CHOCO★BLOGG 気軽に質問

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気軽に質問

中華街で買い物していると、やたら人に話しかけられます。

「日本酒を買いたいのだけど、どれを買えばいい?」
「お寿司を作るのだけど…」
「これどうやって食べるの?」

などなど、まるで友だちのように、隣りに立っていた人から、あの~すみません~?もなしにお声が。

最初は、

(もしかして私、店員と間違われてる?)

と思ったんだけど、この頃行くたびに、中華のスーパーでお買い物をしている、アジア系でない人たちから、質問が飛んでくるので、

(これは、単にこの人たちの性格の傾向だ)

という結論に達しました(笑

要するに、

わからなかったら、恥ずかしがらずに知っていそうな人に聞くのが当たり前!それに、聞いたほうが早い!

なんとまぁ、合理的なアティテュードでありましょうか!これは日本人も見習うべき、素晴らしい単純思考です!そういえば、保安も、わからないところがあれば、なんでもお店の人なんかに聞いたり、電話で問い合わせたりかなり気軽にしています。日本やスコットランドにいたときは、自分含め、結構、恥ずかしいからって聞かない人が多かった。性格にもよるけれど。

先日の中華スーパーショッピングでは、野菜コーナーでおばちゃんに

「ねぇ、これ、ネギよね?」

と聞かれ、

「あ、はい、そうですね。」

アルゼンチン産醤油コーナーの前で、ほんの少しの違いの、同じメーカーの2本の醤油を手にしたカップルが

「どっちが美味しいの?」

って聞かれても、キッコーマンか、ヒゲタ醤油か、の質問ならまだしもアルゼンチン産の醤油なんて、知るかい!

「どっちもおいしくないよ。」

って答えておきました。だって本当だもの。でも、あっ、そう、アドバイスどうもありがとう!って去っていきました。

道を歩いていると、車が目の前で止まったり、道行く人が、立ち止まったりして、保安もよく道を聞かれるタイプ。私もどうみてもガイジンなのに、道端で話しかけられてスペイン語がわからずしどろもどろになってしまうことが。保安は、

「いや~僕なんで、道をよく聞かれるんだろ~。やっぱりボクって色々知っていそうに見えるんだよなぁ~!」

とかアホな冗談を言って、あっはっはって笑っていますけど、まぁ確かに、質問を投げかけやすいタイプというのは存在するのでしょう。私だって、刺青がバリバリ入って、ごっついモヒカンの兄ちゃんにわざわざ道を尋ねたり、忙しい合間を縫って、買い物中の、焦って眉間に皺のよった、働くママさんに醤油についてアドバイスをいただいたりしないように。

しかしですね、ポルテーニョ(ブエノスアイレスに住む人々のこと、ニューヨークにいる人をニューヨーカーと呼ぶのと同じような感覚で)に、道を尋ねるときは、要注意!

みんな、たとえはっきりと知らないときでも絶対、「わかりません」とは言わないんです!

しかし、これは、悪気があったり、茶目っ気があってだまそうとして、うそを教えているわけではなく、その逆。わかる限りのうろ覚えで、人助けしようとしているお人よしなんです!みんな適当に、「あぁ、あと3ブロックだよ」「そこのカドを曲がって右へ」「2ブロック言った先に○○って店があるからそこをまっすぐ」とか教えてくれるんですけど、その大抵において、

3ブロック行ってもないし、右へ曲がってもないし、○○なんてお店はありません。

なので、道行く人に質問しながら、その言われたとおりに、進んでいても、なかなか目的地にたどり着けず、周囲をぐるぐる回ってしまうのがオチ。全くもう~。この「ポルテーニョには道聞くな」ネタで、今日のスペイン語のクラスはひとしきり盛り上がりました。ご自身もポルテーニョの、先生も笑いながら賛成するくらいなので本当です。そんなブエノスでの合言葉は、

「道に迷ったら、キオスコ(Kiosco)に聞け!」

大通りにあるキオスコ(新聞やお菓子など売っている小店、キヨスク)の店員さんに聞けば、ほぼ間違いはないらしいです。目の前の道を縦横無尽に走る、100路線以上もあるバスについてもよくご存知のことが多いようで、どのバスに乗ればどこへいける、っていう知識も豊富だそう。

まぁ、どっちにしても、道を聞いたり、わからないことを聞いたり、っていう会話が、気軽に毎日行われています。都会なんですけど、マインド的に田舎な古きよき部分、があるのかもしれません。お天気が毎日よく、青空が当たり前なので、みんなフレンドリーな気分になるのかもしれません。よく「ブエノスアイレスの人は冷たいよ」って言われるけれど、人と人との距離感は日本よりずっと短いし、東京の人よりはよっぽど暖かいと私は思います。



前、ミクシィにアップしていた古い日記のうち、ブエノスアイレスへ来てからのものだけ、ブログに移しています。

気が向いたら、読んでみてください。

中華街で買い物

あれっ!今日は偶然どっちとも中華街ネタですが… 


最後まで読んでくれてありがとう。ランキングに参加中です。
クリックしてもらえると嬉しいな!コメントも、気軽に残してくださると喜びます☆

にほんブログ村 海外生活ブログへ     人気ブログランキング
関連記事

テーマ : アルゼンチン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secret

 確かに、キオスコに聞くのが正しいです。

ブエノスアイレスっ子は平気だけれども、地方のアルゼンチン人はブエノスアイレスに出てきて誰にも聞けないみたいで、よく迷子になっていますよ。。スペイン語上手なんだから聞けばいいのにと思います。

日本庭園や植物園近くで、「どこに行きたいんですか?」と道に迷って挙動不審なアルゼンチン人や、地図を見て首をかしげている外国人に親切なブエノスアイレスっ子は私です(笑)

イースターは如何でしたか?

とんちゃんイースターは楽しく過ごされましたか?
だんだんそちらも秋らしくなってきたかしら。
サマータイムが終わった途端に、自分も暗くなっちゃいそうです。

先日近くのコリアンショップで買い物していたら、
中国人の奥さんとレバニースの旦那さんのカップルが
お店の人に寿司について尋ねていました。
お店の人はすこのこを薦めてただ混ぜろと言っていました。

別に聞かれた訳じゃないけど、ただませるだけじゃ駄目だよと、
私は正しい寿司ご飯の混ぜ方を教授してしまいました。
これっておせっかいかもしれないけど、
やっぱり美味しいお寿司を作って欲しいですからね。

でもこのオーストラリアでも寿司は市民権を得ましたね。
お店で食べるだけではなく、皆が家で作るようになりました。
ただ美味しい米がないのが残念です。
以前はオーストラリア産こしひかりがあったのですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

日本も僕が子供の頃は・・・50年近く前
八百屋で知らない人同士話してましたよ。
「奥さん、そのお魚どう調理するの?」とかね
バスに乗っていても急に話しかけられたり
よくありました。

今じゃ下手の話しかけようものなら
変人扱いされちゃいます(^^;)

>3ブロック行ってもないし、
>右へ曲がってもないし、○○なんてお店はありません。

おもしろーい!!
役には立ちたいけど深くは考えていないのね!!
良いなぁ そういうの・・・たまにはだけど

アメリカ在住の妹も、「アメリカはある意味日本より日本らしい。」と言ってました。
隣近所のつながりが、昭和初期のようだそうです。

本日も日付が変わりましたので応援させていただきました。
m(_ _"m)ペコリ

こんにちは、今日もまた笑わせていただきました。

そうですね、道を聞いたときに、ここメキシコでも実は同じことが起きます。

誰かが言ったたのですが、
道などを聞くときには、最低3人に聞いて
皆んなが同じことを言ったらそれは正しい、
皆んながそれぞれ違うことを言ったのなら、要確認って、ははは。

こちらの人(メキシコ人)は人にモノを聞かれたときに、
”知らない”って言うのはとても失礼に当たるとか。
これもお国の違いですね・・・

日本だったら、
よく知らないことを適当に言ってはいけませ~ん!
ってなりますものね。

なんか長くなってすみません。

またお邪魔しますね!では♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

★TOMOKOさん
> ブエノスアイレスっ子は平気だけれども、地方のアルゼンチン人はブエノスアイレスに出てきて誰にも聞けないみたいで、よく迷子になっていますよ。。スペイン語上手なんだから聞けばいいのにと思います。

スペイン語上手なんだから、ってこれまた可笑しな話ですね!っていうかスペイン語第一言語の人たちなのにね(笑)。…ってもしかして違うんですか!?地方の人たちは、やっぱりシャイなんでしょうかね。

さすが、20年もこちらにお住まいのTOMOKOさん、そんじょそこらのアルゼンチン人よりよっぽどブエノスアイレスっ子なんだと思います。声をかけてあげるなんてやさしいですね。旅でされた親切は特に、その国の印象になりますもん。親切なことは素晴らしいことですね!

Re: イースターは如何でしたか?

★takechan0312さん
こんにちは!

イースター、ぐうたらのんびりしようと思っていたら、保安のママに連れまわされたり、日曜日は忙しい週末のマーケットに行ったりと、楽しく過ごしました!takechanのイースターはいかがでしたか?こっちは、イースターが終わると同時に、突然秋めいてきましたよ!私も、同じことをちょっと心配してます、これから寒くなっていくのに、自分も暗くなっちゃいそう~って。今まで夏だったから飛ばしてたけれど(笑。

中国人とレバニーズのカップルというのもまた珍しいですね!ってまぁ自分もアルゼンチンと日本で、街でジロジロみられちゃうので人のこと言えてませんが… でも、その正しい混ぜご飯の教授、思わずしてしまうの、すごくよくわかります!私も、同じ場面に遭遇したら、きっとおせっかい焼いてしまいます。でもされた側はきっと感謝していますよ!

オーストラリアの方も、おうちでお寿司作るようになったのですね!すごいです。オーストラリア産のこしひかりなんてあったんですね。なんでなくなってしまったのでしょうね。

リンクありがとうございました!嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

Re: タイトルなし

★fuseさん
> 日本も僕が子供の頃は・・・50年近く前
> 八百屋で知らない人同士話してましたよ。
> 「奥さん、そのお魚どう調理するの?」とかね

確かにそうですよね!昭和ってそういう時代でしたよね。
私も小さい頃は、お隣のおばさんが、「奥さん、ちょっと味噌かして~」
って来るようなご近所づきあいもありました。八百屋さんで知らない人どうし
話してた、話してた。あれ、いつからなくなっちゃったのかな… 
いまや、懐かしい風景になってしまいましたね。寂しい。

私、けっこう今でも帰ると話しかけちゃうので、確かに変な顔されます(笑)。一杯飲んじゃったらもう、いつもに輪をかけてフレンドリーになれなれしくなっちゃいます。気をつけなくちゃとはおもうんだけど… までも、タクシーの運ちゃんとはだいだい話し込んじゃいますね(笑

> 役には立ちたいけど深くは考えていないのね!!
> 良いなぁ そういうの・・・たまにはだけど

確かにそうですね!いつもやられちゃったら困っちゃいますね、あはは。
地図もってあるこっと… (てかその前に聞いて答えられても、意味がわかんないけど笑)

Re: タイトルなし

★あっちゃん先生
どうもありがとうございます!

> アメリカ在住の妹も、「アメリカはある意味日本より日本らしい。」と言ってました。
> 隣近所のつながりが、昭和初期のようだそうです。

そうなんですね~。それって、きっといいことですよね。
日本の都会は、隣に誰が住んでいるかもわからない、なんだか少し寂しいところになってしまいましたね…。ブエノスアイレスでも、あ~これ、懐かしいナァこの感じ、って思うところが、度々あります。妹さん、アメリカにいらっしゃるのですね!

私もまた応援しに伺います~!

Re: タイトルなし

★クラブティエラさん
笑っていただけてアリガトウございます!

> 誰かが言ったたのですが、
> 道などを聞くときには、最低3人に聞いて
> 皆んなが同じことを言ったらそれは正しい、
> 皆んながそれぞれ違うことを言ったのなら、要確認って、ははは。

あはははは!!面白いですね。メキシコでも似たような感じなんですね~!
って本当そういう感じですね!私もいつも道を聞くときは、そういう感じです。「ねぇ、アノヒトとアノヒトは同じようなこと言っていたよ、だからきっとこっちが正しいよ」みたいな… 推理が必要…って探偵かよ!?っていう。

> こちらの人(メキシコ人)は人にモノを聞かれたときに、
> ”知らない”って言うのはとても失礼に当たるとか。
> これもお国の違いですね・・・

なるほど!そういう文化があるのですね。所変われば…ですね。
アルゼンチンでは、スーパーで働いている人に、「○○どこに売っていますか?」って聞いても、「知りません」って言われたりします。アナタが働いているところについて質問してんのに、なんで知りませんなんじゃ~マネージャー呼べ~!って日本感覚だと、怒鳴ってしまいそうな答えです。あはは。

実は私もすぐ人に聞くタイプです。
迷ったら、聞く。
駅でもレストランでも。

でも地元の方は詳しく知らなくても、
頑張って教えてくれるという気持ちが嬉しいですね。
優しいなぁ~。

Re: タイトルなし

★ぴよこさん
ぴよこさんもですか~!
すぐ人に聞いたほうが、さっさと解決したりして簡単だったりしますよね!
わたしも、レストランで「どちらが美味しいですか?」とかすぐ聞いちゃいます(笑。でも、自分でレストランで働いてからその質問に答えるのが難しいのを学んで、聞くのやめましたが…あはは。

知らなくても教えてしまう。
なんなんでしょうね。優しいのでしょうか、やっぱり。
フリーエリア


最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラテンアメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フェイスブックページ
いいねを押してもらえると更新情報がタイムラインに流れます。
プロフィール

とんちゃん

Author:とんちゃん
横浜生まれの千葉県育ち純日本人。2000〜2009年UKで暮らし、ある日北欧に呼ばれ旅したところ何故か南米人と出会う。ひらめきと風にまかせ第2の故郷スコットランドを後にし、2009年10月よりブエノスアイレスへ。縁あって住むことになったアルゼンチンを自分自身もっと知るためにも、誰かに伝えたい何か、毎日の出来事を書いています。時々ほったらかしのブログを継続して使っているので、初期の記事はスコットランドにいたときのもの。ブログの良いところはいろんなネットワークが広がること。いつも好奇心いっぱい、楽しいことと面白い出会いが好きです。どうぞよろしく!

気づけば2014年7月より家族でノマド生活中。現在サンタフェ、アルゼンチン。

保安:
うちの彼。アルゼンチン人。コンピュータギークのエンジニア。出会った時は学生、今はいわゆるデジタルノマド。

セサミもん:
うちの猫。2008年5月生まれのスコットランドにゃん。

ネナたん:
うちの長女。2013年12月5日ブエノス生まれの地球人。ネナ(スペイン語でちっちゃい女の子)たん、とはお腹にいた時の愛称。



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お茶のお誘い、お仕事、内緒の話など…上から何でもお気軽にメールどうぞ!^ ^ 基本リンクフリーですが、写真や文章など転載希望の方はいずれの利用法でも、ご一報ください。

最近の記事
リンク
blogram投票ボタン

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
qrcode.png
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
free counters

スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。