。

そうそう、本を見て料理ってなんとなくピンとこないんだよね。
定番になってる料理って、かなりの割合で、人から聞いたとか、友達が作ってた、とか、今日のブログみたいな経由だったりとか。レシピどおりに料理、ってどうも作れないです。向いてないだけなのか(笑

確かに料理って手順が大事ですね!さぁ、これをゆでている間に、こっちでは野菜を切って、肉に塩コショウして、別でスープの用意して…ってテトリスがはまっていくみたいにあちこちで同時進行するのも楽しいし、その手順で味が変わってしまったり!素材がそろわなかったら別のもので、とかいう工夫も必要だし。

そうそう、え~これ絶対まずいでしょ!…でも食べてみたら何コレ!美味しいじゃん!っていう感じで食べて見なきゃわからなかった料理たくさんある。それこそビーンズオントーストなんてその代表的料理(笑)。料理の仕方とか、手際とかみててその人の性格なんかも見えてくるから面白いし。

なんかね、いつも食べ終わっちゃってから、ブログに書こうと思ったり、写真とろうと思ってても忘れて食べ始めちゃったり。。。今後は写真とります。あはは。

Re: タイトルなし

★猫田にゃーにさん
こんにちは!コメントありがとう!

本当に、人との出会いだけは、世界で一番宝物だと思います。ブログ含め、新しい人との出会い、そこから影響されるもの、得ていくもの、とても面白くて、やめられません。

匂いって、確実に思い出しますね!
香水の匂いとか、それをつけていた人のことを、クリアに思い出したりするし。

またきてくださいね~。私も遊びに行きます ^-^

Re: 経験値

★岩渕猛さん
うらやましい!っていうよりも、っていう気持ちわかります。私は人の話を聞いて羨ましい、って思う気持ちいつのころからかなくなりました。人を羨ましいって思うってことは、自分が好きなことできてない証拠だな!って思って。

まだまだこれからじゃないですか!人生なんていつから何をはじめてもいいんだと思う!(って自分にも言い聞かせつつ…笑)岩渕さんの人生も、岩渕さんにしかできなかった今までの色々な経験があって、今があるんだと思います。私は、「コレだ!」って思うものを見つけた岩渕さんは素敵だと思います。好きなこと、やりたいことを見つけて、それを頑張っている人ってキラキラしているもん。ブログからも伝わってきます。私なんてまだまだ試行錯誤の途中です。でもそれはそれで楽しんでいるので、この頃じゃ「もしかして試行錯誤が私の人生のテーマ!?」なんて思ったりもしています(笑)。

なるほど、そういったわけで東の方は、天気が読みやすいのですね!イギリスでも、西の方は天気が悪い傾向にあるのですが、そういうのも方角に関係あるのでしょうか?

なるほど、観測地点が多いと、予想がしやすいというのもあるんですね。確かに、日本の、深い味わいのある四季にはどこも勝てないような気がします。しっかり4つのシーズンがあるなぁ!って感じられますもんね、日本は。それぞれの季節に、季節らしい出来事も山盛りだし!

そうです!私も、西部のアンデス山脈がキーなんだと思います。高い山々を越えると天気も季節もまるきり変わってしまいそう。いつか遊びに来てくださいね!

Re: タイトルなし

★caorin
私もローストチキンを食べながら、caorinたちと一緒に食べたときのことを思い出していたよ!保安に、「これねぇ、caorinたちと作っていたとき、ちょっと目を放した隙にセサミもんにやられたらしいんだよね…」とか言いながら。それ覚えていたから、セサミもんにもちょっとあげてみたよ。

トルティーヤはね!こっちに来てから、もっぱらアルゼンチンバージョンを作っているよ。アルゼンチンではトルティーシャ、って呼ばれて、玉ねぎを入れないんだ。その代わり、パセリやにんにくが入っていたり。保安の大好物だから、しょっちゅう作ってるよ!今度また写真のせるね!

caorinの料理も、クスクスサラダとか、創作寿司とか、思い出のがたくさんあるよ~!こちらこそいつも美味しいもの作ってくれてありがとうね!料理にはそれぞれ、思い出がどんどん増えていくね。

とんちゃんのお友達は色んな国の人がいて
楽しそう。
人種が違っても一緒に暮らせるんだね。
ある意味凄いよ。

とんちゃんの手作りのチキン、食べてみたいなぁv-345

共同生活で、各国のお料理を(手料理ってところが大事♪)食べられるのはすんごいいいなぁ♪毎日が充実しそう・・・・気をつけないと、体重も充実しそうだけど(笑)
チキンとか、不足って、余りすぎて破棄よりずっといいですね。無駄に買う事もなくなりますし♪

Re: タイトルなし

★ぴよこさん
日本人のお友達も、他の国のお友達も、やっぱり合う人と合わない人はもちろんいるけれど、誰にでもすごいなっ!もっと聞きたい!って部分があるから、面白いですよね~!人種が違っても、やっぱり同じ人間だから、一緒に暮らせますよ。やはり合う合わないもあるけれど、気の会う仲間が集まったときの共同生活はもうすっごい楽しかったです!

チキン美味しいよぉ~。昨日は残りので、クリームソースのパスタ、それから、残った骨でダシをとって野菜スープにしました♪

Re: タイトルなし

★Setteさん
本当、文字通り「美味しい」生活でしょ(笑
体重はもう、おかげさまで増えまくりました。昔は実はすごい細かったんだけど、もういまや健康体☆ UKでの生活で5キロ増え、ブエノスに来て5キロ増え、一番痩せていたときは今より10キロマイナスってなんじゃそれ… いまいずこです…

確かにあまりすぎて破棄よりずっといいですね!本当ものごとは考えようでハッピーになれるなって思う。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。